ルーニーがダービーの新指揮官に? コクー監督解任の可能性浮上でオーナーが検討か…

2020.10.15 15:38 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(34)が、ダービー・カウンティの新指揮官に就任する可能性があるようだ。イギリス『サン』が報じている。ルーニーは現在、チャンピオンシップ(イングランド2部)のダービーに選手兼コーチとして所属。昨シーズンから指揮官に就任したフィリップ・コクー監督をピッチ内外でサポートしている。


昨シーズンのチャンピオンシップを10位でフィニッシュしたダービーだが、今シーズンは開幕からの4試合でわずか1勝と苦しんでおり、順位は20位に低迷。目標であるプレミアリーグ昇格に向けて厳しい船出となっている。

そういった中、オーナーを務めるメル・モリス氏は、コクー監督の手腕に疑いを持っており、更迭を検討している模様。関係者筋からの情報によると、同オーナーはインターナショナルマッチウィーク前に行われた第4節のノリッジ戦の結果次第で解任を言い渡す予定だったが、ルーニーが試合終了間際に決勝点を決めたことにより、そのタイミングでの解任に踏み切ることはなかった。

ただ、16日に予定されている第5節のワトフォード戦で敗れるようなことがあれば、今度こそ解任に踏み切る可能性が高いようだ。
そして、モリス氏はコクー監督の後任としてルーニーを新たな指揮官に据えたいと考えている模様。ただ、同選手はトップチームを率いるのに必要なコーチングライセンスを取得しておらず、指揮官就任にあたってはライセンスを保有する経験豊富なサポート役が必要となる。

なお、『サン』が伝えるところによれば、現時点での有力候補は過去にダービーで監督経験があり、昨年までインドのチェンナイインFCを率いていたジョン・グレゴリー氏(66)だという。

その一方で、ルーニーの古巣であるマンチェスター・ユナイテッドのトップチームでアシスタント・マネージャーを務めるマイク・フェラン氏(58)も候補に挙がっているようだ。
なお、ルーニーは先日に、「常にそれ(監督)に興味を持っていた。ルイス・ファン・ハールがユナイテッドで監督をしていた頃、ライアン・ギグスが対戦相手を分析していて、僕はトレーニングの後によくその仕事を数時間一緒に見ていたんだ」と、監督業への強い関心を口にしていた。

これまでのプレーヤーキャリアを通じて、フットボールIQの高さを高く評価されてきたルーニー。仮に監督に就任した場合、どんなスタイルのチームを作り上げるのか、非常に注目が集まるところだ。
関連ニュース
thumb

集中しろ!ルーニー監督が選手に課した禁止事項とは?「見たくない」

チャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティを指揮するウェイン・ルーニー監督が、ハダースフィールドとの一戦を前に選手たちへ注意喚起した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 先月15日に、現役引退と同時にダービーの監督に正式就任したことを発表したルーニー氏。以降のチームはリーグ戦で5勝3敗の成績を収め、24チーム中22位から19位へ順位を上げている。 そして、23日のハダースフィールド戦を前に、ルーニ監督は選手たちにある禁止事項を伝えた。ハダースフィールドには現在、かつてダービーに7年在籍し、キャプテンも務めたDFリチャード・キーオと、今年1月末まで同クラブでプレーしていたMFデュエイン・ホームズが所属している。 2人はダービー退団後初めての古巣戦となるため、選手たちにとっては再会の場となるが、ルーニー監督は感情を持ち込まず試合に集中するため、試合前の会話は避けるよう指示している。 「リチャード・キーオとデュエイン・ホームズがこのスタジアムに戻ってくるが、彼らはハダースフィールドでの仕事に集中するだろう」 「選手たちには、試合前に彼らと話すところを見たくないと言った。もし話したいことがあるのなら、試合の後にしてくれとね。試合前は自分たちの仕事に集中しなければならない」 なお、キーオに関しては、2019年9月にチームメイトの飲酒運転に関与し、さらにはその交通事故でヒザに全治15カ月の重傷を負ったことでクラブから減俸を求められていたが、受け入れることなく翌10月に退団。現在は、これが不当解雇だったとしてクラブとの裁判に発展している。 2021.02.23 17:17 Tue
twitterfacebook
thumb

キック精度は色褪せず!ルーニーが決めた美しい現役最後のゴール【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元イングランド代表FWウェイン・ルーニー氏がダービー・カウンティで決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆正確無比なピンポイントカーブFK<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmcGZqdFhReiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> マンチェスター・ユナイテッド、そしてイングランド代表のエースとして長きにわたって活躍したルーニー氏は、アメリカでのプレーを経て2020年1月にチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティに移籍。選手兼コーチとしてプレーした。 今シーズン途中に監督就任にあたって現役を引退したルーニー氏だが、2020年10月3日に行われたチャンピオンシップ第4節のノリッジ戦では、現役選手として最後のゴールとなったFKを決めている。 0-0のまま終盤に差し掛かった87分、ダービーがゴール正面の位置でFKを獲得する。キッカーのルーニーは短い助走から直接ゴールを狙うと、右足から放たれたカーブのかかったシュートが、美しい弧を描きながらゴール右上のコースに正確に決まった。 試合は、終盤に先制に成功したダービーがそのまま1-0で勝利。ルーニーの年齢を感じさせない素晴らしいFKで、キャリア最後のゴールを飾った。 <span data-sg-movie-id="830" data-sg-movie-title="【現役最後のゴール】ルーニーが決めた美しいフリーキック"></span> 2021.02.23 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シティMFロバーツ、ミドルズブラとのレンタル契約打ち切り…今度はルーニー監督率いるダービーへ

ダービー・カウンティは1日、マンチェスター・シティからイングランド人MFパトリック・ロバーツ(23)のレンタル加入を発表した。契約は今季終了までとなる。 2014年にフルアムでプロデビューしたロバーツは細かいタッチでのドリブルを武器に頭角を現すと、10代の選手としては高額な移籍金1000万ポンド(約14億4000万円)で2015年夏にマンチェスター・シティへと引き抜かれ、2016年冬からセルティック、ジローナ、ノリッジ・シティ、ミドルズブラと武者修行の旅に出た。 2016年冬から合計2年半を過ごしたセルティック時代こそ主力ウインガーとして公式戦78試合の出場で18得点を記録したが、その後は伸び悩み、昨冬からプレーするミドルズブラでは今季もここまで公式戦10試合の出場で無得点。ミドルズブラとのレンタル契約を解消する形で、ウェイン・ルーニー監督が率いるダービー・カウンティに活躍の場を移すこととなった。 2021.02.02 12:59 Tue
twitterfacebook
thumb

ルーニー監督のもとに古巣ユナイテッドから新戦力! 逸材メンジがダービーにシーズンローン

ダービー・カウンティは1日、マンチェスター・ユナイテッドに所属するU-18イングランド代表DFテデン・メンジ(18)のレンタル加入を発表した。加入期間は今季終了までとなる。 マンチェスター生まれで、ユナイテッドアカデミー出身のメンジは各世代別代表からも定期的に呼ばれる有望株。スピードやカバーリング、そしてビルドアップにも定評のあるセンターバックで、オーレ・グンナー・スールシャール監督に評価され、昨季のヨーロッパリーグ(EL)でトップチームデビューを果たした。 そうして迎えた今季、正式にトップチーム登録。しかし、ここまで出番がなく、ベンチ入りもEFLカップ2試合とチャンピオンズリーグ(CL)3試合のみだった。 チャンピオンシップ(イングランド2部相当)を戦うダービー・カウンティは現在、 7勝7分け12敗の19位。シーズン途中から指揮を執るウェイン・ルーニー監督にとって、古巣ユナイテッドからの新戦力となり、指揮官に正式就任後の補強第一号となる。 2021.02.02 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ルーニーがダービーの正指揮官に就任! 監督専任で現役引退に…

チャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティは15日、暫定指揮官を務めていた元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(35)を正指揮官に任命したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの2年半となる。 なお、ここまでは選手兼任の形を取っていたが、正指揮官就任に伴い、監督業に集中するため選手としてのキャリアを実質終える決断を下した。 また、必要なコーチングライセンスを取得していないルーニー新監督をサポートするコーチングスタッフとして、アシスタントマネージャーを務めるリアム・ロシニアー、シェイ・ギブン、ジャスティン・ウォーカーの3氏の続投も決定。さらに、スティーブ・マクラーレン氏がテクニカル・ディレクターと取締役会顧問を兼任する。 今シーズンのチャンピオンシップを11試合戦い1勝3分け7敗の勝ち点6で最下位に沈んでいたダービーは、昨年11月14日にフィリップ・コクー前監督を解任。 その後、前述のコーチングスタッフと共に暫定指揮官としてチームを率いたルーニー監督の下でチームは3勝4分け4 敗の戦績を残し、24チーム中の22位に浮上している。 正指揮官に任命されたルーニー新監督はクラブ公式サイトを通じて意気込みを口にしている。 「イギリスに戻ってきたとき、ダービー・カウンティの持つ可能性に本当に驚かされた。スタジアム、トレーニンググラウンド、スタッフ、若手プレーヤーのクオリティの高さ、もちろん常に忠実にクラブをサポートしてくれるファンにもね」 「他にもオファーはあったけど、ダービー・カウンティが自分にとって適切な場所であることは本能的に理解していた」 「ブライアン・クロー、ジム・スミス、フランク・ランパード、フィリップ・コクーらの後を引き継ぐ機会を与えられたことは、とても光栄なことだ。そして、クラブに関わる全ての人、ファン、スタッフ、そして私がこの歴史あるクラブの過去12カ月間で見てきた可能性を実現するために、すべてにおいて全力を注ぐことを約束する」 エバートンでプロフットボーラーとしてのキャリアをスタートし、マンチェスター・ユナイテッド、イングランド代表で一時代を築いたルーニー。その後、エバートン、DCユナイテッドを経て2020年1月にダービーに加入した。 今回の正指揮官就任に伴い、選手としてのキャリア終焉を迎えたが、その選手時代に培ってきた豊富な経験を指導者としていかにチームに落とし込んでいくかに注目が集まるところだ。 なお、正指揮官として臨む初陣は16日のチャンピオンシップ、ロザラム・ユナイテッドとのホームゲームだ。 2021.01.15 23:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly