EL予選で今季スタートのピオリ監督、「我々は欧州の戦いに戻りたい」

2020.09.17 16:41 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランを率いるステファノ・ピオリ監督が、新シーズンの公式戦初戦となるシャムロック・ローヴァーズ戦に向けて意気込みを語っている。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。ピオリ監督は、昨年10月にマルコ・ジャンパオロ前監督の後任としてミランの新指揮官に就任。就任時に13位と低迷していたチームを最終的に6位でフィニッシュさせ、ヨーロッパリーグ(EL)出場権をもたらした。

その後、シーズン最終盤にはラルフ・ラングニック氏の招へいにより、指揮官の座を追われるかに思われたが、最終的に新たな2年契約にサイン。新シーズンも引き続きロッソネリを率いることになった。

21日にボローニャとの2020-21シーズンのセリエA開幕節を控える中、17日に一足早くEL予備予選2回戦で新シーズンをスタートするピオリ監督は、アイルランドの強豪との新シーズンの初陣に向けて意気込みを語っている。

「新シーズンをスタートさせ、ヨーロッパリーグに繋がるこの道を良い形で終わらせようとしていることに興奮している」

「これはあくまでも予選であり、我々の目標はグループステージに到達することだ。ヨーロッパフットボールは、我々のような歴史あるクラブが所属する場所であり、我々はそこに戻りたいと思っている」

「我々のシーズンはシャムロック・ローヴァーズ戦から始まる。残念ながら、1人か2人の大きな欠場者が出ていますが、試合に向けたポジティブな要素に目を向ける必要がある。最初の試合がどれだけタフなものであるかはわかっている。相手は我々よりも、ここまで多くの試合をこなしている。我々は90分間、気を引き締めていかなければならない」

また、この一戦に向けた最新のチームニュースについても言及。コンディションが懸念される元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ、ブレシアからの目玉の新戦力であるイタリア代表MFサンドロ・トナーリらがプレー可能だと説明している。

「我々には休養が必要だった。そのため、準備期間はあまりなかったが、準備はできているし、全力を尽くす必要がある。我々は非常に明確に、自分たちの最高のゲームをする必要がある。まずは自分たちのアイデンティティ、アイデア、ピッチ上での決断など、自分たちがやっていることに集中しなければならない」

「新しいプレーヤーは、我々がどのようなプレーをしたいのかという部分で、すでに明確なアイデアを持っている。今までは、トレーニングや親善試合を通じて、正しいメンタリティを発揮してきた。私は、このユニフォームを着ることの意味を知っているプレーヤーを指導している。それは良い兆候だ。全力を尽くすチームを見て、ファンはとても喜ぶはずだ。我々は結束の固いグループで、お互いに信頼し合っている」

「イブラヒモビッチが親善試合でもう少しプレーしてくれれば良かったが、彼は完全に回復していて、常に準備ができている。モチベーションも高く、依然として競争力もある」

「仮にイブラヒモビッチが欠場した場合は、レビッチがそのポジションをカバーし、レオンがセカンドストライカーとしてプレーすることになる」

「また、トナーリはまだ若いが、成熟していて準備ができている。彼はここにいることに満足しているし、自分に何ができるかをすでに見せてくれている」

また、今夏のメルカートではイブラヒモビッチら主力の残留に加え、トナーリ、レアル・マドリーのU-21スペイン代表MFブラヒム・ディアスのレンタルなど、まずまずの成果を得ている。

ピオリ監督はここまでのクラブからのサポートに満足しつつ、来月初旬のメルカート閉幕まで現スカッドを見極めながら、必要に応じた補強を行いたいと考えている。

「クラブは昨シーズンから始めたことを継続する意思を示してくれた。契約更新から新戦力補強まで、良いビジネスができたと思うし、本当に満足している」

「市場が締まるまでしばらく時間があるが、現状はピッチ上で何が起こるかを考え、シーズンを最高の形でスタートすることだけを考えればいいと思っている。ここ数週間は、我々にとって何がベストな選択なのか、経営陣と共により深く考えることができた」
コメント
関連ニュース
thumb

リヨン、ミランからルーカス・パケタを完全移籍で獲得! 移籍金2000万ユーロ&5年契約

リヨンは9月30日、ミランからブラジル代表MFルーカス・パケタ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 ジャン=ミシェル・オラス会長の入団会見での説明によると、移籍金は2000万ユーロ(約24億7000万円)。ただ、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』やフランス『RMC Sport』の報道をまとめると、リセール時の移籍金の数%がミランに支払われる契約となっているようだ。 過去にカカの後継者とも評された左利きのプレーメーカーは、2019年1月にフラメンゴから3840万ユーロ(約47億6000万円)でミランへ加入。ブラジル人独特のしなやかさとテクニック、好戦的な守備を武器にすぐさまレギュラーの座を掴み、一昨季はセリエAで13試合に出場し1ゴール3アシストをマーク。 昨季もセリエAで24試合に出場し1アシストを記録していたが、そのほとんどが途中出場だった。また、パケタはミランでの生活に多くの不安やストレスを感じており、今夏の退団を希望しているとの噂も伝えられていた。 なお、今回のオペレーションは元ブラジル代表MFでスポーツ・ディレクターを務めるジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏の主導。同氏はここまでMFジャン・ルーカスやMFブルーノ・ギマランイス、MFチアゴ・メンデスなど、母国の選手を積極的にリクルートしている。 2020.10.01 02:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランがユナイテッドDFダロトに着眼 買取OP付きレンタルの1stオファー

ミランがマンチェスター・ユナイテッドのU-21ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(21)を狙っているようだ。 イタリア『スカイ』によると、守備陣の強化を目論むミランは新たなセンターバックとしてサンテチェンヌのフランス人DFヴェスレイ・フォファナ(19)を注視する一方で、サイドバックとしてもダロトをリストアップしているという。 そんなミランは買取オプション付きのレンタルという条件の1stオファーをすでに打診。しかし、ユナイテッドは完全売却しか求めておらず、ミラン陣営は新たなオファーを出すか、違う選手にシフトするかの検討を迫られている模様だ。 ダロトは2018年にポルトから加入すると、鋭いクロスが武器の右サイドバックとして初年度から公式戦23試合に出場。しかし、昨季はイングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカの加入などもあり、11試合の出番とプレー機会を減らした。 2020.09.30 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

リヨン、ブラジル代表MFパケタ獲得でミランとクラブ間合意! 移籍金は約26億円

リヨンがブラジル代表MFルーカス・パケタ(23)の獲得に向けてミランと合意に至ったようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 カカの後継者とも評されるパケタは、2019年1月にフラメンゴから3840万ユーロ(約47億6000万円)でミランへ加入すると、ブラジル人独特のしなやかさとテクニックを武器にすぐにレギュラーの座を掴み、昨季はセリエAで13試合に出場し1ゴール3アシストをマーク。 昨季もセリエAで24試合に出場し1アシストを記録しているが、そのほとんどが途中出場だった。また、パケタはミランでの生活に多くの不安やストレスを感じており、今夏での退団を希望しているとの噂も報じられていた。 『スカイ』が伝えるところによると、ここ数週間でパケタ獲得に向けてミランと交渉していたリヨンは、移籍金2100万ユーロ(約26億3500万円)の金額で合意に至ったと模様。 また、ミランは今回の契約に同選手が将来的に移籍した際、移籍金の数%を受け取れる条項も盛り込んだという。 なお、すでにミラネッロ(ミランのトレーニングセンター)で使用していたロッカーを片付けたパケタは、チームメイトにも別れを告げ、父親と共にフランスへ出発したという。 同紙によれば、パケタは今後数時間のうちにPCR検査を受けた後、メディカルチェックを受診。問題がなければリヨンと正式契約を結ぶとのことだ。 2020.09.30 01:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ミランFWレビッチに左ヒジ脱臼の診断結果 10月代表ウィーク明けのミラノ・ダービーで復帰か

ミランがクロアチア代表FWアンテ・レビッチの負傷を報告した。 レビッチは27日に敵地で行われたセリエA第2節のクロトーネ戦に先発出場。新型コロナウイルス感染の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが欠場するなかで開幕から2試合連続のスタメン入りだったが、試合中に左ヒジを痛め、58分にピッチを後にした。 そうした状況を受けて、一部メディアで様々な見方が指摘されたが、ミランが公表した28日実施のCT検査結果によると、幸いにも左ヒジに骨折や神経へのダメージはなく、脱臼のみを確認。10日後に再検査を受ける予定だという。 現時点で全治などの詳細こそ不明だが、これを追って報じたイタリア『スカイ』によると、回復までそう時間を要さないとみられるが、復帰戦は代表ウィーク明けの10月17日に敵地で行われるセリエA第4節のインテルとのダービーマッチが予想される模様だ。 なお、ミランは今後、10月1日にリオ・アヴェとのヨーロッパリーグ(EL)プレーオフを戦い、続く4日に行われるセリエA第3節でスペツィアと対戦する。 2020.09.29 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

冨安健洋にミランが関心? 最終ラインの補強候補の1人に浮上

移籍市場のタイムリミットが迫っている中、守備陣の補強に動いているミラン。その候補の中に、ボローニャの日本代表DF冨安健洋(21)の名前があるようだ。 移籍市場に精通し、イタリア『スカイ・スポーツ』のジャーナリストとしても活躍しているジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が自身のサイト『GIANLUCADIMARZIO.com』で報じたものだ。 センターバックの補強に動いているミランは、ブラジル代表MFルーカス・パケタ(22)の売却が前提とされながらも、2人の候補を検討しているとのこと。第一候補は、サンテチェンヌのフランス人DFヴェスレイ・フォファナ(19)だが、第二候補が冨安だという。 フォファナはU-17フランス代表歴のある若手CBで、2019-20シーズンにファーストチーム昇格。リーグ・アンで14試合に出場し1ゴール、ヨーロッパリーグでも2試合に出場していた。 しかし、若手の才能を手放したくないことに加え、将来への投資の意味合いが強いフォファナに対し、冨安は2019-20シーズンのセリエAで29試合に出場し1ゴール3アシスト。主に右サイドバックとしてプレーしたが、今シーズンは開幕から2試合をCBでフル出場しており、イタリアでの経験値では優っている状況だ。 また、ミランはマンチェスター・ユナイテッドのU-21ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(21)に対してもオファーを出したという。こちらの移籍は、買い取りオプション付きのレンタル移籍となりそうだが、お互いの要求が折り合っていない状況とのことだ。 いずれにしても残りわずかな時間で最終ラインの補強を目指すミラン。果たして誰がロッソネロのユニフォームに袖を通すだろうか。 2020.09.29 10:30 Tue
twitterfacebook