セルヒオ・ラモス 15日間の離脱の可能性…3試合を欠場か

2020.01.14 11:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、離脱する可能性が出ている。スペイン『アス』が伝えた。

マドリーは12日、スーペル・コパ・デ・エスパーニャ決勝でアトレティコ・マドリーと対戦。試合はゴールレスドローのまま決着が着かず、PK戦の末、マドリーが4-1で勝利して、2大会ぶりの優勝を決めた。

同試合にフル出場し、PK戦では最後のキッカーを務めて勝利を決めたセルヒオ・ラモス。しかし、今回の報道によれば、61分にFWアルバロ・モラタとの空中戦時に足首を捻っていたという。

これにより、セルヒオ・ラモスは15日間、離脱する可能性が。そうなれば、18日に行われるラ・リーガ第20節のセビージャ戦、22日に行われるコパ・デル・レイ3回戦(対戦相手未定)、26日に行われる第21節のバジャドリー戦を欠場することになる。

コメント
関連ニュース
thumb

「解決策を見つけられなかった」レアルのジダン監督が公式戦連敗に「自信をなくしている」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が「自信がない」と現状を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦でシャフタール・ドネツクと対戦したマドリーだが、DFセルヒオ・ラモスの不在も響いて前半だけで3失点。後半にMFルカ・モドリッチとFWヴィニシウス・ジュニオールのゴールで2点返したが、2-3で敗れて黒星発進となった。 17日に行われたラ・リーガ第6節のカディス戦に続けてホームで連敗を喫したジダン監督。自信をなくしている現状を嘆き、試合の入りに問題があったと述べた。 「もちろん最悪な感情だ。最終的にすべての要素が重なってしまった。最初の失点でミスを犯したが、自信やプレーなど多くのものが欠けていたのは事実だ」 「良かったのは後半、アクションを起こして、何かしら状況を変えた選手には満足している。これは悪い試合で、悪い夜だ。私は監督。解決策を見つけなければいけなかったが、見つけられなかった。選手にとっては難しい」 「欲求が欠けていたとは思わない。我々は上手く試合に入れず、ミスをしてゴールを許してしまった。そのあとはリーグ戦でも負けていたから自信をなくしている。2連敗は難しいが、これがフットボールだ。過去にも難しい時間はあり、頭を上げてしがみついていかなければならない。土曜日にも試合があり、最大限の集中力を持って、素晴らしい試合をする必要がある」 不調のマドリーだが、24日に敵地で行われるラ・リーガ第7節でバルセロナとの"エル・クラシコ"に臨む。大一番に向けて「何も答える必要がない」と明言を避けると、続けてこう述べた。 「土曜日の16時に発表して、試合の準備をする。質問について私が何かを話すかって?何もないね。様子を見よう。我々にとって今、重要なのは落ち着くことであり、私が回答するものは全てがポジティブではない。ネガティブな夜だからそれを変えなければいけない」 2020.10.22 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

低調マドリー、ホームでシャフタールに敗れて今季CL黒星スタート…《CL》

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節、レアル・マドリーvsシャフタールが21日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、アウェイのシャフタールが2-3で勝利した。 昨シーズン、ラウンド16でマンチェスター・シティに敗れた大会最多優勝を誇るマドリーは、3年ぶりの覇権奪還を目指してシャフタールとの今季CL初戦に臨んだ。 直近のラ・リーガで格下カディスを相手に今季初黒星を喫したジダン監督率いるチームは、今週末にバルセロナとのエル・クラシコを控える中、軽傷を抱えるセルヒオ・ラモスをベンチ外としたほか、ベンゼマ、クロース、ヴィニシウスをベンチスタートに。ヨビッチ、アセンシオ、ロドリゴの3トップを採用した。 立ち上がりにアセンシオが続けてフィニッシュまで持ち込むなど、攻勢を仕掛ける入りとなったマドリーだが、徐々に攻めあぐねて相手の鋭いカウンターに晒される。14分にはマイコンのフィードに抜け出したマルロスにGKと一対一の決定機を許すが、ここはGKクルトワのビッグセーブで事なきを得る。 だが、以降も攻撃から守備の切り替えの鈍さが目立つホームチームは、ここからまさかの展開を強いられる。 29分、左サイドからドリブルで内へ切り込んだコルニレンコにボックス中央でうまく潰れられると、ボックス右でボールを受けたチッチに先制点を決められる。さらに、直後の33分にはボックス手前右のチッチに強烈なミドルシュートを打たれると、GKクルトワが前に弾いたボールに反応したデンチーニョとの競り合いの中でDFヴァランが自軍ゴールにボールを流し込む、痛恨のミスが起きる。 この連続失点で完全に集中の糸が切れたマドリーは、ややファウルが増えるなど冷静に試合を運べない。すると、42分には左サイドから長い距離をドリブルで運んだソロモンにチッチとの連係からペナルティアーク付近に抜け出され、3点目まで献上した。 ホームで屈辱的な3点ビハインドで試合を折り返したマドリーは、ロドリゴに代えてエースのベンゼマをハーフタイム明けに投入。立ち上がりからリスクを冒して前に出ると、54分にはモドリッチがボックス手前から強烈なミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、反撃の狼煙を上げる。 さらに、59分にはヨビッチに代わって投入されたばかりのヴィニシウスが高い位置でマルロスからボールを奪ってそのままボックス内に侵入。冷静にゴール左隅にシュートを流し込み、瞬く間に点差を1点に縮めた。 残り時間を考えれば、ここから逆転まで見えてきたマドリーだったが、この連続ゴールでホッとしたのか、以降は押し込むものの、なかなか決定機まで持ち込めなくなる。逆に、前がかりなところを相手に引っくり返され、チッチやマルロスにビッグチャンスを与えるが、相手のフィニッシュの精度にも助けられ、何とか1点差を維持する。 その後、試合終盤にかけて人数をかけた攻撃で3点目を目指すマドリーは、試合終了間際にゴールネットを揺らす。92分、セットプレーの二次攻撃からボックス手前のバルベルデの地を這う強力なミドルシュートがGKの手を弾いてネットに吸い込まれた。 これで3点差を追いつき辛くも勝ち点1を引き寄せたかに思われたが、VARのレビューの結果、GKの前でオフサイドポジションにいたヴィニシウスが視界を遮ってプレーに関与したとの判定でゴールは取り消しとなった。そして、試合はこのままタイムアップ。 公式戦2試合連続の低調な戦いぶりで今季CL初戦を黒星でスタートすることになったマドリーは、連敗という苦しい流れの中で週末のクラシコに臨むことになった。 レアル・マドリー 2-3 シャフタール 【レアル・マドリー】 モドリッチ(後9) ヴィニシウス(後14) 【シャフタール】 チッチ(前29) OG(前33) ソロモン(前42) 2020.10.22 03:59 Thu
twitterfacebook
thumb

相手ディフェンスを真っ二つに切り裂く レアル攻撃陣の切れ味抜群の中央突破【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マドリーが見せた鮮やかな中央突破からベンゼマがゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4R3JiSW1oaSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リヨンで若きストライカーとしてブレイクを果たしたベンゼマは、2009年夏にレアル・マドリーに加入。スター軍団の主力へとステップアップを果たした。 得点以外にもポストプレーで上手さを見せるなど、欠かせない存在となっているベンゼマだが、2019年4月15日に行われた、ラ・リーガ第32節のレガネス戦では、見事な連携からゴールを決めている。 レガネスに先制を許し、0-1とリードされて迎えた51分、センターサークル付近でボールを持ったMFカゼミロが、相手ディフェンスライン前のスペースに入っていたMFルカ・モドリッチに楔のパスを入れる。 狭いスペースでボールを受けたモドリッチは、上手く反転してプレスに来た相手と入れ替わり、前を向く。絶好の位置でボールを持ったモドリッチは、裏へ走り出すベンゼマに向けてパスを送る。このパスをベンゼマがダイレクトでシュートを放つも、これは相手GKが一度セーブ。それでも、こぼれ球に詰めたベンゼマが今度はしっかりと決めきり、見事な同点弾を決めた。 このゴールで追いついたマドリーだったが、その後両チームにゴールは生まれず、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.10.21 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループB展望】マドリー本命揺るがずも残り1枠は混戦の予感

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。グループBは大会最多13度の優勝を誇るレアル・マドリーが大本命となるが、残り1枠を巡るインテル、シャフタール、ボルシアMGの3チームによる争いはし烈なものとなりそうだ。 ◆編集部予想 ◎本命:レアル・マドリー ○対抗:インテル △連下:シャフタール ☆大穴:ボルシアMG ◆スロースタートも総合力で頭一つ抜ける~レアル・マドリー~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 確実に勝ち点3を計算できるチームは1つもない実力拮抗の4チームが揃ったが、首位通過の大本命は最多優勝を誇るスペインの雄だ。昨季、ラ・リーガで宿敵バルセロナから覇権奪還を果たしたマドリーだが、CLではラウンド16でマンチェスター・シティに連敗で敗れ、同大会で圧倒的な勝負強さを発揮してきたジダン監督の下で初めての敗退となった。 今シーズンに向けてはコロナ禍の財政的な問題もあり、主力クラスの補強はゼロに終わり、新戦力と言えるのはレンタルバックのMFウーデゴール、DFオドリオソラのみとなっている。そのため、FWヴィニシウスやFWロドリゴの成長、加入2年目のMFアザール、FWヨビッチらの覚醒を促す継続路線のシーズンインとなったが、ここまでのリーグ戦では3勝1敗1分けとスロースタートを強いられている。 パフォーマンスは決して低調と言えるものではないが、攻撃面を中心に勝負強さやバイタリティを欠く場面も散見されている。これがシーズン序盤に起こりがちなコンディション的な問題なのか、はたまたマンネリなのか、よりモチベーションが高まるCLの舞台でハッキリするはずだ。とはいえ、実績、選手層を含め総合力では頭一つ抜け出ており、問題なく勝ち抜けを果たすはずだ。 ◆戦力十分もコンテの欧州戦の弱さは懸念材料~インテル~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> マドリーの対抗は昨季セリエA2位チームのインテルだ。シーズン終了後にはクラブ幹部との衝突により、退任の噂が浮上したコンテ監督だが紆余曲折を経て続投が決定。また、今シーズンに向けてはFWラウタロ・マルティネスの残留に加え、DFアクラフ・ハキミ、DFコラロフ、DFダルミアン、MFビダルと指揮官好みのキャラクターを持つ新戦力の補強にも成功し、より穴のないスカッドの構築に成功した。 ただ、優勝候補として迎えた国内リーグでは持ち味の堅守が鳴りを潜めており、直近2試合ではラツィオとドロー、ミランとのダービーで今季初黒星を喫するなど厳しい船出となっている。単純な戦力値、昨季ヨーロッパリーグ(EL)の準決勝でシャフタール相手に5-0の勝利を収めていることを考えれば、突破の可能性は高いと思われるが、そのELで準優勝に終わるなど、コンテ監督のヨーロッパでの弱さは払拭できておらず、その点が懸念材料だ。 ◆ホームとアウェイの戦い分けが重要に~シャフタール~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ウクライナリーグ4連覇にヨーロッパでの豊富な経験を考慮して3番手の評価。昨シーズンのCLではマンチェスター・シティやアタランタ相手に善戦し、ELでもベスト4進出を果たすなど、その実力は確かだ。今シーズンは就任2年目のルイス・カストロ監督の下、主力に大きなメンバー変更もなく継続路線を突き進み、国内リーグでも3勝3分けの無敗スタートを飾っている。 昨シーズンのCLグループステージではホームでの戦績が振るわなかったものの、伝統的にホームゲームで圧倒的な戦績を誇っているため、今大会でグループステージを突破するためにはそのホームで勝ち点3を狙う戦いを見せつつ、昨季のようにアウェイでもきっちり勝ち点を持ち帰りたい。 ◆経験面で劣るもハマれば突破の可能性十分~ボルシアMG~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2016-17シーズン以来の参戦となるため、評価は一番低いが、インテルとシャフタールとの間に大きな差はない。ザルツブルクで評価を高めたマルコ・ローゼ監督の下、昨季のブンデスリーガを4位フィニッシュしたドイツ屈指の名門は攻守両面でハードワークやアグレッシブさが印象的。 タレントの質では前述の3チームに劣るが、猛烈なプレス、縦に速い攻撃と自分たちの形がうまく出れば、バイエルンやドルトムントを苦しめるなど、強豪相手にも十分戦えるはずだ。攻守両面で要となるMFザカリアをケガで欠く序盤戦をしぶとく戦いながら、後半戦に勝負を懸けたい。 2020.10.21 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ジダン、リーグ敗戦直後のCLでチームの奮起を期待「我々は誰であるかを知っている」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、チームがチャンピオンズリーグ(CL)で奮起することを期待しているようだ。公式サイトが伝えている。 マドリーは、17日に開催されたラ・リーガ第6節で、カディス相手に0-1で敗れた。昇格組を相手にまさかのリーグ初黒星を喫した結果を受け、クラブには多くの批判が浴びせられることとなった。 ジダン監督は21日に開催が予定されるCLグループステージ第1節のシャフタール・ドネツク戦の前日会見に臨み、「CLに多くのことを期待している」と語るなど、チームに批判をはね返すようなパフォーマンスを望んでいる。 「(CLは)我々が望むものだ。この試合に向けて準備しているし、順調なスタートを切りたいと思っている。我々は自分が誰であり、何を望んでいるかを知っている。重要なのは準備することだ。CL獲得を狙うチームは多くいるからね」 「このチームは困難な時期でも常に改善できることを示してきた。私が言いたいのは、シーズンにはより良くなる特定の瞬間があり、それに向けて(チームは)努力しているということだ」 「シーズンの始まりだけで判断するのではなく、全体を通してから評価を下す必要がある。一般的に、すべてのチームが何かしら困難を抱えているだろう。我々は確実に課題を改善しているし、非常にうまくいく日もある」 「(カディス戦の質問に対して)いつも同じことについて話している。我々は、自分がすべきことを知っているんだ。負ければ批判は常にあるだろう。確かに我々は(カディス戦で)悪いゲームをした。しかし、明日はそれを変えられる別のゲーム(シャフタール戦)がある。我々は日々働き、一緒にいて、これから先に控えるすべてのもののために戦う」 また、ジダン監督は会見で現在の怪我人についても触れ、FWエデン・アザールとDFセルヒオ・ラモスがシャフタール戦を欠場すると明かした。 「アザールの怪我だけは予想外のものだった。私はここで一緒に仕事をしている選手を完全に信頼している。近いうちに(アザールとピッチで)会えることを願っている。我々にとって重要なのは、彼がシーズン中ずっと一緒にいてくれることだ」 「セルヒオは問題を抱えている。リスクを避けるため、今朝は一緒にトレーニングをしなかったんだ。(状態がどうなるか)明日確認する」 2020.10.21 16:30 Wed
twitterfacebook