100億超えのC・ロナウドが最も稼いだサッカー選手に! トップ10にJリーガーも

2020.06.03 15:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、世界で最も稼いだフットボーラーのトップに立っている。アメリカ『フォーブス』の情報をもとに、イギリス『SPORTBIBLE』が伝えている。報道によれば、C・ロナウドの収入は1億500万ドル(約113億円)とのことで、長年のライバルであるバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにわずか100万ドルの差をつけ、トップに立っている。

なお、アスリート全体でみると、C・ロナウドの収入は世界2位であり、1位は男子プロテニスプレーヤーのロジャー・フェデラーの1億6300万ドル(約176億円)となっている。

また、パリ・サンジェルマン(PSG)のネイマールが9,550万ドル(約103億円)でサッカー界で3位となり、アスリート全体でみても世界で4番目の高給取りに。サッカー界4位のFWモハメド・サラー(リバプール)が3510万ドル(約38億円)のため、上位3人が抜け出していることがわかる。

その他のフットボーラーのランキング上位を見てみると、PSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペやヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタなどが名を連ねた。

◆世界で最も稼いだサッカー選手
1位:クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス) 1億500万ドル/約113億円
2位:リオネル・メッシ(バルセロナ) 1億400万ドル/約112億円
3位:ネイマール(PSG) 9550万ドル/約103億円
4位:モハメド・サラー(リバプール) 3510万ドル/約38億円
5位:キリアン・ムバッペ(PSG) 3380万ドル/約37億円
6位:アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸) 2960万ドル/約32億円
7位:メスト・エジル(アーセナル) 2870万ドル/約31億円
8位:ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) 2850万ドル/約31億円
9位:オスカル(上海上港) 2750万ドル/約30億円
10位:アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ) 2670万ドル/約29億円

関連ニュース
thumb

ポグバとキエーザが約1カ月後に復帰か

ユベントスの主力2選手の復帰が迫っているようだ。イタリア『トゥットスポルト』によれば、フランス代表MFポール・ポグバとイタリア代表FWフェデリコ・キエーザが約1カ月後に復帰するようだ。 ポグバは今季開幕前のプレシーズン中に右ヒザ半月板を負傷し、ユベントス再デビューを果たせていない状況にある。一方、キエーザは今年1月に左ヒザ前十字靭帯を断裂。長期離脱を強いられている。 ただ、『トゥットスポルト』によれば、両選手共に10月25日のチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節ベンフィカ戦での復帰を目指しているとのことだ。 ユベントスは今季、セリエAで2勝4分け1敗、チャンピオンズリーグ2連敗スタートと大きく躓いており、両選手の早期復帰が待たれる状況となっている。 2022.09.25 23:50 Sun
twitterfacebook
thumb

不振ユベントスに追い打ち、新星ミレッティが負傷で代表離脱

ユベントスのU-21イタリア代表MFファビオ・ミレッティが足首を負傷したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 U-21イタリア代表に合流していたミレッティは24日のトレーニング中に右足首を負傷したとのことで、既に代表チームを離れ、トリノに戻っているとのことだ。 全治に関しては今後の検査次第で明かされていないが、不振にあえぐユベントスの中で希望の光となっている存在であるミレッティの負傷離脱は、もがき苦しむビアンコネロに更なる追い打ちを与えることになりそうだ。 2022.09.25 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

マルキジオ、ユベントス不振の原因は…

ユベントスのレジェンドであるクラウディオ・マルキジオ氏が不振に喘ぐ古巣に対して言及した。 ユベントスは今季、セリエAで2勝4分け1敗、チャンピオンズリーグでは2連敗スタートと大きく躓いた。 そのユベントスの不振の要因についてマルキジオ氏は次のように言及した。 「チームが本当に団結していれば監督やフロントはあまり重要ではないかもしれない。グループがしっかりしていれば選手たちで危機を抜け出す鍵を見つけることができる。パフォーマンスが悪くても困難を抜け出すことができる、それがユベントスのDNAだ。団結したグループがあれば困難を終わらせることができる」 今季、ユベントスはDFレオナルド・ボヌッチが主将を務めるが、昨季まで在籍していたDFジョルジョ・キエッリーニや一昨季まで在籍していたGKジャンルイジ・ブッフォンら、ロッカールームでチームを牽引する存在が現在のユベントスには不在だと示唆している様子だった。 2022.09.25 00:00 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル&ローマが来夏フリーのクアドラードに関心

来夏にユベントスとの契約満了を迎えるコロンビア代表MFフアン・クアドラード(34)にインテルとローマが関心を示しているようだ。イタリア『Repubblica Sport』が報じている。 今季終了後にユベントスとの契約が切れるクアドラードだが、クラブは500万ユーロ(約7億円)という現状の年俸を継続させることを渋っており、延長に動かない可能性もあるという。 そのクアドラードには、ユベントスのライバルであるインテルとローマが興味を示しており、今季終了後にフリーでの獲得を目論んでいるとイタリア『Repubblica Sport』は伝えている。 2015年2月にチェルシーから加入し、現在まで公式戦275試合24ゴール61アシストを記録しているクアドラードだが、今夏にフリーでローマへ移籍したFWパウロ・ディバラに続き、ライバルクラブへフリーで移籍することになるのだろうか。 2022.09.24 23:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ラビオが来夏、フリーでPSG復帰か

ユベントスのフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)が来夏、フリーで古巣パリ・サンジェルマン(PSG)に復帰する可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今季終了後にユベントスとの契約が切れるラビオは今夏、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が2000万ユーロでクラブ間合意に達していたと報じられていた。 しかし代理人を務める母親のヴェロニクさんが最終的に移籍を拒否し、ユベントス残留に至ったと伝えられている。 そのラビオに対し、PSGが今季終了後に獲得する意向があり、話し合いを行う方向であると『カルチョメルカート』は伝えている。 2019年夏にフリーでPSGからユベントスに加入したラビオだが、今度は古巣へ移籍金なしで出戻りという形になるのだろうか。 2022.09.24 23:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly