「年をとりすぎて戻れない」ベイルとの再タッグに期待もモドリッチは否定的

2020.10.27 21:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(35)が、古巣トッテナム復帰についてイギリス『FourFourTwo』のインタビューで言及した。2012年にトッテナムから加入して以降、数々のチームタイトルとともに中盤の主軸に君臨するモドリッチだが、マドリーとの契約は今季終了までとなっている。その去就に注目が集まっている中、古巣復帰も含めた現時点での考えを明かしている。

◆ルカ・モドリッチ、トッテナム時代のスーパーゴールTOP5


「僕は年を取りすぎてトッテナムに戻ることはできないよ。マドリーとの契約はまだ1年残っているから、どうなるか見ていくつもりだ」

「コンディションも良く、あと数年はサッカーを続けたいと思っている。僕はマドリーで今シーズンできることに焦点を当てている」

「シーズンの後、僕は経営陣と話をし、すべての人に適した解決策を探すつもりだ。僕はクラブのすべての人々と良好な関係を築いてきたし、何が起こっても問題はない」

今夏にマドリーからウェールズ代表FWガレス・ベイルをレンタルで獲得し、元エースの7年ぶりの復帰に沸き立ったトッテナムファンだが、もう一人のスターであるモドリッチについては、残念ながら復帰の可能性は低いようだ。

関連ニュース
thumb

欧州5連覇、レアルのレジェンドで名誉会長のヘント氏が88歳で逝去

レアル・マドリーのレジェンドであり、名誉会長でもあるフランシスコ・ヘント・ロペス氏が他界した。88歳だった。 1953年から1971年までマドリーでプレーしたヘント氏。18年間にわたる在籍で、チームの多くの栄冠をもたらせた。 サッカー史における最高の左ウイングとしても知られるヘント氏は、ラシン・サンタンデールでキャリアをスタート。1年でマドリーへと移籍し、そのまま引退した。 アルフレッド・ディ・ステファノ、フェレンツ・プシュカシュといった圧倒的な破壊力を持つ攻撃陣の一角として活躍。ラ・リーガでは個人として歴代最多の12回の優勝を誇る他、UEFAチャンピオンズカップ(チャンピオンズリーグの前身)では5連覇を含む6回の優勝を誇っている。 圧倒的なスピードと鮮やかなドリブルテクニック、そして正確無比なクロスを武器に活躍し、通算600試合に出場。182ゴールを記録していた。 2016年には、同僚であったディ・ステファノ氏から名誉会長を引き継いでおり、そのことからもクラブにとってのレジェンドであることがわかる。 また、スペイン代表としても43試合でプレーしていた。 2022.01.19 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

モドリッチがマドリーとの契約更新に自信 「僕らは契約を結ぶと確信」

今シーズン限りでレアル・マドリーと契約が満了するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(36)だが、1年の契約更新の可能性に疑いを抱いていないようだ。スペイン『ESPN』が伝えている。 2012年夏にトッテナムから加わってから公式戦400試合以上の出場数とともに、ラ・リーガやチャンピオンズリーグ(CL)などのチームタイトルに貢献するモドリッチ。 クロアチア代表として準優勝に終わった2018年ロシア・ワールドカップ後は、一時燃え尽き症候群のような形でパフォーマンスが低下したものの、以降は30代後半という年齢を感じさせない攻守両面に渡るハイパフォーマンスでエルブランコの中盤に君臨している。 その百戦錬磨のベテランMFに関してはフロレンティーノ・ペレス会長を始め、カルロ・アンチェロッティ監督らクラブ首脳の評価も高く、今後2023年までの契約更新が既定路線と見られている。 そういった中、16日のスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝のアスレティック・ビルバオ戦でチームに2-0の勝利をもたらす先制点を記録する活躍を見せたモドリッチは、試合後の会見の場でマドリーとの契約更新に自信を示している。 「僕は常にクラブと良好な関係を築いており、合意に達すると確信しているよ。これまで契約延長について合意に達するのに2分以上かかったことはないんだ」 「僕らは契約を結ぶと確信している。彼らは自分の願いを知っているし、クラブもそれを望んでいると確信しているよ」 ここまでの報道、モドリッチの今回のコメントを聞けば、来シーズンもサンティアゴ・ベルナベウのピッチで金髪の背番号10が躍動する可能性は高そうだ。 2022.01.17 22:24 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロがマドリーで通算23個目のタイトルを獲得! 歴代トップに並ぶ

レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロが、またひとつクラブの歴史に名を刻んだ。 16日にアスレティック・ビルバオとのスーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝に臨んだマドリー。序盤から押し込んでく中で38分にMFルカ・モドリッチの見事なミドルシュートで先制に成功すると、後半立ち上がりにはFWカリム・ベンゼマのPKでリードを広げる。 終盤には、決定機阻止のDFミリトンが退場及びPK献上という大きな窮地を迎えるが、守護神ティボー・クルトワがPKストップのビッグセーブ。最高の形で試合を締めくくり、マドリーが優勝を果たした。 カルロ・アンチェロッティ体制では初タイトルとなったが、2007年1月からマドリーに在籍しているマルセロは、これが同クラブで23個目のタイトルに。これで昨夏に退団したDFセルヒオ・ラモスを上回ると同時に、1953年から1971年にかけて活躍したパコ・ヘント氏の持つクラブレコードに並んだ。 現在ラ・リーガでは首位を走るマドリー。このまま王座を守り続ければ、マルセロは24個目のタイトルでクラブ記録を更新することになる。 ◆マルセロが獲得したタイトルの内訳 ラ・リーガ/5回 06-07、07-08、11-12、16-17、19-20 コパ・デル・レイ/2回 10-11、13-14 チャンピオンズリーグ/4回 13-14、15-16、16-17、17-18 スーペル・コパ・デ・エスパーニャ/5回 08-09、12-13、17-18、19-20、21-22 クラブ・ワールドカップ/4回 2014、2016、2017、2018 UEFAスーパーカップ/3回 14-15、16-17、17-18 2022.01.17 19:56 Mon
twitterfacebook
thumb

スーペル・コパ戴冠のレアル、指揮官はチームに自信「クリスティアーノはいないが…」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、スーペル・コパ・デ・エスパーニャ制覇のチームを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは17日、スーペル・コパ決勝でアスレティック・ビルバオと対戦。38分にMFルカ・モドリッチが先制点を挙げると、50分にはFWカリム・ベンゼマがPKを決め、リードを2点に広げた。 87分には相手にPKを与えてしまうも、このピンチでGKティボー・クルトワがビッグセーブ。2-0のまま試合終了を迎え、サウジアラビアの地で2年ぶり12度目のスーペル・コパ制覇を果たした。 2度目の就任後初のタイトル獲得となったアンチェロッティ監督は試合後、チームのパフォーマンスを振り返りつつ、その実力に自信を見せた。 「サウジアラビアで戦ったこの2試合は、タイトル獲得にふさわしいものだった。2試合とも異なった内容だったが、良い試合だった」 「この試合では、これまでとは違ったタイプのパフォーマンスが要求された。しかし、最初の70分間は良いプレーができ、ポゼッションとディフェンスを非常に上手くコントロールした。その後は少し調子を落としたが、決勝戦ではそういうことも起こりうる。タイトル獲得はとても嬉しいし、幸せだ。これからもこのフォームを続けていく」 「マドリーにはたくさんの力がある。まず、非常に優秀なスタッフや、雰囲気の良さ。そして、すべてのコンペティションで戦える強さがある。私はこのチームのプレーを見るのが好きだ。ひとつのプレースタイルではなく、さまざまなプレースタイルで試合に臨めるのがこのチームの強みである。究極とは言えないかも知れないが、(トニ・)クロースとモドリッチの守備は素晴らしい」 「私が前に率いていた時代とは違っている点もあるが、変わらないのは、このチームが持っているクオリティだ。ベースはだいたい同じだ。クリスティアーノ(・ロナウド)はいないが、ヴィニ(シウス・ジュニオール)やロドリゴ(・ゴエス)など、若くてハードワークしている選手がいる。前回と今とでは、プレーの仕方も違ってきているが、選手たちは常に高いプライドを持っているし、ここでのトレーニングは特別だ」 2022.01.17 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーがアスレティック撃破で2季ぶり12度目の優勝! モドリッチ&ベンゼマ弾に守護神が圧巻のPKストップ《スーペル・コパ》

スーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝、レアル・マドリーvsアスレティック・ビルバオが16日にサウジアラビアで行われ、2-0で勝利したマドリーが2シーズンぶり通算12回目の同タイトルを獲得した。 バルセロナとの今季2度目のエル・クラシコとなった準決勝をバルベルデが延長戦で決めたゴールによって3-2で競り勝ったマドリー。4チーム形式移行後の初代王者であるエルブランコは、2大会ぶりの優勝を目指して前回王者と対峙した。アンチェロッティ監督は4日前のクラシコから先発2人を変更。新型コロナウイルス陽性のカルバハルに代えてルーカス・バスケス、アセンシオに代えてロドリゴを起用し、右サイドを入れ替えた。 一方、アスレティックは昨季リーグ王者アトレティコ・マドリーとの接戦をニコ・ウィリアムズのゴールによって2-1で逆転勝利。大会連覇に王手をかけた。ラ・リーガでの2度の対戦でいずれも敗れている難敵相手の大一番ではアトレティコ戦と全く同じスタメンを採用。2トップにはイニャキ・ウィリアムズとサンセトが並んだ。 中立地とは思えないマドリー応援ムードが目立つキング・アブドゥッラー・スポーツ・シティ・スタジアムでのファイナルは、地力で勝るマドリーが押し込む立ち上がりとなる。 一方、アスレティックは自陣に押し込められながらも易々とボックス内への侵入は許さず、ソリッドな対応を続ける。また、良い形でクサビを引き出すサンセトを起点に攻撃の枚数は少ないながらも、快足イニャキ・ウィリアムズとの2トップでカウンターチャンスを作り出す。 押し込みながらも決定機まであと一歩という状況が続くマドリーは、18分にベンゼマ、27分にカゼミロとミドルレンジのシュートでチャンスを窺うが、GKウナイ・シモンの牙城を破れない。 それでも、焦れずにゲームをコントロールするアンチェロッティ率いるチームは前半の内にゴールをこじ開ける。38分、自陣からカゼミロ、モドリッチ、ロドリゴとスムーズに縦パスが繋がる。そして、右サイドから斜めのドリブルでボックス内に侵入したロドリゴがDF3枚を引き付けて短いマイナスのパスを送ると、これをモドリッチが見事な右足のダイレクトシュートでゴール右隅を射抜いた。 百戦錬磨のクロアチア代表MFのゴラッソによってマドリーの1点リードで折り返したスーペル・コパ。この展開の中でアスレティックはベレンゲルを下げて、アトレティコ撃破の立役者となったニコラス・ウィリアムズをハーフタイム明けに投入した。 しかし、後半も先にゴールをこじ開けたのはマドリー。50分、ボックス付近でベンゼマが放ったシュートがDFジェライの上げた手に直撃すると、オンフィールドレビューの結果、PKが与えられる。これをキッカーのベンゼマがゴール左隅に突き刺し、相手の出ばなを挫く後半開始早々のゴールとした。 この2失点目で厳しくなったアスレティックは58分、バレンシアガ、サラガ、サンセトを下げてユーリ、ベスガ、ラウール・ガルシアをピッチへ送り込む3枚替えを敢行。この交代でウィリアムズ兄弟の仕掛けに加え、ラウール・ガルシアの高さをシンプルに使った攻撃で幾度か惜しいシーンを作り出していく。 一方、よりカウンターを繰り出しやすいシチュエーションとなったマドリーだが、64分にロドリゴを下げてバルベルデを同じポジションに入れて攻守のバランスを整える交代策に出る。 以降はリスクを冒して攻めるアスレティックがマドリー陣内でプレーする時間を増やしていくが、要所を締めるエルブランコの堅守を前に攻めあぐねる場面が目立つ。さらに、アンチェロッティ監督はヴィニシウスを下げてカピタンのマルセロを投入する守備的な采配で試合をクローズにかかった。 だが、一発勝負のファイナルは簡単に終わらない。87分、ユーリの左クロスをボックス内のラウール・ガルシアが頭で合わすと、枠に向かっていたボールがDFミリトンの腕に直撃。すると、主審はオンフィールドレビューの結果、アスレティックにPKを与えると共に決定機阻止のミリトンにレッドカードを掲示した。 このPKが決まれば同点に追いつく可能性も十分にあったが、ここでマドリーの守護神が立ちはだかった。キッカーのラウール・ガルシアは左に飛んだクルトワの動きを見て中央に蹴り込むが、クルトワはこれを予期していたか、左足で蹴り出す圧巻のPKストップを見せた。 このPKストップでアスレティックの反撃の芽を完全に詰んだマドリーがこのまま2-0で試合を締めくくり、アンチェロッティ新体制での初タイトルを手にした。 2022.01.17 05:33 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly