UEFAがC・ロナウドに忖度! 年間ベスト11でシステムを強引に変更か

2020.01.16 14:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
欧州サッカー連盟(UEFA)は15日、ファン投票による2019年の年間ベストイレブンを発表したが、今回の選出方法にUEFA側の忖度が疑われているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

UEFAは今回、『UEFA.com』のユーザー投票による2019年の年間ベストイレブンを発表した。

2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝チームのリバプールからGKアリソンベッカー、DFヴィルヒル・ファン・ダイク、DFトレント・アレクサンダー=アーノルド、DFアンドリュー・ロバートソン、FWサディオ・マネの最多5選手が選出されたほか、アヤックスの躍進を支えたDFマタイス・デ・リフト(現ユベントス)、MFフレンキー・デ・ヨング(現バルセロナ)の2選手が選出。

さらに、先日にバロンドールを受賞したバルセロナのFWリオネル・メッシ、マンチェスター・シティのMFケビン・デ・ブライネ、今季CLグループステージ得点王に輝いたバイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキらが順当に選出。その一方で物議を醸したのが、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドの選出だった。

『デイリー・メール』が伝えるところによれば、UEFAはここ数年の年間ベストイレブンを発表する際に2017年の[4-4-2]の布陣を除き、[4-3-3]の布陣に当てはめてメンバーを選出することが多かったという。

しかし、今シーズンはフォワード部門の4選手が選出される極めて異例な[4-2-4]の布陣を採用した。

そして、この特殊な布陣を選択した背景にはフォワード部門で4位の得票数だったC・ロナウドを何とかベストイレブンにねじ込みたいという、UEFA側の忖度があった可能性があるようだ。

同メディアの取材によると、ミッドフィルダー部門で得票数が3位だったのはチェルシーのMFエンゴロ・カンテだったが、UEFA上層部の忖度によって惜しくも選外となったという。

今回の異例の事態を受けて、『デイリー・メール』の取材に応じた関係者は、「これは本当によくないことだ。事実上、不正投票と言ってもいい。UEFA上層部にはロナウドの人気が高く、彼が選外となることを避けるためフォーメーションに変更が加えられた」と、手心が加えられたことを暴露した。

一方、UEFAのスポークスマンは同メディアからの取材に対して、「今年の編成はUEFA主催大会での成績と並行してファンの投票を反映したものだ。その結果、UEFAチャンピオンズリーグの優勝者とUEFAネーションズリーグのファイナリストが多く入った。フォーメーションは定期的に変更を加えているし、今年も例外ではない」と、UEFAネーションズリーグ優勝を考慮してのC・ロナウド選出であることを主張している。

なお、UEFAネーションズリーグ優勝のポルトガル代表の選手に関してはマンチェスター・シティのMFベルナルド・シウバが全体の得票数で12位に入っていたが、C・ロナウドと天秤にかける形でこちらも選外となったようだ。

◆UEFA 2019年ベストイレブン[4-2-4]
GK
アリソンベッカー(リバプール/ブラジル)

DF
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール/イングランド)
マタイス・デ・リフト(ユベントス/オランダ)
ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/オランダ)
アンドリュー・ロバートソン(リバプール/スコットランド)

MF
フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/オランダ)
ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー)

FW
リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)
クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス/ポルトガル)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド)
サディオ・マネ(リバプール/セネガル)

<div id="cws_ad">◆忖度はあった? div>

関連ニュース
thumb

ユーベ復帰説をトッテナム監督コンテが一蹴! 「無礼だ」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督(53)がユベントス復帰話を否定した。 ユベントスでは開幕からの低調な滑り出しより、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の更迭話が浮上中。イタリアメディアではコンテ監督を後任候補として取り上げ、本人も古巣復帰に前向きとしている。 だが、2021年11月からトッテナムを率い、今季で指揮2年目のコンテ監督は噂に不快感を表立たせたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がイタリア人指揮官のコメントを報じている。 「信じられないね。時期的にユベントスの監督にもトッテナムで働く私にも無礼だと思う。我々はシーズンを始めたばかりだ。この手の話は何度もしているし、私はハッピーだし、常にトッテナムでの時間をエンジョイできていると言っている」 「クラブと私はシーズンを通して、ベストな解決策を見つけていくんだ。そして、確かにトッテナムでの時間を楽しめている。オーナーやファビオ・パラティチとは素晴らしい関係にある。今後に向けて問題もない。我々2人は契約にサインしたんだ」 「誰かがこの話をしているのを聞きたくないね」 2022.09.30 15:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで「思うようにいかなかった」 ポグバも自覚

ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバにもマンチェスター・ユナイテッドで思い通りの活躍ができなかったという感覚があるようだ。 ユベントスでの4年間で実力を証明してみせ、2012年にユナイテッド復帰を果たしたポグバ。移籍金額も当時の史上最高額とまさに鳴り物入りだったが、相次ぐケガによる稼働率の悪さや、波の激しいプレーぶりからファンの信頼を掴み切れず、契約切れの今夏にユベントスでの再起を決意した。 ユナイテッドにもヨーロッパリーグとリーグカップの2つしかタイトルをもたらせず、周囲から失敗とする見る向きが強い29歳だが、本人もその自覚があるようだ。ファッション誌『GQ Italia』のインタビューでユベントス復帰を振り返るなかで、ユナイテッドでの歩みも語った。 「ユベントスに戻るという選択をしたのは僕の心だと思いたいし、そう言いたい。それにここに戻ってくるのにおそらく正しいタイミングだった。マンチェスターでのこの3年間はケガもあってコンディション面が整わず、思うようにいかなかったんだ。別にミステリーなんかじゃない」 「ユベントスはここ2年間、スクデットから遠ざかっている。僕らにとって良いチャレンジで、また一緒になり、双方にとって本来の居場所に立ち戻ろうとするための正しいタイミングだった。きっとね」 「自分のなかで、このジャージはすごく特別なもの。僕のベストを引き出してくれる。このチームとは良い歴史を築き、離れても決して忘れられないものだった。ここに戻ってくるというのはもっと頑張る理由になるし、刺激でもある。ここが自分の居場所だと疑ったことは一度もない」 2022.09.30 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルもボルシアMGの左SB獲得に動く!ユベントスとの争奪戦に

インテルがボルシアMGからアルジェリア代表DFラミ・ベンセバイニ(27)の獲得を検討しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 2015-16シーズンにレンタル加入したモンペリエで台頭したベンセバイニは、その翌年に完全移籍したスタッド・レンヌでは本職の左サイドバックを主戦場にセンターバックや守備的MFのポジションでプレーし、在籍3年間で公式戦98試合に出場していた。 また、2019年のボルシアMG加入以降は、左サイドバックのレギュラーとしてプレーしここまで公式戦90試合に出場し21ゴールを記録。今季もブンデスリーガ6試合で2ゴールを挙げていた。 高精度の左足のキックに186cmとサイズにも恵まれるアルジェリア代表DFを巡っては、ユベントスなどからの関連も伝えられているが、『ガゼッタ・デロ・スポルト』によればインテルも今冬の争奪戦に参戦。 なお、インテルはドイツ代表MFロビン・ゴセンスを獲得する以前から、ベンセバイニに関心を示しており、今でも代理人と話し合いを続けているとのこと。 また、同紙はEU外選手枠が埋まっているユベントスに対し、インテルには空きがあり、そのことが獲得の際に彼らのアドバンテージになると予想している。 ボルシアMGとベンセバイニは来夏までとなっているが、選手側が契約交渉に乗り気でない現状から来年1月にも500~800万ユーロ(約7億~11億円)の金額で手放しうると報じられるが、果たして。 2022.09.30 07:01 Fri
twitterfacebook
thumb

得点ペース鈍化のヴラホビッチ… 同胞の元ユーベFWが擁護「多くの利益をもたらす吉兆」

ユベントスで不振気味のセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチを、同胞の名ストライカーが擁護している。 今年1月に鳴り物入りでユベントスへ加入し、2季目を迎えたヴラホビッチ。今季はセリエA開幕から4戦4発と、エースとしての存在感を見せつけていたが、ここ最近は公式戦4試合連続でネットを揺らせていない。 だが、そんな状況で迎えた代表ウィークでは、27日のノルウェー代表戦で自身久々となるゴールを記録。旧ユーゴスラビア代表やユベントスなどで活躍したダルコ・コヴァチェビッチ氏はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、このゴールを契機にユベントスでも量産体制に入るはずだと、同胞の後輩に太鼓判を押した。 「ユベントスにとってのシーズンはまだまだ始まったばかりなのさ。現時点で何ひとつ状況が好転していないことは否定できないが、多くの重要なプレーヤーのケガが悪い影響を与えていると思う」 「ヴラホビッチ? 彼はパフォーマンスが上がっていなかったに過ぎない。ノルウェー戦の得点は彼がユーベに多くの利益をもたらす吉兆だよ。(ファンには)ユーベが並外れた重圧の中で戦わなくてはならないクラブであることを忘れて欲しくない」 2022.09.29 21:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ポグバがユベントスへの思い入れを明かす、リハビリには「笑顔で立ち向かう」

戦線離脱中のフランス代表MFポール・ポグバが、ユベントスへの思い入れを口にした。 ポグバは今夏にマンチェスター・ユナイテッドから6年ぶりの復帰を果たすも、開幕前の負傷で公式戦再デビューがお預けに。現在はリハビリ中で、11月に迫るカタール・ワールドカップ(W杯)の出場さえも危ぶまれている状況だ。 ポグバがいない現在のユベントスは混迷そのもの。早期の復帰を願う声が日に日に増す一方だ。そんななか、イタリア『GQ』のインタビューに応じたポグバはクラブへの思い入れを熱弁し、ピッチから遠ざかる現在の心境も吐露している。 「いつだってピッチに立ちたいし、ベストを尽くしたい。ユーベのシャツは特別なものだと知っていて、これこそがモチベーションを引き出してくれる。僕はユーベと美しい物語を紡いできた。ここが僕の家であることは疑いようがないね」 「かつてここを去った時、多くのファンからの感謝に触れた。当時の僕は今より若く、常に彼らが僕を後押ししてくれた。最近もSNSなどのメッセージやサポートには感謝しきれない。できるだけ早くピッチに戻り、勝利のために全力を尽くすと約束する」 「美しいキャリアかどうかなんて関係ない。フットボールと自分自身の課題や難題に対して、いつでも前向きに笑顔で立ち向かう。今は早く帰って来られるように日々頑張っているよ。フットボールを愛している。まだプレーしたい」 2022.09.29 19:51 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly