バロテッリの新天地はトルコorアメリカ?

2020.08.26 17:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(30)の新天地候補にベシクタシュと、ロサンゼルス・ギャラクシーの2クラブが浮上しているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。昨夏、マルセイユから故郷のブレシアへと帰還したバロテッリ。2019-20シーズンはセリエAに昇格したチームの貴重な戦力として迎えられたが、リーグ戦19試合に出場し5ゴールの数字に留まっていた。


さらに、シーズン終盤にかけてはクラブとの確執により構想外に。加えて、ブレシアのセリエB降格に伴い、今夏の退団が決定的な状況だ。

そういった状況の中、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は今月12日に30歳となった“悪童”の新天地候補として、トルコの強豪ベシクタシュと、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAギャラクシーの2クラブの名前を挙げている。

ベシクタシュに関しては年俸250万~300万ユーロ(約3億1000万~3億8000万円)と言える高額なサラリーを支払うことが可能なこと、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を加入の理由として挙げている。ただ、ベシクタシュは25日に行われたCL予備予選2回戦でPAOK相手に敗退している。

一方、LAギャラクシーに関しては環境面は魅力的も、サラリーキャップ制の範囲外となる特別指定選手登録3枠が、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデス、同MFジョナタンドスサントス、アルゼンチン代表FWクリスティアン・パボンで埋まっており、獲得に際しては枠を空けなければならない問題があるという。

現時点ではいずれの選択肢も難しい状況だが、今後の動向に注目したところだ。
関連ニュース
thumb

サンプドリア、ブレシアからFWトレグロッサをレンタルで獲得!昨季セリエAで7ゴールを記録

サンプドリアは11日、ブレシアからイタリア人FWエメスト・トレグロッサ(28)を買取オプション付きのレンタル移籍で獲得した。セリエAを運営するレガ・セリエAが同選手の移籍を認めた。 2010年にヴェローナでプロデビューしたトレグロッサは、イタリア国内の下部クラブを渡り歩き、2016年の夏にブレシアへレンタル移籍で加入。その後、2018年の冬にブレシアへ完全移籍を果たすと、2018-19シーズンにはセリエBで29試合に出場し12ゴール11アシストをマークし、22年ぶりとなるセリエB優勝に大きく貢献した。 しかし、昨シーズンは太もものケガの影響で出遅れたが、初挑戦となったセリエAで25試合に出場し7ゴール3アシストを記録。セリエBに降格した今シーズンは、ここまでリーグ戦12試合で5ゴール3アシストをマークしていた。 サンプドリアでは、これまでFWファビオ・クアリアレッラのバックアッパーを務めていた元イタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニが鼠径部のヘルニアにより長期離脱を強いられており、クラウディオ・ラニエリ監督は今冬での新たなストライカーの獲得を熱望していた。 2021.01.12 02:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バロテッリの新天地がセリエBのモンツァ決定!

セリエBのモンツァは7日、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(30)がフリートランスファーで加入したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 昨季限りでブレシアを退団し、その去就が注目されていたバロテッリ。一時はチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーンズリーやブラジルのヴァスコ・ダ・ガマ行きが噂されていたが、これまで正式契約には至らずフリーの状態が続いていた。 インテルやミラン、マンチェスター・シティにリバプールなどの錚々たるビッグクラブを渡り歩いてきたバロテッリは、昨夏にブレシアに加入。4年ぶりとなったセリエAで19試合に出場し5ゴールを記録していた。 現在セリエBの9位に位置するモンツァには、バルセロナやミランでプレーした元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングが所属。また、同クラブの会長はバロテッリがミラン在籍時にオーナーを務めていたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が務めている。 2020.12.08 06:40 Tue
twitterfacebook
thumb

フリーのバロテッリに英2部バーンズリーが接触か

バーンズリーが元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(30)の獲得に動いているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 昨シーズン限りで生まれ故郷のクラブであるブレシアを退団したバロテッリは、以降フリーの状況が続いている。セリエDのフランチャコルタでコンディション維持に励む傍ら、ここまで幾つかのクラブとの接触が伝えられているが、新天地決定には至っていない。 だが、『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、チャンピオンシップ(イングランド2部)で16位に低迷するバーンズリーが今後の残留争いを優位に進める切り札として、バロテッリに注目しているという。 そして、共同オーナーを務めるチエン・リー氏とポール・コンウェイ氏が、バロテッリの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と話し合いの場を持ったようだ。ただ、現時点では条件面などの具体的な話には至っていないという。 なお、仮にバーンズリー行きが決定した場合、2016年のリバプール時代以来のイングランド復帰となる。 2020.11.18 20:35 Wed
twitterfacebook
thumb

元アーセナルのMFフラミニ、ブレシアが獲得に興味?

かつてアーセナルやミランでプレーした元フランス代表MFマテュー・フラミニ(36)が現役復帰する可能性があるようだ。 フラミニはマルセイユの下部組織出身で、2004年7月にアーセナルへ完全移籍。2008年7月にミランへ完全移籍すると、2013年8月にアーセナルへと復帰。その後は、クリスタル・パレスやヘタフェでプレーし、2019年7月を最後にプレーしていない、 プレミアリーグで178試合、セリエAで96試合、チャンピオンズリーグでも55試合に出場しているフラミニは、ミラン時代の会長であるシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が保有するセリエBのモンツァに加入する可能性があったもののの、フラミニ自身がこれを拒否したようだ。 しかし、イタリア『Monza-news.it』によると、フラミニには同じセリエBのブレシアが獲得を検討しているとのことだ。 ブレシアは昨シーズンはセリエAで戦ったものの、新型コロナウイルスによる中断後に大失速。そのままセリエBへと1年で降格していた。 2020.11.03 14:55 Tue
twitterfacebook
thumb

香川真司の獲得にセリエBのブレシアも名乗り? スペインではないので現実的ではないとも

セリエBに降格したブレシアが、元日本代表MF香川真司(31)の獲得を考えているようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えた。 今夏、レアル・サラゴサを1年で退団し、現在はフリーとなっている香川。自身はスペインでのプレーを希望し、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のサバデルやテネリフェが関心を寄せているとされる中、退団から1週間が経過しても所属先が決まっていない状況だ。 オファーがあるにも関わらず、所属先を決めきれていない香川。スペイン国外からもギリシャのPAOKやドイツのハンブルガーSV、デュッセルドルフなどが興味を示したとされたが、スペインでのプレーを望み全て拒否したと報じられている。 スペインクラブからのオファーを受けず、国外からのオファーを断っている香川だが、イタリアからも関心が寄せられているとのこと。それが、ブレシアだ。 2019-20シーズンにセリエAに復帰し、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリを連れ戻すなどして残留を目指したブレシアだったが、バロテッリとは新型コロナウイルス(COVID-19)に関する問題で揉めて中断明けは構想外に。さらに、そのまま1年でセリエBに降格していた。 イタリア『トゥットスポルト』によれば、ブレシアは中盤の補強を考えているとのこと。その候補の1人が香川とのことだ。 しかし、前述の通り香川はスペイン国外のクラブのオファーは拒否しているため、現実的とは考えられない。それでも、マッシモ・チェリーノ会長は狙っているとされ、好条件のオファーを出すようだ。 インターナショナル・マッチウィークも終わり、移籍最終日に加入した選手たちも新チームに合流する季節。香川の新天地はいつ、どこに決まるのだろうか。 2020.10.15 10:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly