注目株のデ・パウルやマンドラゴラは流出へ…ウディネTDが今夏の移籍市場に言及

2020.04.26 16:33 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウディネーゼは今夏の移籍市場において中盤の主力を失うことになるようだ。

今シーズンのセリエAで降格圏と勝ち点3差の14位に位置するなど、近年はピッチ上のパフォーマンスが芳しくないウディネーゼ。

それでも、ジャンパオロ・ポッツォ氏を当主とするポッツォ家主導の下、国内外に独自のスカウト網を張っており、1990年代後半から現在に至るまで多くの逸材を発掘し、強豪クラブに売却して利益を稼ぐサイクルは健在だ。

そして、現在のチームにはアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウル(25)、イタリア代表MFロランド・マンドラゴラ(22)、コートジボワール代表MFセコ・フォファナ(24)と中盤のポジションに3人の有望株を抱えている。

とりわけ、背番号10を背負うデ・パウルはミラノ勢やナポリといった国内の強豪クラブ、さらに国外の有力クラブから注目を集めている。

その中でウディネーゼのテクニカル・ディレクターを務めるピエルパオロ・マリノ氏は、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで今夏の移籍市場について言及。現状においては中盤の主力3人を失う可能性が高いことを認めている。

「我々は中盤を完全に刷新する必要がある。それは確かなことだ」

「マンドラゴラは幾つかのビッグクラブの間で人気があり、デ・パウルはあらゆる部分で真のチャンピオンだ。そして、フォファナに関しても同様に移籍の可能性がある」

「現状、イタリアにいるプレーヤーのコストが高いため、我々は国外のプレーヤーに投資していくことになるはずだ」

今夏の中盤刷新を明言した一方、マンチェスター・ユナイテッドやインテルなどからの関心も伝えられる、守護神のアルゼンチン代表GKフアン・ムッソ(25)に関しては慰留に自信を示している。

「ムッソはより成熟したプレーヤーになるため、あと1年はここに残ることになるはずだ。彼に関しては大きな移籍金を見込めるが、我々は幾つかの主力の維持に努めるつもりだ」

関連ニュース
thumb

今季早くも3敗目のインテル…インザーギ監督「間違った方向に進んでしまった」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、リーグ戦での逆転負けを嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは18日に行われたセリエA第7節で、リーグ4連勝中のウディネーゼと対戦した。 13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)で勝利を収め、公式戦連勝の勢いを持ち込んだチームは開始早々にMFニコロ・バレッラがFKを直接決めて先制に成功。しかし、相手の反撃を受けて同点とされると、後半は主導権を奪われ85分に逆転を許す展開に。再び攻勢を仕掛けるもアディショナルタイムにさらなる失点を喫し、1-3で敗れた。 絶好調の相手に屈して今季セリエAで早くも3敗目を喫した試合後、インザーギ監督は現在のチームのパフォーマンスは不十分だと断言。インターナショナルマッチウィークの中断を利用して、改善を目指したいと語った。 「ウディネーゼは我々より冷酷であり、勝利に値したと思う。手痛い敗戦であり、私は監督としてまず責任を負う必要がある。これで7試合3敗となったが、我々はインテルでありもっと良くならなければならない」 「(前半30分でアレッサンドロ・バストーニとヘンリク・ムヒタリアンを下げた)交代について? 彼らはカードを貰っており、ウディネーゼはすべてのセカンドボールやデュエルを制していた。だから、2人の交代で状況を変えたかったんだ。我々はもっとうまくやれたはずであり、逆転負けの傷から回復する必要がある」 「失点後、我々は間違った方向に進んでしまった。ウディネーゼの方が、より強固なチームだったと思う。後半最初の15分間は良かったがその後が続かず、危険な相手だとわかっていながら何度もカウンターを許した」 「我々に“昨シーズンの余韻“はすでになく、ベストを尽くして仕事を続けている。今日のパフォーマンスに少し驚かされたのは、事実だ。デュエルで後手に回ったが、ウディネーゼのような本当に調子の良いチームに対して、こうしたアドバンテージを与えてはいけない」 「インターナショナルマッチウィークはここに残り、2人のGKや4人の選手と一緒に仕事をする。多くの若手が参加するだろうから、全員が戻ってくるのを待って一緒に仕事ができるようにしたい」 2022.09.19 11:07 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル早くも3敗目、絶好調ウディネーゼに逆転負けで5連勝を許す《セリエA》

インテルは18日、セリエA第7節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、1-3で逆転負けした。 インテル(勝ち点12)は前節、トリノにウノゼロ勝利として公式戦連敗をストップ。そして5日前に行われたチャンピオンズリーグでは10人となった格下ビクトリア・プルゼニに2-0で勝利。公式戦連勝とした中、ラウタロ・マルティネスとジェコの2トップで臨んだ。 4連勝中のウディネーゼ(勝ち点13)に対し、インテルは開始5分に先制する。ボックス手前左で得たFKをバレッラが直接蹴り込んだ。 前がかるウディネーゼに対して構えたインテルだったが、22分に同点とされる。R・ペレイラのFKがシュクリニアルのオウンゴールを誘った。 追いつかれたインテルは30分、流れの中で上がっていたバストーニのボレーシュートが枠を捉えるもGKシルベストリの好守に阻まれた。 直後、戦術的な交代でバストーニとムヒタリアンを下げ、ディマルコとガリアルディーニを投入したインテルは、互角の展開となった前半を1-1で終えた。 迎えた後半、インテルは52分に決定機。しかしCKの流れからダンフリースの放ったヘディングシュートはわずかに枠の上へ。さらに55分にはジェコがネットを揺らすもわずかにオフサイド。 勝ち越しのチャンスを逸したインテルはその後、守勢に回る。63分のピンチではGKハンダノビッチがロブリッチのシュートを好守で阻止。さらに73分のデウロフェウのシュートはポストに直撃した。 しかし85分、デウロフェウの右CKからビヨルにヘディングシュートを決められ、ついに逆転されてしまう。そして追加タイム3分、デウロフェウの右クロスからアルスランのヘディングシュートが決まり万事休す。 絶好調ウディネーゼに痛い逆転負けを喫した。 2022.09.18 21:47 Sun
twitterfacebook
thumb

チャルハノール、左ハムストリング捻挫でウディネーゼ戦を欠場

インテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノールが左ハムストリングのケガで、次戦のウディネーゼ戦を欠場することになった。 チャルハノールは13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第2節のビクトリア・プルゼニ戦に74分から出場すると、この試合で左足を負傷した。 クラブによれば、15日に検査を受けたチャルハノールは左ハムストリングの捻挫と診断。なお、詳細な離脱期間は明かされていないが、来週にも再検査を行うとのことだ。 昨夏にフリーでインテルに加入したチャルハノールは、今季もここまで公式戦8試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 2022.09.15 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

4失点で今季初黒星のローマ…モウリーニョ監督「4試合を0-1で負けるより、1試合を0-4で負ける方が良い」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が今シーズン初黒星を喫した試合を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは4日に敵地で行われたセリエA第5節でウディネーゼと対戦した。開幕3勝1分けと好スタートを切ったチームだが、この日は開始早々にミスから失点すると、反撃を試みるも同点ゴールを挙げられないままハーフタイムへ。後半もいくつかのチャンスを作りながら得点が遠い状況が続くと、逆に守備が崩れて3失点。FWタミー・エイブラハムの負傷交代もあり、最後まで勢いに乗れなかったチームは0-4で敗れた。 大敗で今季初黒星を喫した試合について、モウリーニョ監督は先制を許したことが痛恨だったと落胆。そのうえで、まだ1敗を喫しただけであり、ここから立ち直る必要性を強調している。 「タフな試合だった。相手が我々をタフな状況に追い込むのはわかっていたがね。このような試合では、基本的に早い段階でリードを許すわけにはいかない。相手はタイトでコンパクトな守備の仕方を心得ており、時間を使うのも巧みだ。クレバーで身体能力の高い選手たちがいるね。もし彼らにリードされたら、大変なことになる」 「我々もその後は良いスタートを切り、(パウロ・)ディバラに早い段階でチャンスがあった。最終的な結果がこうでも、私にとって彼はピッチ上で最高の選手だったよ。失点後の我々は、少しコントロールされてしまったと思う。彼らがボールを持つと、カウンターかゴールのどちらかに結びついた」 「タフなゲームになるという予感はあり、選手たちも理解していたとは思う。ビハインドを背負うのは、常に大変な状況だ。去年もそうだったが、あの時は20分しか本気でやれなかったという思いがあった」 「4試合を0-1で負けるより、1試合0-4で負ける方が良い。それは確かだ。この試合で勝ち点3を失ったが、もう3試合負ければ12ポイントも落とすことになるからね。我々にとってもファンにとってもこの結果は厳しいが、それが人生さ。明日はまたトレーニングがあり、木曜日にまた試合がある。だから、チームは前に進まないといけない」 2022.09.05 10:47 Mon
twitterfacebook
thumb

自滅ローマがウディネーゼに惨敗…久々スクデットへの機運しぼむ今季初黒星に《セリエA》

セリエA第5節、ウディネーゼvsローマが4日にダチア・アレーナで行われ、ホームのウディネーゼが4-0で圧勝した。 ローマは前節、昇格組モンツァを相手にディバラの加入後初ゴールを含むドッピエッタの活躍などで3-0の快勝。開幕3勝1分けと好スタートを見せている。週明けにヨーロッパリーグ(EL)開幕を控える中、ウディネーゼとのアウェイゲームで連勝を狙った。モウリーニョ監督は前節から先発3人を変更。負傷のクンブラに代えてスモーリング、両ウイングバックをチェリク、ザレフスキからカルスドルプ、スピナッツォーラに入れ替えた。 ローマは開始20秒過ぎにモンツァ戦の先制点と似たようなエイブラハムからディバラへのスルーパスでいきなりゴールへ迫るが、左足のシュートはわずかに枠の右に外れる。電光石火の先制点には至らずも、まずまずの入りを見せたかに思われたが、ミスから逆に先制点を奪われる。 5分、右サイド深くでロベルト・ペレイラが浮き球で入れた何でもないクロスを、ファーサイドのカルスドルプが不用意に胸を使ってGKルイ・パトリシオへのバックパスを試みる。すると、これを完全に狙っていたウドジェに滑り込みながらの左足ボレーで叩き込まれた。 前々節のユベントス戦同様に敵地でいきなりビハインドを背負う厳しい入りとなったローマは、すぐさま反撃を開始。14分にはスピナッツォーラからの斜めのパスに完璧なタイミングで抜け出したディバラに2度目の決定機が訪れるが、今度はGKの好守に阻まれる。 以降はディバラ、ペッレグリーニを起点に最前線のエイブラハムへチャンスボールを供給していくローマだが、細かい連係ミスや相手守備の好守などもあり、決定機まであと一歩という場面が目立つ。さらに、得意とするセットプレーでも決め切れない状況が続く。 また、相手の球際の激しさや主審の判定にフラストレーションを溜めると、全体的に雑なプレーも増え、手詰まりの状況でハーフタイムを迎えることになった。 自身も前半終了間際に執拗な抗議でイエローカードをもらったモウリーニョ監督は、ハーフタイムに大きな動きを見せる。失点に絡んだカルスドルプに代えてチェリク、クリスタンテを下げてベロッティを投入。この交代でペッレグリーニが中盤に下がり、“ガッロ”はパレルモ時代以来となるディバラとのコンビを再結成。エイブラハムと初のトリデンテを組むことに。 指揮官からの強烈なメッセージを受け取ったジャッロロッシは、後半立ち上がりにペッレグリーニの浮き球パスに抜け出したチェリクがボックス内でDFベカンに後方から突き倒されるが、主審はノーファウルの判定。後半開始早々の同点機創出とはならず。 その後も必要以上の焦りやメンタル面のブレが目に付くアウェイチームは、56分にペナルティアーク付近でフリーにしたサマルジッチに左足のミドルシュートを打たれると、難しいバウンドではあったものの、GKパトリシオがはじき出すことができず。再びミス絡みの失点でより厳しい状況に追い込まれた。 対戦相手を考えれば、勝ち点1でも許されない状況の中、一刻も早く点差を縮めたいローマは、60分にディバラの右CKからゴールに迫るが、これは惜しくも左ポストを叩く。65分にはマンチーニを下げてザレフスキを投入し、より攻撃的な[4-4-2]に布陣を変えた。 この交代で流れを変えたいところだったが、付け焼刃の戦い方は逆に混乱を招いて攻撃が停滞。さらに、全体の距離感の悪さを突かれてウディネーゼのカウンターに晒されると、75分にはボックス中央でマケンゴの横パスを受けたペレイラに見事な左足のコントロールシュートを右隅に流し込まれて3失点目。さらに、肩を負傷したエイブラハムがプレー続行不可能となり、ショムロドフのスクランブル投入も余儀なくされる。 今日は何をやってもうまくいかないローマは、82分には自分たちのCKを撥ね返されてのロングカウンターからロヴリッチにトドメの4点目まで叩き込まれ、昨シーズンのボデ/グリムト戦の1-6の悪夢を彷彿とさせる守備崩壊に。 さらに、最後までゴールを目指したものの、今季初の無得点という屈辱を重ねてタイムアップを迎えた。今夏の積極補強によって久々のスクデットへの機運を一気にしぼませる惨敗を喫したローマは、今後の戦いに大きな影響も予想される今季初黒星となった。 2022.09.05 05:49 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly