鈴木優磨の電光石火弾などでシント=トロイデンが開幕白星を飾る!《ジュピラー・プロ・リーグ》

2020.08.09 22:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
ジュピラー・プロ・リーグ第1節のシント=トロイデンvsヘントが9日に行われ、2-1でシント=トロイデンが勝利した。シント=トロイデンのFW鈴木優磨は75分までプレーし、2分に今季初ゴールをマーク。今夏に加入したMF中村敬斗は59分までプレーし、DF松原后はベンチ入りも出場せず。GKシュミットダニエル、MF伊藤達哉はベンチ外となった。シント=トロイデンが、昨季2位のヘントをホームに迎えた開幕節。試合は開始早々に動くを見せる。2分、サンコンのサイドチェンジを左サイドで受けたポル・ガルシアが早いタイミングでクロスを供給すると、相手DFにディフレクトしたボールを鈴木が押し込み、シント=トロイデンが先制した。

その後は一進一退の攻防が続く中、シント=トロイデンは43分にピンチ。右CKをプラストゥンが合わせると、クロスバー内側を叩いたがボールはそのままゴールラインを割った。

追いつかれたシント=トロイデンは、59分に中村を下げてイ・スンウを投入。すると直後の60分、デ・リッダーの左クロスを相手DFが中途半端にクリアすると、キャッチに飛び出したGKとDFが接触。

イ・スンウが押し込んだシュートはゴール前に戻ったDFが弾き返されたが、セカンドボールに素早く反応したコリーディオがダイレクトシュートを流し込み、シント=トロイデンが勝ち越しに成功した。

結局、これは決勝点となり、シント=トロイデンが2-1で勝利。開幕戦を白星で飾った。

シント=トロイデン 2-1 ヘント
【シント=トロイデン】
鈴木優磨(前2)
コリーディオ(後15)
【ヘント】
プラストゥン(前43)
コメント
関連ニュース
thumb

日本人5選手所属のシント=トロイデンがマスカット監督の解任を発表…14試合で3勝と低迷

シント=トロイデンは2日、ケビン・マスカット監督(47)の解任を発表した。 マスカット監督は、6月に退任を発表したミロス・コスティッチ前監督の後任としてシント=トロイデンの指揮官に就任。しかし、今シーズンは14試合を消化した段階で3勝5分け7敗の16位と低迷していた。 なお、後任監督は決定し次第発表され、セカンドチームのステファン・ファン・ウィンケル監督が暫定指揮官としてトップチームを率いるという。 現在シント=トロイデンには、日本代表GKシュミット・ダニエルやFW鈴木優磨、MF中村敬斗、FW伊藤達哉、DF松原后の日本人5選手が在籍している。 2020.12.03 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨PK弾&中村敬斗が移籍後初ゴールもシント=トロイデンは敗戦《ジュピラー・プロ・リーグ》

1日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグの第11節、ムスクロンvsシント=トロイデンが行われ、3-2でムスクロンが勝利した。 シント=トロイデンはFW鈴木優磨と日本代表GKシュミット・ダニエルが先発フル出場。78分から途中出場したFW中村敬斗が後半アディショナルタイムに移籍後初ゴールを決めた。 試合は18分にマルコ・バキッチのゴールでムスクロンが先制。53分にはヌーノ・ダ・コスタが追加点を奪い、ムスクロンがリードを2点とする。 しかし63分にPKを獲得すると鈴木優磨がしっかりと決めて1点差に。しかし、81分にイマード・ファラジュがゴールを決めて、再びリードが2点に広げる。 すると、後半アディショナルタイム、クロスボールをボックス手前でヘディングで落とすと、ボックス中央で落としを受けた中村がシュート。これがゴール左に決まり、1点差に。中村は移籍後初ゴールとなった。 しかし、結局反撃はここまで。3-2で敗れた。 ムスクロン 3-2 シント=トロイデン 1-0 18分:マルコ・バキッチ(ムスクロン) 2-0 53分:ヌーノ・ダ・コスタ(ムスクロン) 2-1 63分:鈴木優磨(シント=トロイデン) 3-1 81分:イマード・ファラジュ(ムスクロン) 3-2 91分:中村敬斗(シント=トロイデン) 2020.12.02 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ビルドアップに長けるGKシュミット・ダニエル、メキシコ代表戦に向けて「価値を示せるチャンス」

パナマ代表戦を終え、一夜明けた14日に日本代表のメンバーが取材に応じた。 日本は13日、パナマと国際親善試合を戦い、南野拓実のPKで1-0と勝利を収めた。 この試合では、前半は[3-4-2-1]のシステムと、出場機会の少ない選手が多く起用されたことでなかなか機能しなかったが、後半に大きく流れを掴みチャンスを演出。主導権を握って試合を進めていた。 一夜明け、GKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)が取材対応。10月のコートジボワール戦について改めて振り返ると「守備機会もあまりなくてシュートも少なかったので、良いパフォーマンスだったかどうかは判断しづらいですが、ボールを受けてさばくというところは多少はチームの助けになれたと思っています」とビルドアップの部分でチームに貢献できたと感じているようだ。 ケガもあり前回の合流時にはまだクラブでプレーしていなかったシュミット・ダニエル。しかし、10月の代表戦後はクラブでも出場機会を得たが「代表で試合に出させてもらって、10カ月ぐらい遠ざかっていた中でプレーして、またちゃんとパフォーマンスできるというのは自信を得られました」と代表戦でピッチに立てたことがプラスだったとコメント。「コートジボワール戦があったことで、そのあとのチームの試合出場につながったというのがあると思います」と、試合に出られるようになったのもコートジボワール戦があったからだとした。 シント=トロイデンに移籍してからは、持ち味でもあるビルドアップでの成長が図れているシュミット・ダニエル。「シント=トロイデンに来た時の監督がビルドアップの面ではかなり高い要求をしてくる監督で、その要求に応えられるように考えてプレーした結果、自分の新しいビルドアップの選択肢を得られたのは成長だと思います」とコメント。自身でも手応えがあるといい、「フィールドのどこに空いているスペースがあって、そこに仲間が入ってきたら出せる。人を探すというよりは、スペースを見つけておいて、人が入ってきたら出すというイメージです」と、やり方も少し変わったと明かした。 また、大きな変化としては「セービングの面では止めるべき範囲のボールはちゃんと止めよう。日本では全部止めたいと思っていたけど、止めるべき範囲のボールをしっかり止めるということを意識しています」とし、セービング面での意識の変化があったようだ。 ビルドアップという点では、13日に行われたパナマ戦では前半は特に上手く機能させられていなかった。スタンドから試合を観たシュミット・ダニエルにとって3バックでのイメージは「GKがボールを持った時に、中央のマヤくん(吉田麻也)が真ん中にいると被ってもったいないので、どっちかのサイドに行って、そっちのCBが高く出るようになって、4バックのようになる感じ」とコメント。「そこへの関わり方は3バックと4バックとあまり変わらないなと思っていました」と語った。 ただ、「ビルドアップがうまくいかない感じも前半は特にあったんですが、GKが何かできるかと考えたら、昨日の試合はできないかなと思います」とし、GKの関わり方以前の問題が生まれていたと感じたようだ。 前回も2試合目のコートジボワール戦に出場したシュミット・ダニエル。同じ流れでいけば、17日のメキシコ代表戦での出場が考えられるが、「試合に出た場合は、かなり厳しい試合になると思っています。その中で自分がどれだけチームを助けられるかは、自分の価値を示せるチャンスだと思います。頑張りたいです」と強い意気込みを示した。 現在の日本代表では、GK川島永嗣(ストラスブール)、GK権田修一(ポルティモネンセ)とともにポジションを争っている状況。正守護神になることについては「結果を出し続けることしかないと思います。チームの勝利に貢献することが一番大切だと思います」とコメント。「それをするには試合に出なくてはいけないですが、試合に出るためには練習でたくさんシュートを止めて、GKとして当たり前のことをやっていくしかないかなと思います」と、日頃から高いパフォーマンスを出し続けていくしかないと考えているようだ。 そこに向けた心構えについては「まず一番大切なのは常に良い準備をして良い状態にいること。チャンスが与えられた時に自分のプレーを出すことでしかアピールできないです」とし、「とにかく準備し続けることが大事です」と、良い状態を保ち続けておくことが大事だと語った。 2020.11.14 21:27 Sat
twitterfacebook
thumb

日本人対決は伊東純也に軍配! 鈴木優磨が豪快弾も、伊東が絶妙アシストの活躍でヘンクが勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

7日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグの第12節が行われ、シント=トロイデンvsヘンクの一戦は、1-2でヘンクが勝利した。 この試合では日本人対決が実現。シント=トロイデンは日本代表GKシュミット・ダニエルが先発出場。また、FW鈴木優磨も先発フル出場し1ゴールを記録。MF伊藤達哉も68分から途中出場を果たした。 <div id="cws_ad">◆日本人対決は伊東純也のヘンクに軍配<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ufz5mu984eek1wkjfgoxr0mbc" async></script></div> 一方、ヘンクの日本代表MF伊東純也も先発フル出場。先制ゴールをアシストした。 立ち上がりからヘンクのペースで進んだ試合は、4分にスローインから伊東がボックス内右でヒールパス。これをボンゴンダがしっかり蹴り込み、ヘンクが先制する。 23分にもヘンクがチャンス。相手のビルドアップをカットするとメーレがボックス内に侵入しシュート。しかし、前に出たGKシュミット・ダニエルが体に当ててセーブする。 1点ビハインドのシント=トロイデンは28分、右CKから低いクロスが上がると、ボックス中央で待ち構えた鈴木がダイレクトシュート。これが右隅に決まり同点に。鈴木はシーズン4点目を記録した。 同点に追いついて勢いに乗りたいシント=トロイデンだったが、31分に失点。味方のクリアボールに伊東が競りに行くも触れずにルーズボールとなるご、これをボンゴンダがロングシュート。前にポジションを取っていたシュミット・ダニエルの頭上を越えたシュートがネットを揺らし。 後半はシント=トロイデンも盛り返したものの、最後までゴールは奪えず。そのまま1-2でヘンクが勝利を収めた。 シント=トロイデン 1-2 ヘンク 04分 0-1:テオ・ボンゴンダ(ヘンク) 28分 1-1:鈴木優磨(シント=トロイデン) 31分 1-2:テオ・ボンゴンダ(ヘンク) 2020.11.08 09:40 Sun
twitterfacebook
thumb

シュミット・ダニエルが今季初出場でクリーンシート貢献、上位スタンダール・リエージュに勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは25日、ジュピラー・プロ・リーグ第10節でスタンダール・リエージュと対戦し、2-0で勝利を収めた。 この試合には日本代表GKシュミット・ダニエルとFW鈴木優磨が先発出場。鈴木に代わって70分にMF伊藤達哉が途中出場した。DF松原后、FW中村敬斗はメンバー外となっている。 <div id="cws_ad">◆シュミット・ダニエルが初出場でクリーンシートに貢献!<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=of4k9cqf9bo01i3utefw8gf68" async></script></div> 今シーズンのリーグ戦初出場となったシュミット・ダニエルは、セーブ、ビルドアップでしっかりとしたプレーを披露。チームのクリーンシートに貢献した。 またスタメン出場の鈴木はゴールこそなかったものの、前線で身体を張ったプレーを見せて勝利に貢献した。 試合は38分にはシュミット・ダニエルから繋ぐと、縦パスを受けたオレクサンドル・フィリーポフがドリブルで運びながらスルーパス。最後はデュカン・ナゾンが落ち着いて沈めて、シント=トロイデンが先制する。 さらに73分にはボックス手前でパスを受けたスティーブ・デ・リッダーが豪快に右足一閃。これが左隅に決まり、2-0でシント=トロイデンが勝利を収めた。 なお、シント=トロイデンは開幕戦以来の今シーズン2勝目。9試合ぶりの勝利を挙げた。 シント=トロイデン 2-0 スタンダール・リエージュ 37分 1-0:デュカン・ナゾン(シント=トロイデン 73分 2-0:スティーブ・デ・リッダー(シント=トロイデン) 2020.10.26 10:45 Mon
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly