プレミア初挑戦のルートン・タウンがプレミア222試合出場のオランダ代表GKクルルを完全移籍で獲得

2023.08.17 18:30 Thu
Getty Images
ルートン・タウンは17日、ノリッジ・シティのオランダ代表GKティム・クルル(35)を完全移籍で獲得したことを発表した。
PR
背番号は「23」に決定。自身がPK戦で活躍したブラジル・ワールドカップ(W杯)で着用していた番号をつけるという。
クルルは、ADOデン・ハーグやニューカッスルの下部組織で育ち、2008年にニューカッスルのファーストチームに昇格。カーライル・ユナイテッドやアヤックス、AZ、ブライトン&ホーヴ・アルビオンへのレンタル移籍を経験し、2017年にブライトンへ完全移籍する。

2018年7月にはノリッジへと完全移籍。キャリアのほとんどの時間をイングランドで過ごし、プレミアリーグ通算222試合、チャンピオンシップ(イングランド2部)で101試合に出場している。

オランダ代表としても15キャップを記録。2014年のブラジルW杯では準々決勝のPK戦に登場しセーブを見せてチームのベスト4進出に貢献していた。


PR
関連ニュース

橋岡がPLデビューもルートンはエメリ采配的中のビラに惜敗…【プレミアリーグ】

プレミアリーグ第27節のルートン・タウンvsアストン・ビラが2日に行われ、2-3でビラが勝利した。ルートンのDF橋岡大樹は53分からプレーしている。 ミッドウィークに行われたFAカップ5回戦でマンチェスター・シティに惨敗した18位ルートン(勝ち点20)が、4位アストン・ビラ(勝ち点52)をホームに迎えた一戦。ル-トンに今冬加入した橋岡はベンチスタートとなった。 立ち上がりから主導権を握るビラは23分、ベイリーのパスで抜け出したワトキンスがボックス中央右から侵入し決定機を作ったが、シュートはGKカミンスキの好セーブに弾かれた。 決定機を逃したビラだったが24分、直後の右CKからベイリーがクロスを供給すると、ニアサイドのワトキンスがヘディングシュートをゴール右に叩き込んだ。 先制したビラは38分にも、センターサークル内で獲得したFKからドウグラス・ルイスが素早くリスタートすると、相手DFの裏に抜け出したワトキンスがボックス中央左からゴール右隅にシュートを流し込んだ。 迎えた後半、2点を追うルートンは53分にタウンゼントを下げて橋岡を投入。すると66分、ダウティーの右CKがファーサイドで競り合った相手DFのクリアミスを誘うと、ゴール前のバークがプッシュ。これはGKエミリアーノ・マルティネスに弾かれたがこぼれ球をチョンがゴールに押し込んだ。 1点を返して勢いづくルートンは、72分にも敵陣左サイドで獲得したFKからダウティーがクロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだモリスが右足ボレーでゴールネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。 追いつかれたビラは、79分にベイリーやティーレマンス、A・モレノらを下げてディアビ、ザニオーロ、ザニオーロら4枚替えを敢行。すると89分、右サイドのディアビが供給したピンポイントクロスをファーサイドから走り込んだディーニュがヘディングで流し込み、勝ち越しに成功した。 結局、試合はそのまま2-3でタイムアップ。エメリ采配的中で劇的勝利のビラが4位を死守、橋岡のプレミアデビュー戦はFAカップに続きほろ苦いモノとなった。 2024.03.03 04:35 Sun

橋岡大樹がシティ相手に待望のデビュー! ファンは歓迎、現地では及第点の評価

ルートン・タウンでついにデビューを果たしたDF橋岡大樹。及第点の評価を受けている。 27日、FAカップ5回戦でルートンはホームにマンチェスター・シティを迎えた。 3連覇中のプレミアリーグ王者であり、今シーズンも優勝争いをしているシティに対し、昇格組で降格圏に沈んでいるルートンの一戦となった。 橋岡はベンチスタートとなった中、試合は力の差を見せつけられることに。開始4分にアーリング・ハーランドがゴールを奪うと、18分、40分と前半だけでハットトリックを決められてしまう。 苦しい展開となったが、ルートンも反撃。45分にジョーダン・クラークが1点を返すと、52分にもクラークがゴールを奪い、2-3と1点差に迫る。しかし、再びハーランドが覚醒。55分、58分と連続ゴールで勝負あり。圧巻の5ゴールを奪うと、最後は橋岡の目の前でマテオ・コバチッチが強烈ミドルを放ち、ゴールを奪われ、2-6で惨敗に終わった。 シント=トロイデンから今冬加入後は出番がなかった橋岡だったが、2-5となった62分から途中出場しデビューを果たした。 デビューした橋岡に対しイギリス『90min』は5点(10点満点)の評価と及第点。また、『EUROSPORT』も5点(10点満点)を与え、まずまずの評価を得ている。 <span class="paragraph-title">【動画】橋岡大樹がついにデビューし拍手で出迎え! 試合後にはハーランドとも握手</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="O3UV1-MboMg";var video_start = 443;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.28 13:05 Wed

実戦復帰グリーリッシュに苦難続く…そけい部の負傷再発

マンチェスター・シティで実戦復帰したイングランド代表MFジャック・グリーリッシュだが、負傷交代した。 シティは27日のFAカップ5回戦でルートン・タウンと対戦。アーリング・ハーランドの衝撃5発にケビン・デ・ブライネの4アシストなどで6-2と快勝した。 連覇に力強く前進したシティだが、グリーリッシュが39分にジェレミー・ドクと交代。ベンチではうなだれる姿も確認され、状態が心配されるところだ。 今季のグリーリッシュはというと、ここまで公式戦27試合に出場中だが、ケガが悩みの種に。ルートン戦はそけい部の故障から戻って初の先発だった。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ジョゼップ・グアルディオラ監督はそけい部のケガを再発させた可能性を認めたようだ。 「ドクターと話をしていないが、そけい部の痛みを訴えたようだ。とても良い状態だったが、残念ながら、またケガをしてしまった」 「彼にとって、タフなシーズンになっている。しっかりと治さないといけないし、復帰したら、我々の助けになってくれるだろう」 ポジション争いでも新加入のジェレミー・ドクに押され気味のなか、再離脱濃厚なグリーリッシュ。最終盤に差しかかる今季中に10番を再び見られるか。 2024.02.28 12:35 Wed

衝撃5発のハーランド「これから、これから」 4アシストのデ・ブライネと「一緒にプレーするのは喜び」

マンチェスター・シティのゴールゲッターが大暴れだ。 シティは27日のFAカップ5回戦でルートン・タウンと対戦。ルートンでは今冬加入の日本代表DF橋岡大樹がついに公式戦デビューを果たした一戦だったが、6-2とシティ快勝で幕を下ろした。 ハーランドは1人だけで5発の圧巻パフォーマンス。シティでは通算2度目の1試合5ゴールで、2023年3月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のRBライプツィヒ戦以来だ。 イギリス『BBC』によると、23歳FWは試合後の『ITV』で「僕らはプランを立て、誰もがそれを完璧にやった。全員がうまくプレーしたよ」と大満足の様子だった。 そんなハーランドの活躍ぶりを語る上で見逃せないのはベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの4アシスト。ハーランドも共鳴し合う関係性だと述べている。 「ケビン・デ・ブライネは偉大だ。彼は自分のベストを尽くしてくれる。一緒にプレーするのは喜びさ」 「それぞれ何を求めているのかわかり合っている。彼は賢い選手だし、僕は一緒にプレーするのが好きだ」 そして、話題は自身の状態にもおよび、「ベストの状態に戻りつつある。ようやく調子が上がってきているよ」と語った。 「素晴らしい気分さ。これから、これから。エキサイティングな時間だ。アタックする準備は万端だよ」 2024.02.28 11:25 Wed

ハーランドの圧巻5ゴールもありFA杯勝利のシティ、グアルディオラ監督「誰もが本当に良かった」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、チームの大量得点を喜んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 27日、ルートン・タウンとのFAカップ5回戦に臨んだシティは、MFケビン・デ・ブライネやFWアーリング・ハーランドら主力を先発させると、前半からハーランドがハットトリックを達成するなど大暴れ。後半にもハーランドは止まらず2ゴールを記録すると、MFマテオ・コバチッチにもゴールが生まれ終わってみれば6-2の大勝となった。 FAカップ準々決勝進出を決めたグアルディオラ監督は試合後、5ゴールのハーランドに脱帽。デ・ブライネとのコンビネーションがチームを別次元に連れて行ってくれると称えた。 「何と言えば良いか…誰もが本当に本当に良かったと思う。選手たちは完璧なプレー、完璧な試合をしてくれた。アーリングはこの試合に燃えており、ケビンとのコンビは完璧だっただろう。相手の後方には、多くのスペースがあった。 「本当に良い試合ができたと思う。厳しい状況の中での試合だったが、我々は準々決勝進出を決めることができた」 「ハーランドとデ・ブライネが今日のようなプレーをすれば、チームが新たなレベルに到達するのは間違いない。彼らには結びつきがあるのだ。アーリングにはケビンが必要であり、ケビンもアーリングの動きを必要としている」 2024.02.28 10:25 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly