バチュアイがパレスで決めた、フィジカルとテクニックが詰まった豪快至近距離ボレー【インクレディブル・ゴールズ】

2020.10.21 19:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はクリスタル・パレスのベルギー代表FWミッチー・バチュアイが決めたゴールだ。

◆バチュアイがゴール前での強さとテクニックを見せる

マルセイユで頭角を現したバチュアイは2016年夏にチェルシーに加入。その後レンタルで数々のクラブを渡り歩いたバチュアイは、どのクラブでの一定の活躍を見せている。

今シーズンからは2018-19シーズンの後半戦をレンタルで過ごしたクリスタル・パレスに再びレンタルで復帰しているが、2019年5月12日に行われたプレミアリーグ第38節ボーンマス戦では、力強いゴールを決めている。

0-0と同点で迎えた24分、右サイドを鮮やかなワンタッチパスで崩したクリスタル・パレス。右サイド深部でFWウィルフリード・ザハがボールを持つと、クロスを上げるが、これは相手のディフレクションが入り、ボールは高く上がったままボックス内に飛んでいく。すると、ゴール前にポジションを取っていたバチュアイが、相手との競り合いでもガッチリとポジションをキープし、落下点に入る。そのまま落ちてくるボールに対し、豪快なボレーシュートを放ち、相手GKに反応の隙を与えずにゴールネットに突き刺した。

このバチュアイのゴールで先制したクリスタル・パレス。この後打ち合いの展開になったが、バチュアイの2ゴールなどで大量5ゴールを決め、5-3で勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

シティの大型MFロドリが叩き込んだロケット砲のような弾丸シュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロドリの強烈なロケット砲<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBYUZ4UjZINyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ロドリは、2019年夏にアトレティコ・マドリーからマンチェスター・シティに加入。MFフェルナンジーニョの後継者として期待されている。 191cmと恵まれた体格を活かした守備に加え、優れたテクニックも備えるロドリだが、2019年12月3日に行われたプレミアリーグ第15節のバーンリー戦では、豪快なゴールを決めている。 2-0とシティリードの68分、シティがバーンリーを攻め、ボックス内でチャンスを作るものの、相手にクリアされてしまう。クリアボールを拾ったMFダビド・シルバがシュートを打つが、これもブロックに遭う。しかし、そのこぼれ球に詰めたロドリが、ペナルティーアーク内から強烈なシュート。ロケット砲のような弾丸シュートはゴール右上に突き刺さり、見事なゴールとなった。 このゴールでリードを広げたシティは、その後も追加点を奪い、4-1で快勝している。 2020.12.05 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

カルバハルがUEFAスーパーカップで見せた、ボール奪取からの劇的独走ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆カルバハルが決めた劇的ソロゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHNGw1TjRYTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーの下部組織出身のカルバハルは、レバークーゼンで頭角を現すと2013年夏にマドリーに復帰。不動の右SBとしてチームにとって欠かせない存在となっている。 豊富な運動量を誇り、90分を通して攻守に存在感を発揮するカルバハルだが、2016年8月9日に行われたUEFAスーパーカップ決勝のセビージャ戦では、劇的なソロゴールを記録している。 2-2の同点で延長戦までもつれた試合は、延長後半終了間際の119分、右サイドのハーフウェイライン付近で相手からボールを奪ったカルバハルがドリブルを開始。延長後半ということを感じさせない高速ドリブルで一気にボックス内までボールを運ぶと、右足のアウトサイドで劇的なゴールを決めた。 試合は、終了間際の逆転弾で勝ち越しに成功したマドリーが3-2と勝利。そのシーズン1つ目のタイトルを獲得した。 2020.12.03 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

これぞアザールの真骨頂!敵陣を単騎で切り裂く高速ドリブルからのコントロールシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのベルギー代表FWエデン・アザールがチェルシー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アザールが単独で相手陣を切り裂いて決めたソロゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCMjVUZVJIaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスの名門リールでブレイクを果たしたアザールは、2012年夏にチェルシーに加入。エースとしてチームを引っ張る活躍を見せた。 圧倒的なドリブルスキルで、単独で状況を打開する力を持つアザールだが、2016年8月27日に行われたプレミアリーグ第3節のバーンリー戦では、圧巻のソロゴールを決めている。 0-0で迎えた9分、自陣でチェルシーが相手からボールを奪うと、MFネマニャ・マティッチが素早く前線のアザールにパスを出す。センターサークル付近でこのボールを受けたアザールは単独でドリブル突破を開始。スピードに乗ったドリブルで、相手にプレスもかけさせずに一気にボックスの前まで侵入すると、その勢いのままシュートを放つ。狙いすまされたシュートはゴール右下に決まり、見事な先制ゴールとなった。 このゴールで勢いに乗ったチェルシーが3点を奪い、3-0で試合に勝利した。 2020.12.03 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

若き“マジシャン”コウチーニョがインテルで決めた得意の位置からのミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがインテル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆若きコウチーニョがインテルで決めたミドル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXaHBnVWJVWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くしてインテルに引き抜かれたコウチーニョは、2010年にファーストチームデビュー。高いポテンシャルを見せ、クラブから期待されていた。 抜群のテクニックで、早くから注目を集めていたコウチーニョだが、2011年11月19日に行われたセリエA第12節のカリアリ戦では、見事なミドルシュートを決めている。 1-0とインテルリードの60分、カウンターからMFリカルド・アルバレスのパスをコウチーニョが左サイドで受ける。ボールをコントロールしたコウチーニョは、ボックス手前までボールを運び、素早いボールタッチでシュートコースを作り右足を一閃。意表を突くシュートはGKのニアポストを抜き、見事な追加点を挙げた。 このゴールでリードを広げたインテルは、その後反撃を許したものの、2-1で勝利している。 2020.12.02 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

フランス屈指の逸材MFトリソが決めた豪快な無回転ナックルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバイエルンのフランス代表MFコランタン・トリソがリヨン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆トリソがリヨンで決めた無回転シュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJnRFc1Z3VEcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスの名門リヨンユース出身のトリソは、2014年にファーストチームデビュー。若き天才MFとしてビッグクラブの注目を集めた。 得点力、パス精度、守備力と、どれをとってもトップクラスの能力を持つトリソだが、2015年1月25日に行われたリーグ・アン第22節のメス戦では、豪快なゴールを決めている。 1-0とリヨンリードの83分、左サイド深部からマイナスのボールをボックス外で受けたトリソは、しっかりと狙いを定めロングシュートを放つ。強烈なシュートは、無回転のまま飛んでいき、GKの手前で急激に落ちると、ゴール左に見事に決まった。 見事な追加点でリードを広げたリヨンが、試合に2-0で勝利している。 2020.12.01 21:00 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly