1G2Aの久保建英にエメリ監督「仕事を遂行した」、打ち合いを制したことを喜ぶ

2020.10.23 14:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)のスィヴァススポル戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。ビジャレアルは22日、ELグループI第1節でトルコのスィヴァススポルと対戦。試合は壮絶な打ち合いの末、5-3でビジャレアルが勝利を収めた。

この試合では日本代表MF久保建英が先発出場。13分に先制ゴールを記録した他、2つのアシストを記録していた。

セビージャ時代にELを3連覇しているエメリ監督が試合を振り返り、難しい試合だったものの勝利を喜んだ。

「確かに今夜は90分で多くのことが起こりすぎたが、我々にとって有利に働いた。彼らは我々が多くのこととはしていなかったが、我々にかなりのダメージを与えた」

「勝利は重要だ。この大会は難しく、常に勝つことは難しい。オープンな戦いになると思っていたが、そうなった。強くなるためには、勝利した中で、反省しなければならない」

また、これまでのラ・リーガで出場機会があまり与えっれていなかったものの、先発で起用した途端に3ゴールに絡む活躍を見せた久保についてもコメント。役割を果たしたと評価した。

「我々は彼に仕事を頼んだ。そして、彼はそれを遂行した」

「ただ、久保だけじゃなく、サム(サムエル・チュクウェゼ)とか、ピノ(ジェレミ・ピノ)もそうだ」

「この大会のことは好きだし、優勝に向けて一歩踏み出したのはいいことだと思う」
コメント
関連ニュース
thumb

途中出場の久保建英の評価は上がらず…スペイン紙が採点「日本人には厳しい日になった」

ビジャレアルは29日、ラ・リーガ第11節でレアル・ソシエダと対戦し、1-1で引き分けた。 リーグ戦で4試合連続のベンチスタートとなったビジャレアルの日本代表MF久保建英は1-1で迎えた74分から途中出場したものの、大きな見せ場はなかった。 <div id="cws_ad">◆【ハイライト】ソシエダ v ビジャレアル<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ncw2wahf0hwv1l8hsoe5crx2i" async></script></div> スペイン『マルカ』は、久保に対し3点満点で1点の評価。チームトップの2点評価だったのは、MFビセンテ・イボーラと先制点を記録したFWジェラール・モレノの2選手だけで、それ以外の全選手は1点にとどまっている。 また、ビジャレアル全体のパフォーマンスについても指摘。「試合は後半に入ると重さを増し、疲弊した両チームは溶けてしまった。ビジャレアルは久保の出場からより積極的にゴールを狙ったが、明確なチャンスはなかった」としている。 スペイン『アス』も久保については3点満点で1点の評価。こちらは9選手が2点評価を受けており、やや厳しい評価となった。 個別の寸評も記しており、久保については「74分に登場し、何度かトライしたが、相手を追い抜くことやラストパスの部分で欠けていた。強度の高い敵を相手に日本人には厳しい日になった」と伝えている。 これで、リーグでは11試合に出場し結果を残せていない久保。パフォーマンスは悪くないだけに、あとは目に見える結果が欲しいところだ。 2020.12.01 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

久保建英の同僚、左ウイングのMFモイ・ゴメスがハムストリング断裂

ビジャレアルは11月30日、スペイン人MFモイ・ゴメスの負傷を発表した。 クラブの発表によると、モイ・ゴメスは右足ハムストリングを断裂したとのことだ。なお全治は明かされていないものの、選手の回復具合に依存するとされている。 モイ・ゴメスは今シーズンのラ・リーガで10試合に出場し1アシスト、ヨーロッパリーグで3試合に出場。11月21日に行われたラ・リーガ第10節のレアル・マドリー戦で89分に交代。違和感が続いたため検査を受けたとのことだ。 左ウイングを主戦場としていただけに、日本代表MF久保建英に出場のチャンスが回ってくる可能性もありそうだ。 2020.12.01 02:11 Tue
twitterfacebook
thumb

久保が途中出場のビジャレアル、ソシエダとの上位対決は譲らずドロー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第11節、レアル・ソシエダvsビジャレアルが29日に行われ、1-1で引き分けた。ビジャレアルのMF久保建英は74分から出場している。 前節カディス戦を1-0と制して6連勝とした首位ソシエダ(勝ち点23)は、シルバが負傷離脱となった中、オヤルサバルやメリノ、ウィリアン・ジョゼらがスタメンとなった。 一方、前節レアル・マドリー戦を優勢に運んだ中1-1と引き分けた3位ビジャレアル(勝ち点19)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのマッカビ・テルアビブ戦を1-1で引き分け、決勝トーナメント進出は持ち越しとなった。そのマッカビ・テルアビブ戦で先発した久保はベンチスタートとなり、2トップはジェラール・モレノとバッカが形成した。 フラットな[4-4-2]で臨んだビジャレアルは右にトリゲロス、左にペドロサを配置した中、開始4分にPKを獲得する。ボックス左にルーズボールを取りに行ったエストゥピニャンがエルストンドに倒された。このPKをジェラール・モレノが決めてビジャレアルが先制した。 先制されたソシエダは14分、エストゥピニャンの不用意なバックパスからオヤルサバルが枠内シュートを放てば、21分にはスローインの流れからボックス右のバレネチェアがGK強襲のシュートを浴びせた。 すると31分、CK流れからパウ・トーレスにファウルがあり、ソシエダがPKを獲得。これをオヤルサバルが決めてソシエダが同点とした。 試合が振り出しに戻って以降はソシエダがポゼッションを高めた中、1-1で前半を終え、迎えた後半、ビジャレアルはバッカに代えてチュクウェゼを右ウイングに投入した。 その後半もソシエダが押し込む流れで立ち上がった中、徐々に膠着状態に陥ったことを受けてビジャレアルは74分に久保を左サイドに投入した。 対するソシエダはヤヌザイやモンレアルを投入した中、終盤にかけても互いに集中力を切らさず1-1でタイムアップ。上位対決は引き分けに終わった。 勝ち点1を積み上げたソシエダは首位をキープしている。 2020.11.30 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第11節プレビュー】久保&岡崎が強豪に挑む! マドリー&バルサは格下相手に白星目指す

先週末に開催された第10節では注目の強豪対決となったアトレティコ・マドリーvsバルセロナはホームチームに軍配。また、ビジャレアルvsレアル・マドリーは1-1のドロー決着となった。 11月最後の一節はMF久保建英と、FW岡崎慎司が共に強豪に挑む2つのカードに注目が集まるところだ。 前節、保有元であるマドリーとの一戦に試合終了間際に投入された久保は幾つか見せ場が訪れたものの、決め切るまでには至らず、やや消化不良の内容となった。また、4戦連続スタメンを飾った直近のヨーロッパリーグ(EL)のマッカビ・テルアビブ戦では63分までプレーしたが、再び消化不良の一戦となった。 そういった中、3位のビジャレアルは今節、目下6連勝で首位を走るレアル・ソシエダとの上位対決に挑む。久保にとっては今夏のレンタル先候補にも挙がり、自身が比較されることも多いMFダビド・シルバ(欠場が濃厚)が在籍する、ある意味特別な相手との対戦となる。今節も引き続き途中出場が濃厚だが、鮮烈なパフォーマンスを期待したい。 一方、前節のオサスナ戦で待望の戦列復帰を果たしたウエスカの岡崎は、今季初白星を目指す一戦で7位のセビージャと対戦する。今節では先発復帰も期待される中、DFクンデとDFジエゴ・カルロスというリーガ屈指のセンターバックコンビを相手に、プリメーラ初ゴールを目指すことになる。 2試合消化が多い首位ソシエダを勝ち点3差で追う2位のアトレティコは前節、バルセロナ相手に攻守両面で圧倒する1-0の会心の勝利を収め、シメオネ体制でのリーグ戦における対バルセロナ初勝利を飾った。これで連勝を5試合に伸ばした絶好調のチームは、直近のチャンピオンズリーグ(CL)でロコモティフ・モスクワ相手に0-0のドローとやや勢いを削がれたが、パフォーマンス自体は安定している。 6連勝を目指す今節は前々節にマドリーを撃破している9位のバレンシアと対戦。現在のパフォーマンスを考えれば、勝ち点3を持ち帰られる可能性は高いが、直近2試合で6ゴールを挙げる相手の攻撃陣への警戒は怠れない。 直近1敗1分けと2試合勝利から遠ざかる4位のマドリーは、15位のアラベスとのホームゲームで3戦ぶりのリーグ戦白星を目指す。FWベンゼマやDFセルヒオ・ラモスと主力数人を負傷などで欠く苦しい台所事情だが、直近のCLではインテルを2-0で破り、復調気配を漂わせている。その中で1ゴールを記録したFWアザールには先日のウエスカ戦のようにチームを牽引する力強いパフォーマンスを期待したい。 これまで相性が良かったアトレティコ相手に完敗となった13位のバルセロナは、同試合でDFピケとDFセルジ・ロベルトを負傷で失い、さらなる苦境に立たされている。それでも、直近のCLではディナモ・キエフを相手にFWメッシら複数の主力を温存した中、伏兵FWブラースヴァイトの2ゴールの活躍などで4-0の快勝。グループステージ4連勝で決勝トーナメント進出を決めた。 同勝ち点で並ぶ14位のオサスナとの一戦ではディナモ・キエフ戦で台頭したDFミンゲサら新たな力と共に、休養十分のメッシらの奮起が求められる。 MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁する16位のエイバルは、12位のベティスとのアウェイゲームで4試合ぶりの白星を狙う。0-0のドローに終わったヘタフェ戦では乾が今季初めて出場機会なしに終わり、武藤が4戦ぶりのスタメンを飾った。乾に関しては好調なMFブライアン・ヒルが左ウイングのポジションを掴んでいることもあり、トップ下や右ウイングでの起用が見込まれる。一方の武藤はFWキケ・ガルシアの出場停止により、再びチャンスを与えられるかもしれない。 《ラ・リーガ第11節》 ▽11/27(金) 《29:00》 バジャドリー vs レバンテ ▽11/28(土) 《22:00》 エルチェ vs カディス 《24:15》 バレンシア vs アトレティコ・マドリー 《26:30》 ウエスカ vs セビージャ 《29:00》 レアル・マドリー vs アラベス ▽11/29(日) 《22:00》 バルセロナ vs オサスナ 《24:15》 ヘタフェ vs アスレティック・ビルバオ 《26:30》 セルタ vs グラナダ 《29:00》 レアル・ソシエダ vs ビジャレアル ▽11/30(月) 《29:00》 ベティス vs エイバル 2020.11.27 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「チームは良い仕事をした」ビジャレアルのエメリ監督、引き分けにも納得「公平な結果」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、マッカビ・テルアビブ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ビジャレアルは26日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第4節でイスラエルのマッカビ・テルアビブと対戦。日本代表MF久保建英も先発出場した試合は、前半終了間際にアレハンドロ・バエナのゴールで先制する。 しかし後半立ち上がり2分にアレクサンダル・ペシッチにゴールを許し同点に。その後は試合を支配されながらも追加点を許さず、1-1の引き分けに終わった。 試合後、エメリ監督はパフォーマンスについてコメント。前半は良かったものの、後半のパフォーマンスには不満を示した。 「我々は前半試合を支配した。ゴールを決めた後、我々は前半と同じバランスを維持することができなかった」 「しかし、後半は多くの教訓を得た。試合の状況から1点を取られ、全く別のものになってしまった。引き分けは公平な結果だと思う」 「まだ余裕はあるため、このような日もある。間違いを正すこともできる」 引き分けたものの首位をキープしたビジャレアル。しかし、2位のマッカビ・テルアビブとは勝ち点差3、3位のスィヴァススポルとは勝ち点差4と気の抜けない状況だ。 エメリ監督はその状況を喜びながらも、自分たち次第であることを強調した。 「チームは良い仕事をしたと思う。(首位争いに)巻き込まれることは嬉しいが、大事なことを成し遂げたければ、こういった状況になった場合は自分自身を見つめ直さなければならない」 「目標はチームが必要な要件を満たすパフォーマンスを見つけることだ。ヨーロッパリーグでは、我々は美しい道を歩んでいきたいと思っている」 「そしてラ・リーガでは、上位から中位に居られるようになりたいと思っている」 2020.11.27 11:45 Fri
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly