100億超えのC・ロナウドが最も稼いだサッカー選手に! トップ10にJリーガーも

2020.06.03 15:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、世界で最も稼いだフットボーラーのトップに立っている。アメリカ『フォーブス』の情報をもとに、イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている。報道によれば、C・ロナウドの収入は1億500万ドル(約113億円)とのことで、長年のライバルであるバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにわずか100万ドルの差をつけ、トップに立っている。

なお、アスリート全体でみると、C・ロナウドの収入は世界2位であり、1位は男子プロテニスプレーヤーのロジャー・フェデラーの1億6300万ドル(約176億円)となっている。

また、パリ・サンジェルマン(PSG)のネイマールが9,550万ドル(約103億円)でサッカー界で3位となり、アスリート全体でみても世界で4番目の高給取りに。サッカー界4位のFWモハメド・サラー(リバプール)が3510万ドル(約38億円)のため、上位3人が抜け出していることがわかる。

その他のフットボーラーのランキング上位を見てみると、PSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペやヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタなどが名を連ねた。

◆世界で最も稼いだサッカー選手
1位:クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス) 1億500万ドル/約113億円
2位:リオネル・メッシ(バルセロナ) 1億400万ドル/約112億円
3位:ネイマール(PSG) 9550万ドル/約103億円
4位:モハメド・サラー(リバプール) 3510万ドル/約38億円
5位:キリアン・ムバッペ(PSG) 3380万ドル/約37億円
6位:アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸) 2960万ドル/約32億円
7位:メスト・エジル(アーセナル) 2870万ドル/約31億円
8位:ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) 2850万ドル/約31億円
9位:オスカル(上海上港) 2750万ドル/約30億円
10位:アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ) 2670万ドル/約29億円

関連ニュース
thumb

不調ユーベ攻撃陣を牽引するミリク、マッカビ・ハイファ戦欠場か

ユベントスのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが4日午前のトレーニングに参加しなかったようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 同メディアによればミリクは筋肉に疲労があったようでジムでの調整のみにとどめたとのことだ。ユベントスは5日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節マッカビ・ハイファ戦を控えるが、ミリクが出場できるかは、この後行われるマッシミリアーノ・アッレグリ監督の前日会見で明かされる模様だ。 今夏、マルセイユからレンタルで加入したミリクは早くも4ゴールをマーク。不振のユベントスの中で印象的な活躍を見せており、2連敗スタートとなったCLでは欠かせない戦力となる。 2022.10.04 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

CLでイスラエル王者と対戦のユーベ、相手選手17人が試合直前まで断食

ユベントスがチャンピオンズリーグ(CL)で対戦するマッカビ・ハイファの複数の選手らは、試合直前まで断食を行う。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 近年まれに見る不振に陥っているユベントス。直近の国内リーグ戦こそ勝利したものの、CLではここまで2連敗を喫しており、5日にホームで行われるグループH第3節のマッカビ・ハイファ戦では是が非でも白星を手に入れたいところだ。 そんなイスラエル王者、マッカビ・ハイファに所属する27人の選手のうち17人がユダヤ教を信仰する自国の選手で、10月4日の夕方から翌5日の夕方にかけて「ヨム・キプル」または「贖罪の日」と呼ばれる断食に入るという。 試合のキックオフは現地時間の5日夜であることから、イタリア遠征に参加するマッカビ・ハイファのイスラエル人選手たちは試合直前までの24時間、飲食を禁じられた状態でユベントス戦に臨むことになるようだ。 2022.10.04 21:42 Tue
twitterfacebook
thumb

イグアイン引退をナポリは完全に「無視」… ユーベ移籍の遺恨は未だ晴れず

現役引退を発表した元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(34)に対する各クラブの反応が異なっている。 所属するメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミから今季限りでの引退が発表されたイグアイン。リーベル・プレートから19歳でレアル・マドリーへと移籍し、その後はナポリ、ユベントス、ミラン、チェルシーといったビッグクラブを渡り歩いた。 イグアインの突然の引退には、かつて在籍したユベントスが公式SNSで過去のゴールを振り返ったほか、マドリー時代に師事したジョゼ・モウリーニョ監督(現ローマ)が惜別のメッセージを送るなど、一時代を築いたストライカーに歴代のクラブや関係者から労いの言葉が贈られている。 そんななか、ナポリはこれらの動きを完全にスルー。イグアインは2013年夏に加入したナポリでセリエA得点王に輝いたほか、3年間で通算91得点を挙げるなど絶対的エースとして君臨したが、2016年夏のユベントス移籍に憤ったファンからは大きな反発を呼んでいた。 こういった事情もあってか、ナポリはイグアインの現役引退を「無視」。ライバルクラブへと去った元エースに対する遺恨は6年経っても消えていないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】インテル戦でゴールを決めたユベントス時代のイグアイン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Grazie di tutto, Pipa <a href="https://t.co/rN6LpNgFnd">pic.twitter.com/rN6LpNgFnd</a></p>&mdash; JuventusFC (@juventusfc) <a href="https://twitter.com/juventusfc/status/1577008106889936913?ref_src=twsrc%5Etfw">October 3, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.04 20:26 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバ、予想以上のペースで回復進む! 1カ月以内で戦線復帰か

ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバが着々と戦線復帰に近づいているようだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 ポグバは今季開幕前に右ヒザ外側半月板を負傷し、戦線離脱を余儀なくされた。完治させるには手術を受けなければならなかったが、当初はカタール・ワールドカップの出場を見越して、早期復帰が見込める保存療法を選んだ。 だが、回復が思わしくなく、予定を変更して9月初旬に手術を実施。『スカイ』が8週間の離脱と予想する一方で、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は「現実的に来年1月の復帰になるだろう」と、フランス代表MFがW杯行きを断念せざるを得ない状況であることを示唆した。 しかし、同メディアが伝えた最新の情報では、予想以上のペースで完治に向かっているようで、3日にはリハビリをスタートさせたとのこと。今後1カ月以内の戦線復帰が期待されているという。 2022.10.04 19:50 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーがストライカー陣に大補強施す? マルティネッリ&ヴラホビッチにも関心

チェルシーが前線の強化を目論んでいるようだ。 チェルシーはここ数日、RBライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)を来夏に獲得するのではと話題に。メディカルチェックはすでに完了したとも報じられるが、グレアム・ポッター監督はエンクンク以外のアタッカーも欲しているという。 イギリス『サン』によると、その選手とはユベントスのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(22)とアーセナルのブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ(21)。ともに若くしてそれぞれのチームで攻撃をけん引し、ヴラホビッチについてはユベントスが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃せば獲得の見込みもあると考えられている。 チェルシーは今夏、トーマス・トゥヘル前監督のチームに補強資金として2億7500万ポンド(約452億円)もの大金を投下。トッド・ベーリー会長はポッター現政権にも同じぐらいの支援をする見込みだという。 なお、ポッター監督の古巣ブライトン&ホーヴ・アルビオンからエクアドル代表MFモイセス・カイセド(20)を引き抜く可能性や、38歳となった最終ラインのリーダー、DFチアゴ・シウバの代わりにインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)を据えるプランも残されているとのことだ。 2022.10.04 16:17 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly