ルヴァンカップ、ベスト8に残った各クラブ選手が準々決勝へ意気込みを語る!

2020.08.13 18:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは13日、YBCルヴァンカップのプライムステージ組み合わせ抽選会を実施した。例年とは異なりYouTubeのJリーグ公式チャンネル「JリーグTV」で開催。各クラブから代表選手も登場し、オープンドローを行なった。

組み合わせ決定後、対戦カードごとに原博実Jリーグ副理事長がインタビューしていった。
◆北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜F・マリノス

昨シーズンは決勝で川崎フロンターレ相手にPK戦の末に敗れた札幌のDF進藤亮佑は「良い試合ができてどっちに転んでもおかしくない展開で、最後はPKでした。僕が外して決まってしまったので、この大会に対する想いは人一倍強いです」とコメント。2019シーズンの決勝のリベンジを果たしたいと意気込んだ。

一方、今シーズンはSC相模原へ期限付き移籍していたものの、復帰した横浜FMのFW松田詠太郎は「どこと当たっても自分たちのサッカースタイルを貫いていきたいと思います」とコメントした。

原副理事長から決勝に行きたい想いについて聞かれた進藤は「まだタイトルを獲得したことがないので、そこに対する想いはあります」とコメント。「マリノス戦は得点がどちらも入るので、観ている方も楽しめると思います」と語り、攻撃的な両チームの対戦を楽しみにしてほしいと語った。

また、「PKの練習をしておくように」と言われると、「PKだけはならないように、全員で協力して、チームの力が必要なので、頑張っていきたいと思います」と返し、決勝でもPKにならない戦いをしたいと語った。

◆セレッソ大阪 vs 柏レイソル

原副理事長から「カップ戦は強そうな印象があるけど?」と聞かれたC大阪のFW都倉賢は「今年は昨年以上に各ポジションの競争が激しくなったと思います。昨日はルヴァンカップでメンバーをいじってもしっかり勝てたので、チームの成長を感じています」と語り、チーム力が向上しているとコメントした。

今シーズンガンバ大阪から柏レイソルに加入したFW呉屋大翔。J1に昇格した柏では新戦力の活躍も目立つ中、「やっとネルシーニョ監督のやりたいサッカーを徐々に表現できているかなと思います」と語り、チームとしての形ができてきたと手応えを語った。

◆ヴィッセル神戸 vs 川崎フロンターレ

抽選会前に各選手に当たりたくないチームを聞いたところ、最も多く名前を挙げられていた川崎F。Jリーグでは今季無敗を継続しており、現在は8連勝中の川崎Fだが、調子についてMF大島僚太は「チームの雰囲気は今までやってきたことと違ったことにチャレンジしているので、全選手が意欲的に取り組めていますし、そういった中での競争もチーム全体にあって、すごく良い雰囲気でできていると思います」と語り、チームとしても良い感触を持っていると明かした。

また、大島のプレースタイルについて「得点に絡もうとしている印象がある」と原副理事長が質問すると「監督からも言われていますし、ポジションも前になったので、関われる意識を持ちながらプレーはしています」と大島がコメント。今季はすでに過去2年に並ぶ2得点を記録している理由を明かした。

さらに、「誰が出てきてもみんな活躍する雰囲気で試合しているように感じる」と原副理事長が印象を語ると「そういう風な雰囲気でできていると思いますし、対戦相手や観ているお客さんにもそういったものが伝わればいいなと思っています」と雰囲気から勝てるものを作っていきたい意欲を語った。

対する神戸のFW古橋亨梧に対して原副理事長は「ここ最近は決定機を外している気がするけど?」と鋭い質問。古橋は「マークが厳しくなっている自覚もありますけど、そのあたりで決めなくてはいけない自覚もあるので、もっと成長できればと思います」と、自身の成長を誓った。

また、「イニエスタからここに出るかというパスがあるけど、あれはやっぱり気持ちいい?」と元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタとのプレーについて聞かれた古橋は「そんなところ見てるの?というタイミングで出てきたり、そこに出すの?というタイミングで出してくれます。気持ちいいですけど、外している回数も多いので、もっと決め切れればチームの力になれるかなと思います」とゴール量産を誓った。

◆FC東京 vs 名古屋グランパス

原副理事長もかつて指揮を執ったFC東京、名古屋の参加選手が元FC東京のMF米本拓司ということもあり、和やかな雰囲気に。

ここまでJ1で4位につける好調の名古屋との対戦についてMF内田宅哉は「名古屋は米本選手とか太田選手とか丸山選手とか、結構一緒にやった選手が多いので、楽しみではあります」とコメント。元FC東京の選手が多くプレーする名古屋との対戦を楽しみだと語った。

また、今シーズンの名古屋の印象については「結構点を取るイメージがあって、この前も浦和戦でたくさん点を取っていました。僕としてはすごく点を取るイメージが大きいです」と語り、その攻撃力を警戒した。

一方で、古巣のFC東京と当たることとなった米本。FC東京について「去年は1回も勝てなかったので。監督も代わりましたし、色々な意味で変わりました。明後日はJリーグでFC東京と戦います」と語り、まずは15日に控える明治安田生命J1リーグ第10節での対戦で勝ちたいと語った。

しかし、現在米本は左第3腰椎横突起骨折で離脱中。「僕はケガで出られないので残念としか言えないですけど、ルヴァンカップでは出られたらと思います」とおよそ1カ月後に控えるルヴァンカップでの復帰を誓った。

◆プライムステージ組み合わせ結果
【準々決勝】
9月2日(水)
北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜F・マリノスー[1]
セレッソ大阪 vs 柏レイソルー[2]
ヴィッセル神戸 vs 川崎フロンターレー[3]
FC東京 vs 名古屋グランパスー[4]

【準決勝】
10月7日(水)
[1]の勝者 vs [2]の勝者
[3]の勝者 vs [4]の勝者

【決勝】
11月7日(土)



関連ニュース
thumb

ルヴァンカップ、3月8日に開幕! グループステージ組み分けも決定

Jリーグは20日、今季におけるJリーグYBCルヴァンカップのグループ組み分けとスケジュールを発表した。 今季のルヴァンカップはJ1全18チーム+前年17位の清水エスパルスと18位のジュビロ磐田を含めた計20チームで争われ、3月8日のグループステージからスタート。各組1位と各組2位の成績上位3チームの計8チームがプライムステージに勝ち進める。 グループの組み合わせは前年のJ1順位がベースとなり、王者のサンフレッチェ広島は横浜FC、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸と同じC組に。今季からプレーオフステージが廃止され、プライムステージの組み合わせはグループステージ終了後に抽選される。 ◆日程 ・A/北海道コンサドーレ札幌、横浜F・マリノス、サガン鳥栖、ジュビロ磐田 第1節 ▽3/8(水) 《19:00》 横浜F・マリノス vs ジュビロ磐田 サガン鳥栖 vs 北海道コンサドーレ札幌 第2節 ▽3/25(土) 《14:00》 ジュビロ磐田 vs 北海道コンサドーレ札幌 ▽3/26(日) 《15:00》 サガン鳥栖 vs 横浜F・マリノス 第3節 ▽4/5(水) 《19:00》 横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌 ジュビロ磐田 vs サガン鳥栖 第4節 ▽4/19(水) 《19:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs サガン鳥栖 ジュビロ磐田 vs 横浜F・マリノス 第5節 ▽5/24(水) 《19:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜F・マリノス サガン鳥栖 vs ジュビロ磐田 第6節 ▽6/18(日) 《18:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs ジュビロ磐田 横浜F・マリノス vs サガン鳥栖 ・B/浦和レッズ、川崎フロンターレ、湘南ベルマーレ、清水エスパルス 第1節 ▽3/8(水) 《19:00》 湘南ベルマーレ vs 浦和レッズ 清水エスパルス vs 川崎フロンターレ 第2節 ▽3/26(日) 《15:00》 浦和レッズ vs 清水エスパルス 川崎フロンターレ vs 湘南ベルマーレ 第3節 ▽4/5(水) 《19:00》 川崎フロンターレ vs 浦和レッズ 湘南ベルマーレ vs 清水エスパルス 第4節 ▽4/19(水) 《19:00》 川崎フロンターレ vs 清水エスパルス 《19:30》 浦和レッズ vs 湘南ベルマーレ 第5節 ▽5/24(水) 《19:00》 清水エスパルス vs 湘南ベルマーレ 《19:30》 浦和レッズ vs 川崎フロンターレ 第6節 ▽6/18(日) 《18:00》 湘南ベルマーレ vs 川崎フロンターレ 清水エスパルス vs 浦和レッズ ・C/横浜FC、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸、サンフレッチェ広島 第1節 ▽3/8(水) 《19:00》 ヴィッセル神戸 vs 名古屋グランパス サンフレッチェ広島 vs 横浜FC 第2節 ▽3/26(日) 《14:00》 横浜FC vs ヴィッセル神戸 サンフレッチェ広島 vs 名古屋グランパス 第3節 ▽4/5(水) 《19:00》 ヴィッセル神戸 vs サンフレッチェ広島 《19:30》 名古屋グランパス vs 横浜FC 第4節 ▽4/19(水) 《19:00》 横浜FC vs 名古屋グランパス サンフレッチェ広島 vs ヴィッセル神戸 第5節 ▽5/24(水) 《19:00》 横浜FC vs サンフレッチェ広島 《19:30》 名古屋グランパス vs ヴィッセル神戸 第6節 ▽6/18(日) 《18:00》 名古屋グランパス vs サンフレッチェ広島 ヴィッセル神戸 vs 横浜FC ・D/鹿島アントラーズ、柏レイソル、アルビレックス新潟、アビスパ福岡 第1節 ▽3/8(水) 《19:00》 柏レイソル vs 鹿島アントラーズ アビスパ福岡 vs アルビレックス新潟 第2節 ▽3/26(日) 《14:00》 アルビレックス新潟 vs 鹿島アントラーズ 《15:00》 アビスパ福岡 vs 柏レイソル 第3節 ▽4/5(水) 《19:00》 鹿島アントラーズ vs アビスパ福岡 アルビレックス新潟 vs 柏レイソル 第4節 ▽4/19(水) 《19:00》 柏レイソル vs アルビレックス新潟 アビスパ福岡 vs 鹿島アントラーズ 第5節 ▽5/24(水) 《19:00》 鹿島アントラーズ vs 柏レイソル アルビレックス新潟 vs アビスパ福岡 第6節 ▽6/18(日) 《18:00》 鹿島アントラーズ vs アルビレックス新潟 柏レイソル vs アビスパ福岡 ・E/FC東京、京都サンガF.C.、ガンバ大阪、セレッソ大阪 第1節 ▽3/8(水) 《19:00》 京都サンガF.C. vs ガンバ大阪 セレッソ大阪 vs FC東京 第2節 ▽3/26(日) 《15:00》 FC東京 vs 京都サンガF.C. ガンバ大阪 vs セレッソ大阪 第3節 ▽4/5(水) 《19:00》 京都サンガF.C. vs セレッソ大阪 ガンバ大阪 vs FC東京 第4節 ▽4/19(水) 《19:00》 FC東京 vs ガンバ大阪 セレッソ大阪 vs 京都サンガF.C. 第5節 ▽5/24(水) 《19:00》 FC東京 vs セレッソ大阪 ガンバ大阪 vs 京都サンガF.C. 第6節 ▽6/18(日) 《18:00》 京都サンガF.C. vs FC東京 セレッソ大阪 vs ガンバ大阪 2023.01.20 18:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ルヴァンカップは2024シーズンから全60クラブ参加のノックアウト方式に変更

Jリーグは20日、YBCルヴァンカップの大会方式変更を発表した。 リーグ戦のクラブ数を2024シーズンから全て20クラブに変更することとなったJリーグ。リーグカップであるルヴァンカップの方式も変更となる。 2024シーズンからは、J1からJ3までの全60クラブがノックアウト方式で対戦することに決定した。 2023シーズンはJ1の18チームと、J2に降格した2チームの全20チームが参加。5グループに分かれて、ホーム&アウェイの2回戦総当たりとなる。 ノックアウトステージはグループステージを勝ち上がった8チームによるホーム&アウェイのトーナメント方式を採用する。 また、プレーオフステージは開催せず、アウェイゴールルールもなくなる。 2022.12.20 17:05 Tue
twitterfacebook
thumb

佐藤隆治氏と山内宏志氏の両審判員がトップリーグ担当から勇退…両氏ともに国内外で活躍

日本サッカー協会(JFA)は15日、佐藤隆治氏(45)と山内宏志氏(43)の両審判員が今季をもってトップリーグ担当から勇退すると発表した。 2018年と今年のJリーグ最優秀主審賞に輝いた佐藤審判員は2004年に1級登録され、2009年から国際主審、そしてプロフェッショナルレフェリーに。今季の天皇杯をはじめとする数々のタイトルマッチも裁き、担当試合数はJ1主審276試合、J2主審122試合、J3主審2試合、リーグカップ39試合、天皇杯主審32試合、副審1試合だった。 2007年にJFL優秀レフェリー賞と2018年にJリーグ最優秀副審賞を獲得した山内審判員は2006年に1級登録され、2014年から国際副審に。2018年からプロフェッショナルレフェリーとなり、J1副審171試合、J2主審56試合、副審28試合、J3副審1試合、リーグカップ副審27試合、天皇杯主審10試合、副審15試合の担当試合数を誇った。 ◆佐藤隆治 「今シーズンをもって1級審判員としての活動に終止符を打つ決断をしました。2009年からは国際審判員、プロ審判員として幸せな審判人生を歩むことができました。この決断を後悔することがないよう、新たな夢&大きな目標に向かって一歩一歩前に進んでいきます」 ◆山内宏志 「皆様のおかげで、現役審判員として最後まで走り切ることができました。一度立ち止まって、体験の全てを振り返り、どのように応用できるかを考えたいと思います。これからも学び続け、サッカー、スポーツ、そして社会に貢献できるように励みます。重ね重ね、お世話になった方々に感謝いたします。ありがとうございました」 2022.12.15 19:10 Thu
twitterfacebook
thumb

広島が狙い通りの空中戦で初のカップホルダーに/六川亨の日本サッカーの歩み

「ついに」と言うか、「やっと」と言うか、サンフレッチェ広島がカップ戦決勝9度目で念願のタイトルホルダーとなった。 先週の天皇杯決勝ではヴァンフォーレ甲府にPK戦で敗れたばかり。しかしルヴァンカップ決勝ではその反省をミヒャエル・スキッベ監督はしっかり生かしたようだ。 前半11分、セレッソ大阪が自陣からパスをつないで右サイドからビルドアップしようとした。これに対し広島は川村拓夢のプレスから満田誠が高い位置でボールを奪ってショートカウンターを仕掛けようとした。これは満田が反則で止められたが、前線からのプレスによるボール奪取という広島の狙いがよく表われたプレーだった。 対するC大阪は同じく前半16分、左サイドのタテパスに加藤陸次樹が抜け出すカウンターからCB荒木隼人の股間を抜く決定的なシュートを放った。手数をかけず前線の2トップにつなぐカウンター狙いのC大阪。両チームの狙いがよく表われた前半ではあった。とはいえ延長戦も視野に入れていたのか、互いに攻撃をセーブしているような前半でもあった。 それでも広島にはもう1つの狙いがすけて見えた。甲府戦のスタメンには180センチを越える長身選手は4人だったが、C大阪戦では6人に増えていた。そして前半からアーリークロスを逆サイドへ入れ、右なら野上結貴(180センチ)が左SB山中亮輔(171センチ)と、左サイドでは川村(183センチ)や佐々木翔(177センチ)が右SB松田陸(171センチ)とエアバトルを展開しつつ、ゴール前へ折り返していた。 C大阪の先制点は佐々木のイージーミス。加藤の動きが視野に入っていなかったとしか考えようがない。さらにC大阪は後半13分にもGKキム・ジンヒョンの正確なパントキックからサイドハーフ毎熊晟矢が抜け出しGKと1対1の決定機を迎えたが、これはGK大迫敬介がブロック。対する広島も18分にはMF野津田岳人の右クロスをFWナッシム・ベン・カリファがダイビングヘッド。ニアを急襲したシュートはGKキム・ジンヒョンのファインセーブに阻まれた。 両チームの攻撃が活性化するなか、先に動いたのはスキッベ監督だった。後半18分、ボランチ松本泰志に代えてFWピエロス・ソティリウを投入。前線の枚数を増やして反撃に転じた。 この試合で直接明暗を分けたわけではないが、後半32分に長身CBマテイ・ヨニッチがオンフィールド・レビューで一発レッドになったのはC大阪にとって痛恨だった。ベン・カリファとの競り合いで、起き上がる際に軽く右拳でベン・カリファの頬にタッチした(ように見えた)。 それまで幾度となく身体を張った競り合いを演じてきたため、「演技が上手いな」とでも挨拶したつもりだったのかもしれない。しかし拳で相手の頬に触れては、その強弱に関わらず退場処分はやむを得ないだろう。 1人少なくなったことでC大阪は自陣に引いて守りを固める。対する広島はパスをつないで崩そうとするが、いくらパスを回してもC大阪の選手は食いついてこないため、攻め手を失う。甲府戦と似たような展開になりつつあった。 アディショナルタイムは9分。ここで広島はパワープレーに出た。すると90+6分、満田の右CKにベン・カリファとソティリウが空中戦で競ると、これがCB鳥海晃司の上げた手に当たってコースが変わる。空中戦で「手を上げる」こと自体、「不自然な行為」としてハンドになる。主審は念には念を入れてオンフィールド・レビューの結果PKを宣告。これをソティリウは確実にゴール右スミに決めて同点に追いついた。 その後も攻勢を続けた広島は、90+11分、またも満田の右CKからソティリウが今度は右足ボレーで逆転弾を叩き込む。8月にチームに加入した元キプロス代表は、8月27日のJ1リーグC大阪戦でも来日初ゴールを決めて勝利に貢献している(3-0)。まさにC大阪キラーにふさわしい活躍でチームに念願のタイトルをもたらした。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> <span class="paragraph-title">【動画】明暗を分けたVARチェック、広島が奇跡の逆転優勝</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="07Db652zotw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.24 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「えぐい」「痺れた」「熱すぎる」広島をカップ王者に導いた劇的決勝ゴールが話題に「スーパーゴールじゃん」、「みんな泣いてた」

サンフレッチェ広島を奇跡の逆転優勝に導いたピエロス・ソティリウのゴールが話題となっている。 22日、広島はルヴァンカップ決勝でセレッソ大阪と対戦した。 1週間前の天皇杯決勝では、先制を許すも追いつくと、延長終了間際に獲得したPKを失敗。その後、PK戦でヴァンフォーレ甲府に敗れ、天皇杯優勝を逃していた。 そして1週間が経過し今度はリーグカップの決勝。国立競技場に舞台を移した中、この試合でも先制を許す。 C大阪のペースで試合は進み、天皇杯同様に攻撃面で苦しみ続ける広島。初優勝をまたしても逃すことになるかと思われたが、C大阪は79分にマテイ・ヨニッチが退場。さらに後半アディショナルタイム4分にはオンフィールド・レビューにより相手のハンドが認められPKを獲得すると、ピエロス・ソティリウがしっかりと決めて土壇場で追いつく。 このまま延長戦に入るかと思われたが、ドラマは最後に。後半アディショナルタイム11分、右CKを広島が獲得すると、満田誠がクロス。これをボックス中央でピエロス・ソティリウがボレー。これが決まり、広島が奇跡の逆転。そのまま逃げ切り、1-2で勝利し、初のルヴァンカップ制覇を果たした。 ピエロス・ソティリウはヘディングでいきそうなところを、味方がブラインドになりながらもしっかりと右足で合わせ、C大阪のGKキム・ジンヒョンも一歩も動けず。このゴールにはファンが歓喜を爆発させた。 「えぐい」、「デザインされたCK!」、「痺れた」、「熱すぎる」、「何度でも見たい」と優勝を決定づける逆転ゴールに沸くと共に、「足だったことに驚いた!」、「スーパーゴールじゃん」、「みんな泣いてた」と、リプレイで見ると凄いゴールであることに驚くコメントも寄せられた。 広島は悲願のカップタイトルを獲得。1週間前のリベンジを見事に果たしていた。 <span class="paragraph-title">【動画】同点PKに最後はヘッドじゃなくてボレー!広島の大逆転優勝を決めたゴールが話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2022 JリーグYBCルヴァンカップ決勝<br>優勝した <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7%E5%BA%83%E5%B3%B6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サンフレッチェ広島</a> <br> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%BD%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ソティリウ</a> 選手の2ゴール<br>そして歓喜の瞬間をご覧ください‼‼ <a href="https://twitter.com/sanfrecce_SFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@sanfrecce_SFC</a> <a href="https://t.co/yh5AIP4LCu">pic.twitter.com/yh5AIP4LCu</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1583721420214763522?ref_src=twsrc%5Etfw">October 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.22 23:07 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly