「アーセナルのレジェンドになりたい」新契約締結のオーバメヤンのここまでの功績を振り返る

2020.09.16 19:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは15日、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(31)と2024年夏まで契約を延長したことを発表した。エース、そして主将としてチームを引っ張るオーバメヤンは契約延長にあたって「ティエリ(・アンリ)、ライティー(イアン・ライト)、(トニー・)アダムス、(デニス・)ベルカンプのようなアーセナルのレジェンドになりたい」とコメントしている。

そこで、今回はオーバメヤンがアーセナル加入以来成し遂げてきた功績を振り返っていく。

◆オーバメヤンが達成した数々の記録をチェック

◆アーセナル史上最速でプレミアリーグ50ゴールを達成
オーバメヤンは2018年1月にドルトムントから移籍金5600万ポンド(約77億4000万円)でアーセナルに加入すると、即戦力としてすぐさま活躍し、ここまで公式戦111試合で72ゴールを記録している。

2020年7月1日には、プレミアリーグ第32節のノリッジ戦で2ゴールをマークし、通算79試合目でのプレミアリーグ50ゴール目を記録したが、これはアンリ氏の83試合やライト氏の87試合を上回るクラブ最速での記録達成となった。

(50ゴール達成に要した試合数)
1位:ピエール=エメリク・オーバメヤン(79試合)
2位:ティエリ・アンリ(83試合)
3位:イアン・ライト(87試合)
4位:アレクシス・サンチェス(101試合)
5位:オリヴィエ・ジルー(113試合)


◆FAカップを掲げたクラブ史上初のアフリカ出身キャプテン
2020年8月1日に行われたFAカップ決勝で、アーセナルはチェルシーを2-1で破って勝利。3年ぶりに歴代最多となる14度目の同大会優勝を勝ち取った。

クラブキャプテンとしてトロフィーを掲げたオーバメヤンだが、これはアフリカ出身のキャプテンとしてはクラブ史上初の偉業となった。また、優勝までの道のりでも、準決勝と決勝で2ゴールを記録。これは直近の30年で、同一シーズンのFAカップ準決勝と決勝で2ゴールを挙げた唯一の選手にもなっている。

◆リーグ開幕戦後のゴール数でベルカンプに並ぶ
2019-20シーズンのプレミアリーグでオーバメヤンは、36試合22ゴールを記録。特に開幕戦からの7試合では、7ゴールをマーク。これは、偉大なレジェンドであるベルカンプ氏が記録した1997-98シーズンに並ぶスタートダッシュとなっている。

在籍わずか2年半で多くの偉業を達成してきたオーバメヤン。今回の契約延長により、さらに多くの記録を作り、クラブの歴史に名を刻むことにますます期待がかかる。今後の活躍に注目だ。
コメント
関連ニュース
thumb

トレイラのアトレティコ移籍が迫る!

アーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(24)のアトレティコ・マドリー移籍が近づていているようだ。 2018年夏にサンプドリアから加入し、昨シーズンは公式戦39試合に出場したトレイラだが、今季はここまで全公式戦でベンチ外となっており、放出は既定路線。 アトレティコは以前からトレイラの移籍先として名前が挙がっており、一方でサンプドリア時代の恩師であるマルコ・ジャンパオロ監督が指揮するトリノも交渉を進めていると伝えられている。 そんな中、移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、同選手の代理人とアトレティコ間の交渉が大詰めを迎えている模様。これまでの情報ではレンタルを要求するアトレティコに対し、アーセナルは完全売却を希望している。この差がどこまで縮まったかは明言されていないが、ウルグアイ代表MFのロヒ・ブランコス入りは決定的の様だ。 一方で、アーセナルはアトレティコのガーナ代表MFトーマス・パルティの獲得を目指しているが、トレイラの移籍に影響するかどうかは明らかになっていない。 2020.09.30 17:35 Wed
twitterfacebook
thumb

コラシナツ、レバークーゼン移籍間近に! 古巣シャルケは撤退か

アーセナルに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツ(27)のレバークーゼン移籍が迫っているようだ。 かねてより今夏の移籍が噂されてきたコラシナツ。ドイツ『シュポルト・ビルト』や、ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、アーセナルとレバークーゼンが推定1000万ユーロ(約12億3800万円)の移籍金で合意したとのこと。 古巣のシャルケも獲得に動いたと伝えられていたが、高額なサラリーがネックとなり交渉は難航。ドイツ『スカイ』によると、一方でレバークーゼンはその点をクリアしたようで、間もなく公式発表がなされると見込まれている。 2017年夏のアーセナル加入以降、左サイドバックや左ウイングバックを主戦場に、毎シーズン公式戦30試合以上に出場してきたコラシナツ。だが、今シーズンはスコットランド代表DFキーラン・ティアニーやU-19イングランド代表FWブカヨ・サカとのポジション争いで劣勢を強いられると見られ、移籍の可能性が高まっていた。 2020.09.30 15:41 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季王者に力及ばずのアルテタ「戦う姿勢は示せた」 ベンチで悔しさ露わのラカゼットに労いの言葉も

アーセナルのミケル・アルテタ監督が逆転負けに言及した。クラブ公式サイトが伝えている。 アーセナルは28日に敵地で行われたプレミアリーグ第3節で同じく開幕2連勝のリバプールと対戦。コミュニティ・シールドに続くリバプール撃破を目指した再戦で見事に先制したが、そのわずか3分後に追いつかれ、前半のうちに逆転まで許すと、後半にも失点して、1-3の敗北を喫した。 3連勝を逃したアルテタ監督は試合後のプレスカンファレンスでチームのパフォーマンスについて訊かれると、戦いぶりを評価しつつ、先制直後に追いつかれた場面や追撃のチャンスを生かせなかった点を悔やんだ。 「ここでの戦いは本当にタフなもの。しかも、彼らは本当に良いチームだ。ほとんどの時間で戦えてはいたと思う。リードした段階でもう少しうまく対応すべきだったが、早々に追いつかれてしまった」 「しかし、アンフィールドでの戦いとなれば、難しい試合になるのも想定内で、総じて戦う姿勢を示せたと思う。この試合で何かを得られると信じて、2-2にするチャンスもあったが、それを生かせなかった」 「ここで何かを持って帰りたいのなら、そういったところをモノにしていかなければならない」 また、先制ゴールをマークしたものの、その後に好機を生かせず、74分にピッチを退き、ベンチで悔しさを露わにしたフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットについての質問が及ぶと、擁護した。 「彼らには勝ちたい思いがあり、そういう姿勢は私も好むところだ」 「どんな試合でも勝ちたいというのがチームのマインド。彼らは自分たちならやれると意気込み、ここに乗り込み、負けたわけだから悔しい思いをしている」 「しかし、我々は大半の時間でうまくやれていた。彼にも2-2にできる絶好機があったのは確かだが、よくやってくれたと思う。素晴らしいパフォーマンスを披露してくれ、満足している」 2020.09.29 13:05 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:リバプール 3-1アーセナル《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節、リバプールvsアーセナルが28日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200929_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 アリソン 7.0 失点はノーチャンス。チームがハーフコートゲームを展開した中、裏を取られた際の対応のために集中力を維持しつつビルドアップでもいつも通りの貢献。ラカゼットの決定機阻止はビッグプレー DF 66 アレクサンダー=アーノルド 6.5 2点目、3点目の起点に。オーバメヤンの攻め残りの影響で、攻撃時には比較的高い位置を取ってフリーでボールを受けビルドアップや高精度のクロスでチャンスに関与。唯一、ラインコントロールは要改善 12 J・ゴメス 6.0 攻め残ったオーバメヤンへの対応を意識しつつ、ビルドアップではシンプルな繋ぎで貢献。ラインコントロールは要改善 4 ファン・ダイク 6.5 安定した対人対応、スペースケアに加え、高精度のフィードを幾度も差し込んで相手守備をうまく揺さぶった 26 ロバートソン 6.0 珍しいイージーなクリアミスで痛恨の失点関与。しかし、早い時間帯に自らのミスを帳消しとするゴールを決め切った。積極的な攻撃参加でサイドアタックに厚みを加えた MF 8 N・ケイタ 6.5 同点ゴールでは相手DF2枚を相手に粘りのキープで起点に。ビルドアップの局面では時折、右サイドに張りながら周囲とイメージを共有しながらうまく起点を作った (→ミルナー -) 3 ファビーニョ 7.0 センターバックを務めた前節から本来の中盤の底に戻り、守備では徹底したリスク管理。攻撃ではセカンドの回収や、味方に選択肢を与える利他的なプレーでうまく後方から支援した 5 ワイナルドゥム 6.5 攻守両面で持ち味のダイナミズムを発揮。崩しの局面で決定的な仕事はなかったが、前線と中盤のリンクマンとして質の高い仕事を見せた FW 11 サラー 6.5 パワフルな仕掛けとボールキープで2ゴールに関与。完全に引かれた中でスピードを生かす場面は散発も、ティアニー相手に常に優位性を保った 9 フィルミノ 6.5 先制点の起点に。状況に応じたポジショニングの質が高く、引かれた状況でもボールの循環をスムーズにさせる働きが光った。ファーストディフェンダーとしての貢献もさすが (→南野拓実 -) 10 マネ 7.0 2試合連発となる貴重な同点ゴールを記録。ゴール以外でも質の高いスプリント、ボールキープ、状況判断と文句なしの働き (→ジョタ 6.0) リバプールでのプレミアデビュー戦でダメ押しゴールを挙げる鮮烈デビューに 監督 クロップ 6.5 前回対戦で敗れたときと似た展開もそこを勝ち切ってチームとしての進化を見せた ▽アーセナル採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200929_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 レノ 5.5 失点はいずれも責任なし。防げるシュートはきっちり止めていた。ビルドアップでは普段に比べ長いボールを蹴る場面が目立った DF 16 ホールディング 5.5 マネとのマッチアップで劣勢も終盤に盛り返した。ただ、マイボール時も圧力を感じて消極的なプレーが目立った 23 D・ルイス 5.5 1失点、3失点目の場面では少し拙い対応もあったが、最後の場面では身体を張れていた。後方から繋げない状況の中、時折局面を変えるフィードで打開 3 ティアニー 5.5 守備では1失点目でサラーに振り切られたが、その後は我慢の対応を続けた。押し込まれた中でなかなか前に出ていくこともできなかった MF 2 ベジェリン 5.5 守備では5バックの右に近い役割でマネやロバートソンの対応に追われた。効果的な攻撃参加は後半に見せた数回程度 25 エルネニー 5.5 中盤のバランサーとしてバイタルエリアの監視、リスク管理を意識。劣勢の状況ではもう少しスイッチを入れるプレーがほしかった 34 ジャカ 5.5 相手前線と守備陣の力関係を受け入れ、守備に重きを置いてプレー。攻守にハードワークは見せた (→ダニ・セバージョス 6.0) 2度の決定的なスルーパスを通し、守備でもファイトした 15 メイトランド=ナイルズ 5.5 果敢な飛び出しでロバートソンのミスを誘うクロスを供給。攻撃では手詰まり感も、献身的な守備でチームを助けた FW 12 ウィリアン 5.5 逆サイドのオーバメヤンを攻め残した影響でより守備的な振る舞いを見せた。献身的なプレスバックでロバートソンの決定機を阻むなど、求められた守備的タスクはきっちりこなした (→ペペ 5.0) すんなりと試合に入ることができず、攻守にプレーへの関与が希薄 9 ラカゼット 6.0 先制点を奪取。後半の決定機は決め切りたかったが、守備の貢献、質の高い動き出しで相手の脅威となった (→エンケティア 5.0) ラカゼットと同じ役割を与えられたが、見劣りは否めず 14 オーバメヤン 5.0 カウンターの脅威になることを期待されて攻め残る形となったが、予想以上に良い形でボールを受けられず、ファビーニョにも潰されて試合の大半で消された 監督 アルテタ 5.0 勝利した昨季対戦の再現を狙い、割り切って引いて前線の個の力に賭ける戦い方を選択。概ねプランを遂行できたが、最後は力負け… ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アリソン(リバプール) マネやファビーニョの仕事も見事だったが、同点に追い付かれる可能性もあった後半のラカゼットやエンケティアの抜け出しを見事な飛び出しと一対一の対応で阻止した守護神をMOMに選出。ラインコントロールのミス絡みの中での危機察知能力は見事。 リバプール 3-1 アーセナル 【リバプール】 マネ(前28) ロバートソン(前34) ジョタ(後43) 【アーセナル】 ラカゼット(前25) 2020.09.29 06:20 Tue
twitterfacebook
thumb

新加入ジョタの初ゴールなどでリバプールが3連勝!アーセナルは今季初黒星…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第3節のリバプールvsアーセナルが28日に行われ、3-1でリバプールが勝利した。リバプールのFW南野拓実は91分からプレーした。 開幕連勝スタートとなった王者リバプールは、控えメンバー中心で臨んだミッドウィークのEFLカップ3回戦のリンカーン・シティ戦でも圧勝し公式戦3連勝。難敵アーセナルとの一戦に向けては、前節のチェルシー戦から先発を1人変更。ヘンダーソンに代えてジョー・ゴメスを先発で起用した。 対するアーセナルもミッドウィークに行われたEFLカップ3回戦のレスター・シティ戦を勝利し公式戦3連勝。昨季王者の一戦に向けては、レスター戦から6人を変更。オーバメヤンやウィリアン、ジャカらが先発に名を連ねた。 強豪同士らしく一進一退の立ち上がりとなる中、最初の決定機はリバプールに生まれる。15分、ボックス右でボールキープしたN・ケイタのパスを右サイド高い位置で受けたアレクサンダー=アーノルドがダイレクトクロス。これを中央に走り込んだマネが右足で合わせたが、シュートはGKレノの正面を突いた。 さらに20分には、左CKのセカンドボールをペナルティアーク手前のアーノルドがダイレクトシュート。しかし、ボックス内のDFにディフレクトしたボールはコースが変わりクロスバーを直撃した。 ピンチを凌いだアーセナルは、ファーストシュートで先制する。25分、ボックス左まで持ち上がったメイトランド=ナイルズの折り返しがロバートソンのクリアミスを誘うと、浮き球をゴール前のラカゼットが反転しながら左ボレーで合わせると、叩きつけたシュートにGKアリソンが反応できずゴールネットに吸い込まれた。 先制を許したリバプールだったが、すぐに反撃に出る。28分、フィルミノのパスで右サイド突破したサラーがボックス右から切り込みシュート。これはGKレノに弾かれたが、こぼれ球をマネが押し込み、試合を振り出しに戻した。 同点弾で勢いづくリバプールは、34分にもアーノルドの右クロスをファーサイドから走り込んだロバートソンが収めると、飛び出したGKレノの脇を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 迎えた後半、1点を追うアーセナルは60分にジャカを下げてダニ・セバージョスを投入。すると63分、ダニ・セバージョスのスルーパスで抜け出したラカゼットがGKとの一対一を迎えたが、シュートはGKアリソンのブロックに阻まれた。 守護神の好セーブに救われたリバプールは、直後の64分にフィルミノのパスが相手DFにディフレクトしてゴール前にこぼれると、これに反応したマネが反転しながら左足でシュートを放ったが、ボールはゴール左に外れた。 膠着状態が続く中、リバプールは79分にN・ケイタとマネを下げてミルナーと新加入のジョタを投入。すると88分、左CKのセカンドボールをつなぐと、右サイドでボールキープしたサラーのバックパスをアーノルドがダイレクトクロス。これはD・ルイスに跳ね返されたが、こぼれ球をペナルティアーク内のジョタが右モモでトラップしボレーシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。 その後、リバプールは91分に南野が登場。しかし、見せ場はほとんどなく試合終了。アーセナルとの全勝対決を制したリバプールがプレミア3連勝を飾った。 2020.09.29 06:14 Tue
twitterfacebook