公式戦5戦目で初黒星のバイエルン暫定監督、「チームを批判することはできない」

2019.12.01 17:47 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンを率いるハンジ・フリック暫定監督が自身にとって初黒星となったレバークーゼン戦を振り返った。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。

ニコ・コバチ前監督の解任を受けて、今月6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のオリンピアコス戦から暫定指揮官としてチームを率いるフリック暫定監督。

この間にチームは公式戦4連勝を飾り、16得点無失点と圧巻のスタッツを記録していた。しかし、11月30日に本拠地アリアンツ・アレーナで行われたブンデスリーガ第13節のレバークーゼン戦では1-2のスコアで敗戦。
相手得意の高速カウンターからFWレオン・ベイリーにドッペルパックを許した中、攻撃ではMFトーマス・ミュラーに今季リーグ戦初ゴールが生まれたものの、シュートが3度枠に弾かれる不運や相手守護神ルーカス・フラデツキーの驚異的なパフォーマンスもあり、試合内容には見合わない勝ち点0に終わった。

フリック暫定監督は同試合後、「チャンスを雑に扱ってしまった」と決定力不足を悔やみながらも、「チームを批判することはできない」と、自身の初黒星を振り返っている。

「前半に我々は2度注意を怠り、そこをレバークーゼンにうまく突かれてしまった。もちろん、彼らが巧みなトランジションを行うことを知っていたが、チームを批判することはできない」

「今日は非常に変化に富む試合だったと思う。それは我々にとっても観客にとってもだ。残念ながら良い結果で終わることはできなかった」

「我々は自らのチャンスをあまりに雑に扱ってしまった。試合をしっかりと分析する必要がある」

今回の敗戦によって新体制での連勝がストップした中、求められるのはその敗戦からのリバウンドメンタリティだ。そして、7日に控える次節は首位のボルシアMGとのタフなアウェイゲームとなる。

関連ニュース
thumb

東京五輪金メダリストのFWパウリーニョがレバークーゼン退団…契約終了まで母国にレンタル

レバークーゼンは1日、U-23ブラジル代表FWパウリーニョ(22)がアトレチコ・ミネイロにレンタル移籍することを発表した。 なお、レバークーゼンとパウリーニョの契約は2023年6月30日までとなっており、一方通行のレンタルという形となる。 ヴァスコ・ダ・ガマ下部組織出身のパウリーニョは、2017年6月にトップチームに昇格。ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが保持していたクラブの最年少ゴール記録(17歳と6日)を更新するなど、若くしてブレイクを果たした。 その後、2018年夏に加入したレバークーゼンではヒザ前十字じん帯断裂の重傷などもあり、在籍4年半で79試合9ゴール5アシストの数字にとどまっていた。 2021年に行われた東京オリンピックではU-24ブラジル代表の一員として金メダルを獲得したが、今シーズンはここまで公式戦7試合1ゴールと、熾烈な前線のポジション争いにおいて苦戦を強いられていた。 2022.12.02 00:47 Fri
twitterfacebook
thumb

ベイリーはバイエルン移籍の可能性もあった?「家にまで訪ねてきたが…」

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーは、かつてバイエルン移籍に近づいていたようだ。 レバークーゼン時代に一躍脚光を浴び、現在はアストン・ビラで活躍するベイリー。自身のポッドキャストでバイエルンへの移籍に近づいていた時期があったと振り返った。 「過去に大きな後悔がある… 素晴らしい話が僕に来たんだ。あのバイエルンが僕を欲しがり、家にまで訪ねてきた。彼らはロッベンの後釜を欲していたが、レバークーゼンが僕を手放してくれなかった」 ドイツ『ビルト』いわく、その時期とは2019年の夏で、バイエルンはベイリー獲得に本腰を入れたものの、最終的に断念し、代わりにインテルからクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(現トッテナム)を獲得。2019-20シーズンのバイエルンは3冠を達成した。 バイエルン移籍が叶わなかったことを悔やんだ一方、古巣レバークーゼンに悪い印象を残しているわけではなく、アストン・ビラを選んで正解だったとも付け加えた。 「レバークーゼンはトップクラブ。周辺環境、施設、スタジアム、そこで働く人たちは本当に素晴らしい」 「もう一つ忘れてはいけないのは、多くのクラブが僕に興味を持ってくれた中、ビラという素晴らしい場所に来れたこと。僕自身も勉強し、人に話を聞き、自分に最も適したチームを考えた。見つけることができたよ!」 2022.11.30 18:19 Wed
twitterfacebook
thumb

遠藤負傷欠場のシュツットガルト、伊藤フル出場もレバークーゼンにシャットアウト負け《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは12日、ブンデスリーガ第15節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。シュツットガルトのDF伊藤洋輝はフル出場、MF遠藤航は負傷欠場している。 前節ヘルタ・ベルリン戦をラストプレー弾で劇的勝利とした15位シュツットガルト(勝ち点14)は、遠藤が脳震とうにより欠場となった中、伊藤が[4-3-3]の左サイドバックでスタメンとなった。 13位レバークーゼン(勝ち点15)に対し、守勢の入りとなったシュツットガルトは30分に押し切られる。ディアビに持ち上がられ、ボックス手前からコントロールシュートを決められた。 ハーフタイムにかけても好機を作れなかったシュツットガルトは1点ビハインドのまま前半を終えた。 迎えた後半もレバークーゼンのペースで進む中、63分にピンチ。ディアビの左クロスに合わせたフリンポンのシュートがバーに直撃した。 そして77分にはフリンポンにボレーシュートでネットを揺らされるも、わずかにオフサイドで助かった。しかし82分、CKからターに決められ万事休す。 レバークーゼンの前に全くチャンスを作れなかったシュツットガルトは敗戦でブレイクに入ることとなった。 2022.11.13 01:25 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサvsユナイテッドのビッグカードがPOで実現! 守田英正、南野拓実、原口元気の対戦相手は?《EL》

7日、ヨーロッパリーグ(EL)のノックアウトステージ・プレーオフ組み合わせ抽選会が行われた。 カタール・ワールドカップ(W杯)がシーズン中に開催されることで、通常よりも過密日程で行われた今シーズンのEL。グループ首位がラウンド16に、2位はチャンピオンズリーグ(CL)のグループ3位チームとのプレーオフを戦い、ラウンド16に進む。 バルセロナやユベントス、アヤックスなど強豪クラブがCL敗退となった中、日本代表MF守田英正が所属するスポルティングCPもプレーオフに参加した。一方で、ELからは日本代表MF南野拓実が所属するモナコ、日本代表MF原口元気が所属するウニオン・ベルリンが参加している。 なお、DF冨安健洋のアーセナル、MF堂安律のフライブルク、MF久保建英のレアル・ソシエダ、DF町田浩樹のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズは1位で突破し、既にラウンド16進出を決めていた。 そんな中、2年連続でCLをグループステージで敗退となったバルセロナは、マンチェスター・ユナイテッドと対戦することに。プレーオフの最大のカードとなった。 また、守田のスポルティングCPはミッティラン、南野のモナコはレバークーゼン、原口のウニオン・ベルリンはアヤックスとの対戦が決まった。 ◆2022-23シーズン ELプレーオフ組み合わせ バルセロナ(CLグループC・3位) vs マンチェスター・ユナイテッド(ELグループE・2位) ユベントス(CLグループH・3位) vs ナント(ELグループG・2位) スポルティングCP(CLグループD・3位) vs ミッティラン(ELグループF・2位) シャフタール・ドネツク(CLグループF・3位) vs スタッド・レンヌ(ELグループB・2位) アヤックス(CLグループA・3位) vs ウニオン・ベルリン(ELグループD・2位) レバークーゼン(CLグループB・3位) vs モナコ(ELグループH・2位) セビージャ(CLグループG・3位) vs PSV(ELグループA・2位) ザルツブルク(CLグループE・3位) vs ローマ(ELグループC・2位) 3 個のファイル 2022.11.07 21:33 Mon
twitterfacebook
thumb

【CLグループB総括】本命アトレティコがまさかの敗退、ブルージュがサプライズ

グループBでは本命と見られたアトレティコ・マドリーがまさかの敗退。最弱と思われたクラブ・ブルージュが早々に決勝トーナメント進出を決めるサプライズを起こした。 ■順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ポルト[12/4/0/2/5] 2.クラブ・ブルージュ[11/3/2/1/3] 3.レバークーゼン[5/1/2/3/-4] 4.アトレティコ・マドリー[5/1/2/3/-4] ◆戦術浸透で5季ぶり突破~ポルト~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2017年から指揮を執るセルジオ・コンセイソン監督の戦術が浸透しきっているポルトはやはり大崩れはしなかった。2連敗スタートと厳しい入りとなったが、レバークーゼンとの連戦を連勝し、そこから怒涛の4連勝。終わってみれば首位での通過を決めた。堅守速攻スタイルからFWタレミが攻撃陣を牽引して5ゴールをマーク。5季ぶりの決勝トーナメント進出を果たした。 ◆クラブ史上初の突破~クラブ・ブルージュ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_6_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 4季連続グループステージ敗退とラウンド16への高い壁を越えられずにいたブルージュがついに乗り越えた。至宝MFデ・ケテラエルを失ったブルージュだったが、ホームではアグレッシブに戦い、アウェイでは守護神ミニョレを軸に耐え忍ぶ老獪な戦い分けを見せ、チームとしての成熟さを示した。4試合を終えた段階で3勝1分けとし早々にグループステージ突破を決めるサプライズを起こした。 ◆シャビ・アロンソ就任も巻き返しならず~レバークーゼン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_6_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> セオアネ体制で4季ぶりのCL出場となったレバークーゼンだったが、思わぬ不振に陥った。主力の流出はなかったものの、若き至宝MFヴィルツの負傷が痛く低迷した。第3節でポルトに敗戦後、セオアネ前監督が解任に。しかし監督初挑戦のシャビ・アロンソが指揮官に就任後も低迷が続き、1勝を挙げるに留まった。攻撃スタイルで挑んだが、FWシックは不発に終わってノーゴール。まだまだ経験不足が否めないチームだった。 ◆まさかの最下位で敗退~アトレティコ・マドリー~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221102_6_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> この組み合わせでアトレティコが敗退に追い込まれると予想できた人は少なかったのではないか。ノックアウトラウンド常連の成熟しきったチームが意外な躓きを見せた。序盤は新戦力のMFヴィツェルを3バックの中央に据える新スタイルで臨み、初戦のポルト戦を勝利。しかし続くレバークーゼン戦で躓くと、ブルージュとの連戦で1分け1敗と負け越してしまった。主体的に相手を崩す術をさほど持ち合わせていないことを露呈し、5季ぶりのグループステージ敗退となった。 2022.11.04 17:01 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly