バルサのセティエン監督、ナポリを抑え込んだ守備を評価「うまく状況に対応した」

2020.08.09 12:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのキケ・セティエン監督が、ナポリ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでナポリと対戦したバルセロナは、10分に左CKからDFクレマン・ラングレが先制ゴール。23分にFWリオネル・メッシが加点すると、前半アディショナルタイムにFWルイス・スアレスが3点目を奪う。

◆CLラウンド16/バルセロナvsナポリ

その後、FWロレンツォ・インシーニェに1点を返されたが、3-1で逃げ切り。2戦合計4-2で13シーズン連続のベスト8進出を果たした。

試合後、セティエン監督は2ndレグで勝利し、勝ち進めたことを喜んだ。

「我々はこの最初の一歩を踏み出し、この試合に臨んだものと同じ熱意を持って、残りの試合を楽しみたかった。チームは素晴らしく、勝利に値した」

「我々が行ったことは簡単ではなかった。優れた知性で守る必要があった。イタリアで最高のチームの1つだ。」

また、ナポリのポゼッションに苦しめられたと語ったセティエン監督。しかし、チームの守備の一貫性には満足感を示した。

「ナポリからボールを奪うのは難しい。彼らが我々のプレッシャーを掻い潜ったとき、多くの方向性を変化させ、犠牲を払った」

「ピッチ全体で一貫性を保つよう努めてきて、かなり順調にできたと思う。うまく状況に対応した。全てを完全にコントロールできたと思う。このチームとその記録はとても難しいチームになっていくだろう」

また、準々決勝で対戦することが決まったバイエルンについては「全ての対戦相手が強敵であり、全試合が難しくなるだろう。我々にとっても、彼らにとっても難しいだろう。素晴らしいチームだが、我々もそうだ」と、強敵であることを認めながらも、負けていないと意気込みを語った。
コメント
関連ニュース
thumb

「とても満足。印象は良い」公式戦初戦で4発快勝に満足のクーマン監督、2ゴールの17歳アンス・ファティには注文「一貫性を求める」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、シーズン初戦となったビジャレアル戦での快勝に満足感を示した。スペイン『マルカ』が伝えた。 27日にラ・リーガ第3節で日本代表MF久保建英が所属するビジャレアルと対戦したバルセロナ。FWアンス・ファティの2ゴールや、FWリオネル・メッシのPK成功などで前半に4ゴールを奪い、4-0の白星発進を飾った。 バルセロナでの公式戦初陣で快勝したクーマン監督は、前半のパフォーマンスについて良い印象だと評価。このパフォーマンスが今後の基準になると述べている。 「とても満足しているよ。前半はとても良かった。後半は試合がゆっくりになってしまった。だが、今季初戦。印象は良いね」 「(上手くスタートを切れたことは)非常に重要だ。前半の結果は我々が何を改善して、何を望んでいるのかを明確にするのは役に立つだろうね」 「我々が与えたプレッシャーは良い試合をするための結果に役立つ。ボールを保有して、たくさんのチャンスを作り出すのは良いことだ。ゴールにはとても満足している」 また、2ゴールを記録し、PKを獲得するなどチームを勝利に導いたファティを賞賛。ただ、パフォーマンスの一貫性を要求している。 「彼の試合、パフォーマンスは明るい。私はとても満足している。彼はまだ17歳で改善しなければいけないことは我々もわかっている。試合とパフォーマンスの一貫性を求める。彼は良い選手だ。耳を傾け、改善するために前向きだ」 「ただ、たまに集中力を欠いている。(ジョアン・ガンペール杯2020の)エルチェ戦はそれほど良くなかったが、今日は良かった。彼は素晴らしい試合をした。素晴らしいグループだ。彼とペドリにはとても満足している。どちらとも素晴らしい未来が待っている」 2020.09.28 10:35 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサに大敗もビジャレアル指揮官は久保建英のプレーを評価「全ての試合で貢献」「上手くプレーしている」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、試合を振り返ると共に、日本代表MF久保建英のプレーについても言及した。スペイン『アス』が伝えた。 ビジャレアルは27日、ラ・リーガ第3節でバルセロナと対戦。シーズン初戦となったバルセロナに対し、アンス・ファティに2ゴールを許すなど、前半だけで4失点。そのまま4-0で敗れた。 開幕から2試合を1勝1分けとしていたビジャレアルは、エメリ監督就任後の公式戦で初黒星。これまでの試合と同じでは勝てなかったと、敗戦を振り返った。 「これまでの試合をプレーしてきたチームに継続性を与え、自信と同じ戦術があった。我々はボールを保持したかったが、それが正確にできず、攻撃の時に急いでしまい、避けなければいけないことをしてしまって自分たちで傷つけてしまった」 「最初の45分間は割と順調にスタートしたので、ミスを犯してしまった。ここで勝つためには、もっと多くのことを行わなければいけない」 「前半の出来に関してファンのみんなには謝罪する。これを取り戻していきたい」 また、74分から途中出場し、古巣との対戦となった久保についても言及。一定の評価を下した。 「タケは全ての試合で色々と貢献してくれている。彼は攻撃するためにどのポジションでもプレーすることが可能だが、右サイドではとても快適にプレーしている」 「ボックス内に入ること、いつ突破するのか、いつ動かし始めるのかをやって欲しいと思う。彼はとても上手くプレーしていると思う」 2020.09.28 09:58 Mon
twitterfacebook
thumb

アンス・ファティのドブレーテなど新生バルサが4発躍動! 久保途中出場のビジャレアルは今季初黒星…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第3節、バルセロナvsビジャレアルが27日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが4-0で快勝した。なお、ビジャレアルMF久保建英は74分からプレーした。 監督交代にエースの去就問題、多くの主力の放出など、混迷を極めている昨季2位のバルセロナは、ビジャレアルとのホームゲームで新シーズンをスタートする。 今夏、クラブOBのクーマンを新指揮官に据え、スアレスやラキティッチなど昨季までチームを支えた主力を揃って放出する大幅な刷新に踏み切ったバルセロナ。絶対的エースの去就問題の余波が続くなど、混迷を極める昨季2位チームは、そのメッシがグリーズマン、コウチーニョ、アンス・ファティと共に初陣のピッチに立った。 一方、前節エイバルを2-1で下してエメリ新体制初白星を挙げたビジャレアル。そのエイバル戦ではジェラール・モレノ、アルカセルの2トップがきっちり結果を出すなど、徐々にパフォーマンスを上げている印象だ。その中、開幕2戦連続で途中出場が続いている久保は、古巣対戦での今季初先発に期待が集まるも、引き続きベンチスタートとなった。 立ち上がりはやや行ったり来たりの展開となるも、トップ下に入ったコウチーニョとメッシを起点に徐々に流れを掴んだバルセロナは、今週にトップチーム登録となった17歳の新星が魅せる。 15分、左サイド深くに抜け出したジョルディ・アルバからのマイナスの折り返しに反応したアンス・ファティがボックス左から見事な右足のシュートをゴール左上隅に突き刺し、今季のオープニングゴールを決めた。 さらに、19分には自陣からのロングカウンターから中央で長い距離を持ち上がったコウチーニョからボックス左に走り込むアンス・ファティに絶妙なラストパスが通ると、背番号22は冷静にGKとの一対一を制し、ドブレーテを記録。 これで完全に乗ったホームチームは、攻守両面で相手を圧倒。35分にはボックス左に抜け出したアンス・ファティがDFガスパールに倒されてPKを獲得。これをキッカーのメッシが難なく決める。その後、前半終了間際にはブスケッツの意表を突くゴール前への飛び出しがDFパウ・トーレスのオウンゴールを誘い、前半だけで4点を挙げるワンサイドゲームを展開した。 前半ほぼ何もできなかったアウェイチームは、アルカセル、コクランに代えて後半頭からトリゲロス、イボーラを投入。だが、前半同様にバルセロナの素早い攻守の切り替えに手を焼き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。 一方、危なげなく時計を進めるバルセロナは70分に殊勲のコウチーニョ、アンス・ファティに代えてデンベレとプリメーラデビューのペドリを、さらに78分にはグリーズマンとブスケッツに代えてピャニッチ、トリンコンと惜しげもなく新戦力をピッチへ送りだす。 対してビジャレアルは74分に古巣対戦の久保をピッチに送り込むと、右ウイングに入った久保は、投入直後に際どいクロスでチャンスに絡む。さらに、試合終了間際の89分にはボックス右からのカットインで左足のシュートを枠に飛ばすが、これはGKネトのセーブに阻まれた。 結局、試合はこのままタイムアップを迎え、アンス・ファティ、コウチーニョ、ジョルディ・アルバらが大きな違いを生んだ新生バルセロナが初陣を快勝で飾った。一方、なすすべなく敗れたビジャレアルは今季3戦目にして初黒星を喫することになった。 2020.09.28 05:59 Mon
twitterfacebook
thumb

意表を突くループパス!セイドゥ・ケイタがメッシに送った見事なアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回は元マリ代表MFのセイドゥ・ケイタ氏がバルセロナ時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ケイタがメッシに送った大きなループアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJobG9yc1BveiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マルセイユでプロデビューを果たしたケイタは、セビージャでブレイクして2008年にバルセロナに加入。黄金期を築いたバルセロナの中盤で存在感を示し、公式戦188試合に出場した。 縁の下の力持ち的な役割を占めたケイタだが、2011年2月26日に行われたラ・リーガ第25節のマジョルカ戦では、見事なアシストでチームの勝利に貢献している。 0-0の同点で迎えた38分、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの縦のワンツーで敵陣中央でボールを持ったケイタは、十分に相手を引きつけてから、意表を突くループパス。高く上がったパスは相手DFの頭上を越えてボックス内に届くと、これに追いついたメッシが珍しいヘディングシュートを決め、ケイタが先制点をお膳立てした。 この後も点を重ねたバルセロナは3-0で勝利を収めている。 2020.09.27 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサの新星FWアンス・ファティに最大184億円のオファーが?しかし、バルサは門前払い

バルセロナ期待の新星であるスペイン代表FWアンス・ファティ(17)だが、今夏大型オファーが届いていたようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 アンス・ファティは23日、バルセロナのファーストチームに正式に昇格。契約解除金は4億ユーロ(約490億円)に引き上げられていた。 2019-20シーズンに突如としてファーストチームでのプレー機会を得たアンス・ファティは、Bチーム所属ながらラ・リーガで24試合に出場し7ゴール1アシストを記録するなど、公式戦33試合で8ゴール1アシストを記録。出場記録やゴール記録など、様々な最年少記録を樹立していた。 今シーズンもバルセロナで一定の出場機会が得られるとみられるアンス・ファティだが、代理人であるジョルジ・メンデス氏は、アンス・ファティへのオファーが届いていたことをクラブへと報告していたようだ。 『マルカ』によると、そのオファーは1億2500万ユーロ(約153億5300万円)に加え、活躍に応じて2500万ユーロ(約30億7000万円)が上乗せされる合計1億5000万ユーロ(約184億2300万円)だったとのこと。しかし、バルセロナは内容を確認せずに断ったとされている。 アンス・ファティは、2019年12月にバルセロナとプロ契約を締結し、その際には1億7000万ユーロ(約208億8000万円)の契約解除金が設定されていた。そのため、このオファーはそもそも条件を満たしていなかった。 なお、オファーを出していたチーム名は明かされていない状況。噂の段階では、マンチェスター・ユナイテッドが興味を持っていたとされるが、オファーを出したかは定かではない。 何れにしても、契約解除金が4億ユーロにまで引き上げられたことで、アンス・ファティを獲得することは現実的にはあり得ない状況。今夏退団騒動が起こったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐ逸材として、クラブでその地位を確立することになるだろうか。 2020.09.27 20:35 Sun
twitterfacebook