ガットゥーゾ監督、契約延長拒否のミリクに構想外を言い渡す「使う余裕はない」

2020.09.12 16:39 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、去就不透明のポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)について言及した。『フットボール・イタリア』が伝えている。2016年夏からナポリでプレーするミリクはこれまでクラブ通算122試合に出場して48ゴールをマーク。現行契約は2021年夏までとなっているが、クラブからの新契約を固辞しており、今夏に退団する可能性が高まっている。

そのミリクにはユベントスやトッテナムが関心を示していると報じられているが、ここまで具体的な動きはない。そうしたなか、ガットゥーゾ監督はイタリア『スカイ』でミリクが構想外となっていることを明かした。

「彼には契約更新の旨を伝えたが拒否されてしまった。我々の考えについて彼は知っているはずだ」

「もしアレクが新たなクラブを見つけられなかった場合、彼にとって非常に困難な状況になる。我々はすでに2人のFWを獲得しているため、彼を起用できる余裕はないのだ」

一方で、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマン(PSG)からの関心が頻繁に報じられるセネガル代表DFカリドゥ・クリバリについては「クリバリには明確なプライスタグがあり、クラブが求めている移籍金を得られなければ退団することはない」と、売却の意思がないことを強調している。

コメント
関連ニュース
thumb

インシーニェ兄弟がゴールで共演!兄ロレンツォのナポリが逆転勝利!《セリエA》

ナポリは25日、セリエA第5節でベネヴェントとのアウェイ戦に臨み、2-1でナポリが逆転勝利した。 前節アタランタ戦を4発快勝として3勝1敗スタートとしたナポリは、3日前に行われたヨーロッパリーグのAZ戦を0-1と敗戦。その試合のスタメンから4選手を変更。インシーニェ、マノラス、マリオ・ルイ、バカヨコが先発となった。 兄ロレンツォと弟ロベルトのインシーニェ兄弟が共に先発となった一戦。2勝2敗スタートのベネヴェントに対し、ナポリは[4-2-3-1]を継続。最前線にオシムヘン、2列目に右からロサーノ、メルテンス、インシーニェと並べた。 そのナポリがボールを持つ展開となると、17分に先制しかける。左サイドからのマリオ・ルイのクロスにオシムヘンがボレーで合わせてネットを揺らしたが、オフサイドに阻まれた。 その後も自陣に引くベネヴェント相手に押し込む展開としたナポリだったが、30分に先制される。決められたのはインシーニェ兄弟の弟ロベルト。ボックス左ゴールライン際からラパドゥーラにクロスを入れられると、ゴールエリア左で受けたロベルトに左足でシュートを決められた。 追う展開となったナポリは44分にこの試合最初の決定機。右CKからマノラスの合わせたヘディングシュートがバーに直撃した。 低調な前半を1点のビハインドで終えたナポリは迎えた後半、開始1分にCKからロレンツォ・インシーニェが決定的なシュートを浴びせると、48分に追いつきかける。ファビアン・ルイスのパスを受けたロレンツォ・インシーニェがボックス左からシュートを決めたが、オフサイドがあってノーゴールに覆った。 攻勢を続けるナポリは、58分にメルテンスとロサーノに代えてペターニャとポリターノを投入。すると60分、兄インシーニェに正真正銘のゴールが生まれる。ショートコーナーの流れからボックス手前右でパスを受けた兄インシーニェが左足でゴール左上へ決めるビューティフルゴールを奪った。 兄弟対決でゴールの共演となった中、勢い付くナポリは67分に代わって入った2人の関係から逆転する。ボックス右へドリブルで侵入したポリターノが中へ折り返し、ペターニャが右足ダイレクトで蹴り込んだ。 2点をリードして以降はナポリが試合をコントロール。ベネヴェントの反撃を許さずに時間を消化していった。 そして2-1のままナポリが試合をクローズ。兄ロレンツォが弟ロベルトとの兄弟対決を制し、ナポリがリーグ戦2連勝としている。 2020.10.26 00:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ジエリンスキが決めたロケット砲のような容赦ないボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はナポリのポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ジエリンスキがアタランタ戦で決めたロケットボレー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOUVBKQkIzUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ジエリンスキは若くしてポーランドのクラブからウディネーゼの下部組織に引き抜かれ、同クラブでプロデビュー。2016年夏にナポリに加入し、主力として活躍している。 中盤の選手ながら縦への推進力とゴール前での決定的なプレーを得意とするジエリンスキだが、2017年8月27日に行われたセリエA第2節のアタランタ戦では、豪快なボレーシュートを決めている。 前半にアタランタに先制され、0-1とナポリのビハインドで迎えた56分、ナポリに左コーナーキックのチャンスが訪れる。クロスは相手にクリアされてしまうが、こぼれ球をボックスの外でジエリンスキが拾うと。胸トラップでボールをコントロールしてから、豪快なボレーシュート。ドライブ回転のかかった強烈なシュートはゴール右上に突き刺さり、見事な同点ゴールとなった。 このゴールで反撃の狼煙を上げたナポリは、その後逆転に成功。3-1で勝利を収めている。 2020.10.25 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ノドの痛み&発熱のガットゥーゾ監督はインフルエンザか? ベネヴェント戦を欠席の可能性

ナポリを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、25日に予定されているベネヴェント戦で指揮を執れないようだ。 イタリア『トゥットスポルト』によると、ガットゥーゾ監督はインフルエンザにかかったとのこと。そのため、セリエA第5節のベネヴェント戦を休む可能性があるようだ。 22に行われたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第1節でAZと対戦。0-1で敗戦を喫していた。 『トゥットスポルト』によると、AZ戦後にガットゥーゾ監督はノドの痛みが酷く、熱も出ていたとのこと。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が疑われたが、検査の結果は陰性だったとのことだ。 23日のトレーニングもアシスタントマネージャーのルイジ・リッチョ氏が指揮していたようだ。 ガットゥーゾ監督はチームに合流する前に改めて新型コロナウイルスの検査を受けるとのこと。果たして、ベネヴェント戦のピッチサイドに立つ姿は見られるだろうか。 2020.10.24 20:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリが台所事情に苦しむAZに敗北 ガットゥーゾ「ポゼッションに転じるのは良いが、不毛だった」

ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督がチームの戦いぶりを嘆いた。 ナポリは22日に本拠地で行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節でAZと対戦。AZの日本代表DF菅原由勢も先発した試合の57分に先制を許すと、その後も攻撃陣が沈黙を続け、0-1の敗北を喫した。 黒星スタートを切ったガットゥーゾ監督。試合後、イタリア『スカイ』で敗北に悔しさを滲ませ、ノーゴールに終わったチームの戦いに肩を落とした。 「このような試合で負けるべきじゃなかった。ポゼッションに転じるのは良いが、不毛だったよ。相手を傷つけるわけじゃなく、くすぐっているようなものだった。前半に良い場面もあったが、ブレイク後は予測可能なパスが多過ぎたよ。ギブ&ゴーが全然できていなかった。我々はもっと熱意とハングリーさが必要。今日はオフ・ザ・ボールの動きが十分じゃなかった」 また、トップチームの13選手を新型コロナウイルス感染で欠く苦しい台所事情での一戦だったものの、ナポリを相手に白星を手にしたAZにも言及。グループ最下位からのスタートに「問題を複雑にする。これ以上の過ちは許されない」と述べると、この敗戦を次に繋げたいと話した。 「我々は(4-1で勝利の17日に行われたセリエA第4節の)アタランタ戦の後に称賛を受けすぎてしまったのかもしれない。わからないがね。AZにも新たなモチベーションがあり、新型コロナウイルスの影響で多くの選手を欠く状況が彼らを奮い立たせた」 「今日のように、彼らがあれほどの熱量で守備に徹しているのは見たことがない。我々は彼らに1本のシュートを許しただけで、ゴールを決められてしまったんだ。そうした展開はヨーロッパ(の試合)で起こり得ること。我々にとっての教訓になるはずだ」 2020.10.23 14:30 Fri
twitterfacebook
thumb

後半のワンチャンスを活かしたAZがナポリから金星を挙げる!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)グループF第1節のナポリvsAZが22日にサン・パオロで行われ、0-1でAZが勝利した。AZの日本代表DF菅原由勢はフル出場した。 昨季はチャンピオンズリーグ(CL)でベスト16に進出したが、セリエAでは7位に終わりCL出場を逃したナポリ。2年ぶりとなるELの初戦に向けてガットゥーゾ監督は、直近のアタランタ戦から先発を4人変更。[4-2-3-1]で臨み、最前線にオシムヘン、2列目に右からポリターノ、メルテンス、ロサーノを据えた。 一方、2大会連続のEL参戦となったAZは、トップチームの13選手が新型コロナウイルスに感染し欠場するなど厳しい台所事情となっている。そんな中、菅原は3トップの右で先発出場した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先にチャンスを迎えたのはナポリ。13分、ロサーノのパスでDFに裏に抜け出したオシムヘンがボックス内まで侵入しゴール右隅にシュートを突き刺したが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 対するAZは、34分にクリバリのトラップミスを敵陣で奪った菅原がボックス手前から素早く右足を振り抜いたが、このシュートはゴール左に外れた。 時間の経過と共にボールの主導権を掌握するナポリは35分、右サイドをドリブルで持ち上がったオシムヘンの折り返しをボックス中央で受けたメルテンスがワントラップから狙ったが、シュートはわずかに枠の右に逸れる。 ゴールレスで迎えた後半、先にスコアを動かしたのはAZ。57分、菅原とのパス交換でボックス右深くまで抜け出したスベンソンの折り返しをデ・ウィトがゴール左に流し込んだ。 先制を許したナポリは、59分にロサーノとヒサイを下げてインシーニェとマリオ・ルイを投入。さらに66分には、オシムヘンとロボツカを下げてペターニャとデンメをピッチに送り出す。すると68分、ショートコーナの流れからバイタルエリア左でパスを受けたマリオ・ルイがクロスを供給。これをペターニャがダイビングヘッドで合わせたが、シュートはゴール右に外れた。 試合終盤にかけてもナポリが猛攻を仕掛ける。後半アディショナルにはバイタルエリア左で獲得したFKからディ・ロレンツォがヘディングシュートを放ったが、これも枠を捉えられず。 結局、試合はそのまま0-1でタイムアップ。後半シュート1本のAZがそのワンチャンスでナポリから金星を挙げた。 2020.10.23 04:40 Fri
twitterfacebook