日本代表がキルギス到着! 約2時間遅れも和やかムード

2019.11.11 11:11 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表は11日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選が行われる、キルギスのビシュケクに到着した。当初の予定より2時間ほど遅れて日本代表は到着。深夜の到着となり、気温は低く天候は雨だった。

先にGKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)が到着。少し遅れ、国内組7名と森保一監督、日本代表スタッフが到着した。
(C)CWS Brains,LTD.

FW永井謙佑(FC東京)を先頭に、MF橋本拳人(F C東京)、DF室屋成(FC東京)、MF山口蛍(ヴィッセル神戸)、FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)、DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス)、DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)が到着。深夜過ぎの移動ということもあり疲れの色は感じたが、和やかなムードだった。
長距離移動もあった中、永井はビシュケクの夜風に当たり「気持ちいい」と呟いていた。
(C)CWS Brains,LTD.

また、森保監督は「出来ることをやるだけ、ベストなコンディションで臨みたい」と14日に迎えるキルギス戦に向けコメント。同日からスタートするビシュケクでのトレーニングのため、そのままホテルへと向かった。

日本代表は海外組も合流し、ビシュケクでトレーニングを行い、14日にキルギス代表とのカタールW杯アジア2次予選に臨む。

関連ニュース
thumb

日向坂46の影山優佳さん本領発揮! スペイン戦予想がドンピシャ的中、選手へのコメントも秀逸

日向坂46の影山優佳さんが、サッカーフリークぶりをまたしても発揮した。 アイドル界ではNo.1のサッカー通として知られ、キャッチコピーも「あなたのハートにゲーゲンプレス」と、サッカー色丸出しの影山さん。ただサッカーが好きなだけでなく、試合を含めてよく観ており、その分析力や知識はプロをも驚かせるほどだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)では「ABEMA」の中継にスタジオゲストとして登場。日本代表の試合では、解説を務めた本田圭佑に鋭い質問をして驚かすほどだった。 その影山さんはスペイン代表戦もスタジオで試合を見守り、2-1の劇的な逆転勝利を目の当たりにしていた。 影山さんは、試合前にスペイン戦を予想していたのだが、なんとドンピシャで予想を当て、そしてプランがぴたりとハマったから驚きだ。 影山さんの予想は2-1で日本が勝利するというもの。ポイントにはハイプレスを挙げており、注目選手には三笘薫を挙げており、全て予言したかのような展開となったのだ。 生放送ながら感極まりそうな影山さんは、日本代表の選手たちへの感謝の言葉を忘れなかった。 「日本代表の選手が色々な批判にさらされている中で、私たちは応援の言葉をかけることしかできなかったです。それに無力さを感じていたんですが、皆さんが自分の力で勝利と称賛を手にされたことが本当に嬉しかったです」 選手にとっても非常に嬉しいであろう言葉がすぐに出てくるあたり、本当にサッカーを愛していることが伝わってくる。 これにはナインティナインの矢部浩之さんも「あなたこれでまたバズるよ」と弄り。日本の勝利も相まって、スタジオは笑顔に包まれた。 ちなみに、この日のゲストに来ていたキックボクサーの武尊さんも強運の持ち主。なんと「ABEMA」のゲストに来たのがスペイン戦で3試合目だったが、1試合目がアルゼンチン代表vsサウジアラビア代表、2試合目がドイツ代表vs日本代表、そしてスペイン戦と全て1-2のアップセットとなっていたことが発覚。こちら持っているということだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】影山優佳さん、日向坂46の齊藤京子さんと日本代表ユニで2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClOOhSpppr9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClOOhSpppr9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClOOhSpppr9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">影山優佳 / Yuka Kageyama(@kageyamayuka_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.02 08:20 Fri
twitterfacebook
thumb

「心から敬意を」岸田首相が日本代表のスペイン撃破を喜ぶ「喜びを国民の皆さんとともに分かち合いたい」

岸田文雄首相が、日本代表の勝利を喜んだ。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節が行われ、日本はスペイン代表と対戦した。 勝てばグループステージ突破が決まる試合。スペインも負ければ敗退の可能性もある中で、日本は前半に先制を許してしまう。 しかし、ハーフタイムでの交代策が実ると、48分に堂安律、53分に田中碧が得点し逆転。その後はスペインの攻撃に耐え、2-1で勝利を収めた。 史上初のグループステージ首位通過、そして初めて2大会連続でベスト16入りを果たした日本。新しい景色を見ることを目標にしていたチームは、ひとまず結果を残した。 岸田首相はツイッターを更新。日本の勝利を喜んだ。 「スペインに勝利!W杯グループリーグ1位突破おめでとうございます!森保監督、選手の皆さんは大きなプレッシャーがかかる中、ここ一番の大勝負で素晴らしい結果を残されました」 「皆さんの奮闘に心から敬意を表し申し上げます。そしてリーグ突破の喜びを国民の皆さんとともに分かち合いたいと思います」 <span class="paragraph-title">【SNS】岸田首相も日本のスペイン撃破を喜ぶ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">スペインに勝利!W杯グループリーグ1位突破おめでとうございます!<br>森保監督、選手の皆さんは大きなプレッシャーがかかる中、ここ一番の大勝負で素晴らしい結果を残されました。皆さんの奮闘に心から敬意を表し申し上げます。そしてリーグ突破の喜びを国民の皆さんとともに分かち合いたいと思います。</p>&mdash; 岸田文雄 (@kishida230) <a href="https://twitter.com/kishida230/status/1598422209089110016?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.02 07:50 Fri
twitterfacebook
thumb

特別な一戦で不完全燃焼の久保建英、チームの勝利喜ぶも悔しさ滲ます「少し悔しい気持ち」

日本代表のMF久保建英が歴史的勝利を飾ったスペイン代表戦を振り返った。 日本は1日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節でスペインと対戦し、2-1で逆転勝利した。 ここまで1勝1敗の2位でグループ首位のスペインとの最終節を迎えた日本は、立ち上がりから5バックに近い形で慎重な入りを見せる。だが、前半の12分には右サイドのDFセサール・アスピリクエタからのクロスをゴール前のFWアルバロ・モラタに頭で決められて先手を許す。 それでも、粘り強い守備で2失点目を凌ぎつつ、要所でカウンターからチャンスを創出した日本は、MF三笘薫、MF堂安律を投入した後半序盤に鮮やかな逆転劇を演じた。 まずは48分にカウンターから堂安のゴールで同点に追いつくと、その5分後の53分にはボックス右で縦に仕掛けた堂安が右足でクロス。ファーサイドに流れたボールをゴールラインぎりぎりの位置で三苫が折り返し、最後はMF田中碧が押し込んだ。 以降はスペインの猛攻に晒されたが、ディフェンスラインを中心とした粘り強い守備に加え、途中投入の選手のハードワークでこのリードを守り切り、初戦のドイツ代表戦に続く見事な逆転勝利でグループリーグ突破と共に望外の首位通過を達成した。 同試合後、先発出場も前半のみの出場に終わった久保は個人としての悔しさを認めながらも、チームの勝利を素直に喜んでいる。 「正直、勝ったのですべてがどうでもいいですが、個人的に今日はあの前半の出来で自分が代わるとは思っていなかったので、少し悔しい気持ちもありました」 「ただ、しっかりと周りのベテランの選手から『チームを信じろ』と声をかけてもらって、交代で入った(堂安)律選手が一発のチャンスで決めてくれました。その後、(ゴールラインを)出ていたか出ていなかったかは分からなかったですが、三笘選手も身体を張ってくれてたぶん足首も痛いのに、ああやって最後まで張ってくれて(田中)碧くんが決めてくれました」 「あとは死ぬ気で守って、途中に相手(他会場)の試合展開が何度も動いてスペインも攻めなければいけない状況になって冷や冷やしましたが、ゴンさん(権田)も最後にしっかりとシュートを止めてくれて一丸となった掴んだ勝利でした。とりあえず、僕も荷物をまとめていなかったので、ここで帰るということにならなくてホッとしています」 また、自身が長らくスペインでプレーしていることもあり、誰よりも強いモチベーションで臨んだ久保。それだけにチームの結果とは裏腹に消化不良の思いが強いようだ。 「正直、周りから見ていて自分のコンディションが良いとみんなが思っていたと思います。ただ、途中から0-1の状況では決まっていた交代だったかもしれないですし、そこは自分が結果を残せなかったので、これ以上なにか言うつもりはないです。ただ、コンディションは良いので次に向けて良い準備をしていきたいです」 ラウンド16ではグループFを2位通過した前大会準優勝のクロアチア代表との対戦が決定した中、久保はドイツ、スペインを撃破した自信を胸に難敵撃破に意気込んでいる。 「正直、トーナメントの相手を見る余裕は僕らにはなかったので、クロアチアがどういうプレーをするのかは全く分からないですが、この2チームに勝ってクロアチアに負けるのはもったいないと思うので、ここからはひとつ負ければその時点で終わりなので、まずは一試合一試合。あと一試合で日本の歴史に名を刻めると思うので、その歓喜の輪を生めるような選手になりたいと思います」 2022.12.02 07:41 Fri
twitterfacebook
thumb

「これだから代表は辞められない」日本の主将・吉田麻也、スペイン撃破の要因はプランの遂行「徹底してやれた」

日本代表キャプテンのDF吉田麻也(シャルケ)が、スペイン代表戦の勝利を喜んだ。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループE最終節で日本はスペインと対戦した。 グループ首位のスペインに対し、2位の日本は負ければ敗退が決定。引き分けでも厳しい状況となっており、勝利が必要な状況だった。 吉田は3試合連続でスタメン出場。スペイン戦は[3-4-2-1]でスタートし、3バックの中央で板倉滉、谷口彰悟とディフェンスラインを形成した。 試合は前半にアルバロ・モラタにゴールを許し0-1で後半へ。失点後は押し込まれる時間帯が続いたが、吉田を中心にしっかりと相手のポイントを押さえた守備を見せていた。 チームはハーフタイムで2人を代えると、48分に左サイドで三笘薫、前田大然がプレスをかけ、最後はこぼれ球を拾った堂安律がボックス手前から左足一閃。GKウナイ・シモンの手を弾きながら豪快にネットを揺らし、同点に追いついた。 その5分後に三笘がラインギリギリのところで折り返し、田中碧がゴールを決めて逆転。VARのチェックが入る中、非常に微妙な判定ながらわずかにラインを割っておらず、アシストとなった。 日本はスペインの攻撃に耐え続け、2-1で勝利。首位でのグループステージ突破を果たすこととなった。 試合後のインタビューに応じた吉田は「言葉になりません。これだから代表は辞められないです。最高でした」と素直にスペイン戦の勝利、そしてグループステージ突破を喜んだ。 3バックについては「いくつか相手の試合を見て、僕たちは去年の夏にオリンピックで4バックで対戦していて、なかなか難しいんじゃないかということで、3バック、5バックでしっかりハメに行って、後ろは我慢するというプランでした」とコメント。「立ち上がりに失点して、そこから苦しい時間が続きましたが、ドイツ戦と同じように我慢して、後半チャンスを窺うことをしていたので、上手くいって良かったです」と、失点こそしたが、耐え続けることができたことが、勝利に繋がったとした。 それでも、失点シーン以外は前に出てアグレッシブな守備も見せていた日本。「裏にダイレクトのボールというよりは、間で受けて、3人目の動き、コンビネーションが危なかったので、モラタのところで起点を作られないように気にしていましたし、真ん中にボールが入ったときに、必ず1人が潰しに行けるように徹底してやりました」とコメント。プラン通りの守備を行えたとした。 そして逆転後もスペインがボールを回して押し込む展開に。それでもほとんどピンチはなかったが「めちゃくちゃ長く感じました」とコメント。「ただ、ブロックさえしっかり引けば、相手が引いた相手になかなかこじ開けるのは難しいというのはなんとなくイメージできていたので、それを最後まで長い時間でしたが徹底してやれたことと、全員が戦った結果だと思います」と、後半も前半同様にしっかりと耐えられたことが勝利に繋がったとした。 次は前回大会準優勝のクロアチア代表との試合。新しい景色であり、目標であるベスト8にあと1つとなった。 「本来の自分たちの目標は次に勝つことなので、今日もここで帰るわけにはいかないとみんな言っていましたし、もっともっとみんなと楽しく毎日サッカーやりたいですし、代表として戦える喜びを毎日噛み締めて、もっともっと上に行きたいと思っています」 「日本の多くの人たちが朝早くから応援してくれたと思いますし、スタジアムでもたくさんの日本人の方、地元の方も応援してくれて、凄く力になっています」 「これでまたサッカー熱が盛り上がって、色々な関心がサッカーに向いてくれれば僕たちとしては非常に嬉しいですし、もう1つ勝って、日本の歴史を変えたいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】堂安律が豪快に左足で叩き込む同点弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 1-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/ESP?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ESP</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A0%82%E5%AE%89%E5%BE%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#堂安律</a> が豪快な左足!<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/Ufw1d831A4">https://t.co/Ufw1d831A4</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/n9LCBWy2zN">pic.twitter.com/n9LCBWy2zN</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1598408065854091264?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫の圧巻の折り返しから、田中碧が詰める!VARチェック後の歓喜も</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 2-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/ESP?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ESP</a><br>改めて <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E7%AC%98%E8%96%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三笘薫</a> の折り返しから <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%A2%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#田中碧</a> の逆転ゴール <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/Ufw1d831A4">https://t.co/Ufw1d831A4</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/uTRD8oSSRy">pic.twitter.com/uTRD8oSSRy</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1598430430151462915?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/JPN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#JPN</a> 2-1 <a href="https://twitter.com/hashtag/ESP?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ESP</a><br>VARチェックの結果 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#日本代表</a> が逆転!!<a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/Ufw1d831A4">https://t.co/Ufw1d831A4</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/UdEhLoynsu">pic.twitter.com/UdEhLoynsu</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1598409122722242560?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】正夢となった長友佑都のブラボー!</span> <span data-other-div="movie3"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%95%B7%E5%8F%8B%E4%BD%91%E9%83%BD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#長友佑都</a> のブラーボ! <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/Ufw1d7KSlW">https://t.co/Ufw1d7KSlW</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/H4YpZtMOwb">pic.twitter.com/H4YpZtMOwb</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1598425801375903745?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.02 07:38 Fri
twitterfacebook
thumb

「みんなブラボー!」長友佑都がスペイン撃破に「ブラボー!」連発、新しい景色に向け3度目の正直へ「最高のチームで絶対次も勝ちたい」

日本代表DF長友佑都(FC東京)が、スペイン代表戦の勝利を喜んだ。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループE最終節で日本はスペインと対戦した。 グループ首位のスペインに対し、2位の日本は負ければ敗退が決定。引き分けでも厳しい状況となっており、勝利が必要な状況だった。 長友は3試合連続でスタメン出場。スペイン戦は[3-4-2-1]でスタートしたため、ウイングバックに入ってプレーした。 ニコ・ウィリアムズがサイドに張り付いていたこともあり、長友はなかなか前に出られず、ケアをすることに。それでも、時間の経過と共に、アグレッシブさを出していく。 試合は前半にアルバロ・モラタにゴールを許し0-1で後半へ。長友はハーフタイムに三笘薫と交代してベンチに下がったが、チームは48分に左サイドで三笘薫、前田大然がプレスをかけると、こぼれ球を拾った堂安律がボックス手前から左足一閃。GKウナイ・シモンの手を弾きながら豪快にネットを揺らし、同点に追いついた。 その5分後に三笘がラインギリギリのところで折り返し、田中碧がゴールを決めて逆転。VARのチェックが入る中、非常に微妙な判定ながらわずかにラインを割っておらず、アシストとなった。 日本はスペインの攻撃に耐え続け、2-1で勝利。首位でのグループステージ突破を果たすこととなった。 試合後のインタビューに応じた長友は「ブラボー!」と第一声。「まじみんなブラボー。ほんとありがとう。まじでブラボー!」と勝利を喜び、チームメイトを称えた。 試合の2日前、トレーニング後の取材では「スペイン戦に勝利してブラボー!って言っている夢を見た」とコメントしていたが、それが現実のものに。「この光景そのままです。そのまま見ました」と正夢になったが、「チームメイトも監督もスタッフもみんなブラボーだし、スタジアムで応援してくれたサポーターの皆さんもブラボーやし、日本でテレビの前で応援してくれた皆さんもブラボーやし、みんなブラボー!凄すぎる。感謝したいです。ありがとうございます」と、日本代表に関わる全ての人に感謝の気持ちを伝えた。 4度目のW杯。その中でもドイツ代表、スペイン代表と世界の強豪に2勝したのは初めてだ。長友は「手応えはもちろんありますし、コスタリカ戦で負けてから、凄く厳しい3日間を過ごしました」と批判も多く集まった廃線からの立ち直りが大変だったとコメント。「それでもみんなこの壁を乗り越えて、リバウンドメンタリティを発揮して、強い気持ちで今日臨めた結果が、この結果に繋がったと思います」と、選手たちの奮起を喜んだ。 そして次は、新しい景色であるベスト8を見るためにクロアチア代表と対戦する。過去2度たった舞台で、2度敗れた舞台でもあるラウンド16。「2回本当に悔しい思いをしているので、絶対にこのみんなで、この最高のチームで新しい景色を見るために、絶対次も勝ちたいと思います」とコメント。クロアチア戦の必勝を誓った。 <span class="paragraph-title">【動画】正夢となった長友佑都のブラボー!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E9%95%B7%E5%8F%8B%E4%BD%91%E9%83%BD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#長友佑都</a> のブラーボ! <a href="https://twitter.com/ABEMA?ref_src=twsrc%5Etfw">@ABEMA</a> で視聴中 <a href="https://t.co/Ufw1d7KSlW">https://t.co/Ufw1d7KSlW</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ABEMA%E3%81%A7FIFA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ABEMAでFIFAワールドカップ</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#本田の解説</a> <a href="https://t.co/H4YpZtMOwb">pic.twitter.com/H4YpZtMOwb</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1598425801375903745?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.02 07:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly