元アーセナルの正守護神・レーマン氏、プレミア無敗優勝シーズンのCLでのミスをボールのせいにする!?

2020.05.04 18:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてアーセナルで守護神を務めた元ドイツ代表GKイェンス・レーマン氏が、キャリアのミスをボールのせいにした。

レーマン氏は、シャルケやミラン、ドルトムントでプレーした後、2003年7月にアーセナルへ加入。2008年7月に退団するまで、チームの守護神を務めていた。

加入1年目の2003-04シーズンは、伝説の“インビンシブルズ”の一員として歴史に残るプレミアリーグ無敗優勝に貢献。2005-06シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)決勝に進むも、試合早々に退場する悲劇も味わっている。

そんなレーマン氏は、加入1年目のある出来事を『BeIN Sports』で明かした。

レーマンが語ったのは、無敗を続けていたシーズンの終盤に行われたCL準々決勝のチェルシー戦。4日前にはFAカップ準決勝でマンチェスター・ユナイテッド相手に0-1で敗れており、1-1で終えていた1stレグからの巻き返しを狙っていた。

この試合でアーセナルは、45分にホセ・アントニオ・レジェスのゴールで先制。有利に立ったものの、51分にレーマンの痛恨のミスからフランク・ランパードにゴールを決められ、追いつかれていた。

レーマン氏は、この失点に関して、この試合で初めて使ったナイキのボール「Total 90 Aerow」のせいだと主張。ボールがぶれたのが影響したとしている。

「私は、(チャンピオンズリーグのトロフィーを)手に入れることができなかった。多くのプレミアリーグのビッグクラブはそれを持っている。我々はシーズンの終わりに、全てを捧げてプレーしなければならないスケジュールだった」

「10日間で最高のチームと対戦しなければならなかった。優れたチームは、2、3日ごとに高いレベルでパフォーマンスを発揮できる。チェルシーは不利だった」

「チェルシー戦でミスしたことを覚えている。なぜなら、新しいナイキのボールでプレーしたからね。それはどこかに行くようなディフレクションを見せて、止められなかった。私はキャッチできなかったよ」

「フランク・ランパードの同点ゴールだった。我々は最後までトライしたけど、守り切れず、そのゲームで敗れたんだ」

アーセナルは、レジェスのゴールで2戦合計2-1とするも、51分にクリアボールをクロード・マケレレがミドルシュート。レーマン氏は、これをキャッチできずに弾くと、ランパードに詰められ同点に。その後、87分にウェイン・ブリッジにゴールを許し、準々決勝で敗退していた。

関連ニュース
thumb

ストライカー獲得を目指すアーセナル、財政難インテルのL・マルティネスに関心か

アーセナルがインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今夏既にU-21ポルトガル代表DFヌーノ・タヴァレス(21)、ベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(21)を獲得し、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのイングランド代表DFベン・ホワイト(23)の獲得にも迫るなど、いつになく積極的なアーセナル。さらなる補強にも動いており、現在はチェルシーで序列が低下しているイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)獲得を狙っているという。 チームにはFWピエール=エメリク・オーバメヤン(32)とFWアレクサンドル・ラカゼットの2人のストライカーが所属しているが、スカッドの刷新を図りたいチームは若きストライカーをチームに迎えたいようだ。 一方で、チェルシーはエイブラハムの移籍金として4000万ポンド(約60億9000万円)以上の移籍金を要求しているとされており、イギリス『テレグラフ』によるとアーセナルは代替案としてラウタロ・マルティネスにも関心を示している。 インテルは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け財政難に陥っており、既にDFアクラフ・ハキミをパリ・サンジェルマン(PSG)に売却。ラウタロ・マルティネスについても非売品ではなく、7700万ポンド(約117億2000万円)程度のオファーがあれば売却に応じる方針のようだ。 ラウタロ・マルティネスは2018年7月にインテルへ加入して以降、公式戦通算132試合出場49ゴール20アシストを記録。昨シーズンも48試合に出場して19ゴール11アシストの成績を収めており、チームの11年ぶりのスクデット獲得に貢献した。 ラウタロ・マルティネス獲得となれば、アーセナルにとって大きな戦力となることは間違いないが、一方で移籍実現のためには選手の売却が必要なようだ。 アーセナルは来年の夏に契約が切れるラカゼットとU-21イングランド代表FWエディ・エンケティア(22)の売却を検討しており、良いオファーが届けばエイブラハムやラカゼット獲得の動きも本格化するだろう。 2021.07.28 16:47 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルGKイリエフがスロバキア1部へレンタル移籍

アーセナルは27日、北マケドニア代表GKデヤン・イリエフ(26)が、スロバキア・スーパーリーグのSKFセレヂへとレンタル移籍することを発表した。レンタル期間は1年間となる。 2012年にアーセナルアカデミーに加入したイリエフは195cmの大型GK。これまでヨーロッパリーグ(EL)や国内カップ戦でのベンチ入り経験はあるものの、ファーストチームデビューは果たせていない。 2019年7月にはセレヂへとレンタル移籍。2020年1月からはポーランドのヤギエロニア・ビャウィストクへとレンタル移籍。2020-21シーズンは冬までリーグ1(イングランド3部)のシュルーズベリー・タウンへとレンタル移籍していた。 プレミアリーグ2では、U-23チームのキャプテンも務めたイリエフ。再びの武者修行に出る。 2021.07.28 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルが“9番”を放出候補に? ストライカー探すアトレティコが関心か

アトレティコ・マドリーがアーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(30)の獲得に関心を持っているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ラカゼットは2017年7月にリヨンからアーセナルへ加入して以降、公式戦通算170試合出場65ゴール28アシストを記録。FWピエール=エメリク・オーバメヤン(32)との共存に苦戦する時期がありながらも、チームの主軸であり続けてきた。 昨シーズンはオーバメヤンがスランプに陥る中で、公式戦43試合出場17ゴール3アシストの成績を残し、エースとしての活躍を見せている。 一方で、『アス』によるとアーセナルは今夏に新たなエース候補を探しており、チェルシーでトーマス・トゥヘル監督の構想から外れているイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)獲得に向けて動き出しているという。 しかし、チェルシーはエイブラハムの移籍金として4500万ユーロ(約58億4000万円)を要求するとされており、既にイングランド代表DFベン・ホワイト(23)獲得に5000万ポンド(約77億2000万円)のオファーを出すなど補強を進めているアーセナルは、選手売却で資金を作る必要がある。 そこで放出候補として名前が挙がっているのが、チーム内でも高給を受け取っているラカゼットのようだ。ラカゼットとアーセナルの契約は来夏に切れる事情もあり、クラブは1700万ユーロ(約22億円)程度で交渉に応じる姿勢だという。 ラカゼットの獲得に強い関心を抱いているのが、ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレティコだ。アトレティコは今年1月にリヨンからレンタルで加わったFWムサ・デンベレ(25)が契約期間終了で既に帰還しており、バルセロナのFWアントワーヌ・グリーズマン(30)獲得も暗礁に乗り上げている。 シメオネ監督は『アス』に対して「我々はストライカーを必要としており、もしそれがグリーズマンでなければ他の誰かになるだろう」と語っており、今後ラカゼット獲得に向けた動きを本格化させるかもしれない。 2021.07.27 17:42 Tue
twitterfacebook
thumb

77億円でアーセナル加入間近のホワイト、OBは高額な移籍金を懸念「大金でやってくる以上は…」

かつてアーセナルで活躍した元イングランド代表DFのソル・キャンベル氏は、古巣がブライトンのイングランド代表DFベン・ホワイト獲得のため高額な移籍金を支払うことを懸念しているようだ。イギリス『デイリー・メイル』が伝えた。 アーセナルは昨シーズンまで主軸としてプレーしていたDFダビド・ルイスが今夏に契約満了で退団。センターバックを重要な補強ポイントに定めており、6月に開催されたユーロ2020にイングランド代表として参加するなど、評価を高めていたホワイトに注目。ブライトンとの間で獲得交渉を進めていた。 ブライトンがホワイトの移籍金として移籍金5000万ポンド(約77億2000万円)を求めたこともあり交渉は進まずにいたが、最終的にアーセナルが希望額を提示したことで話はほぼまとまったという。ホワイトは現在ユーロ後の休暇に入っており、戻り次第メディカルチェックなどを受ける予定のようだ。 クラブにとって非常に高額な資金を投下することになるが、この判断についてイギリス『Talk Sport』に出演したキャンベル氏は、この移籍金がホワイトに大きな期待とプレッシャーを背負わせるだろうと語った。 「彼は5000万ポンドでやってくる以上、そのポジションにおいて達人である必要がある。そうでなければならないんだ」 「アーセナルは本来5000万ポンドも出して、選手を獲得するクラブではない。だからもしメディカルチェックを問題なく通過して移籍となった場合、彼はこれから鍛える必要があるだろう。加入となれば、間違いなく先発メンバーに名を連ねなければならない」 ホワイトにとって厳しい挑戦になると語る一方で、キャンベル氏はイングランド代表DFの持つ将来性についても言及。数年先には間違いなくチームを支える存在になるはずだと期待を寄せた。 「彼はブライトンで36試合に出場している。そして将来性はどうだろうか。彼は23歳であり、間違いなく将来に向けた選手ではあると思う」 「難しい移籍になると思うし、移籍金は高額だ。それでも彼らは数年後の未来を見ていると思う。ファンはこれから、ミッドフィールダーやセンターバックとしてプレー可能な選手を見られるようになるだろう」 2021.07.27 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

主力が揃ったアーセナルがミルウォールとのPSMで4発快勝

アーセナルは24日、ミルウォールとのプレシーズンマッチを行い、4-1で勝利した。 アーセナルのトレーニンググラウンドで行われたこの一戦。アーセナルはガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン、MFエミール・スミス・ロウ、FWニコラ・ぺぺ、DFキーラン・ティアニー、MFトーマス・パルティなど主力選手が先発した。 試合は17分、ボックス手前からぺぺが浮き球のパス。これをボックス左でオーバメヤンがジャンピングボレー。シュートはクロスバーに直撃するが、跳ね返りをカラム・チャンバースが蹴り込み、アーセナルが先制する。 前半はアーセナルの1点リードで終えた試合。後半はアレクサンドル・ラカゼットらがピッチに立つ。 すると59分、ロブ・ホールディングから右に展開されると、チャンバースがダイレクトクロス。これをファーサイドでラカゼットがダイビングヘッド。アーセナルが追加点を奪う。 さらに65分にはバイタルエリアでスミス・ロウが相手のボールを奪うと左に展開。パスを受けたオーバメヤンがグラウンダーのパスで折り返すとラカゼットがスルーしたところをぺぺがダイレクトシュート。これが決まり、3-0とする。 勢いに乗るアーセナルは73分にウィリアンのスルーパスを受けたフォラリン・バログンがネットを揺らし4点目。終了間際に失点するも、4-1で勝利を収めた。 アーセナル 4-1 ミルウォール 【アーセナル】 カラム・チャンバース(17分) アレクサンドル・ラカゼット(59分) ニコラ・ぺぺ(65分) フォラリン・バログン(73分) 【ミルウォール】 ミッチェル(89分) <span class="paragraph-title">【動画】ラカゼットやペペがゴール! プレシーズンマッチ ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI5OXR4VGNPWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.25 18:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly