シュバイニーが新たな挑戦に向かうゲッツェを激励!

2020.05.25 14:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ドイツ代表MFのバスティアン・シュバインシュタイガー氏がドイツ『ARD』を介して、ドルトムントの同代表MFマリオ・ゲッツェ(27)を激励した。ドイツ『Sport1』が報じている。今季限りでドルトムントとの契約失効となり、今夏の退団報道が加熱したゲッツェ。ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が23日にドイツ『スカイ』で、今夏の退団を正式に認めた。

2016年にドルトムント復帰して以降、代謝異常のトラブルを抱えるなどもあり、苦しみ続けた末に退団が決まったゲッツェだが、バイエルンや代表で共闘したシュバインシュタイガー氏は新天地での成功を願っている。

「すごくすごく残念だと思う。若い頃のマリオ・ゲッツェが素晴らしい才能の持ち主だったのは誰もが知っている。今の年齢は27、28だが、フットボール界だと最高の時期だ。欧州のベストクラブである必要はないが、彼がプレーできるクラブを見つけてほしいと思っている」

かつての戦友からそう温かい声をもらったゲッツェは新天地として、国外を希望しているといわれる。2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で優勝に導く決勝ゴールを決めた、かつてのような輝きを取り戻せるか。
コメント
関連ニュース
thumb

女性審判員の先駆け、シュタインハウスさんがDFLスーパーカップを最後に12年の審判生活に幕

女性審判員として第一線で活躍を続けてきたビビアナ・シュタインハウスさん(41)が、そのキャリアに終止符を打った。ドイツサッカー連盟(DFB)が発表した。 シュタインハウスさんは、9月30日に行われたDFLスーパーカップで主審を担当。女性として、初めてドイツでタイトルが懸かった試合で主審を務め、バイエルンvsドルトムントというドイツ国内で最高のカードでは、毅然とした態度で正確なジャッジを続け、試合をコントロールしていた。 シュタインハウスさんは、12年間にわたる審判員人生で数々の偉業を成し遂げている。 2005年に国際サッカー連盟(FIFA)の審判員となったシュタインハウスさんは、2011年の女子ワールドカップ決勝や、2012年のロンドン・オリンピック決勝などで主審を務めた経験があり、2017年9月には女性として初めてブンデスリーガで主審を務めた。 今回引退を決めた理由は新型コロナウイルス(COVID-19)が大きく影響していると語っている。 「コロナの状況で、他の人と同様に私はいくつかのことを振り返り、改めて考えてみました。DFBエリートレフェリーのスポーツ・ディレクターであるルッツ・ミヒャエル・フレーリヒ氏とのとても信頼できる建設的な会話の後、レフェリーとしての国内キャリア、国際的なキャリアを終えることにしました」 なお、本職は警察官であるシュタインハウスさんだが、主審業は終えても審判員は続けるとのこと。ピッチに立つことはないが、今後はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の担当審判員になるようだ。 2020.10.01 22:47 Thu
twitterfacebook
thumb

ブライトン、ドルトムントから19歳の若手アタッカーを獲得

ブライトンは10月1日、ドルトムントからドイツ人FWレダ・カレダ(19)を獲得したことを発表した。契約内容は非公式となっている。 ドルトムントの下部組織出身のカレダ。主戦場は右ウイングだが、サイドハーフやセントラルハーフ、トップ下など幅広い経験を持つ右利きのアタッカー。昨シーズンはU-19チームで24試合に出場し2ゴールをあげた。 ブライトンでは23歳以下のリザーブチームに籍を置き、トップチームデビューを目指すことになる。 U-23のサイモン・ラスク監督は「彼は中盤でも攻撃的な役割もこなすことができる。イングランドでキャリアを積めることを楽しみにしていたよ」とコメントを残している。 2020.10.01 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

DFLスーパーカップ優勝のキミッヒが自身の決勝ゴールに「完璧ではなかった」

バイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが、ドルトムントとのDFLスーパーカップを振り返った。 前年のブンデスリーガ王者とDFBポカール王者が激突するDFLスーパーカップ。昨季は両大会ともにバイエルンが制覇したため、リーグ2位のドルトムントが挑戦権を得ることになった。 試合はバイエルンが立ち上がりからボールを握り、シュートを重ねる中、18分にMFコランタン・トリソのゴールで先制すると、32分にFWトーマス・ミュラーのゴールで加点。余裕の展開に持ち込んだかに思われたが、そこからドルトムントの反撃が始り、39分のMFユリアン・ブラント、55分のFWアーリング・ハーランドのゴールで同点に追いつく。 そんな白熱の試合に終止符を打ったのがキミッヒだった。2-2で迎えた82分、ボールを奪ったキミッヒがショートカウンターに転じ、FWロベルト・レヴァンドフスキとのパス交換からシュートに。一度はGKにセーブされるも、ルーズボールを倒れ込みながら押し込み、これが決勝点となった。 昨年11月のハンジ・フリック監督の就任以降、5つ目のタイトル獲得に貢献したキミッヒだが、試合後のインタビューで完璧なゴールではなかったと振り返った。ドイツ『キッカー』が伝えた。 「実際はボールを出すのが早過ぎた。でもレヴィが上手く戻してくれて、2度目のシュートで決めることができたんだ」 また、倒れ込みながらも泥臭く左足で押し込んだシーンについて笑みを浮かべながら「逃したくなかった」と話したキミッヒに対し、フリック監督は特別なメンタリティを持つ選手と賞賛。一方でプレーに対する溢れる過ぎる意欲に、扱い方に困っている様子だ。 「彼のことを知る限り、メンタリティは特別なものを持っている。彼はこのクラブの名に刻まれる選手の一人になるための正しい軌道に乗っているよ」 「私は彼にどのように休養を与えようか考えているのだが、彼は常にプレーしたいみたいで、なだめなければいけないんだ」 2020.10.01 15:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントに打ち勝ったバイエルンが2年ぶり8度目の勝利《DFLスーパーカップ》

DFLスーパーカップ、バイエルンvsドルトムントが9月30日に行われ、3-2でバイエルンが勝利した。 昨季のブンデスリーガとDFBポカールの王者であるバイエルンと、ブンデスリーガ2位のドルトムントによるDFLスーパーカップ。 直近のブンデスリーガでまさかの敗戦を喫した両チームの一戦。バイエルンはホッフェンハイム戦のスタメンから5選手を変更。レヴァンドフスキやジューレ、リュカらがスタメンに戻り、3トップには右からミュラー、レヴァンドフスキ、コマンと並べた。 対するドルトムントはアウグスブルク戦のスタメンから6選手を変更。ロイスやブラント、デラネイらがスタメンとなり、最前線にはハーランドが構えた。 立ち上がりからボールを握ったのはバイエルン。そして18分、バイエルンがそのまま押し切った。ロングカウンターに転じた流れからミュラーのスルーパスに抜け出したレヴァンドフスキのクロスをトリソがプッシュ。一度はGKにシュートを止められるも、ルーズボールを押し込んだ。 追う展開となったドルトムントは24分に同点のチャンス。GKノイアーのミスパスをカットした流れからボックス左に侵入したロイスがシュートに持ち込むも、ノイアーにセーブされた。 すると32分、バイエルンに追加点。左サイドからのアルフォンソ・デイビスのアーリークロスをファーサイドのミュラーがヘッドで押し込んだ。 2点差とされたドルトムントは39分に1点を返す。ショートカウンターに転じた流れからハーランドのラストパスをボックス中央で受けたブラントが確実にGKノイアーとの一対一を制した。 1-2で迎えた後半、ドルトムントが55分に追いつく。高い位置でボールを奪った流れからデラネイのスルーパスに抜け出したハーランドがGKとの一対一を制した。 さらに59分、ドルトムントに逆転のチャンス。しかし、浮き球パスに抜け出したハーランドのシュートはGKノイアーのファインセーブに阻まれる。 追いついたドルトムントはヘイニエルやレイナ、ベリンガムと若手を投入していくも、82分にバイエルンが勝ち越す。キミッヒがデラネイからボールを奪ってショートカウンターに転じ、レヴァンドフスキとのパス交換からキミッヒがシュート。一度はGKヒッツにセーブされるも、ルーズボールを倒れ込みながらも押し込んだ。 これが決勝点となってバイエルンが2年ぶり8度目のDFLスーパーカップ勝利を飾っている。 2020.10.01 05:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、サンチョ&ビュルキが呼吸器感染症に見舞われスーパー杯欠場

30日に控えるDFLスーパーカップだが、互いに主力選手を欠いて臨むことになりそうだ。 前年シーズンのブンデスリーガの優勝クラブとDFBポカールの優勝クラブが激突するDFLスーパーカップ。昨シーズンは両大会ともバイエルンが制覇したため、リーグ2位のドルトムントが対象となり、2年連続の同一カードが実現した。 だがドルトムントは、やや不利な状況でこの一戦に臨むことになるようだ。公式発表によると、イングランド代表FWジェイドン・サンチョとスイス代表GKロマン・ビュルキが呼吸器感染症を患い、今回の遠征に帯同しなかった模様。 言わずもがな両選手とも主力中の主力で、サンチョは先日行われたDFBポカールのデュースブルク戦で1ゴール1アシストの活躍を残している。 ドルトムントではまた、ベルギー代表MFトルガン・アザールやドイツ代表MFニコ・シュルツ、4月中旬に左ヒザの外側側副じん帯を損傷したフランス人DFダン=アクセル・ザガドゥらも出場出来ない。 一方で、バイエルンでも新加入のドイツ代表FWレロイ・サネが右ヒザの負傷で欠場が確定。また、オーストリア代表DFダビド・アラバの状態も疑わしいとのことだ。 2020.09.30 15:10 Wed
twitterfacebook