元アトレティコのFWビエットが昨季ACL王者アル・ヒラルに完全移籍!

2020.10.26 23:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウジアラビアのアル・ヒラルは25日、スポルティング・リスボンからアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエット(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。母国のラシン・クラブでプロキャリアをスタートし、2014年に加入したビジャレアルでリーグ戦12ゴールを挙げてブレイクしたストライカーのビエット。その翌年に2000万ユーロでアトレティコ・マドリーへステップアップを果たしたが、思うような活躍を見せられず。

以降、セビージャ、バレンシア、フルアムへレンタル移籍を繰り返し、昨年夏にスポルティングに完全移籍していた。そのスポルティングでは昨シーズンの公式戦35試合で8ゴール5アシストの数字を残していた。

ビエットの新天地となるアル・ヒラルは昨シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の優勝チームで、元イタリア代表FWセバスティアン・ジョヴィンコ、元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミス、ペルー代表FWアンドレ・カリージョ、元韓国代表DFチャン・ヒョンスが在籍している。

なお、連覇が期待された今季のACLでは新型コロナウイルスの影響により、UAEのアル・アハリ戦で大会規則に定められた選手数を揃えることができず、グループステージ敗退の処分を科されていた。
関連ニュース
thumb

34歳ジョビンコ、次はギリシャへ? 香川真司の同僚になる可能性

元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(34)にギリシャ行きの可能性が高まっている。 ジョビンコはユベントスやエンポリ、パルマといった国内クラブを経て、2015年2月にメジャーリーグサッカー(MLS)のトロント入り。2019年2月からサウジアラビアの強豪アル・ヒラルに活躍の場を移した。 行く先々で個人としてだけでなく、数々のチームタイトルを獲得するなどの成功を収めるジョビンコ。今夏、20年ぶりにセリエA昇格を果たすヴェネツィア行きが噂されたが、まだイタリアに戻らないようだ。 イタリア『スカイ』によると、新たな行き先に挙がっているのは元日本代表MF香川真司も所属するギリシャ・スーパーリーグのPAOKテッサロニキ。交渉は細部の詰めを残すものの、最終局面に入っている模様だ。 また、移籍市場に詳しいジャンルカ・ディ・マルツィオ氏もその見通しを指摘。アル・ヒラルとの契約が今年末までのジョビンコはPAOK加入が決まれば、ユベントスを退団した2015年1月以来の欧州復帰となる。 2021.07.27 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表MF守田英正にサウジから移籍金約4億円のオファー

サンタ・クララの日本代表MF守田英正(26)に対して、サウジアラビアから獲得オファーがあったようだ。ポルトガル『レコルド』が報じた。 守田は2021年1月に川崎フロンターレからサンタ・クララへと完全移籍。すると、すぐさまチームに馴染み、プリメイラ・リーガで20試合に出場し2ゴール1アシストを記録。デビュー以降全試合でフル出場を果たすなど、大きな信頼を勝ち得ていた。 日本代表においても、その存在感は増しており、ヨーロッパ挑戦半年ながらでも大きな成長を見せている。 その守田に対し、オファーを出しているのはサウジアラビアのアル・ヒラルとのことだ。 かつてオリンピアコスやスポルティング・リスボン、そして近年はモナコを指揮していたレオナルド・ジャルディム監督が指揮を執るチーム。アル・ヒラルは守田の獲得に300万ユーロ(約3億9000万円)のオファーを出したとされている。 サンタ・クララは、守田を含む数名の選手に対して様々なクラブからのオファーを受け取っているとのこと。そこでルイ・コルデイロ会長とスポーツ・ディレクター(SD)のジョアン・フェレイラ氏、そしてダニエル・ラモス監督が会議を行い決定を下すとされている。 ヨーロッパ挑戦から半年で一定の手応えを感じている守田。サンタ・クララとの契約は2024年6月まであり、サウジアラビアへの移籍は望まないものとみられるが、どのような結末を迎えるだろう。 2021.07.19 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

モナコを優勝に導いたレオナルド・ジャルディムがアル・アハリの指揮官に!日本勢と対戦の可能性も

サウジアラビアのアル・ヒラルが1日、レオナルド・ジャルディム監督(46)を招へいしたことを発表した。 今季のアル・ヒラルは国内リーグ優勝を果たし、さらにはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもグループステージ突破は決定済み。殊勲のジョゼ・モライス前監督(55)は5月2日に今季限りでの退任が発表されていた。 ジャルディム監督はブラガやオリンピアコス、スポルティング・リスボンで指揮を執ったのち、2014年6月にモナコに就任。2016-17シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4入りを果たし、リーグ・アンではチームに17季ぶりの優勝をもたらした手腕の持ち主だ。 2018年10月に成績不振で解任されていたが、翌年の1月にモナコの監督に再任し、同年12月に再び解任。以降はフリーとなっていた。 なお、契約期間は1年間となり、さらに1年間の延長オプションがあるとのことだ。 2021.06.02 14:37 Wed
twitterfacebook
thumb

アル・ヒラルが中島翔哉の同僚マリ代表FWムサ・マレガをポルトから獲得

サウジアラビアのアル・ヒラルは10日、ポルトのマリ代表FWムサ・マレガ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 マレガは、フランスでキャリアをスタート。その後チュニジアを経て、ポルトガルへと渡った。 チュニジアのエスペランスからマリティモへと完全移籍すると、2016年1月にポルトへと完全移籍する。 2016年7月から1シーズンはヴィトーリア・ギマランイスへとレンタル移籍を経験。その後はポルトでプレーしていた。 ポルトでは公式戦190試合に出場し72ゴール33アシストを記録。今シーズンはプリメイラリーガで30試合に出場し7ゴール3アシスト、チャンピオンズリーグでも9試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。 マリ代表としても24試合に出場し3ゴールを記録している。 <span class="paragraph-title">【動画】マレガの技あり回転トラップから華麗なゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIweFR6R0FBWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.05.10 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

2019年のACL王者のアル・アハリ、ルチェスク監督と契約解除

サウジアラビアのアル・ヒラルは、ルーマニア人監督のラズバン・ルチェスク監督(51)との契約を解除したことを発表した。 ルチェスク監督は、母国のラピド・ブカレストやバラソフの他、ルーマニア代表でも指揮を執った経験があり、カタールのアル・ジャイシュやギリシャのシュコダ・クサンティ、PAOKテッサロニキでも指揮を執っていた。 2019年7月にアル・ヒラルの監督に就任すると、同年のACLチャンピオンズリーグ(ACL)では決勝で浦和レッズを下して優勝。また、サウジアラビアリーグでも優勝を遂げると、サウジ・キングカップも連覇していた。 クラブは「取締役会はルーマニアのラズバン・ルチェスク監督と双方合意の下で契約を終了することを決定した。クラブでのキャリアにおけるラズバンとそのアシスタントチームの努力に感謝の意を表します」とルチェスク監督の貢献に感謝の意を示した。 なお、ルチェスク監督の代役としては暫定的にU-19のロジェリオ・ミカーレ監督が務めることとなる。 今シーズンのアル・ヒラルは、サウジ・プロフェッショナルリーグで現在3位。2021シーズンのACLでは、アル・アハリ(UAE)、アルマリク(ウズベキスタン)、プレーオフAの勝者と対戦する。 2021.02.16 11:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly