レバンテ主将ホセ・モラレスがビジャレアル移籍へ! 今季13G7Aのリーグ屈指のベテランアタッカー

2022.06.04 07:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルがレバンテのスペイン人FWホセ・ルイス・モラレス(34)の獲得を決定的なモノとしたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

2011年にリザーブチームに加入して以降、エイバルへの1シーズンのレンタルを除きレバンテ一筋のキャリアを歩んできたホセ・モラレス。ここまで公式戦311試合に出場し、69ゴール43アシストを記録するなど、長年に渡ってクラブの攻撃をけん引し続けてきた。

そのリーグ屈指のベテランアタッカーは、レバンテとの間に延長オプションを含め1年契約が残っているが、クラブとの契約には降格時に他クラブと自由に交渉できる条項が盛り込まれているという。

レバンテはカピタンの忠誠心を信じて1年でのプリメーラ復帰を提案していたが、キャリア終盤を迎えてもう一花咲かせたい34歳は移籍を決断。ベティスやメジャーリーグサッカー(MLS)から好条件のオファーも届いていたが、同じバレンシア州に本拠地を置くビジャレアル行きを選択した模様だ。

ホセ・モラレスはすでにメディカルチェックを受診しており、今後数日以内に2年契約にサインするようだ。

左ウイング、2トップの一角を主戦場に切れ味鋭い仕掛け、高精度のキックでチャンスメーク、フィニッシャーとして存在感を放ってきた玄人好みのアタッカーは、今シーズンの13ゴール7アシストを含め、直近5シーズン中4シーズンで2桁ゴールを記録。

レバンテに比べ主導権を握れてプレーメーカーに事欠かないビジャレアルでは、重要な崩しのオプションとして重宝されそうだ。

関連ニュース
thumb

ビジャレアルvsセビージャは痛み分け…ホームチーム優勢も逆転には至らず《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第6節、ビジャレアルvsセビージャが18日にシウタ・デ・バレンシアで行われ、1-1のドローに終わった。 前節、今季初白星を手にしたセビージャと、今季初黒星を喫したビジャレアルの名門対決は開始早々に動く。8分、右サイドでヘスス・ナバスからパスを受けたイスコがボックス右のゴールライン際で角度をつけたマイナスの折り返しを入れると、タイミング良く中央に走り込んできたオリベル・トーレスが左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ホームで開始早々にビハインドを背負ったビジャレアルは、すぐさまボールの主導権を握って相手を押し込んでいく。ジャクソンやチュクウェゼが相手サイドバックの背後への抜け出しから際どいシーンを作り出す。さらに、27分にはペナルティアーク付近でチュクウェゼのマイナスパスに反応したパレホが狙いすました右足のダイレクトシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩いた。 その後、ロ・チェルソの負傷によってバエナのスクランブル投入を余儀なくされたビジャレアルだが、効果的な攻めで相手陣内深い位置でのプレーを増やしていく。だが、負傷のジェラール・モレノらを欠く攻撃陣は最後の局面で詰めの甘さが目立ち、パレホのポスト直撃のシュート以降は明確な決定機を作り出せなかった。 セビージャの1点リードで折り返した後半、アウェイチームは前半終盤に負傷した守護神ボノに代えて控えGKドミトロビッチ、フェルナンドを下げてタンギ・ニアンズを2ボランチの一角に投入した。 すると、この選手交代も影響したか、後半立ち上がりにホームチームが同点に追いつく。51分、GKからのビルドアップから相手陣内中央左でボールを受けたコクランが相手守備の隙を突きそのまま持ち上がってゴール前のスペースへスルーパスを供給。これに反応したバエナがGKと交錯しながらも泥臭くゴールネットへ流し込んだ。 1-1のイーブンに戻った試合は拮抗。アウェイのセビージャはボールを握るものの、前半同様に最後の局面で精度や連携の質を欠き、攻撃が停滞する。対してビジャレアルはパレホらのパスを起点に相手の背後を取って際どいシーンを作り出すが、こちらも2点目を奪うまでには至らない。 その後、互いに選手交代で流れに変化を加えようとする中、80分過ぎには途中出場のジェレミ・ピノの仕掛けからビジャレアルがPKを獲得。だが、VARのレビューの結果、抜け出しのタイミングでのオフサイドを取られてしまい、勝ち越しの機会は訪れず。 試合終盤にかけてはビジャレアルの時間帯が続く中、右サイドからのクロスにゴール前のダンジュマ、パレホの正確なラストパスに抜け出したホセ・モラレスに2度の決定機が訪れるが、GKドミトロビッチの好守に阻まれ、土壇場での逆転ゴールとはならなかった。 この結果、ビジャレアル優勢の強豪対決は痛み分けのドローに終わった。 2022.09.19 01:22 Mon
twitterfacebook
thumb

菅原が今季初ゴール! AZは終盤のゴールラッシュで4発快勝《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループステージ第2節が15日に欧州各地で行われた。 昨季と比較してやや地味な顔ぶれとなった今グループステージで唯一の日本人選手となる菅原由勢の所属するAZは、ホームでファドゥーツ(リヒテンシュタイン)と対戦し4-1で勝利した。菅原はフル出場、92分にゴールを記録している。 EL連勝を狙うAZは、19分にバラシのゴールで先制。しかし、直後の22分にゲルツァーにネットを揺らされ、1-1で前半を終える。 後半に入っても膠着状態が続く中、61分に中盤からのロングパスに反応したオドゴールがボックス外で飛び出したGKビュヘルに倒されると、このプレーでGKビュヘルが一発退場に。 数的有利となったAZは、81分にブッケマのゴールで勝ち越すと、後半アディショナルタイム2分にはデ・ウィトのパスで右サイドを抜け出した菅原がボックス右深くまで切り込みゴール左隅にシュートを突き刺した。 このゴールで試合を決定づけたAZは、試合終了間際にもデ・ウィトがゴールネットを揺らるなど、終盤のゴールラッシュで4-1と快勝した。 また、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4で一昨季のヨーロッパリーグ(EL)王者であるビジャレアルは、アウェイでハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)と対戦。28分にホセ・モラレスのPKで先制したビジャレアルだったが、63分にハトゥエルにネットを揺らされ追いつかれる。 それでも67分、右サイド深くまで抜け出したジェレミ・ピノのクロスをバエナが右足ボレーで流し込み、勝ち越しに成功。結局、これが決勝点となりビジャレアルが2-1で勝利した。 その他、イングランドの名門ウェストハムはアウェイでシルケボー(デンマーク)と対戦し3-2で勝利。イタリアの名門はフィオレンティーナはアウェイでバシャクシェヒル(トルコ)と対戦し0-3で完敗している。 ◆グループA FK RFS(ラトビア) 0-2 ハート(スコットランド) バシャクシェヒル(トルコ) 3-0 フィオレンティーナ(イタリア) ◆グループB FCSB(ルーマニア) 0-0 アンデルレヒト(ベルギー) シルケボー(デンマーク) 2-3 ウェストハム(イングランド) ◆グループC ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) 1-2 ビジャレアル(スペイン) レフ・ポズナン(ポーランド) 4-1 オーストリア・ウィーン(オーストリア) ◆グループD パルチザン(セルビア) 1-1 ニース(フランス) ケルン(ドイツ) 4-2 スロヴァコ(チェコ) ◆グループE AZ(オランダ) 4-1 ファドゥーツ(リヒテンシュタイン) アポロン(キプロス) 1-3 ドニプロ-1(ウクライナ) ◆グループF ユールゴーデン(スウェーデン) 3-2 モルデ(ノルウェー) ヘント(ベルギー) 3-0 シャムロック・ローバーズ(アイルランド) ◆グループG クルージュ(ルーマニア) 0-1 スィヴァススポル(トルコ) スラビア・プラハ(チェコ) 3-2 バルカニ(コソボ) ◆グループH ジャルギリス(リトアニア) 0-1 バーゼル(スイス) ピュニク(アルメニア) 2-0 スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 2022.09.16 06:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、ジェラール・モレノとトリゲロスの負傷を報告

ビジャレアルは13日、スペイン代表FWジェラール・モレノと、スペイン人MFマヌ・トリゲロスの負傷を報告した。 モレノは11日に行われたラ・リーガ第5節のベティス戦で負傷。左足ハムストリングに筋肉損傷を負った。 トリゲロスは8日のヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)のレフ・ポズナン戦で右太ももを損傷。今季初出場だったが、前半のみの出場に終わっていた。 クラブによると、現状では両選手とも離脱期間は明らかになっていないとのこと。とりわけ、ここまで全試合に出場し、リーグ戦では2ゴールの記録しているモレノの離脱は大きな痛手となりそうだ。 なお、ビジャレアルは今後、ECL第2節のハポエル・ベエルシェバや、ラ・リーガ第6節のセビージャ戦が控えており、以降はインターナショナルブレイクに突入することになる。 2022.09.14 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ベティスが白熱上位対決を制す! 今季リーグ初失点のビジャレアルは初黒星に…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第5節、ベティスvsビジャレアルが11日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、ホームのベティスが1-0で勝利した。 ミッドウィークに行われた欧州カップ戦で共に白星スタートとなった4位のベティスと、3位のビジャレアルによる注目の上位対決。 試合は立ち上がりからチャンスが多く生まれるオープンな展開に。立ち上がりはホームのベティスが優勢に試合を進め、7分にはカナーレスの左CKをニアに入り込んだルイス・エンヒキがワンタッチで合わすが、これはGKルジの好守に遭う。さらに10分には相手陣内でパスを引っかけたショートカウンターからカナーレスにビッグチャンスも、ここはシュートを枠に飛ばせない。 一方、立ち上がりの守勢を凌いだビジャレアルは、カウンターを軸にチャンスを窺う。とりわけ、2トップの一角に入るジャクソンが強靭なフィジカルで相手守備陣相手に優位性をもたらし、再三の決定機に絡む。 13分にはジャクソンがボックス内でうまく潰れた流れからジェラール・モレノ、ジャクソンの連続シュート。さらに、22分にはジャクソンが快足を飛ばしてロングカウンターからロ・チェルソにGKと一対一のチャンスも、ここはGKルイ・シウバのビッグセーブに遭う。 前半半ばから終盤にかけても一進一退の攻防が続く中、アウェイチームがより決定的な場面を作り出す。だが、ジェラール・モレノやジャクソンの決定機はベティス守護神がことごとく好守で阻止し、ゴールレスでの折り返しとなった。 迎えた後半、修正力に優れる両指揮官の采配に注目が集まった中、ホームチームを率いるペジェグリーニが流れを引き寄せる。前半に比べて全体の戦いが整理されたベティスは、完全にボールを握って相手を深くに押し込む形を作り出す。 そして、61分には右サイドでのパス交換で相手守備を寄せると、ルイス・エンヒキが左足に持ち替えて入れた鋭いクロスに対して、大外でドフリーとなったロドリがゴール至近距離から左足ダイレクトで合わせた。 数分前に負傷したジェラール・モレノ、ピノを下げてバエナ、チュクウェゼを同時投入した中、今季5戦目にしてリーグ戦初失点を喫したビジャレアルは、守り一辺倒の状態から一気に攻めに出ていく。だが、エースら不在の中でボールを持たされる形が続き、なかなか効果的に攻めることができず。72分にはロ・チェルソのお膳立てからボックス内のコクランに決定機も、シュートを枠に飛ばせない。 その後、互いに交代カードを切った中、試合終盤はボールを握って押し込むビジャレアルと、堅守速攻で応戦するベティスという構図の下で白熱の攻防が繰り広げられる。 ベティスには何度かロングカウンターでトドメを刺すチャンスがあったが、DFアルビオルや守護神ルジの好守でビジャレアルが最後まで勝ち点の可能性を残す。だが、この試合ではその守備陣に攻撃陣が応えることができず、試合はこのままタイムアップ。 ホームで勝ち切ったベティスが、前節のレアル・マドリー戦での今季初黒星をきっちり払しょく。一方、敗れたビジャレアルは今季公式戦初黒星となった。 2022.09.12 06:04 Mon
twitterfacebook
thumb

途中出場の菅原が決勝点をアシスト! AZやビジャレアル、ウェストハムらが順当に白星スタート《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループステージ第1節が8日に欧州各地で行われた。 昨季と比較してやや地味な顔ぶれとなった今グループステージで唯一の日本人選手となる菅原由勢の所属するAZは、アウェイでドニプロ-1(ウクライナ)と対戦し0-1で勝利した。菅原は62分からプレーしている。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。AZは62分にハツィディアコスを下げて菅原を投入。すると直後の63分、右サイドでサイドチェンジを受けた菅原のクロスをデ・ウィトが流し込んだ。結局、これが決勝点となりAZが白星スタートを切った。 また、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4で一昨季のヨーロッパリーグ(EL)王者であるビジャレアルは、ホームでレフ・ポズナン(ポーランド)と対戦。開始早々に失点したビジャレアルだったが、33分にチュクウェゼのゴールで追いつくと、36分と40分にバエナがゴールネットを揺らし逆転に成功した。 2点差とし後半もビジャレアルペースで試合が進むかと思われたが、後半開始早々にPKで1点を返されると、61分にもイシャクにネットを揺らされ、試合は振り出しに。 このまま試合終了かと思われたが、89分にコクランが強烈なミドルシュートを突き刺し、ビジャレアルが土壇場で勝ち越しに成功。結局、試合はそのまま4-3で終了した。 その他、イングランドの名門ウェストハムはホームでFCSB(ルーマニア)と対戦し3-1で逆転勝利。イタリアの名門はフィオレンティーナはホームでFK RFS(ラトビア)と対戦し1-1の引き分けに終わった。 ◆グループA フィオレンティーナ(イタリア) 1-1 FK RFS(ラトビア) ハート(スコットランド) 0-4 バシャクシェヒル(トルコ) ◆グループB ウェストハム(イングランド) 3-1 FCSB(ルーマニア) アンデルレヒト(ベルギー) 1-0 シルケボー(デンマーク) ◆グループC ビジャレアル(スペイン) 4-3 レフ・ポズナン(ポーランド) オーストリア・ウィーン(オーストリア) 0-0 ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) ◆グループD スロヴァコ(チェコ) 3-3 パルチザン(セルビア) ニース(フランス) 1-1 ケルン(ドイツ) ◆グループE ドニプロ-1(ウクライナ) 0-1 AZ(オランダ) ファドゥーツ(リヒテンシュタイン) 0-0 アポロン(キプロス) ◆グループF モルデ(ノルウェー) 0-0 ヘント(ベルギー) シャムロック・ローバーズ(アイルランド) 0-0 ユールゴーデン(スウェーデン) ◆グループG スィヴァススポル(トルコ) 1-1 スラビア・プラハ(チェコ) バルカニ(コソボ) 1-1 クルージュ(ルーマニア) ◆グループH バーゼル(スイス) 3-1 ピュニク(アルメニア) スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 0-0 ジャルギリス(リトアニア) 2022.09.09 06:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly