ヘタフェ会長がチームの遠征中止を明言「イタリアへ向かわない」

2020.03.11 18:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェのアンヘル・トーレス会長が、チームをイタリアに派遣しないと発表した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。

ヘタフェは、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16でインテルとの対戦が決定。欧州サッカー連盟(UEFA)は無観客で試合を開催することを発表していた。

しかし、イタリアは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大。特にインテルが本拠地とするミラノがあるロンバルディア州は感染者、死者とも拡大しており、大きなリスクを伴うこととなる。

そんな中、トーレス会長はチームの遠征について態度を明確化。イタリアへ派遣することはないと語った。

「大きな状況の変化がない限り、ヘタフェは明日イタリアへ向かわない」

「我々はUEFAに、ミラノでのプレーの代替案を検討してもらうように依頼した。スペインのFAにも助けを求めている」

「もし、敗退となるのならば、そうなるだろう。どんなリスクも負うつもりは無い」

イタリアでは、セリエAを含むスポーツイベントが4月3日まで中止。スペインでは、ラ・リーガが2週間の無観客試合を発表。フランスでもフランス・プロリーグ機構(LFP)が4月15日まで無観客試合とすることを発表していた。
コメント
関連ニュース
thumb

PK失敗にも救われたインテル、ヘタフェを下してベスト8進出!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16、インテルvsヘタフェが中立地のドイツで行われ、2-0でインテルが勝利した。 新型コロナウイルスの影響によって一発勝負となった一戦。 インテルとヘタフェが共にはほぼベストメンバーで臨んだ中、開始2分にヘタフェに決定機。右クロスに対してマクシモビッチがダイビングヘッドで合わせたが、GKハンダノビッチのファインセーブに阻まれた。 その後もハイプレスをかけるヘタフェが流れを引き寄せる中、インテルが33分に先制した。バストーニのロングフィードでボックス左に侵入したルカクがDFを背負いながらゴール右に蹴り込んだ。 ルカクの個人技で試合を動かしたインテルは、ハーフタイムにかけては主導権を握り、1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、バレッラのミドルシュートとダンブロージオのボレーシュートでゴールに迫ったインテルは、ヘタフェの反撃を許さずに時間を進めていく。 そんな中71分、ボックス内でのゴディンのハンドによりPKを献上するも、キッカーのモリーナが失敗し助かったインテルは、83分に2点目を挙げる。 ダンブロージオの右クロスのルーズボールをボックス内のエリクセンが蹴り込んだ。このまま2-0で勝利したインテルがベスト8進出を決めている。 2020.08.06 05:55 Thu
twitterfacebook
thumb

いざヘタフェ戦へ!コンテ監督「持っている力を全て出し尽くす」

インテルを率いるアントニオ・コンテ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16のヘタフェ戦の試合前会見に臨んだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 インテルは5日、ELでヘタフェと対戦する。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって中断が続いていた今大会は、ベスト8以降は1試合のみのノックアウト形式をとり、試合も中立地となるドイツで行われる。 インテルはコロナの影響でこのラウンド16は1stレグも延期に。そのためヘタフェ戦から一発勝負となるが、今季手に出来る唯一残されたタイトル獲得へ全力を尽くすことを誓った。 「持っている力を全て出し尽くす。そのために選手たちとここに来た。我々のアイデアを盗もうとする者が出てくるのは必然だが、一歩一歩進んでいかなければならない」 なお、ヘタフェ戦を勝ち抜いた場合はレバークーゼンvsレンジャーズの勝者と対戦することになるが、コンテ監督は目の前の仕事だけに集中している。 「明日はとても難しい試合になるだろう。まずはこの試合に集中しなければならない。次の試合について考えるのはそのあとだ」 「だけど全ては明日次第だ。勝つか負けるかのどちらかだが、我々は相手に打ち勝ち、前進するという熱意を示すため、全力を注がなければならない」 2020.08.05 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルがELヘタフェ戦の招集メンバー発表、サンチェスがメンバー入り

インテルは3日、5日に行われるヨーロッパリーグ・ラウンド16のヘタフェ戦に向けた招集メンバーを発表した。 一発勝負で行われるヘタフェ戦に向け、招集メンバーにはマンチェスター・ユナイテッドから完全移籍での加入が合意したと報じられるFWアレクシス・サンチェスが入った。 その他、度重なる負傷で戦列を離れていたMFステファノ・センシもメンバー入りしている。一方でヒザの負傷によりMFマティアス・ヴェシーノがメンバー外となった。発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆インテル招集メンバー GK サミル・ハンダノビッチ ダニエレ・パデッリ DF ディエゴ・ゴディン ステファン・デ・フライ アンドレア・ラノッキア アシュリー・ヤング ダニーロ・ダンブロージオ クリスティアーノ・ビラギ ミラン・シュクリニアル アレッサンドロ・バストーニ MF ヴィクター・モーゼス ルシアン・アグメ ロベルト・ガリアルディーニ ステファノ・センシ ボルハ・バレロ ニコロ・バレッラ クリスティアン・エリクセン マルセロ・ブロゾビッチ アントニオ・カンドレーバ FW アレクシス・サンチェス ロメル・ルカク ラウタロ・マルティネス </span> 2020.08.03 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

バジャドリーがヘタフェのDFラウール・カルネロを買い取り

レアル・バジャドリーは28日、ヘタフェからレンタル移籍中のスペイン人DFラウール・カルネロ(31)の買い取りを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 カルネロは、デポルティボ・ラ・コルーニャの下部組織で育ち、これまでアルメリアやアラベス、レガネス、ジローナでプレー。2019年7月にヘタフェへ完全移籍すると、今年1月からバジャドリーへレンタル移籍していた。 今シーズンはヘタフェの一員として、ラ・リーガで4試合、ヨーロッパリーグで4試合に出場し2アシストを記録。移籍後のバジャドリーでは、ラ・リーガで12試合に出場し1アシストを記録していた。 2020.07.29 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

S・ラモスのPK弾でヘタフェに競り勝ったマドリーがバルサとの勝ち点差を4に拡大!《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは2日、ラ・リーガ第33節でヘタフェをホームに迎え、1-0で辛勝した。 前節エスパニョールに辛勝した首位レアル・マドリー(勝ち点71)は、勝利すれば今節アトレティコ・マドリーに引き分けた2位バルセロナとのポイント差を4に広げられる中、エスパニョール戦のスタメンから3選手を変更。アザール、バルベルデ、マルセロに代えてヴィニシウス、モドリッチ、F・メンディを起用した。 6位ヘタフェ(勝ち点52)に対し、立ち上がりからボールを握ったレアル・マドリーだったが、9分にピンチ。クロスボールがマクシモビッチの足に当たって枠に飛んだが、GKクルトワがファインセーブで防いだ。 すると、23分に最初の決定機。モドリッチのスルーパスで左サイドを抜け出したF・メンディのクロスにヴィニシウスがスライディングで合わせたシュートが枠の右を捉えるも、GKソリアのファインセーブに阻まれた。 36分にはセルヒオ・ラモスの浮き球パスからイスコがボレーでオンターゲットを記録したが、ここもGKソリアに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半もレアル・マドリーが攻め込む中、58分にモドリッチのミドルシュートでゴールに迫るも、直後にはメンディのクリアミスからマタのコントロールシュートでゴールを脅かされてしまう。 流れを掴みきれないレアル・マドリーは64分にヴィニシウス、イスコ、モドリッチに代えてアセンシオ、ロドリゴ、バルベルデを投入。 3枚替えでギアを上げにかかると、78分にPKを獲得する。右サイドを上がったカルバハルがボックス右に侵入したところで、マティアス・オリベラに倒された。 このPKをセルヒオ・ラモスが決めて先制したレアル・マドリーは、終盤にかけて危なげなく時間を消化。主将のゴールでヘタフェに競り勝ち、6連勝としてバルセロナとのポイント差を4に広げた。 2020.07.03 06:56 Fri
twitterfacebook