C・パレスの“エース”ザハ、指揮官からさらなる要求 「もっと多くのものを求めたい」

2020.10.20 16:41 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クリスタル・パレスのロイ・ホジソン監督はチームのエースであるコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハにより一層の奮起を促した。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。ザハは18日に開催されたプレミアリーグ第5節のブライトン戦でPKのチャンスからゴールを決め、今季リーグ4得点目をマーク。しかし、チームは試合終了間際にブライトンのアルゼンチン人MFアレクシス・マク・アリステルに同点ゴールを許し、ドローで終わった。

この日のクリスタル・パレスが試合全体を通じて放ったシュートは先制点の1本のみ。ホジソン監督は試合後、攻撃の改善に触れ、先制点を決めた以外で存在感を発揮できなかったザハにより多くのものを求めたいと語った。

「私はいつも彼(ザハ)のような能力を持った選手に対して、より多くのものを(チームに)与えてくれると思っている。私たちは彼の能力を信じているし、運が良ければもっと多くのものをもたらしてくれるはずだ」

ザハはこの試合、同点に追いつかれた後に残り時間が少ないにもかかわらず、ブライトンの選手と口論になった。その際、「話をやめろ、ウィルフ(ザハの愛称)!」という叫び声もピッチに響かせたホジソン監督はザハのパフォーマンスについて、満足していない。

「シーズンの残り期間で、私が彼に説教したいのは『君ほどの能力を持った選手にはもっと多くのものを求めたい』ということだ。昨シーズンよりも数ゴール多いだけでは、十分ではない」

「私は彼のプレーで相手のディフェンスが大混乱を起こす姿を見たかった。しかし、今日の彼はそれができなかったね」

ザハは1年半前に「チャンピオンズリーグでプレーしたい」とコメントしており、移籍を熱望していたものの、今夏もそれが叶うことはなかった。クリスタル・パレスでプレーするモチベーションがどの程度残っているかはわからないが、自身のキャリアのためにもより一層の奮起を期待したいところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

FWザハが新型コロナ陽性、今季5ゴールのエースを失い監督は嘆く「色々なところで生まれる」

クリスタル・パレスは23日、コートジボワール代表FWウィルフリード・ザハが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを発表した。 クリスタル・パレスは23日にプレミアリーグ第10節でバーンリーと対戦。しかし、その試合の前にザハが陽性反応を示したことが発表されていた。 ロイ・ホジソン監督は「残念ながら陽性反応が出ていたので自己隔離している。特に体調を崩しているわけではないが、残念ながら検査では陽性と判明した。次の検査結果を待っている」と試合前にコメントしていた。 今シーズン未勝利だったバーンリーとの一戦は、ザハの欠場もあり1-0で敗戦。今季初勝利を与えることとなってしまった。 今シーズンのザハはプレミアリーグ8試合で5ゴールを決めているチーム内得点王。一方で、他の選手は1点ずつしか決められていない状況だった。 試合後にホジソン監督はザハの不在について、「今シーズンは9試合です12ゴールを記録していた。チームはゴールを決めていた。得点を決められる選手がいる。まだ29試合も残っており、ゴールは色々なところで生まれるだろう」とコメント。現状はザハに頼りきりになっている得点だが、今後は他の選手も決めてくれると期待を寄せた。 2020.11.24 18:50 Tue
twitterfacebook
thumb

トルコの点取り屋、トスンがシティ相手にもぎ取ったパレス初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はエバートンのトルコ代表FWジェンク・トスンがクリスタル・パレスで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆トスンがシティ戦で決めたパレス初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwTmg1U3d3WiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年1月にベシクタシュからエバートンに加入したトスンは、いきなりの活躍を見せたものの、イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンの台頭もあり、控えに甘んじている。 2019-20シーズンの後半戦は、レンタル移籍でクリスタル・パレスに加入していたトスンだが、その記念すべき初ゴールは、2020年1月18日に行われた、プレミアリーグ第23節のマンチェスター・シティ戦で決めたゴールだった。 0-0で迎えた39分、右コーナーキックのチャンスをパレスが得ると、クロスがファーポストで待つDFギャリー・ケイヒルへ。ケイヒルがこのボールを頭で折り返すと、トスンがゴール右でさらに頭で合わせ、見事な先制点を挙げた。 試合は2-2で終了し、パレスが競合相手に貴重な勝ち点1を手にしている。 2020.11.21 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

5人交代制に消極的賛成のホジソン「我々にはデメリットだが、選手の安全は望んでいる」

クリスタル・パレスのロイ・ホジソン監督が、5人交代制に対して消極的ながらも賛成していく考えを示した。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 プレミアリーグは今季、昨季の新型コロナウイルス(COVID-19)の中断明けから採用していた5人交代制のルールを、従来の3人交代制に戻すことを決定。欧州主要リーグが5人交代制を継続する中での決定となり、主にビッグクラブの監督が猛反発していた。 また、実際にシーズンが始まると、過密日程により各クラブにケガ人が続出。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督や、リバプールのユルゲン・クロップ監督らは、強い口調で5人交代制への再変更を訴えている。 こうした状況を受け、今週プレミアリーグの監督たちは会合を開催。18日にイングリッシュ・フットボールリーグ(EFL)がイングランド2~4部で5人交代制を採用したこともあり、プレミアリーグでも変更の機運が高まっている。 これに対してホジソン監督は、5人交代制が必ずしも選手やリーグのためになるかは分からないとしつつも、「昨日の会議の後、私は流れに乗る準備をしているよ」と話し、あえて反対するような事はしないと語った。 「(会議での)議論の要旨は、多くの選手が負傷しており、選手の安全のために必要だというものだった。5人交代制で代役の機会を増やせば、負傷のリスクを防げるとね。ただ、私はこの考えには賛同していない」 「質の高い選手を自由に使える強豪チームにとっては、試合の後半選手が疲れてきたときに、また良質な選手を投入できるというのは大きなメリットだろうね」 「我々のようなチームにとって5人交代制のメリットはなく、デメリットになるという当初の考えを変わらない。ただ、(欧州カップ戦への出場などで)多くの試合をこなしているチームには、同情するところもある」 「私は元々、(シーズン前の投票で)3人交代制に一票を投じていた。なぜなら、我々は皆自分のクラブのメリットを考え投票するからだ。5人交代制の継続を願った人間だってクラブにとってのメリットしか考えていないし、我々にはそれに反対する権利がある」 「しかし、今、これほどまでに変化を望む大きな声が上がっている。それに、選手の安全を持ち出されてしまってはね。5人交代制が選手の安全強化や改善に繋がるかはともかく、私だって同じように選手の安全を望んでいる」 「私の考えが変わったか尋ねられたら、私は『皆が望むことなら、それに沿っていけば良い』と答えるよ。私はバリケードの前で旗を持ち『これはすべて間違っている』と言いたくはない。結局のところ、すべてが間違っているわけでも、正しいわけでもないのだ」 2020.11.20 14:54 Fri
twitterfacebook
thumb

セルビア代表、ミリボイェビッチがコロナ陽性…スコットランドとのユーロ本大会行き懸けたPOを欠場…

セルビアサッカー協会(FAS)は12日、セルビア代表に招集中のクリスタル・パレスMFルカ・ミリボイェビッチに新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを公表した。 セルビア代表は12日、ベオグラードでユーロ2020予選プレーオフ・パスC、スコットランド代表とのユーロ本大会行きを懸けた大一番に臨む。 この一戦に先駆けて10日に実施されたPCR検査においてミリボイェビッチは陽性反応が確認され、即時代表チームのトレーニング施設を離れ、自主隔離措置を取っていた。 さらに、翌11日には別の検査を受けたが、この検査でも陽性判定が出たことから、ミリボイェビッチはセルビア国内の医療プロトコルに従い、自主隔離を継続することになり、スコットランド代表戦への出場が不可能となった。 ただ、ミリボイェビッチを除くすべての招集選手、チームスタッフの陰性は確認されており、試合は予定通り開催可能だという。 ミリボイェビッチは絶対的な主力ではないものの、セルビア代表通算39キャップを誇る中盤の中心選手の一人だ。 2020.11.12 21:32 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールの夢を打ち砕いた“クリスタンブール” マーレイの絶妙“胸”アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はワトフォードのイングランド人FWグレン・マーレイがクリスタル・パレス時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆“クリスタンブール”でゲイルによる止めの一撃をマーレイがお膳立て<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwOWpCTmVISiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> イングランド下部リーグでキャリアをスタートさせたマーレイは、様々な下部クラブを渡り歩き経験を積むと、2014年夏にクリスタル・パレスに加入し、遅咲きのプレミアリーグデビューを果たした。 典型的な「9」番タイプのFWとして得点力やポストプレーで持ち味を発揮するマーレイだが、2014年5月5日に行われたプレミアリーグ第37節、リバプール戦では見事なポストプレーで味方のゴールをアシストしている。 このシーズン、ブレンダン・ロジャーズ監督の下で快進撃を見せ、優勝争いを演じながらも“ジェラード・スリップ”で自力優勝の望みが消えかけていたリバプール。望みを繋ぐためには得失点差を稼ぐことが必須だったリバプールが、一時は0-3とリバプールがリードを奪ったものの、終盤にパレスが追い上げ、2-3と1点差まで迫っていた。 迎えた88分、自陣からのロングボールに対して、マーレイが反応すると、ジャンプしながら胸でパスを前線のゲイルに送る。意表を突くパスに完全にゲイルがフリーとなり、GKとの1vs1を冷静に沈め、リバプールの悲願を打ち砕く同点弾となった。 これで優勝の望みがほぼ消滅したリバプール。3点のリードをひっくり返して優勝した有名な“イスタンブールの奇跡”になぞらえて、この試合は“クリスタンブール”と呼ばれるリバプールにとっての悲劇として、語り継がれる一戦となった。 2020.11.10 21:00 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly