ペップ、途中出場から10分で負傷交代のフェルナンジーニョに言及「4週間から6週間は離脱する」

2020.10.22 17:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がブラジル代表MFフェルナンジーニョの負傷状況を報告した。クラブ公式サイトが伝えた。フェルナンジーニョは21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦のポルト戦にスペイン代表MFロドリに代わって85分から途中出場。しかし、後半アディショナルタイムにイングランド代表DFジョン・ストーンズとの交代でピッチを後にしていた。

グアルディオラ監督は試合後、「悪いニュースだ。脚に問題を抱えている。4週間から6週間は離脱すると思う。この試合量で我々にとって大きな打撃だ」と1カ月近く離脱することを明言。11月7日にリバプール戦、同21日にトッテナム戦と強豪との対戦が控えている状況で、大きな痛手となった。

一方でベルギー代表MFケビン・デ・ブライネとフランス代表DFアイメリク・ラポルテがトレーニングに復帰することを明言。ただ、過密日程については嘆いている。

「ケビンとラポルテは明日からトレーニングに参加すると思う。しかし、明日やその翌日にどうなるかわからない。戻ってくる選手がいても、他の選手を失ってしまった」

「選手が戻ってくることは重要だ。3日後にロンドンに行き、その3日後にはマルセイユと対戦するためにフランスへ行く。さらにその3日に後にはシェフィールドに行く。スケジュールはとても厳しい。全選手が必要だ」

なお、シティでは復帰間近のデ・ブライネとラポルテの他にブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスとフランス代表DFバンジャマン・メンディが負傷離脱している。
コメント
関連ニュース
thumb

スターリング&デ・ブライネ弾でフルアムを下したシティが完勝!次節ダービーに弾み《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは5日、プレミアリーグ第11節でフルアムとホームで対戦し2-0で勝利した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第5節のポルト戦をゴールレスドローで終えたシティは、その試合から先発を6人変更。3トップにマフレズ、ガブリエウ・ジェズス、スターリングを並べた[4-3-3]の布陣で、中盤はアンカーにロドリ、インサイドハーフにデ・ブライネとギュンドアンが入った。 前節のレスター・シティ戦で今季2勝目を挙げた17位フルアム(勝ち点7)に対し、シティは開始早々にスコアを動かす。5分、デ・ブライネのパスでDFの裏に抜け出したスターリングがボックス中央右から侵入し、冷静にシュートをゴール左隅に流し込んだ。 早い時間の先制弾で主導権を握ったシティは、25分にもカンセロのパスをボックス中央で受けたスターリングがアンデルセンに倒されてPKを獲得。このPKはデ・ブライネがゴール右隅へ沈めた。 追加点を奪ったシティは30分に不用意なミスからピンチを招く。リードのロングパスを処理したストーンズのバックパスがあわやオウンゴールになりそうになるも、これはわずかにゴール右に逸れて難を逃れた。 シティは32分にマフレズのループパスをゴール前のスターリングがボレーシュート、さらに45分にもロドリのパスを受けたスターリングが決定機共にシュートはゴールネットを揺らせず、前半は2-0で終了した。 後半も先にチャンスを迎えたのはシティ。50分、ドリブルで中央を持ち上がったデ・ブライネのパスをボックス左で受けたガブリエウ・ジェズスが相手DFを引きつけマイナスに折り返しを供給。これをフリーのデ・ブライネが左足のダイレクトで合わせたが、シュートはクロスバーを叩いた。 さらにシティは57分に自陣からのカウンターが発動。中盤でパスを受けたマフレズが左のスペースへパスを出すと、これを受けたデ・ブライネがボックス左から侵入。相手GKとの一対一を迎えたが、シュートはGKアレオラのブロックに防がれた。 その後も危なげない試合運びを見せたシティは、交代枠を使うことなく試合をクローズ。最後までフルアムに決定機を作らせず、そのまま2-0で勝利。公式戦4戦負けなしとしたシティが、次節行われる“マンチェスター・ダービー”に向けて好調を維持している。 2020.12.06 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

シティDFメンディ、書類不備で6600万円のランボルギーニが押収の危機に

マンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディが愛車没収の危機に瀕しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 事の経緯は今年の夏頃まで遡るようだ。フランスで高級車ランボルギーニを購入したメンディ。世界で900台のみというレアモノでエンジン性能も抜群、47万5000ポンド(約6600万円)もする超一級品だそう。 意気揚々とイギリスでもエンジンを吹かしていたようだが、先月15日、フランスのナンバープレートを付けたまま走っていたところを警察に見つかると、無免許で保険にも未加入だったことが判明したようだ。 直ちにメンディの愛車は没収。必要な書類を提出するまで返却できない決まりとなっているのだが、保管期限の14日間を過ぎても、同選手は書類を持ってこないのだという。「ベンは偉大な選手だが、書類とかそういうお役所的な仕事はからっきしみたいだ」とある情報筋は揶揄している。 今回の件を担当しているチェシャー警察の広報は「車両を正式に押収する準備が進められている」と語る。自動車保険局によると、イギリスでは昨年13万7410台の車両が無保険で押収されており、ドライバーには300ポンドの罰金と6ポイントの減点が科せられるとのこと。 メンディは以前にも度重なるスピード違反で免許停止をくらっており、素行の悪さはジョゼップ・グアルディオラ監督にとっても悩みの種となっている。 2020.12.05 17:33 Sat
twitterfacebook
thumb

シティの大型MFロドリが叩き込んだロケット砲のような弾丸シュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロドリの強烈なロケット砲<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBYUZ4UjZINyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ロドリは、2019年夏にアトレティコ・マドリーからマンチェスター・シティに加入。MFフェルナンジーニョの後継者として期待されている。 191cmと恵まれた体格を活かした守備に加え、優れたテクニックも備えるロドリだが、2019年12月3日に行われたプレミアリーグ第15節のバーンリー戦では、豪快なゴールを決めている。 2-0とシティリードの68分、シティがバーンリーを攻め、ボックス内でチャンスを作るものの、相手にクリアされてしまう。クリアボールを拾ったMFダビド・シルバがシュートを打つが、これもブロックに遭う。しかし、そのこぼれ球に詰めたロドリが、ペナルティーアーク内から強烈なシュート。ロケット砲のような弾丸シュートはゴール右上に突き刺さり、見事なゴールとなった。 このゴールでリードを広げたシティは、その後も追加点を奪い、4-1で快勝している。 2020.12.05 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ペップがアグエロの完全復活に期待 「ゴールを決める感覚は唯一無二」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの完全なる姿での早期復帰を願った。イギリス『BBC』が伝えている。 昨シーズン終盤に痛めた左ヒザの手術を受け、今シーズンを出遅れたアグエロは10月中旬に戦列復帰したが、同月24日に行われたプレミアリーグ第6節のウェストハム戦でハムストリングを痛めて再離脱。11月25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第4節のオリンピアコス戦に途中出場したものの、続く同月28日に行われた10節のバーンリーから欠場が続いている。 今年6月にケガを負って以降、公式戦29試合でわずか4試合の出場にとどまり、今シーズン終了後に契約満了のアグエロ。グアルディオラ監督は「彼がフィットしていれば、同じレベルの選手に戻れるはず」と語った。 「もちろん、年齢が年齢だからフィジカルが異なる。彼は(フィル・)フォーデンやラヒーム(・スターリング)よりも少し時間がかかるだろう。しかし、彼が今シーズンの我々を助けてくれると楽観的に考えている」 「セルヒオに必要としているのはヒザに痛みがないこと。今日の彼はずっと良くなったと感じている。通常のコンディションで1、2週間ほどトレーニングできれば、彼は戻ってこられるだろう」 「できるだけ早く戻ってきてほしい。彼のゴールを決める感覚は唯一無二だ。彼がいない状態が5、6カ月も続いている。それは長い」 2020.12.05 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

シティの美しいパスワークから右サイドを駆け上がったカンセロがゴールをねじ込む【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆カンセロがねじ込んだチームゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqZm5xSlBqRiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベンフィカユース出身のカンセロは、バレンシアやインテル、ユベントスなど、ビッグクラブでのプレーを経て、2019年夏にマンチェスター・シティに加入。貴重な戦力として存在感を発揮している。 攻撃力の高いSBとしてシティの攻撃に厚みを与えているカンセロだが、2019年12月18日に行われたカラバオカップ(EFLカップ)準々決勝のオックスフォード・ユナイテッド戦では、見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた22分、自陣に降りてきて受けたFWリヤド・マフレズが、中央のMFフィル・フォーデンにボールを預けると、フォーデンがこのボールをダイレクトで右サイドにパスを出す。 右サイドを駆け上がっていたカンセロが完全にフリーでボールを受けると、そのままドリブルでボックス内に侵入。強烈なシュートを放つと、相手にブロックされながらもシュートをゴールにねじ込み、見事な先制ゴールを決めた。 このゴールで勢いに乗ったシティが、3-1で勝利している。 2020.12.02 21:00 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly