リールがアンヘル・ゴメスを確保! ユナイテッド生え抜きMFは14年過ごした古巣にエモーショナルなメッセージ

2020.08.05 14:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リールがU-20イングランド代表MFアンヘル・ゴメス(19)の獲得に成功したようだ。フランス『RMC sport』が報じている。マンチェスター・ユナイテッドでも活躍した元ポルトガル代表FWナニの従兄弟として知られるゴメスは、6歳からユナイテッドのアカデミーに在籍。2列目を主戦場に繊細なボールタッチを生かした密集地帯での局面打開、オープンスペースでのダイナミックなプレーも得意とする攻撃的MFは、2017年5月にクラブ史上最年少(16歳と263日)でプレミアデビューを飾った。

しかし、今シーズンはトップチームでの出場機会が6試合のみとなっており、出場機会を求める同選手はクラブから掲示された契約延長オファーを固辞。先月初旬に退団していた。

一時はチェルシーやインテル行きの可能性が伝えられたが、新天地はフランスの地となったようだ。

『RMC sport』が伝えるところによれば、ゴメスとリールは5年契約ですでに合意に至っており、2020-21シーズンに関してはリールの提携クラブであるポルトガルのボアヴィスタにレンタル移籍することも決定しているという。

また、リール移籍決定を受けてか、ゴメスは4日に自身の公式『インスタグラム』を通じて、古巣ユナイテッドへの別れのメッセージを綴っている。

「自分の感情を言葉にするのは簡単ではなかったから、少し時間がかかってしまったよ」

「残念だけど、14年間に渡る美しい章を終えるときが来た。サルフォード出身の僕にとってマンチェスター・ユナイテッドしか知らなかった。アカデミー時代はウェイン・ルーニーのまねばかりをしていたよ」

「そして2017年5月21日、16歳のときにレジェンドであるウェイン・ルーニーに代わって、夢のクラブでプレミアリーグデビューを果たすことができた」

「クラブと初めて契約したときから、僕が受けた助けと励ましに対して、クラブの一人一人に感謝を伝えさせてほしい。6歳から今に至るまで面倒を見てくれた各年代の監督、キットマン、受付のキャス、メディアチーム、警備員、クリフのスタッフ、リトルトンロードのスタッフ、キャリントンのスタッフ、清掃員の方々、みんなのおかげで今の僕があるんだ」

「自分のキャリアにおいて次のステップに進むときが来たんだ。できれば、僕がこれまでここで成し遂げてきたことを少しでも誇りに思ってくれると嬉しいよ」

「そして、クラブと関係者のみんなの幸運を心から祈っている。正直なところ、みんなが思っている以上にみんなのことが恋しいんだ。同時にファンのみんなに感謝したい。みんなから受けたサポートは忘れることができないよ」

「Once a RED always a RED」
コメント
関連ニュース
thumb

マルセイユデビューの長友が酒井と両SBで共闘! 躍動の守護神に救われ、ホームでドロー《リーグ・アン》

リーグ・アン第4節、マルセイユvsリールが20日にスタッド・ベロドロームで行われ、1-1のドローに終わった。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場、DF長友佑都は先発し、60分までプレーした。 マルセイユは、開幕連勝スタートもミッドウィークに行われたサンテチェンヌとの第1節延期分を0-2で落とし、今季初黒星。連戦となるホームゲームでバウンスバックを図る中、強豪リールとの一戦では今夏にガラタサライからフリー加入となった長友が、右サイドバックの酒井と共に左サイドバックのポジションで先発起用され、待望のリーグ・アンデビューを飾った。 試合は開始4分にバンバからのスルーパスに抜け出したブラク・ユルマズにいきなりゴールネットを揺らされるが、ここはオフサイドの判定に救われる。その後はマルセイユが押し返していく展開の中、右サイドの酒井は内に絞るトヴァンとの関係性から高い位置まで侵攻してクロスを上げるなど、積極的な攻撃参加を見せる。 一方、左サイドの長友は一列前の司令塔パイエとのバランスを意識したポジションを取りながらも、要所でボックス付近まで顔を出す。21分には深いスライディングタックルで、早速イエローカードを貰う。 前半半ばから終盤にかけては攻め切れないマルセイユに対して、効果的なカウンターを狙うリールがペースを握る。その中で長友が高い位置を取った背後をアラウージョ、チェリクが積極的に狙い、43分にはチェリクが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、ここはGKマンダンダの好守で凌いだ。 しかし、マルセイユは後半の立ち上がりの47分、ゴールキックを中盤で撥ね返されてバンバに中央突破を許すと、右サイドに走り込むアラウージョに繋がれる。ここで戻りながらの対応となった長友は寄せ切れず、アラウージョに左足のシュートを流し込まれた。 この失点で動揺したか、直後にもユルマズに左ポスト直撃のシュートを許すなど苦しい展開が続くマルセイユは60分に長友を下げてブナ・サールを投入。この交代で酒井が左サイドバックにポジションを移す。 ここからリスクを冒して前に出るマルセイユは70分にロニエがポスト直撃の決定的なシュートを放った一方、相変わらず相手のカウンターに手を焼き、再三のピンチを守護神マンダンダの好守で凌ぎ何とか望みを繋ぐ。 すると、何とか守護神の活躍に応えたい攻撃陣は85分、右CKの場面でキッカーのサンソンが入れた右足アウトスウィングのボールを途中出場のジェルマンが豪快なヘディングで合わせ、同点に追いつく。試合終盤にかけてはどちらが勝ち越し点を奪ってもおかしくないオープンな攻防となったが、試合はこのまま1-1でタイムアップ。 内容面では劣勢も守護神の活躍に大いに助けられたマルセイユは、辛くもホーム連敗を免れる最低限の結果を手にした。 2020.09.21 06:17 Mon
twitterfacebook
thumb

リール、ナポリから元ギリシャ代表GKカルネジスを獲得!

リールは4日、ナポリから元ギリシャ代表GKオレスティス・カルネジス(35)を完全移籍で獲得したことを発表した。 パナシナイコス、ウディネーゼを経て2018年にナポリへ加入したカルネジス。加入1年目はセリエA9試合に出場したものの、昨シーズンはイタリア代表GKアレックス・メレト、コロンビア代表GKダビド・オスピナとのポジション争いに敗れ、公式戦の出場はなかった。 ただ、リールはギリシャ代表としては通算49キャップを誇るなど、35歳のベテランGKの豊富な経験を高く評価しており、今回の獲得に至ったようだ。 2020.09.05 00:39 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルがビッグクラブ注目のリールDFガブリエウを獲得!

アーセナルは1日、リールのU-23ブラジル代表DFガブリエウ(22)の獲得を発表した。契約期間は長期と発表されている。移籍金はイギリス『BBC』によれば2600万ユーロ(約32億9000万円)とのことだ、 ガブリエウは2017年からリールに在籍している190㎝のセンターバック。昨シーズンの後半戦から頭角を表すと、今季は打ち切りとなったリーグ・アンで24試合、チャンピオンズリーグで6試合に出場するなど主力として活躍した。 多くのビッグクラブからの関心を集めていた中、最終的にはアーセナルがナポリとの一騎討ちを制す格好となった。 アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督はガブリエウについて以下のように述べている。 「彼には多才な資質があり、守備のユニットを組む上でより強度をもたらしてくれる存在となる。リールで優れた才能を持っていることを証明していた。我々はアーセナルで彼が更に成長することを楽しみにしているよ」 また、ガブリエウ本人はアーセナルへの移籍について「幾つかのクラブからオファーがあった。家族や代理人とたくさん話し合ったが、アーセナルの伝統と歴史、今後数年間のチームのプロジェクトが、ここに来る決断の要因となった。アーセナルで最善を尽くしたい」とコメントした。 2020.09.02 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ベネヴェント移籍破談の元フランス代表FWレミがトルコのリゼスポルに加入

トルコ1部リーグのチャイクル・リゼスポルは28日、リールを退団していた元フランス代表FWロイク・レミ(33)の加入を発表した。契約期間は2022年6月までとなっている。 ベネヴェントへの移籍が濃厚となっていたレミだったが、メディカルチェックに引っかかっていた。レミは過去にも2008年のニース移籍時、2010年のマルセイユ移籍時に心臓に異常が見つかっていた。 リヨンでプロデビューを飾ったレミは、RCランスやニース、マルセイユに在籍後、イングランドに渡りQPR、ニューカッスル、チェルシー、クリスタル・パレスでプレー。その後はスペインに渡り、ラス・パルマス、ヘタフェでプレーし、2018年7月からリールでプレーしていた。 リールでは在籍2年間で公式戦59試合の出場で21ゴールを挙げていた。 2020.08.29 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アルテタ監督が獲得迫るU-23ブラジル代表DFガブリエウについて「取引を成立させようとしている」、セバージョスは「レアルが関わっている」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、今夏の補強についてコメントした。クラブ公式サイトが伝えた。 2020-21シーズンに向けてチームを再建しているアーセナル。チェルシーからブラジル代表MFウィリアンをフリートランスファーで獲得。また、サンテチェンヌにレンタル中だったU-20フランス代表DFウィリアム・サリバがレンタルバックすることが決定している。 その他にも数名の補強が噂されているアーセナルだが、次に契約を結ぶと見られているのがリールに所属するU-23ブラジル代表DFガブリエウ(22)だ。 ナポリとの争奪戦が繰り広がられている中、ガブリエウ本人がプレミアリーグに興味を持っているとされ、一部ではロンドンにいるとも報じられていた。 アルテタ監督はガブリエウの獲得について言及。獲得が近づいていることを明かしながらも、まだ決定はしていないと語った。 「両方の当事者がサインするときは全て大丈夫だ。選手は条件に同意し、彼がメディカルチェックを通過する。最終段階は、時には、思っているよりも簡単ではない。ただ、我々はそれが実行されると前向きに思っている」 「我々がそれを手に入れられたら、とても喜ぶだろう。彼は我々が追いかけている選手であり、チームを改善するために、我々にとって適切なプロファイルであったと非常に確信している。確定となれば嬉しい」 「取引を成立させようとしている。それが、今言えることだ」 また、2019-20シーズンはレアル・マドリーからレンタル移籍していたスペイン代表MFダニ・セバージョス(24)についても言及。チームとしてセバージョスを残したい意向があるものの、レアル・マドリー次第だと語った。 「我々はいくつかの話をしていて、ダニ(・セバージョス)は私がどう思っているかを本当によく知っている。彼は私と一緒にいるつもりだという意図をハッキリ示していたが、明確にレアル・マドリーが関わっており、彼らが選手と何をしようとしているかはまだわからない」 「しかし、彼は我々が興味を持っている選手だ。シーズンの最後の数カ月、彼が我々にもたらすことができるものを本当に目にしたからだ」 2020.08.28 18:50 Fri
twitterfacebook