英2部降格ノリッジ、ゴッドフリーにも欧州複数クラブの視線

2020.08.04 13:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノリッジ・シティのイングランド人DFベン・ゴッドフリー(22)に対して、国外から視線が注がれているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

ゴッドフリーは2016年にヨーク・シティからノリッジ入りした183cmのセンターバック。昨季のチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で最終ラインの主軸としてチームを優勝に導き、プレミアリーグ昇格の今季も公式戦33試合に出場した。

しかし、ノリッジはプレミアリーグ最下位に終わり、1年でのチャンピオンシップ降格が決定。U-21イングランド代表DFマックス・アーロンズを巡り、バイエルンの関心が取り沙汰されるなど、有望株に相次いで今夏移籍の憶測が浮上している。

そのなか、ゴッドフリーにも国外複数クラブの関心がああり、ドルトムントやRBライプツィヒに続いて、レバークーゼンとミランも加わっての争奪戦に発展する可能性。ミランは先週末のセリエA最終節前に先んじて選手代理人と会談した模様だ。

一方で、ノリッジはゴッドフリーに関して、評価額を3000万ポンド(約41億6000万円)程度に設定。将来的にイングランド代表のレギュラーを射止めるだけのポテンシャルを秘めた選手だと確信しており、その額の要求を譲らない姿勢だという。

昨夏にマンチェスター・ユナイテッドOBの元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が古巣に獲得を進言したことでも知られるゴッドフリー。ノリッジとは2023年まで契約を残しているが、果たして…。

関連ニュース
thumb

チェルシーMFギルモア、来季はノリッジにレンタルへ

チェルシーのスコットランド代表MFビリー・ギルモア(20)は、来季はノリッジへローン移籍するようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。 元々はレンジャーズの下部組織出身で、2017年からチェルシーに在籍しているギルモア。昨シーズンにフランク・ランパード前監督の下でトップチームデビューを果たすと、プレミアリーグのエバートン戦やEFLカップのリバプール戦でMVP級の活躍を披露し、ファンに印象付けた。 今季はさらに出場機会が増えると期待されたが、蓋を開けてみれば11試合のみ。それでも限られた時間で結果を残し、今回のユーロ2020のスコットランド代表メンバーに選出された。 チームは1分け2敗でグループステージ敗退が決まったものの、個人として大会デビューとなったイングランド代表戦では、確かなボール技術で攻守をコントロール。格上相手にゴールレスドローを演じ、マン・オブ・ザ・マッチ選出の実績を残した。 うなぎのぼりで評価を高める中、来季はさらなる出場機会を求めて武者修行に出るという。『ガーディアン』だけでなく、『アスレティック』などその他の有力紙も同選手のノリッジ行きを報じており、正式発表は時間の問題とされている。 ただ、ギルモアは現在、新型コロナウイルスに感染し療養中。無症状と伝えられているものの隔離を余儀なくされており、メディカルチェックに遅れが生じる可能性もある。 なお、移籍濃厚のノリッジは、今季のチャンピオンシップで勝ち点97を積み上げ2シーズンぶりの優勝。1シーズンでのプレミアリーグ昇格を果たしており、すでにブレーメンのFWミロト・ラシツァや、サウサンプトンのGKアンガス・ガンなどの補強を進めている。 2021.06.24 15:12 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア昇格のノリッジがGKガンを完全移籍で獲得、かつてはシティにも所属

1年でプレミアリーグへ復帰したノリッジは23日、イングランド人GKアンガス・ガン(25)をサウサンプトンから完全移籍で獲得したことを発表した。 クラブの発表によると、契約期間は4年間。3年ぶりの復帰となる。 ガンはノリッジのユースで育ち、2011年7月にマンチェスター・シティのユースへと移籍。シティでは順調にステップアップし、2016年7月にはファーストチームに昇格した。 2017年7月にはノリッジへとレンタル移籍。2018年7月にはサウサンプトンに完全移籍すると、今シーズンはストーク・シティへとレンタル移籍しプレーしていた。 今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)では15試合に出場。ノリッジでは公式戦通算51試合に出場していた。 ガンは古巣への復帰についてクラブを通じてコメント。喜びを露わにした。 「数年前にレンタルできたときは、信じられないような気持ちだった。今回契約できたことで、より長くいられる。同じように、いやそれ以上の感情だ」 「本当に楽しみにしている。僕が育ったクラブだし、ここ数年の躍進を見れば、まだまだ上を目指せるクラブだと思う」 「ピッチの上では素晴らしいものを見せている。ピッチ外では戻ってきて、今日トレーニンググラウンドを見て、進歩していることを実感した」 「願わくば、今シーズンはプレミアリーグでのポジションを確立し、良いスタートを切って残留したい」 2021.06.23 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格ノリッジがブレーメンのエースFWラシツァを獲得!

新シーズンからプレミアリーグに昇格するノリッジ・シティは22日、ブレーメンからコソボ代表FWミロト・ラシツァ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、移籍金は940万ポンド(約14億5000万円)となったようだ。 プレースタイルは異なるものの、アストン・ビラに引き抜かれたアルゼンチン代表MFエミリアーノ・ブエンディアに代わる新たな攻撃の軸として期待されるラシツァは、自身初のプレミアリーグ挑戦に向けて意気込みを語っている。 「ノリッジのファンの皆さんの前で、そしてプレミアリーグでプレーできることをとても楽しみにしているよ。もちろん、すべての試合でこのフットボールクラブのためにベストを尽くし、多くのゴールとアシストでファンを興奮させたいと思う。始まるのが待ち遠しいよ」 「クラブのこと、特にダニエル・ファルケの下でのプレースタイルについてはいくつか知っている。僕はプレーヤーとして、また人間として学び、成長し続けたいと思っている」 「監督とはすでに話をしていて、彼が僕に何を求めているかはわかっているよ。最近の彼との会話は大きな助けになったし、とても興奮しているんだ」 故郷コソボのヴシュトリアでプロキャリアをスタートしたラシツァは、2014年にオランダのフィテッセを経て2018年1月にブレーメンへステップアップ。 粗削りな部分が目立つも左ウイングやセカンドトップを主戦場に果敢な縦への仕掛けや、快足を生かしたスペースへの飛び出しなど、チームに推進力を与えるプレーを特長とする24歳FWはブレーメンでの3年半で、公式戦100試合に出場し、27ゴール19アシストの数字を残していた。 今シーズンはブンデスリーガ24試合で3ゴール5アシストを記録していたが、チームが41年ぶりの2部降格の憂き目に遭った中で今夏の退団が決定的と見られていた。 2021.06.23 00:59 Wed
twitterfacebook
thumb

広告にアダルトコンテンツを使用…プレミア昇格ノリッジの新スポンサーに反発集まり謝罪

来季プレミアリーグに昇格するノリッジは7日、アジアでスポーツベッティングを手掛ける「BK8」とスポンサー契約を結んだことを発表した。 しかし、「BK8」がアダルトコンテンツを宣伝に使用していることをファンが見つけ、批判が殺到し対処に追われた。 イギリス『BBC』によると、この事態を受けノリッジは迅速に対応。当該投稿を削除し、「こうした投稿とマーケティングは、ノリッジ・シティのビジョンと価値観と一致していない」と声明を発表したとのことだ。 また、「BK8」側も声明を発表し謝罪している。 「懸念と問題が提起されたことを受けて、我々の過去のマーケティングによって引き起こされたいかなる違反に対しても心から謝罪したい」 「この形態のマーケティングがプレミアリーグのパートナーシップに不適切だったことを認めます」 「すぐにこの類のすべてのマーケティング資料を削除し、今後のマーケティング戦略の見直しを実施します」 『BBC』によると、プレミアリーグのスポンサーシップは近年ますます精査されている。また、昨季のプレミアリーグでは8クラブがベッティング会社がユニフォームのスポンサーに。17のクラブではピッチ周りやトレーニングキット、SNSにバートナーがいた。なお、イギリス政府は、ギャンブル関連の会社とのスポンサーシップを禁止するかどうかを検討しているとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ファンが問題視した「BK8」のSNS投稿の一部</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Norwich have named gambling company BK8 as their new main sponsor.<br><br>Their Instagram page is... interesting... <a href="https://t.co/QGJKNn3VpY">pic.twitter.com/QGJKNn3VpY</a></p>&mdash; The Second Tier (@secondtierpod) <a href="https://twitter.com/secondtierpod/status/1401902789685657606?ref_src=twsrc%5Etfw">June 7, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.09 20:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラ、チャンピオンシップMVPのブエンディアを獲得!移籍金はクラブレコードに

アストン・ビラは7日、ノリッジからアルゼンチン代表FWエミリアーノ・ブエンディア(24)を獲得したことを発表した。 ヘタフェの下部組織出身のブエンディアは2018年夏にノリッジに加入。当時チャンピオンシップ(イングランド2部)で38試合8ゴール12アシストの活躍で優勝に貢献するも、初のプレミアリーグでは36試合で1ゴール7アシストとくすぶり、チームも1年での降格の憂き目に遭った。 それでも加入3シーズン目の今季、ブエンディアは1年目をはるかに上回る活躍を披露。リーグ戦39試合で15ゴール17アシストの数字を叩き出し、年間最優秀選手にも選ばれた。そして、MVPに導かれたノリッジは2年ぶりリーグ制覇と1年での昇格を果たしていた。 ブエンディアは現在、今月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に向けたアルゼンチン代表の招集を受けており、デビューが期待されている。9日に行われるコロンビア代表戦後にメディカルチェックを済ませて、正式契約を結ぶ見込みだ。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金はクラブレコードとなる3300万ポンド(約51億2000万円)とのことだ。 2021.06.07 19:13 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly