ヘタフェ、スポルティングからマリ代表FWディアビをレンタルで獲得!

2020.10.06 10:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェは5日、スポルティング・リスボンからマリ代表FWアブドゥレイ・ディアビ(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年で、契約には買い取りオプションが付随している。フランスのスダンでプロキャリアをスタートさせたディアビは、その後ベルギーへ。2015年からクラブ・ブルージュに3シーズン所属し、2度のリーグタイトル獲得を経験。2017-18シーズンには34試合に出場し、15ゴール4アシストを記録するなど主軸として活躍した。

2018年の夏にスポルティングへ移籍し、ここでもカップタイトル獲得に貢献している。2019-20シーズンは、ベシクタシュにレンタル移籍し、スュペル・リグで31試合に出場し5ゴール2アシストを記録していた。

ヘタフェはディアビと同時に、アトレティコ・マドリーからFWビクトル・モジェホをレンタルで獲得したことも発表。移籍市場が閉まる直前に、積極的な動きを見せた。
コメント
関連ニュース
thumb

武藤4戦ぶり先発のエイバルがヘタフェとドロー…乾は今季初めて出場なし《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第10節、エイバルvsヘタフェが22日にイプルーアで行われ、0-0のドローに終わった。なお、エイバルのFW武藤嘉紀は先発出場し77分までプレー。MF乾貴士は今季初めて出場なしに終わった。   前節、ウエスカ戦をドローで終えた16位のエイバルは3試合ぶりの白星を目指して10位のヘタフェと対戦した。ウエスカ戦で2試合ぶりのフル出場となった乾は今季初めてベンチスタートとなり、武藤が4戦ぶりにスタメンを飾った。   共に[4-4-2]の布陣を採用し、立ち上がりから球際でのデュエルを強調した戦いを見せる両チーム。その中で先に決定機を迎えたのはホームのエイバルだった。   12分、左サイドのブライアン・ヒルを起点にボックス手前でボールを受けたエドゥ・エスポジトがワンタッチパスをゴール前に通す。これに反応したキケ・ガルシアのシュートはGKソリアの好守に遭うも、こぼれ球が再びキケ・ガルシアの足元に。だが、すかさず放った右足のシュートはクロスバーを叩いた。   立ち上がりの絶好機を逸したエイバルだが、その後も左サイドで切れ味鋭い仕掛けを見せるブライアン・ヒルがサイドで優位性を作り出し、キケ・ガルシアが幾度もフィニッシュに絡んでいく。その中で2トップの一角に入った武藤は自ら決定機に絡む場面はないが、前線からの献身的な守備と持ち味のキープ力で上々のプレーを見せる。   前半半ばから終盤にかけてはヘタフェが押し返して中盤での潰し合いが目立つ展開に。その流れの中で40分過ぎにキケ・ガルシア、クチョ・エルナンデスと互いに際どい枠内シュートを打ち合うが、いずれも両守護神の好守に阻まれ、前半は0-0で終了した。   後半は前半以上に動きの少ないこう着状態が続く。互いに攻撃の形はあるものの、相手の守備の集中力の高さに加え、攻撃の精度の低さが目立つ。   そういった中、エイバルベンチは75分過ぎに武藤を下げてセルジ・エンリクを投入。だが、この交代直後の78分にはボックス右に抜け出したハイメ・マタに際どいシュートを浴びるなど、やや劣勢の時間が続く。   その後、87分にはエイバルに後半最大の決定機。ブライアン・ヒルの左クロスをゴール前のセルジ・エンリクが頭で合わすが、これは惜しくも右ポストを叩く。さらに、このプレーの流れでGKに不必要なファウルを犯したキケ・ガルシアが2枚目の警告で退場となってしまった。   これを受けて引き分けやむなしの戦いを見せたエイバルはヘタフェの攻撃を無失点で凌ぐことに成功したが、前後半のチャンスの数を考えれば、悔やまれる0-0のドローとなった。 2020.11.23 00:10 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン代表、ヘタフェMFククレジャを追加招集! ガヤの負傷受けて初招集

スペインサッカー連盟(RFEF)は12日、ヘタフェMFマルク・ククレジャをスペイン代表に追加招集したことを発表した。 スペイン代表では11日に開催されたオランダ代表との国際親善試合(1-1のドロー)に先発出場したバレンシアDFホセ・ガヤが相手選手との接触プレーの際、左目の上付近に裂傷を負い、負傷交代を強いられていた。 同試合後、ルイス・エンリケ監督はガヤの状態を観察しつつ、代替選手を招集する可能性を示唆していた。 現時点でガヤの状態は不明だが、少なくとも今回のインターナショナルマッチウィークでプレーさせることをリスクと考えたようだ。 なお、バルセロナの下部組織出身のククレジャはエイバルで台頭した左サイドバックとサイドハーフを主戦場とする左利きの22歳のプレーヤー。世代別の代表経験はあるものの、今回がA代表初招集となる。 なお、スペイン代表は14日にスイス代表戦(アウェイ)、17日にドイツ代表戦(ホーム)とUEFAネーションズリーグの2試合を控えている。 2020.11.12 20:32 Thu
twitterfacebook
thumb

アルカセル全得点演出のビジャレアルが堅守ヘタフェに快勝、久保は終盤に出場《ラ・リーガ》

ビジャレアルは8日、ラ・リーガ第9節でヘタフェとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。ビジャレアルのMF久保建英は86分から出場している。 前節バジャドリー戦を快勝し3位に浮上したビジャレアル(勝ち点15)は、3日前に行われたヨーロッパリーグではマッカビ・テルアビブ相手に4-0と快勝。その試合で2点目をアシストした久保はリーグ戦2試合連続ベンチスタートとなった。 互いにフラットな[4-4-2]で臨んだ中、戦前の予想通りビジャレアルがポゼッションする流れで立ち上がっていった。 すると11分、ビジャレアルが先制する。パレホの絶妙なロングフィードをボックス右に走り込んだガスパールが頭で折り返し、ゴール前のアルカセルが胸トラップからシュートを流し込んだ。 しかし16分、スーパーゴールで同点とされる。ルーズボールを中央で拾われたアランバッリに約25mのミドルシュートを叩き込まれた。 それでも1分後、ビジャレアルはアルカセルのダイレクトパスでゴールエリア左深くまでえぐったモイ・ゴメスの折り返しをトリゲロスが押し込み、すかさず勝ち越しに成功した。 32分にサイドバックのカバコに代えてストライカーのアンヘルを投入してきたヘタフェに対し、ハーフタイムにかけてはビジャレアルが試合をコントロール。1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、55分にモイ・ゴメスのミドルシュートで牽制したビジャレアルは、62分に3点目を挙げる。アルカセルとのパス交換でボックス右に侵入したジェラール・モレノが右足で豪快に蹴り込んだ。 72分のピンチをアルビオルが防いで2点のリードを保つビジャレアルは、終盤の86分に久保が2トップの一角に投入される。 このまま3-1で快勝したビジャレアルが暫定首位に浮上した。 2020.11.08 23:52 Sun
twitterfacebook
thumb

クーマン監督、ヘタフェ戦敗戦の弁…相手DFニョムとの口論についても言及

ヘタフェに敗れたバルセロナのロナルド・クーマン監督が試合を振り返り、相手選手との口論についても言及している。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 17日に行われたラ・リーガ第6節でヘタフェと対戦したバルセロナ。次節行われるクラシコに向けて白星を取り戻しておきたい一戦だったが、ヘタフェのソリッドな守備に苦しみ、なかなかフィニッシュまで持ち込めない展開に。 するとゴールレスで迎えた56分、MFフレンキー・デ・ヨングがボックス内で相手を倒してしまい痛恨のPK献上。これをFWハイメ・マタに決められ、バルセロナはアウェイで1-0で敗れた。 クーマン監督は試合後のインタビューで、ボールロストが多く、チャンスがほとんど作れない試合だったと完敗宣言。一方で、相手のラフプレーに対する審判のジャッジに関しては口を紡いだ。 「後半に良い入りができなかった。何度もボールをロストし、CKからも2度ほど危険な場面を作られた。PKはあったかどうかわからない。とにかく我々はチャンスが少なすぎた。良かったのは前半だけだったよ」 「審判について話すのは好きではない。試合を見たものなら、それぞれの意見があるだろう。だが私はそうしない。我々はリズムを作ろうと努めたが、彼らに何度もパスをカットされ、チャンスを作るのは難しかった」 指揮官はまた、ヘタフェDFアラン・ニョムとのやり取りにも言及。試合中、両者が口論するシーンがカメラに捉えられていたが、クーマン監督は冷静に対処した模様。ヘタフェのホセ・ボルダラス監督に一部始終を報告したことも明かしている。 「背番号12のニョム、彼は私を侮辱してきた。何度か酷い言葉を言われたよ。それをリピートするつもりはない。ボルダラス監督には伝えておいた」 2020.10.18 14:37 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、1試合限定“フェ”変更のヘタフェに競り負けて今季初黒星…マドリーにお付き合いの形で次節クラシコへ《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第6節、ヘタフェvsバルセロナが17日に行われ、ホームのヘタフェが1-0で勝利した。   前節、セビージャとドローに終わり、開幕からの連勝がストップしたバルセロナ。次節にレアル・マドリーとのエル・クラシコを控える中、インターナショナルマッチウィーク明け初戦は同勝ち点で並ぶヘタフェとのアウェイゲームとなった。   ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)初戦のフェレンツヴァーロシュ戦を控える中、クーマン監督は、負傷のジョルディ・アルバに代えて移籍後初先発のデスト、コウチーニョとアンス・ファティに代えて同じく初先発のペドリ、デンベレを起用するなど若干のローテーションを採用した。   なお、ホームのヘタフェはコロナ禍において「信仰心」を失ってほしくないという考えから、この一戦限定でクラブ名を“フェ(Fe:信仰の意)”に変更するキャンペーンを実施した。   この試合、メッシを右サイド、グリーズマンを最前線に置いたバルセロナは、ボール保持を全く意識しない堅守速攻が売りのホームチームを相手にボールを握って押し込む形を取る。ただ、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができず、18分には相手のカウンターからボックス右に抜け出したマクシモビッチに最初の枠内シュートを許す。   しかし、直後の20分にはトップ下に入ったペドリの中央での仕掛けから左サイドのデストを経由したボールがメッシに入り、ボックス手前右から左足を振り抜くが、これは惜しくも左ポストを叩いた。   前半半ばを過ぎると、球際でのバトルを特長とするヘタフェのファウルが目立ち、カードが飛び交う荒れ模様の展開に。それでも、攻勢を強めるバルセロナは30分、ペドリの短いスルーパスに抜け出したグリーズマンにボックス内で絶好機が訪れる。だが、利き足とは逆の右足で放ったシュートは枠を大きく外した。その後、前半終盤にはボックス手前で得たFKの場面でメッシが直接狙うも、ここはGKソリアに難なくセーブされ、前半はゴールレスで終了した。   後半に入って攻撃のギアを上げたいバルセロナだったが、やや不運な形から先制点を奪われる。56分、相手セットプレーの流れでルーズボールに反応したジェネをデ・ヨングがアフター気味に倒してしまい、痛恨のPK献上。これをキッカーのマタに決められた。   この失点を受けて、クーマン監督はデンベレ、ペドリに代えて温存していたコウチーニョ、アンス・ファティを同時投入。そのアンス・ファティは投入直後から左サイドで積極的に仕掛け、69分にはボックス手前から右足を振り抜くが、これは惜しくも枠の右に外れた。   完全に専守防衛のヘタフェの堅い守備を前になかなか攻撃の形を作れないバルセロナは、80分にグリーズマン、デ・ヨングを下げてトリンコン、ブラースヴァイトを投入。リスクを冒して攻めに出るが、84分には相手のカウンターに晒されてボックス内に侵入したクチョ・エルナンデスに決定的なシュートを許す。だが、ここはGKネトが見事な反応で何とか触りボールはクロスバーを叩いた。   さらに、89分にもクチョ・エルナンデスに独走を許して絶体絶命のピンチを迎えたバルセロナだが、ここも相手のシュートミスに救われる。6分が加えられた後半アディショナルタイムにはメッシのシュート、相手のクリアミスでゴールに迫ったものの、最後まで同点に追いつくことはできなかった。そして、数時間前に行われた試合でカディスに敗れたマドリーにお付き合いする形で今季初黒星を喫したバルセロナは、リーグ2戦未勝利でクラシコに臨むことになった。 2020.10.18 06:08 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly