バルサの新たな才能アンス・ファティが9月のリーガ月間MVPに!

2020.10.11 11:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティ(17)が9月のラ・リーガ月間最優秀選手に輝いた。

バルセロナ下部組織出身のファティは昨季のトップチームに彗星の如く現れ、公式戦33試合の出場で8得点1アシストとブレイク。トップチーム昇格が正式決定した今季はロナルド・クーマン新体制下でより存在感を際立たせ、リーガ開幕からここまで全3試合に先発して3得点3アシストの活躍を披露している。

レアル・ソシエダのMFミケル・メリノやセルタのFWイアゴ・アスパス、レアル・ベティスのMFセルヒオ・カナレス、レバンテのMFホセ・ルイス・モラレス、アトレティコ・マドリーのFWルイス・スアレス、グラナダのMFルイス・ミジャも候補にノミネートされたが、10日にファティの受賞が決定した。

なお、昨季にバルセロナ史上2番目の若さとなる16歳298日でトップチームデビューを果たしたファティは今年9月にスペイン代表としても初出場を飾り、今月も代表入り。これからの活躍にも大きな期待が集まるところだ。

関連ニュース
thumb

バルサと契約延長交渉難航の新星が自身への人種差別に反応「まじかよ」

バルセロナのスペイン人MFイライクス・モリバ(18)が自身に向けられた人種差別投稿に反応した。 昨シーズントップチームデビューを果たした逸材とバルセロナの契約は来夏まで。クラブは契約延長オファーを提示したが、モリバはこれを受け入れず。それを受けてバルセロナはモリバをBチームへと降格させるなど、せめぎ合いが続いている。 そんな中、モリバは自身のTikTokを更新。 SNSに寄せられた人種差別投稿の一部を紹介した。その中には「卑劣な猿」、「もしお前に会ったら刺してやる」といった過激な内容や中指や猿の絵文字を連続で投稿するようなものもあった。 モリバはスマートフォンでこれらを確認すると、何度か首を振った後、「まじかよ…」と呆れるようにつぶやいた。 契約延長交渉では合意できていないものの、バルセロナの公式ツイッターはこの動画を引用する形で「私たちはサッカーを愛している。私たちは人種差別と戦う」と投稿。連帯を示している。 <span class="paragraph-title">【動画】過激な人種差別投稿にモリバも思わず「まじかよ…」</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxNHdsWVpFOCIsInAiOiJzdWdvdG9rdSIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/sugotoku.js"></script> 2021.07.29 05:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「ファン・ペルシよりファン・ペルシ」バルセロナにやってきた? 若手MFが元オランダ代表FWと瓜二つ!

バルセロナに元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシがやってきたと話題になっている。 アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍し、2018-19シーズンを最後に現役を引退したファン・ペルシ。そんな彼がバルセロナのトレーニングで目撃されたとのことだ。 バルセロナの公式ツイッターが公開した写真には確かにファン・ペルシの姿が。とても37歳とは思えない若々さだ。 それもそのはず、写っているのは本人ではなく、U-21スペイン代表MFリキ・プッチ。トレーニングの合間にカメラへ向けた笑顔が、若き日のファン・ペルシとそっくりだ。 この写真に対してチームメイトの元スペイン代表DFジェラール・ピケも反応。「ファン・ペルシだな」と残し、ファンからも「息子?クローン?」「ファン・ペルシよりファン・ペルシだわ」との声が上がっている。 写真についてはともかく、リキ・プッチは「ピッチに戻るのに必死だった」とバルサTVに語っている。 「確かに(これまで)僕たちはサッカー選手として長い休暇をとれなかったけれど、今年は1カ月以上あり、チームメイトと一緒にトレーニンググラウンドに戻って自分の好きなことをすることができて本当に嬉しい」 「リーグ開幕の準備に1カ月あるので、競争力のあるチームを構築したい。若い選手がいて、たくさんのトロフィーを獲得したいと思う。シーズンが始まるのが楽しみだよ」 リキ・プッチは昨季、リーグ戦では14試合に出場しながらも途中出場が多く、281分にとどまっていた。オランダ人のロナルド・クーマン監督には構想外と伝えられる噂もあったが、今回の件はある種、大きなアピールとなっただろう。 <span class="paragraph-title">【写真】ファン・ペルシにしか見えない!バルセロナMFリキ・プッチの1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/RiquiPuig?ref_src=twsrc%5Etfw">@RiquiPuig</a> <a href="https://t.co/OT6ZyWYgQs">pic.twitter.com/OT6ZyWYgQs</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona_cat) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona_cat/status/1420118054642634757?ref_src=twsrc%5Etfw">July 27, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.28 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

エゴと献身性の相反する能力を持ち合わせたアフリカ最高のストライカー、サミュエル・エトー

サッカー史には数多くの偉大なアフリカ人ストライカーが名を残している。 古くはミランで活躍しバロンドールも受賞、今は一国の長になっている元リベリア代表FWのジョージ・ウェア大統領、背番号「4」が特徴的で、心臓病がありながらもアーセナルをはじめとするプレミアリーグのクラブやナイジェリア代表として活躍したヌワンコ・カヌ、コートジボワールを強豪国へと引き上げた黄金世代の1人で、チェルシーではチャンピオンズリーグ制覇など数多くのタイトルを獲得。戦争を止めたというエピソードもあるディディエ・ドログバら、多くのスター選手がいる。 ヨーロッパの舞台だけでなく、Jリーグでも2020シーズンに得点王を獲得したFWオルンガのインパクトは絶大。かつては“浪速の黒豹”としても知られたパトリック・エムボマらも活躍し、その能力の高さは知られたところだろう。 現役でもリバプールを支えるエジプト代表FWモハメド・サラーやセネガル代表FWサディオ・マネなどがいるが、そんなアフリカ人ストライカーたちの中でも、一線を画すスタイルで活躍したのが元カメルーン代表FWサミュエル・エトーだ。 <span class="paragraph-title">◆地元の名門育ちのストライカー</span> エトーは、カメルーンのドゥアラにある名門アカデミーのカジ・スポーツアカデミーの一期生。その後、エスパニョールで長らく活躍したGKイドリス・カメニやマンチェスター・ユナイテッドでもプレーしたMFエリック・ジェンバ=ジェンバら、多くの才能ある選手を輩出している。 16歳になったエトーはスペインの名門、レアル・マドリーのカスティージャに入団。当時レアル・マドリー・カスティージャは3部に所属していたため、外国人選手が出場できず。エトーはレガネス、エスパニョール、マジョルカへとレンタル移籍し経験を積んだ。 マジョルカではその活躍が認められ2000年夏に完全移籍。3シーズンを過ごし、チームをコパ・デル・レイで優勝に導くなど、その才能が開花。2004年夏にバルセロナへと完全移籍した。 <span class="paragraph-title">◆ヨーロッパで輝いた“黒い宝石”</span> バルセロナへと加入したエトー。加入1年目からエトーは活躍。ラ・リーガで37試合に出場し25ゴールを記録。ラ・リーガ優勝を経験した。 そして迎えた2年目も躍動。ラ・リーガでは 34試合で26ゴール7アシストを記録し得点王を獲得。チャンピオンズリーグでは11試合で6ゴール2アシストを記録し、決勝のアーセナル戦でもゴールを決め、ビッグイヤー獲得に貢献した。 バルセロナではブラジル代表FWロナウジーニョとの抜群の連携を見せ、一気に得点力を開花させたが、そのエトーはロナウジーニョの影響もあり献身的な守備を身につける。そしてそのプレースタイルが、後のキャリアにも影響する。 5シーズンのバルセロナでのプレーでインパクトを残したエトーは、2009年夏にインテルへと移籍。セリエAの舞台に活躍の場を移すと、そのバルセロナで身につけた献身性を武器に32試合12ゴール。チャンピオンズリーグでも13試合で2ゴール2アシストと、数字に残る成績は低下したものの、チームへの貢献度は大きいものだった。 結果として、バルセロナ最後の2008-09シーズン、そしてインテル最初の2009-10シーズンと2年連続で国内リーグ、国内カップ、そしてチャンピオンズリーグの3冠を達成。史上初の快挙を成し遂げた唯一の選手となった。 その後のエトーは、世界各国を転々。ロシアのアンジ・マハチカラ、イングランドのチェルシー、エバートン、イタリアのサンプドリア、トルコのアンタルヤスポル、コンヤスポル、カタールのカタールSCでプレー。クラブレベルでは6カ国を経験した。 クラブレベルでは公式戦720試合で360ゴール117アシスト。2試合に1点のペースを生涯通じて記録した偉大なストライカーだ。 <span class="paragraph-title">◆CL決勝で決めた2つのゴール</span> バルセロナでは199試合で130ゴール40アシストを記録したエトー。数多くのゴールを決めてきた中、重要なゴールも多い。 まずは、チャンピオンズリーグ決勝でのゴールだ。エトーは、バルセロナ時代に2度チャンピオンズリーグで優勝。その2度の決勝ではどちらもゴールを奪っている。 1つ目2005-06シーズンのアーセナルとの決勝。この試合は、アーセナルのGKイェンス・レーマンが18分で退場するというアクシデントからスタート。さらに37分にはその数的不利なアーセナルが、ソル・キャンベルのゴールで先制するという展開となった。 数的有利なバルセロナとしては逆転したいなか、試合は終盤へ。それでも76分にエトーが見せる。 縦パスがアンドレス・イニエスタから入ると、ヘンリク・ラーションのワンタッチパスに反応し、ニアサイドを撃ち抜いた。 さらにエトーは2008-09シーズンの決勝でマンチェスター・ユナイテッド相手にゴール。こちらは打って変わって、開始10分で決めたゴールだ。 このゴールもボックス手前でボールを持ったイニエスタからのスルーパスをボックス内右で受けると、鋭い切り返しで相手をかわすと、そのままニアサイドを撃ち抜いた。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJETUZHelRZbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <span class="paragraph-title">◆新たな章の始まり</span> 次に紹介したいのはインテル時代のデビューゴールだ。 インテルではジョゼ・モウリーニョ監督の下で3冠を達成したが、その役割はバルセロナ時代のストライカーから少し変化していった。 エゴイスティックな自らのゴールを優先しがちなストライカーとは異なり、周りの選手を生かすアシストや、守備面でも貢献する献身性を伴ったエトーは、本当の意味で相手の脅威となった。 そのエトーがインテルで最初に決めたゴールが2009年8月8日に行われたスーペルコッパ・イタリアのラツィオ戦だった。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHS1NmTFJ0NiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> シーズン開幕前に行われた一戦。エトーにとってはインテルでの公式戦デビュー戦となった試合だが、この試合ではその変化の片鱗を見せる。 献身的なプレーを続けたエトーだがチームは2点ビハインドで試合終盤へ。すると78分、マリオ・バロテッリの浮き球のパスに反応し豪快に蹴り込んで魅せた。 当時はディエゴ・ミリート、バロテッリ、そしてエトーとストライカータイプが揃う中で献身的なプレーを発揮していたエトー。この時はゴールを仕留める役割だったが、この後にウイング起用が増え、このシーズン3冠を達成した。 <span class="paragraph-title">◆プレミア初ハットトリック</span> そして3つ目はプレミアリーグでの活躍だ。 エトーはチェルシーとエバートンに在籍経験があるが、どちらも短いものだった。 チェルシーには1シーズンしか在籍しなかったが、その中でハットトリックを記録。それがマンチェスター・ユナイテッド戦だった。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIeFZIdW1iRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 前述の通り、バルセロナ時代の2008-09シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でユナイテッド相手にゴールを決めていたエトー。今回はプレミアリーグの試合でハットトリックをやってのけた。 2014年1月19日に行われた試合ではカットインからのシュートで先制ゴールを決めると、2点目はグラウンダーのクロスに合わせて追加点。3点目はCKの流れからこぼれ球を蹴り込みハットトリックを達成した。 エバートン時代を含めプレミアリーグでは12ゴールしか決めていないが、そのうちの3点がユナイテッド戦。この年は優勝を争っていたものの、終盤に失速し3位に終わっていた。 <div id="cws_ad"><hr>バルセロナやインテルなどのクラブチームで活躍し、カメルーン代表としても歴代最多ゴール数を誇るエトーが大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>現役時代に魅せたゴールが『サカつくRTW』でも再現。是非一度チェックしてみよう。</div> <a href="https://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://ryan.onelink.me/C7cD/f7dd12&c=sega_20210715_2" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/900/img/2021/sega20210728.jpg" style="max-width:100%;"></div></a> 2021.07.28 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、減俸受け入れバルセロナ残留か

フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがバルセロナ残留の見通しとなったようだ。 新型コロナウイルスによる緊縮財政を強いられるバルセロナは、その立て直しや契約満了を迎えたFWリオネル・メッシの慰留のためにも資金調達が急務となっている。 そのため今夏の補強はお金のかからないフリー移籍が中心で、しかしながらFWセルヒオ・アグエロやDFエリック・ガルシア、FWメンフィス・デパイといった即戦力候補を引き入れる強かさを見せている。 一方で余剰戦力の整理も着々と進めており、ここまでDFジュニオール・フィルポやDFジャン=クレール・トディボ、MFカルレス・アレーニャの売却で3000万ユーロ近く売り上げている。 そして、ここ最近でバルセロナ周りのトレンドとなっていたのがグリーズマンの去就だ。2019年夏に加入したものの、期待されたほどの活躍ができず度々批判の的に。それにもかかわらず、クラブは高い給与を支払っているため、今夏の売却候補と目されていた。 そんな中、移籍先として浮上したのが古巣アトレティコだ。MFサウール・ニゲスとのトレードが一部で噂され、選手側も乗り気だったと言われていたが、プラスアルファの移籍金を求めるバルセロナにアトレティコが渋り、破談となったと伝えられている。 宙ぶらり状態のグリーズマンだが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、フランス代表FWは減俸を受け入れる形でバルセロナ残留が近づいているとのことだ。ジョアン・ラポルタ新会長が期待していたほどではないにしろ、良好な関係を保ったまま、解決策を見出したという。 ただ、バルセロナは他選手にも減俸を求める模様で、まだまだ忙しい夏を過ごすことになりそうだ。 2021.07.28 15:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ラムジー売却かレンタルの条件でピャニッチを2年レンタルか

ユベントスがバルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(31)を2年レンタルで獲得する可能性があるようだ。スペイン『スポルト』が報じている。 ピャニッチは昨夏、ブラジル代表MFアルトゥールとのトレードでユベントスからバルセロナに移籍。しかし出場機会に恵まれず、ユベントスへの復帰を望んでいると報じられている。 ただ、『スポルト』によればピャニッチ復帰の条件は、高額年俸を受け取っているウェールズ代表MFアーロン・ラムジーを売却、もしくはレンタル移籍が実現した場合に限るとのことだ。 そのラムジーの移籍先には関してはウォルバーハンプトンなどプレミアリーグ勢が候補に挙がっているようだが、現時点ではオファーは届いていないとのことだ。 2021.07.27 06:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly