フォンセカ監督はペッレグリーニのカピターノ就任に太鼓判!

2020.04.05 14:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマを率いるパウロ・フォンセカ監督はイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニの将来的なカピターノ就任に太鼓判を押している。

ローマ生まれローマ育ちのペッレグリーニは9歳の頃にローマの下部組織に加入。2015年にはルディ・ガルシア体制下でトップチームデビュー。その後、一度はサッスオーロに完全移籍するも2017年夏、サッスオーロ時代の恩師でありローマOBであるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督と共に古巣復帰を果たした。

以降はセントラルMFやトップ下を主戦場に、好パフォーマンスを披露しており、バレンシアにレンタル移籍中のイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィの去就が不透明な中、次期カピターノの声が挙がっている。

先日にはクラブの伝説であるフランチェスコ・トッティ氏が可愛い後輩を称賛しつつ将来的なカピターノ就任を推していた。

さらに今回、イタリア『スカイ・スポルト』のインタビューを受けたフォンセカ監督も、レジェンドに追随する形でペッレグリーニの将来的なカピターノ就任に太鼓判を押している。

「正直なところ、トッティの発言に同意している。ロレンツォはカピターノとしての強いパーソナリティを備えている」

「現時点で我々にはジェコという偉大なカピターノがいるが、将来的にはロレンツォが適任だと思っている。トッティが話したように彼にはローマのカピターノを務める上で必要な資質をすべて持っている」

なお、ペッレグリーニは先日にイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』で、トッティの後継者候補と言われていることに関して、「僕は決してトッティにはなれない。彼はレジェンドでありチャンピオンで、模範なんだ。だから、僕はローマにとって最高のロレンツォを目指している」とコメントしている。
コメント
関連ニュース
thumb

ジェコが外国籍選手としてローマ歴代最多得点者に!

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコが、外国籍選手としてのローマ歴代最多得点者となった。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは15日、スタディオ・オリンピコで行われたセリエA第33節でヴェローナに2-1で競り勝ち、3連勝を飾った。 試合は立ち上がりから拮抗した展開を見せたが、フランス人MFジョルダン・ヴェレトゥのPKによるゴールでローマが先制。さらに、前半終了間際にもイタリア代表MFレオナルド・スピナッツォーラのクロスをジェコが頭で合わせ、ローマが2点リードで試合を折り返した。 その後、後半立ち上がりに1点を返されたローマは、ジェコがドッピエッタのチャンスを幾度も逃すなど、試合を終わらせることができなかったものの、最終的に逃げ切りに成功して貴重な勝ち点3を手にしている。 そして、このゴールによってローマでの通算得点数を105ゴールに伸ばしたジェコは、1959年から1965年まで在籍していた元アルゼンチン代表FWペドロ・マンフレディーニ(故人)を抜き、外国籍選手としてのローマ歴代最多得点者となった。 また、在籍5年間でジャッロロッシでの通算得点ランキング単独5位に浮上したジェコは、今シーズン中に4位のFWロドルフォ・ヴォルク(106点)、3位のFWアメデオ・アマデイ(111点)と2人のレジェンド超えを目指す。 2020.07.16 14:22 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェレトゥ&ジェコ弾で逃げ切ったローマが3連勝!《セリエA》

ローマは15日、セリエA第33節でヴェローナとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。 リーグ戦2連勝中の5位ローマ(勝ち点54)は、直近のブレシア戦から先発を5人変更。カリニッチやコラロフ、GKミランテらに代えてジェコやムヒタリアン、GKパウ・ロペスらが先発に名を連ねた。 試合は開始早々にスコアが動く。8分、ローマはドリブルでボックス左から侵入したヴェレトゥの横パスに反応したペッレグリーニがボックス内でエンペレウルに倒されPKを獲得。このPKをヴェレトゥがゴール右隅に確実に決めた。 先制点で主導権を握ったローマは、28分にもジェコとのワンツーで相手DFの裏を狙ったムヒタリアンがボックス左に流れながら強引に左足を振り抜く。しかし、このシュートは左ポストを直撃しゴールとはならず。 その後はヴェローナにボールを持たれながらも、要所で良いボール奪取からカウンター狙うローマ。すると、前半アディショナルに決定機が生まれる。49分、相手ボックス手前でラゾビッチのクリアミスを奪ったムヒタリアンがワンタッチで縦にパスを送ると、抜け出したスピナッツォーラのクロスをジェコがヘディングで叩き込んだ。 2点のリードで前半を終えたローマだったが、後半開始早々に失点を許す。47分、ボックス左から侵入したザッカーニに縦への突破を許すと、折り返しをゴール前に走り込んだペッシーナに巧みなヒールシュートで流し込まれた。 1点を返されたローマは58分、ペッレグリーニのロングパスで右サイドを抜け出したブルーノ・ペレスがボックス右から侵入そラストパス。しかし、ニアに走り込んだジェコのシュートは枠の上に外れた。 さらに64分には、右サイドから仕掛けたペッレグリーニが飛び出したGKをかわすと、ボックス右深くから折り返しを供給。これムヒタリアンが右足で合わせたが、シュートはゴール前に戻ったラゾビッチのクリアに防がれた。 追加点が欲しいローマは、66分にペッレグリーニ、A・ディアワラ、ブルーノ・ペレスを下げてザニオーロ、クリスタンテ、ザッパコスタを投入。すると73分、スピナッツォーラのラストパスをボックス右で受けたジェコがフリーでシュートを放ったが、これは枠を外した。 その後も危なげない試合運びを見せたヴェローナに決定機を作らせなかったローマが、そのまま2-1で勝利。前半の2ゴールで逃げ切ったローマが3連勝を飾っている。 2020.07.16 06:52 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランがシック獲得に動く? 新指揮官候補ラングニックが希望…

ミランはローマからRBライプツィヒにレンタル中のチェコ代表FWパトリック・シック(24)の獲得に動く可能性があるようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 現在、来シーズンの新指揮官として『レッドブル・グループ』でスポーツ部門兼サッカー開発部門を統括しているラルフ・ラングニック氏の招へいを目指しているミラン。 先日に同氏はミラノ行きの可能性を否定したものの、イタリア語を学んでいるとの報道もあり、テクニカル・ディレクター(TD)兼監督就任の可能性が取り沙汰されている。 そういった状況の中でイタリア『スポルト・イタリア』は、ラングニック氏がミラン監督就任にあたってシックの獲得をクラブに求めていると主張している。 昨シーズンまでライプツィヒの監督兼TDを務めていたラングニック氏は、昨夏の交渉に関わっていたと言われており、同選手が自身のスタイルにフィットするプレーヤーであると考えているようだ。 シックは昨夏、買い取りオプション付きのレンタルでローマからライプツィヒへ加入。今季は公式戦26試合に出場し10ゴール3アシストを記録し、ブンデスリーガ3位フィニッシュにも貢献。現在は短期間のレンタル期間延長に同意し、アトレティコ・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝に向けてチームと共に調整を続けている。 なお、ライプツィヒはシックのレンタル料として350万ユーロ(約4億2000万円)を支払っているが、2900万ユーロ(約35億1000万円)の買い取りオプションの行使を見送る意向だ。その後、改めてローマと完全移籍での獲得交渉を考えているものの、ローマ側が一切の値引きを拒否していることもあり、今シーズン限りでの退団が決定的と見られている。 一方、ミランは元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(38)が今季限りでの退団が濃厚となり、U-21ポルトガル代表FWラファエウ・レオン(21)もセンターフォワードとしての適性が疑われており、新たなセンターフォワードの獲得が必要な状況だ。 2020.07.14 22:16 Tue
twitterfacebook
thumb

ザニオーロが待望の復帰後初ゴールを喜ぶ 「僕にとって新たなスタート」

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロが待望の復帰後初ゴールを喜んでいる。クラブ公式サイトが試合後コメントを伝えている。 ローマは11日、セリエA第32節でブレシアとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 前節、パルマ戦を逆転勝利して連敗を「3」で止めた5位ローマは、降格圏に沈む19位ブレシアを相手に幾つかのポジションでターンオーバーを敢行。ゴールレスで迎えた後半の立ち上がりにセットプレーからDFフェデリコ・ファシオのゴールで先制に成功すると、62分にはFWニコラ・カリニッチが追加点。 そして、74分には途中出場となったザニオーロが得意のダイアゴナルランでFWディエゴ・ペロッティのスルーパスを引き出し、ボックス左から強烈なシュートを叩き込み、右ヒザ半月板損傷と前十字じん帯断裂の重傷からの復帰後3戦目にして待望のゴールを挙げた。 同試合後、昨年12月半ばのフィオレンティーナ戦以来となる今季セリエA5点目を記録した21歳の若武者は、待望の復帰後初ゴールを喜んでいる。 「本当に嬉しいよ。6カ月を犠牲にし、厳しいリハビリを乗り越えた末に決めたこのゴールは、僕にとってターニングポイントであり、新たなスタートになった」 「フットボーラーとして最悪のケガの一つを経験し、よく戦いこの場所に戻ってくることができたと思っているんだ」 「同じようにチームパフォーマンスにも満足しているよ。僕たちは再び正しい軌道に乗れたと思う。今夜は完璧だったと思うし、これを継続したいと考えているよ」 また、シーズン最終盤に臨むローマにとって最高の補強となったザニオーロは、自身のコンディションについても言及。現状は「60~65%」と自己評価しながらも、ここからより良い状態にもっていきたいと語っている。 「以前から言っているけど、100%の状態に戻ることに集中しているよ。もちろん、自分自身まだそれにほど遠いことは理解しているけど、普通のことだと捉えているよ」 「毎日、練習の1時間前にピッチへ出てヒザのウォームアップをしているんだ。あまり遠くのことを見過ぎず、今は一日一日を大事にしているよ。ヨーロッパリーグに向けて100%で臨めると嬉しいね」 「現状はチームの全体トレーニングに戻って2週間ぐらいという段階で、チーム自体は3日ごとに試合を戦っている。そういった事情もあり、あまりピッチでトレーニングをこなせていないし、少し制限がかかっている感覚だね。だから、現状は60~65%ぐらいだと感じているよ」 「それでも、ここまで回復できたことは嬉しいし、方向転換など幾つかの部分で思い通りに動けていない部分もあるけど、以前と同じようにプレーできるのは時間の問題だと思っているよ」 2020.07.12 14:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ザニオーロが復活弾!2連勝のローマが5位キープ《セリエA》

ローマは11日、セリエA第32節でブレシアとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 前節パルマ戦を逆転勝利して連敗を3で止めた5位ローマ(勝ち点51)は、ジェコをベンチスタートとし、カリニッチを最前線で起用。ペッレグリーニとカルレス・ペレスがシャドーに入り、3バックを継続した。 降格圏に沈む19位ブレシア(勝ち点21)に対し、ローマが押し込む展開で立ち上がった中、21分にチャンス。ブルーノ・ペレスの右クロスが相手DFのクリアミスを誘い、ゴールへ向かったがGKにセーブされた。 さらに30分、再びブルーノ・ペレスの右クロスからフリーのカリニッチが頭で合わせるも、シュートは枠外に。 続く39分にはコラロフの直接FKでオンターゲットを記録したが、ここはGKヨロネンにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 それでも迎えた後半開始3分、CKの流れからルーズボールをファシオが左足で蹴り込み、ローマが先制した。 さらに62分、カルレス・ペレスの浮き球パスに抜け出したカリニッチがGKとの一対一を制して追加点。 リードを広げたローマは74分に長期離脱から復帰後、初ゴールとなるザニオーロがネットを揺らす。ペロッティのスルーパスに反応したザニオーロがボックス左に抜け出してシュートを蹴り込んだ。 このまま3-0で快勝したローマが2連勝で5位をキープしている。 2020.07.12 04:31 Sun
twitterfacebook