絶好調エバートンに暗雲、次節セインツ戦はハメスが欠場に…リシャルリソンも出場停止

2020.10.22 20:43 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督は22日、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがサウサンプトン戦を欠場することを報告した。クラブ公式サイトで伝えられている。アンチェロッティ体制2年目を迎え、ここまでプレミアリーグで4勝1分けで首位を走るエバートン。第5節の王者リバプールとのマージーサイド・ダービーでは、互角以上に戦い、2-2の価値あるドローという結果を得た。

一気に今季の優勝候補に名乗り出たトフィーズだが、25日に行われる第6節のサウサンプトン戦では、好調を支えるキーマンのハメス・ロドリゲスがケガで欠場するようだ。アンチェロッティ監督によると、リバプール戦で相手DFヴィルヒル・ファン・ダイクのタックルを受けて軽度の負傷を負っていたようだ。

指揮官はまた、キャプテンのDFシーマス・コールマンの欠場も明言。リバプール戦で一発退場したFWリシャルリソンの出場停止を含めて、主力を一部欠いて、セント・メリーズ・スタジアムに乗り込むことになった。
コメント
関連ニュース
thumb

5試合ぶり白星で「悪い時期を脱した」 エバートン指揮官が今後求めるものは「一貫性」

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が「悪い時期を脱した」と語った。クラブ公式サイトが伝えている。 今季のプレミアリーグで開幕4連勝スタートこそ切ったものの、引き分けに終わった第5節のリバプール戦以降、3連敗と調子を落としたエバートン。その悪い流れのまま代表ウィークによる中断期間に入ったが、22日に敵地で行われた第9節のフルアム戦を3-2で制して、連敗ストップとなる5試合ぶりの白星を手にした。 インターナショナルマッチウィーク明けの初戦をしっかりと勝利で飾り、仕切り直したアンチェロッティ監督は試合後、勝ちから遠ざかる状況から脱する3ポイント獲得を喜びつつ、「一貫した戦い」の重要性を強調。また、試合内容も振り返り、前半の戦いぶりを評価している。 「(公式戦7連勝を記録した)シーズンの出だしには我々も驚きだった。負けが続いたのもね。今はこうやって勝利の道に戻った。悪い時期を脱した今、一貫性を保つよう努力しなければならない。今日は勝ち、前半に素晴らしい戦いをした。主導権も握れ、本当に良かったよ」 「後半は問題を露呈して、エネルギーを欠き、疲れ切った選手もいた。リシャルリソンやハメス(・ロドリゲス)、アランら代表先から戻ってきた選手は少しクオリティが落ち込んでしまった。彼らにしてみれば、フィジカル的にタフで、それが後半に苦戦した原因だ」 そんなエバートンは28日に行われる次節、リーズ・ユナイテッドとホームで対戦。昇格組といえど、マルセロ・ビエルサ監督の下で攻撃姿勢を前面に押し出した戦いが魅力的なチームとの対戦となる。 今節を勝利で飾ったものの、6試合連続複数失点の守備面に再び課題を露呈したアンチェロッティ監督は「バックラインをもっとコンパクトにしなければならないが、今週はそこの修正に取り組む時間がある」とコメントしている。 2020.11.23 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

キャルバート=ルーウィンがリーグ最速の10点目! フルアムを下したエバートンが5試合ぶり白星《プレミアリーグ》

エバートンは22日、プレミアリーグ第9節でフルアムと対戦し、アウェイで2-3で勝利した。 夏の大型補強が功を奏し、開幕から4連勝を収めていたエバートンだが、ここ3試合は急ブレーキがかかったように一転して黒星を並べている。代表ウィークによる中断前最後の試合ではマンチェスター・ユナイテッド敗北。今節は5試合ぶりの勝利を目指すことになる。 そんなエバートンが絶好の入りを見せる。相手陣内でボールを奪ったリシャルリソンが得意のドリブルでボックス左に侵入。その折り返しをキャルバート=ルーウィンが押し込んで先制した、キックオフからわずか42秒での出来事だった。 しかし、下位脱出を狙うフルアムも15分、ボックス手前のリードがカーニーとのワンツーでゴール前に侵入。ワントラップでDFを振り切り、ゴールに流し込んだ。 その直後、キャルバート=ルーウィンが再びネットを揺らすもオフサイド。しかし29分、再びこの男にチャンスが巡ってくる。ボックス手前でボールを持ったハメス・ロドリゲスが素早く左に展開すると、ボックス左のディーニュのダイレクトの折り返しをキャルバート=ルーウィンが押し込んで追加点。これでリーグ10点目一番乗りとなった。 エバートンはさらに、35分にも同じような展開から3点目を挙げる。敵陣中央のハメス・ロドリゲスから左サイドのディーニュにわたると、今度は狙い澄ましたクロスでドゥクレのヘディングシュートをアシスト。ドゥクレはこれが移籍後初ゴールとなった。 後半はエバートンが攻勢を弱めたこともあり、フルアムがボールを保持する展開に。その中で58分に一時同点ゴールを挙げたリードと、そのアシストを記録したカーニーを下げてロフタス=チークとミトロビッチを投入。するとここから流れが変わりだす。 68分、左から味方とのワンツーでボックスへ侵入したロフタス=チークが、巧みなトラップでゴッドフリーのファウルを誘ってPKを獲得。これで1点差に詰め寄ったかに思われたが、キッカーのレミナがスリップしてしまい、大きく枠を外すことに。 だが、その2分後の70分、右サイドを突破したルックマンのマイナスの折り返しをロフタス=チークがダイレクトでゴールを狙うと、ブロックに入った相手DFに当たってゴールイン。これでようやく点差を縮めた。 だが、ここからは膠着状態に入り、試合は推移。後半は依然として高いポゼッションを誇るフルアムがどうにか攻撃を組み立てるも、エバートンのゴールを脅かすまでには至らず。 5分の後半アディショナルタイムも過ぎ、試合終了。エースの2発などで3点を奪ったエバートンが5試合ぶりの白星を手にした。 2020.11.22 22:57 Sun
twitterfacebook
thumb

「プレミアは夢」ケディラにアンチェロッティが扉を開く?

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が移籍市場にまつわるコメントを残している。『フットボール・イタリア』が伝えた。 コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスやブラジル代表MFアランをリーズナブルな移籍金で獲得するなど、プレミアリーグ随一の今夏の補強成功例とも言われるエバートン。それは結果にも表れており、開幕4連勝を収めるなど、第8節終了時点で上位につけている。 そんな中、かつてレアル・マドリー時代に指導していたがユベントスの元ドイツ代表MFサミ・ケディラがプレミアリーグでのプレー願望を告白。同選手は 2015年夏にマドリーからユベントスに移籍し、在籍5年半でクラブ通算145試合21ゴール13アシストの数字を残しているが、アンドレア・ピルロ監督の下では構想外となっていることから、今季限りあるいは今冬の移籍市場での退団が噂されている。 ハメス・ロドリゲスやアランは、かつての教え子としてアンチェロッティ監督が獲得を望んだ選手だが、ある会見で彼ら同様にケディラを獲得するチャンスの有無を尋ねられたイタリア人指揮官は「また共に仕事をしたい」と話しつつも、獲得の可能性についてはほとんど触れなかった。 「彼にはマドリー時代にいい思い出がある。素晴らしいプロフェッショナルだったよ」 「彼とまた一緒に仕事がしたい。だが、私がそう思うのは彼だけではない。キャリアの中で私は多くの素晴らしい選手たちを見てきた。すべていい思い出だ」 「だが、そんな彼らがみなエバートンに来ると言うのは話は別だ」 2020.11.21 19:22 Sat
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ「デタラメだ」 ハメスに続くイスコとの再会プランなし

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督がさらなる教え子獲得の噂を否定した。イギリス『サン』が報じている。 そのさらなる教え子とはジネディーヌ・ジダン監督の下で才能を燻らせるレアル・マドリーのスペイン代表MFイスコ(28)。今季はここまでラ・リーガ6試合の出場数を記録しているが、3回の先発機会にとどまる。 かつてイスコを指導したアンチェロッティ監督が今夏のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスに続いて、来年1月の再会を目論んでいるという憶測がスペインの一部メディアを中心に流れている。 ハメスの引き抜きが見事に当たり、プレミアリーグで上位争いを続けるエバートンだが、イスコの獲得報道は現時点で憶測に過ぎないようだ。アンチェロッティ監督はイタリア『DIRECTV Sports Co』で火消しに走った。 「私がイスコを追っているというのは事実じゃない。我々は1月のマーケットを考え始めてもいない。だから、デタラメだ」 2020.11.21 08:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの快速アタッカーにエバートンの視線! 来年1月に獲得挑戦か

マンチェスター・ユナイテッドのウェールズ代表MFダニエル・ジェームズ(23)にエバートンから視線が注がれているようだ。イギリス『Football Insider』が報じている。 ジェームズは昨夏にスウォンジー・シティからユナイテッド入りして、公式戦46試合に出場。プレミアリーグに限っても33試合の出場で3得点6アシストの数字を残したが、シーズンが進むにつれて、イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドにポジションを奪われ、先発機会を減らした。 爆発的なスピードが最大の売りにしている一方で、得点に関与していく部分に物足りなさを残して、今季もここまで公式戦5試合の出番のみ。ベンチから外される試合も少なくないなか、昨夏にもユナイテッドと争奪戦を繰り広げたエバートンが来年1月の獲得を視野に再び注視しているようだ。 エバートンは今夏、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスやブラジル代表MFアランら実力者を次々と獲得。来年1月はその今夏に大金を投じた影響でレンタルでの補強が軸となるが、攻撃のさらなるスピードアップと突破力向上を目指して、ジェームズに再び関心を抱いている模様だ。 一方で、明らかにユナイテッドで序列を落とすジェームズもレンタルの条件なら受ける可能性。しかし、ユナイテッドが今季のプレミアリーグでライバルになり得るエバートンに選手を差し出すかどうか定かでないという。 2020.11.20 10:45 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly