アル・ガラファがセスクに関心! 実現すればチャビ監督&カソルラとの元同僚対決も

2020.07.29 16:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(33)に対して、カタールのアル・ガラファが関心を示しているようだ。『フランス・フットボール』が報じている。2019年1月にチェルシーからモナコに加入したセスクは、今シーズンの公式戦22試合3アシストの数字を残すなど、主力としてプレー。クラブとの現行契約が2022年まで残っていることもあり、同地での暮らしに満足する家族を含め、現時点では来シーズンも残留の意向を示している。

その一方で、モナコの新スポーツ・ディレクターに就任したポールミッチェル氏は、今夏のチーム刷新を目指しており、週給13万ポンド(約1760万円)の高給を受け取っているベテランMFの放出も考慮しているという。

現在、そのセスクに関心を示しているのが、アル・ガラファだという。過去に元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル、元ブラジル代表MFのゼ・ロベルトジュニーニョ・ペルナンブカーノらが在籍したクラブは、新司令塔として元スペイン代表MFの獲得に興味を持っているようだ。

なお、カタールリーグでは先日にチャビ・エルナンデス監督率いるアル・サッドに元スペイン代表MFサンティ・カソルラが加入しており、セスクの加入が実現した場合、ラ・ロハの元同僚同士によるマッチアップも期待される。
コメント
関連ニュース
thumb

ファルカオのFKは必見 モナコ時代に右足一本でチームを勝利に導く【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ガラタサライのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオがモナコ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ストライカー、ファルカオの高精度FK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWcGl2R0t0TCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ボックス内で真価を発揮するファルカオだが、その右足のキックの精度にも定評があり、直接FKからもゴールを奪うことができる。2017年4月15日に行われたリーグ・アン第33節のディジョン戦では、見事なキックを見せている。 0-1と1点ビハインドの61分にファルカオが投入されると、69分に得たFKはバーを叩くも、MFナビル・ディラールが押し込みこれで同点とすると、81分にはゴール正面やや左からのFKを、相手GKの逆を突いてゴール右隅へと突き刺し、その右足でチームを逆転に導いた。 トルコでの2シーズン目を迎えているファルカオだが、今季ここまでリーグ戦6試合に出場し5ゴールを記録。変わらぬ決定力を見せている。 2020.10.27 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコでハメスが神童マルシャルに送った絶妙な溜めからのアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はエバートンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがモナコで記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ハメスが若きマルシャルに送ったアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNaUxoYmJpUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国コロンビアでのデビューを経て、ポルトで頭角を現したハメス。その後モナコに加入し活躍を見せると、レアル・マドリーに引き抜かれ、ステップアップを果たした。 モナコで過ごした1シーズンでは公式戦38試合で10ゴール14アシストを記録したハメスだが、2013年12月14日に行われたリーグ・アン第18節ギャンガン戦では、好アシストを見せている。 開始早々の5分、相手の最終ラインでパスが乱れるとハメスがすかさずボールを奪取する。ボックス手前まで進み、プレスに来る相手をいなしながら溜めを作ると、スペースを得ていたFWアントニー・マルシャルにスルーパス。これを受けたマルシャルがニアポストにパンチのあるシュートを沈め、先制ゴールとなった。 開始早々のゴールで主導権を握ったモナコは、前半のうちにもう1点奪い、そのまま2-0で勝利している。 2020.10.19 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

モナコ時代のムバッペとファルカオが見せた鮮やかなコンビプレー【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はガラタサライのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオがモナコ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ムバッペからファルカオへ!2人のエースが見せた華麗な連携<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqbnRVemZZWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ポルトで頭角を現したファルカオは、アトレティコ・マドリーでブレイク。その後モナコに引き抜かれ、レンタルでマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーなどでもプレーした。 典型的なストライカーとしてゴール前で絶対的な存在感を示すことができるファルカオだが、2017年5月14日に行われたリーグ・アン第37節のリール戦では、チームメイトとの連携から素晴らしいゴールを決めている。 2-0とモナコリードで迎えた69分、敵陣中央までボールを運んだMFトマ・レマルが右サイドを走るFWキリアン・ムバッペに浮き球のパスを上げる。ムバッペがこれをダイレクトで中央のファルカオに折り返すと、柔らかいクロスをファルカオが左足でミートし、華麗なパスワークから追加点を奪った。 この後も攻撃を続けたモナコはさらにもう1点を加え、4-0で勝利している。 2020.10.17 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

若き日のリーセがモナコで決めた矢のような超弾丸ロングシュート!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ノルウェー代表DFヨン・アルネ・リーセ氏がモナコ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆若き日のリーセが決めた豪快な超ロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhVXVFczZNdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国でのデビューを経てモナコに渡ったリーセ氏は、同クラブでブレイク。2001年にリバプールへの移籍を掴み取り、2004-05シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝メンバーになるなど活躍を見せた。 DFながら左足から放たれる破壊的な威力のシュートでしばしば相手の脅威となったリーセ氏だが、2000年2月16日のリーグ・アン第26節、ボルドー戦でも強烈なロングシュートを決めている。 膠着状態のまま推移した試合は0-0のまま試合終盤を迎えるが、83分に試合が動く。相手のクリアボールを味方が落としてリーセが拾うと、相手陣内中央手前の位置からいきなりロングシュートを放つ。 左足から放たれた強烈な一撃はみるみる加速すると、そのままゴール右上の完璧なコースに決まりゴールイン。予想だにしない状況から先制ゴールが生まれた。 このゴールが決勝点となりモナコが1-0で勝利。ちなみにこのゴールはリーセにとってはプロになってから2ゴール目となる得点だった。 2020.10.16 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モナコオーナーが支援求める少年からの手紙に応える! 地元スタジアムの修繕費用を寄付!

モナコのオーナーであるドミトリー・リボロフレフ氏が子供たちからの手紙を受けて、フランス南東部サン=マルタン=ヴェジュビーのスタジアムの修繕費用を寄付した。フランス『France Bleu Azur』が伝えている。 『France Bleu Azur』によると、数週間前にフランスでは暴風雨による甚大な被害が出ており、サン=マルタン=ヴェジュビーのスタジアムも大きな損傷を負ったという。 そういった中、地元に住む11歳の双子の兄弟はモナコのアカデミーが毎年プレシーズンのトレーニングを行っている縁もあり、リボロフレフ氏に対してスタジアム修繕に向けた協力を求める手紙を送っていた。 これを受けて、同氏は25万ユーロ(約3100万円)を寄付することを決断。さらに、現時点でプランは未定もスタジアム修繕に向けて金銭的な支援を続けていく意向を明らかにした。 「私は今、市のサッカー場の再建に参加するために財政的な貢献をすることを決めた。ただ、今回の自然災害による甚大な被害のため、現在のところ具体的な計画を立てることはできない」 2020.10.14 14:00 Wed
twitterfacebook