ラウタロにレアル移籍急浮上! インテルはハキミ移籍金回収にカンテ資金手にする?

2020.09.14 21:22 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)にレアル・マドリー移籍の可能性が急浮上している。イタリア『Sport Mediaset』が報じている。

ラウタロに関しては長らくバルセロナ移籍の可能性が取り沙汰された。だが、1億1100万ユーロ(約139億6000万円)に設定されていた契約解除条項が失効後も、インテルが1億ユーロ(約125億8000万円)近い移籍金を要求していたこともあり、クラブ間の交渉が難航。

さらに、バルセロナのロナルド・クーマン新監督の招へい、ラウタロの移籍のモチベーションとなっていたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが退団希望を公言した事実もあり、ここに来て移籍の可能性が低くなっている。

そういった中、急きょ浮上したのが、バルセロナの宿敵であるマドリーへの移籍の可能性だ。

『Sport Mediaset』によると、マドリーは1億ユーロ近い金額のオファーを準備しており、インテルはモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)の獲得に支払ったとされる4000万ユーロ(約50億3000万円)の回収に加え、5000万~6000万ユーロ(約62億9000万~75億5000万円)とされるチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(29)の獲得資金を手にできるという。

その一方で、同メディアは移籍金+セルビア代表FWルカ・ヨビッチ(22)の買い取り義務付きのレンタルという可能性も伝えている。

また、ラウタロとマドリーに関しては年俸800万ユーロ(約10億円)の条件で個人間合意に近づいているようだ。

さらに、このビッグディールが成立した場合、インテルはアントニオ・コンテ監督が獲得を望むローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(34)の獲得でラウタロの穴を埋め、クロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(31)を残留させる形でアタッキングユニットを構成するプランも持っているようだ。

『Sport Mediaset』が主張する一連の流れは、やや出来過ぎな感も否めないが、コロナ禍でいかなる可能性も排除できないメルカートにおいて実現の可能性はあるかもしれない。

コメント
関連ニュース
thumb

昨年に続きドロー発進のコンテ監督「ミスを修正するために改善できる」

インテルのアントニオ・コンテ監督が、2-2の引き分けに終わったボルシアMG戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦でボルシアMGと対戦したインテルは、後半立ち上がりの49分にFWロメル・ルカクのゴールで先制。PKとセットプレーのリスタートから逆転を許したが、試合終了間際にルカクが同点ゴールを決めて、2-2の引き分けに持ち込んだ。 昨年のCLに続いてドロー発進となったコンテ監督。失点シーン以外に決定機を作られていないことに言及し、改善の余地があると言及した。 「今日の試合は昨年の(初戦)スラビア・プラハ戦と比較はできないと思う。その試合で我々は良いパフォーマンスができなかったけど、今日の試合はパフォーマンスが良かったし、非常に優れたチームと対戦した」 「我々は試合の中で多くのチャンスを作っていたから、(失点シーン以外)サミール(・ハンダノビッチ)のセーブを覚えていない。私は選手を責めることはないが、ミスを修正するために改善できるのは明白だ」 また、インテルに加入以降、本来のパフォーマンスを披露できていないMFクリスティアン・エリクセンについて言及。他の選手と同様に一定の評価を与えた。 「チーム全体と同じようにクリスティアンは素晴らしいプレーを試合で見せた。良い責任と義務を果たした。私は彼にボールを保持するときにもっと決定的なプレーに絡むように要求した。彼のパフォーマンスはチームメイトと同様にポジティブだった」 2020.10.22 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカク2発もインテル、ホームでボルシアMGにドロー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループB開幕節、インテルvsボルシアMGが21日に行われ、2-2で引き分けた。 直前の試合でレアル・マドリーがシャフタールに2-3で敗れる波乱が起こったグループB。 グループ突破を懸けた直接対決と言える初戦となった中、インテルは4日前に行われたミラノ・ダービーを惜敗し、セリエAでは2勝1分け1敗となった。そのインテルはコロナ陽性者が続出している中、新たに試合当日ハキミが陽性となって欠場となり、新戦力のダルミアンがスタメンとなった。 対するボルシアMGは5季ぶりのCL出場となる中、ブンデスリーガでは1勝2分け1敗スタート。テュラムやプレア、ノイハウスらが先発となった。 ルカクとサンチェスの2トップで臨んだインテルは、トップ下にエリクセン、中盤センターにビダルとバレッラを据え、右にダルミアン、左にペリシッチと並べた。 2トップにプレアとエンボロ、右にJ・ホフマン、左にテュラムと据えるフラットな[4-4-2]で臨んだボルシアMGが高い位置からプレスをかけたことで、インテルは思うように2トップにボールを入れられない状況を強いられた。 なかなかシュートに持ち込めず苦戦が続いていた中、前半終盤の41分に最初の決定機。ボックス右でサンチェスのパスを受けたルカクが右足でシュートに持ち込んだが枠の右に外れ、互角の攻防で推移した前半はゴールレスで終えた。 迎えた後半、サンチェスに代えてL・マルティネスを投入したインテルは、開始4分に先制する。L・マルティネスのヘディングシュートは枠を外れるも、ルーズボールを右サイドゴールライン際のダンブロージオが折り返し、ダルミアンがシュート。最後はこぼれ球をルカクが押し込んだ。 先制後はインテルが流れを引き寄せていたが、ボルシアMGが60分にPKを獲得する。テュラムがボックス左で仕掛けたところでビダルに倒され、このPKをベンセバイニが決めた。 追いつかれたインテルが押し込む時間が続く中、82分にダルミアンの右クロスからL・マルティネスがボレーで合わせたシュートは右ポストに直撃。 すると85分、ボルシアMGが逆転に成功する。ノイハウスの絶妙なロングスルーパスに抜け出したJ・ホフマンがボックス右に侵入してGKとの一対一を制した。 ホームで負けられないインテルは89分、ダルミアンのヘディングシュートでゴールに迫るも、GKソンマーのファインセーブに阻まれてしまう。それでも直後の右CKから同点とする。ニアサイドのバストーニがクロスボールをヘッドで逸らし、ファーサイドのルカクが押し込んだ。 しかし勝ち越しゴールを奪うには至らず、インテルは敗戦こそ避けられたもののホームで引き分けに終わっている。 インテル 2-2 ボルシアMG 【インテル】 ルカク(後4) ルカク(後45) 【ボルシアMG】 ベンセバイニ(後18)【PK】 J・ホフマン(後40) 2020.10.22 06:14 Thu
twitterfacebook
thumb

コロナ蔓延するインテル、ハキミが陽性でボルシアMG戦欠場…

インテルは21日、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミが新型コロナウイルスの検査結果で陽性反応を示したことを発表した。 インテルは同日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB開幕節でボルシアMG戦を戦うが、ハキミを欠くことになった。 ハキミは今後10日間自己隔離され、陰性が確認されればチームに合流することができる。インテルではDFアレッサンドロ・バストーニとMFラジャ・ナインゴランが既に陰性となってチームに合流した一方、DFアシュリー・ヤング、DFミラン・シュクリニアル、MFロベルト・ガリアルディーニ、GKヨヌーツ・ラドゥは未だに陽性で隔離状態が続いている。 2020.10.22 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェルビーニョ、今夏にインテル移籍が迫っていたことを告白「失望はしていない」

パルマのコートジボワール代表FWジェルビーニョ(33)が今夏の移籍市場でインテルへの移籍が迫っていたことを明かした。 アーセナルやローマ、河北華夏でのプレーを経て、2018年夏にパルマに加入したジェルビーニョは、2シーズンで公式戦66試合に出場し20ゴール7アシストを記録していた。 そのジェルビーニョは、今夏の移籍市場でインテルのU-21イタリア代表FWアンドレア・ピナモンティとのトレードでインテルに加入する可能性があったが破談に終わったことを『Talent d'Afrique』で明かした。 「僕は尊敬するクラブであるインテルに移籍する可能性があったが失望はしていないよ。パルマは僕を頼りにしてくれているし、ここに居られることに満足しているよ」 「もしインテルでプレーしていたら、それは僕のキャリアにとってとても誇れるものになったろうけど、それは問題じゃない。ネラッズーロから関心を持たれたことが僕にとっては名誉なんだ」 2020.10.21 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

10年前、当時21歳のベイルがCLで覚醒…!インテル相手に記録した衝撃のハットトリック【CL名場面プレイバック】

20日、遂に新シーズンの幕が上がったチャンピオンズリーグ(CL)。今まで数多くの名場面が生まれてきたが、その中でも選りすぐりの名場面を振り返る。今回は、トッテナム時代のウェールズ代表FWガレス・ベイルが今から10年前に見せた驚愕のハットトリックだ。 育成の名門サウサンプトンで育ったベイルは2007年夏にトッテナムに加入。当初は左サイドバックとしてプレーしていたが、2010-11シーズンに一列前で起用されるようになると、その攻撃力が爆発した。 <div id="cws_ad">◆10年前、伝説となったベイルのサン・シーロでの夜<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiUGM1dHM4WSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベイルがその才能を覚醒させるきっかけの1つとなった試合が、2010年10月20日にサン・シーロで行われたCLグループリーグのインテル戦だった。 試合は開始2分でインテルが先制すると、その後8分にはトッテナムのGKエウレリョ・ゴメスが一発退場。10人になったトッテナムは前半だけで4失点と数的不利を背負うという絶望的な状況に置かれた。 しかし後半、ベイルが覚醒する。52分に自陣でボールを持ったベイルがドリブルを開始。相手を寄せ付けない高速ドリブルでぐんぐん加速し、あっという間にボックス左に侵入すると、そのまま左足を振りぬいてシュートを放つ。ゴール右下の完璧なコースに鋭いシュートを突き刺して1点を返した。 その後は膠着状態が続いたものの90分、左サイドのスペースで味方からのボールを得たベイルが、またも高速ドリブルでボックス左に侵入。1点目とほぼ同じ位置からシュートを放つと、再びゴール右下のコースにシュートを突き刺して2点目を奪った。 直後の92分、中央突破に成功したMFアーロン・レノンがペナルティアーク内までボールを運ぶと、ボックス内のベイルにパスを送る。このパスを受けたベイルが再びゴール右下にシュートを突き刺し、1点差に迫る3点目を記録した。 トッテナムの反撃もここまでとなり、試合は4-3でインテルが制したが、当時世界最高のサイドバックの一人であった元ブラジル代表DFマイコンの守るインテルの右サイドを完全に圧倒してのハットトリックは世界に衝撃を与えた。 その後、天職とも言えるポジションを手にしたベイルは、トッテナムの攻撃を牽引し、ワールドクラスのアタッカーへと成長を遂げる。2013年夏にレアル・マドリーへ巨額の移籍金で加入し、数々のタイトルを勝ち取ったベイルは、今シーズンからブレイクを果たしたトッテナムに復帰した。ベイル擁するトッテナムは今季、CL出場を逃しているものの、チームを再びCLの舞台に導く活躍に期待だ。 2020.10.21 20:15 Wed
twitterfacebook