ベルバトフ、過去に擁護もベイルに愛想をつかす 「プロの行いではない」

2020.07.16 20:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ブルガリア代表FWのディミタール・ベルバトフ氏がレアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイルに苦言を呈した。

近年、クラブ内で不良債権化しているベイルは、選手、クラブ共に公の場では関係に問題がないことを強調しているものの、両者の関係は完全に冷え切っている。

◆C・ロナウドとベイルの超高速カウンター!

そういった中、今月10日に行われたラ・リーガ第35節のアラベス戦では最後までベンチを温めた末、試合中にマスクを目に当て居眠りのポーズ。さらに、翌節のグラナダ戦では両手で双眼鏡を作って周囲を見渡すジェスチャーを行い、単なる悪ふざけなのか、ジネディーヌ・ジダン監督への当てつけなのかは不明だが、リーグ優勝に向けて一丸となっているチームに水を差す行動が物議を醸している。

そのベイルに関して、以前はマドリーで正当な評価を受けていないと擁護派だったベルバトフ氏だが、一連の大人気ない行動を見てその考えを改めたようだ。同氏はイギリス『Betfair』に連載中のコラム内でトッテナムの後輩に対して苦言を呈している。

「ガレス・ベイルが先日のグラナダ戦においてスタンドで眠ったふりをして再び話題を集めたという話を聞き信じられなかった。ただ、あの行為に関して擁護はできない。あれはプロフェッショナルの行いではなく、レアル・マドリーに対しても敬意を欠く行為だ」

「私はベイルのプレーを見るのが好きだ。私自身も同じような経験をしてきたから、彼がプレーできない辛さは理解できる。だが、ああいった類の反応はやりすぎだ」

「マドリーはベイルに関して解決策を見つける必要がある。現状はベイルにとってもチームにとっても適切とは言えないし、悪評を買う。彼の痛みは理解できる。恐らく、彼がプレーできない状況に対する明確な答えも与えられていないのかもしれない。それがああいった挑発行為に繋がってると思うが、それでも彼の行動は支持できない」

また、ベルバトフ氏はベイルとマドリーの唯一の解決策は同選手がクラブを離れることだと主張している。

「唯一の解決策はベイルがレアル・マドリーを去ることだ。仮に私がレアル・マドリーのファンで、あのようなチームを軽視する選手を見れば、許せないと思う」

「たとえローン移籍であったとしても、ベイルはクラブに対して解決策を求めるべきだ。一連の行為は間違った形での力の誇示だ。もしも彼が『俺をプレーさせないと、好き勝手やる』と言っていたのであれば、個人的に同意できない」
コメント
関連ニュース
thumb

【CLプレビュー】シティとマドリーの優勝候補同士によるリスボン行きを懸けた運命の第2戦《マンチェスター・シティvsレアル・マドリー》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグ、マンチェスター・シティvsレアル・マドリーが日本時間7日28:00にシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムでキックオフされる。優勝候補同士によるリスボン行きを懸けた運命の第2戦だ。 今年2月26日に行われたサンティアゴ・ベルナベウでの1stレグは、MFイスコのゴールでマドリーが後半序盤に先制も、追いすがるシティが78分にFWガブリエウ・ジェズス、直後の83分にMFデ・ブライネのPKによるゴールが決まって逆転に成功。その後、DFセルヒオ・ラモスが一発退場となったホームチームの反撃をしのぎ切って2-1のスコアで先勝した。 新型コロナウイルスの影響でその初戦後、約4カ月間の活動中断を余儀なくされたシティは、アーセナル相手の痛恨の敗戦でFAカップ連覇を逃したものの、プレミアリーグでは優勝をさらわれたリバプール相手に4-0の大勝を飾るなど、好調を維持。5連勝という上々の形で今季のリーグ戦を締めくくった。また、1stレグ開催時にはFFP違反によって2年間のUEFA主催試合出場停止処分が科されていたが、先月にCASによる処分撤回の決定が下され、来季以降のCL出場が認められるという最高の知らせが舞い込んだ。すでに新シーズンに向けて積極補強に動いている中、心身共に良い状態で悲願のCL制覇に向けた道を突き進む。 一方、ホームでの初戦を落としたマドリーだが、再開後のラ・リーガでは10勝1分けという圧巻の強さをみせ、宿敵バルセロナから3シーズンぶりに覇権を奪還。この中断期間にFWアセンシオやMFアザールら主力の戦列復帰が相次ぎ、対戦相手のシティ以上に盤石の状態で今回の一戦に臨めるはずだ。 なお、新型コロナウイルスの影響で中立地開催の可能性もあったこのカードだが、最終的にはホーム&アウェイの公平性を重視し、シティホームでの無観客開催が認められた。ただ、大幅なレギュレーション変更に伴い、準々決勝以降はポルトガルのリスボンでの一発勝負のトーナメント形式に変更されており、この試合の勝者がリスボン行きの切符を掴むことになる。そして、準々決勝の対戦相手は同日行われるユベントスvsリヨンの勝者となる。 勝ち上がりの条件はシティが引き分け以上で文句なし。さらに、アウェイゴール2つを奪っており、0-1の敗戦でも突破が決まる。対するマドリーは2点差以上を付けての勝利か、3点以上を奪っての1点差の勝利が必須だ。マドリーが2-1で勝利した場合のみ、延長戦に突入する。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・シティ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200806_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:エデルソン DF:ウォーカー、フェルナンジーニョ、ラポルテ、カンセロ MF:デ・ブライネ、ロドリ、ギュンドアン FW:マフレズ、ガブリエウ・ジェズス、スターリング 負傷者:FWアグエロ 出場停止者:DFメンディ 累積警告によりメンディが起用できない。負傷者に関してはヒザを手術したアグエロが欠場となる。 スタメンの注目ポイントはメンディが不在となる左サイドバックの人選。ジンチェンコの起用も考えられるが、カンセロの起用が有力視されている。また、攻守両面で質と量を計算してくれるベルナルド・シウバが右ウイング、あるいはインサイドMFに配置される可能性も考えられる。なお、前回対戦ではベルナルド・シウバを最前線、デ・ブライネをトップ下に置く[4-4-1-1]の奇策に出たが、今回は本来の[4-3-3]で臨むはずだ。 <div style="text-align:center;">◆レアル・マドリー◆ 【4-3-3】</div> ▽レアル・マドリー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200806_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:クルトワ DF:カルバハル、ミリトン、ヴァラン、F・メンディ MF:モドリッチ、カゼミロ、クロース FW:アセンシオ、ベンゼマ、アザール 負傷者:DFマルセロ、FWマリアーノ 出場停止者:DFセルヒオ・ラモス 1stレグで退場したセルヒオ・ラモスが出場停止となる。また、事前の検査で新型コロナウイルス陽性反応が確認されたマリアーノ、自らプレーを拒否したベイルも招集外となっている。その一方で、軽傷を抱えるマルセロはメンバー入りを果たしている。 欠場するカピタンの代役はミリトンが務め、ヴァランが左センターバックにスライドする形となる。中盤に関してはバルベルデ起用の可能性もあるが、百戦錬磨の3選手の起用が濃厚だ。両ウイングの人選に関してはイングランド初凱旋のアザール、アセンシオのコンビを予想するが、左にヴィニシウス、右にロドリゴ、あるいはイスコの前線起用の可能性も十分にありそうだ。 ★注目選手 ◆マンチェスター・シティ:MFケビン・デ・ブライネ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200806_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> シティの注目プレーヤーはシチズンズの絶対的司令塔だ。今シーズン、2位に甘んじたプレミアリーグにおいて個人として圧巻の輝きを放ったデ・ブライネは、キャリアハイの13ゴールに加え、ティエリ・アンリ以来の1シーズン20アシストという偉大な記録を残した。 今季のCLでは5試合1ゴール2アシストと活躍は限定的も、マドリーとの前回対戦では1ゴール1アシストの活躍でチームを逆転勝利に導いている。前回対戦に比べて相手が前がかりな戦いを見せてくれる中、ゲームを落ち着かせる仕事、カウンターの起点となる仕事がまず一番に求められる。また、今季のラ・リーガでサモラ賞を獲得した同胞GKクルトワを相手に、リーグ再開以降磨きがかかるプレースキックでゴールをこじ開けたい。 ◆レアル・マドリー:FWカリム・ベンゼマ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200806_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> マドリーの注目プレーヤーはエルブランコのエースストライカーだ。今季のラ・リーガでは両翼の相棒が頻繁に変わる中、チーム最多の36試合に出場し、いずれも最多の21ゴール8アシストと、まさにエースの仕事で3季ぶりのリーグ制覇に導いた元フランス代表FW。 今季のCLではグループステージのガラタサライ戦、パリ・サンジェルマン戦で2試合連続マルチゴールを記録も、7戦4ゴールとやや調子に波がある印象だ。前回対戦でもイスコとヴィニシウスの両翼が存在感を放った一方、やや存在感を欠く一戦となっており、逆転突破に向けて最低2点以上が必要な状況の中ではラ・リーガ同様にエースとしての仕事が求められる。 2020.08.07 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

いざレアルとのCLリターンレグへ! ギュンドアンが語る突破のポイントとは?

マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンがチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16突破のポイントを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 2月26日に敵地サンティアゴ・ベルナベウで行われたCLラウンド16・1stレグでレアル・マドリーに2-1の逆転勝利を収めたシティ。8月7日に本拠地エティハド・スタジアムでリターンレグに臨む。 ギュンドアンは勝ち方を知る最多優勝クラブを退けるために相手チームの分析よりも自クラブが最大限に力を発揮する準備の方が大事だと語っている。 「マドリーに対しての準備は考えていない。ベルナベウで行われた1stレグのようなパフォーマンスをすれば良いだけ」 「僕たちがすべきなのは自分たちを見つめ直すことだけだ。このラウンドを突破するためのクオリティを示して、良いパフォーマンスを披露できれば、それだけで十分なモチベーションになる」 「もちろん、準備して分析することは間違いないが、彼らの状況を考慮したくない。僕はただ集中力を高めて、勝つためのメンタリティを持って試合に入りたい」 2020.08.07 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ロドリ、CL制しての加入初年度締めくくりを狙う! 「最後まで戦い抜く」

マンチェスター・シティに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスが加入初年度の今シーズンを振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 昨夏にアトレティコ・マドリーから加入したロドリは、プレミアリーグ35試合に出場して3得点2アシストを記録。ブラジル代表GKエデルソンとベルギー代表MFケビン・デ・ブライネに並び、クラブ内で最多タイの出場を果たしたほか、最多タックル数と2位のパス本数を叩き出して、印象的なシーズンを過ごした。 そのロドリは7日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのレアル・マドリー戦の前日会見で、今シーズンに満足感を示すとともに、シティでの歴史に名を刻むことを目指していると語った。 「学びや経験を積み、成長できて、素晴らしい1年だった。僕は素晴らしいチームにいる。将来を見据えた上でも、やってきたことに満足しているよ」 「僕はチームを誇りに思っているけど、これから数年でとても素晴らしいことをしたいと思っているんだ。僕たちは学び続けて成長を続けなければならないね」 「マンチェスター・シティの一部になることは簡単じゃないけど、夢さ。ここに来てからの僕の目標は全ての大会で優勝することだった。今シーズンはその1つが残っている」 「僕たちはすでに2つの大会(コミュニティーシールドとEFLカップ)を制覇している。CLを勝ち取って、素晴らしいシーズンにしたい。チームとしてはまだ勝っていない大会だ」 「夢だよ。これまで何年も近いところまでいった。CL制覇が僕たちの最大の目標だ。一瞬一瞬を最後まで戦い抜く」 2020.08.07 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴール不可避!ジダンがオールド・トラフォードで沈めた高速FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がユベントス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ジダンがオールド・トラフォードで沈めた高速FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuNm1UallmaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> カンヌでのデビュー後、ボルドーで頭角を現したジダン氏は、1996年から、レアル・マドリーへと移籍する2001年までユベントスでトップ下として活躍。在籍5年で公式戦212試合に出場し31ゴール36アシストを記録している。 いくつもの名ゴールを決めているジダン氏だが、1997年10月1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦では見事なFKからゴールを奪っている。 3-1と2点ビハインドで迎えた試合終了間際の90分、ユベントスはゴール正面やや左、ボックス際でFKのチャンスを獲得する。 ゴールまでの距離が近すぎるように思えたものの、ジダンは短めの助走から右足をしっかりと振り抜くと、スピードのあるシュートをゴール左に突き刺した。 スピードもあるシュートには、相手GKピーター・シュマイケルも反応できず。悔しさを露わにしていた。 2020.08.07 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

CLマドリー戦に“準備万端” ペップ「歴史を作りたい」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がチャンピオンズリーグ(CL)ベスト8進出に向け、“準備万端”だと語った。クラブ公式サイトが伝えている。 2月26日に敵地で行われたCLラウンド16・1stレグのマドリー戦で2-1の先勝を収めたシティ。8月7日に本拠地エティハド・スタジアムでリターンレグを迎える。 グアルディオラ監督は出席した前日会見で「明日の試合に臨む準備はできている。良いパフォーマンスをして、試合に勝てる」と語ると、自信をみなぎらせた。 「我々は歴史を作りたいんだ。紛れもなくこの大会で優勝したい。そのためにはマドリーのようなチームに勝たなければならない。明日も次のラウンドも勝っていかなければ」 また、ケガで離脱が続くアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロについても言及。ベスト8以降の出場に関して、微妙な状況だと認めた。 「今はわからない。彼はバルセロナにいる。良くなってきているみたいだ。ドクターと話をして、我々の思い通りに進んでいる。うまくいけば戻ってこられるが、今は見当がつかない」 2020.08.07 10:50 Fri
twitterfacebook