殊勲のザニオーロとパストーレがミラン戦を回想

2019.10.28 19:56 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは27日にスタディオ・オリンピコで行われたセリエA第9節のミラン戦を2-1で勝利した。同試合後、殊勲の働きを見せた2選手がクラブ公式サイトのインタビューで喜びを露わにしている。

近年稀に見る負傷者の多さに加え、ここ最近はジャッジ面での不運が目立つなど逆風に晒されるローマ。それでも、1週間に公式戦3試合を戦う過密日程の中で臨んだミラン戦では、FWエディン・ジェコとMFニコロ・ザニオーロの主力2選手のゴールによって2-1の勝利を収めた。

この試合でクラブに公式戦5試合ぶりの白星をもたらしたザニオーロは、「勝つことが重要だった」と4試合連続ドローから抜け出した意義について語った。

「僕たちは勝ち点3の獲得に本当に満足しているよ。ドローが連続していた中、何よりも勝つことが重要だった。今日に関しては攻撃も守備も良かったと思う」

「チームは多くの面で改善されてきているよ。監督は決して諦めないこと、常に相手に圧力をかけることを求めているんだ。そうすれば、多くの試合で勝つためのクオリティを得ることができるはずさ」

「(ゴールシーンについて)最後の最後までゴールキーパーの動きを見続けていたんだ。そして、相手を先に逆側に動かすことができた。2度目の決定機は止められてしまったけど、ゴールを決められるときがあれば、止められてしまうときもあるものさ」

「(適性ポジションに関して)監督が求めるならば、どこでも気分良くプレーできるよ。僕はこの素晴らしいクラブといつも僕らの背中を後押ししてくれるファンたちのためにすべてを捧げているんだ。自分自身よりもまずはグループのことを考えているよ」

最後に、ローマ加入以降の公式戦9ゴールすべてをホームゲームで決めている20歳のイタリア代表MFは、オリンピコのファンとの特別な関係についても言及した。

「ファンはいつでも素晴らしいよ。彼らはいつでもそこにいてくれるし、たとえ自分が良いプレーができていなくても毎週拍手を送ってくれる彼らに感謝を伝えたいんだ。みんながもっと喜んでくれるように頑張りたいよ」

また、度重なる負傷者を受けて、直近の公式戦3試合連続でフル稼働が続くMFハビエル・パストーレは、パウロ・フォンセカ監督からの厚い信頼を意気に感じているようだ。

「新しいコーチングスタッフが到着して以来、彼らは本当に自分のことを助けてくれているんだ。フィットネス強化を重点的に指導してもらっているけど、今はその結果を証明することができているんだ」

「今週は3試合でプレーしたけど、状態は良いよ。この状態を維持したいね。今は本当に気分が良いんだ。継続的にプレーできていることが間違いなく良い方向に働いているよ。

「それは自分のプレーやドリブルなんかの場面で自信を与えてくれている。昨シーズンに関してはケガや監督の起用法もあって少し自信を失っていたんだ」

「チームは良い状態になってきているし、そこには信念がある。そして、僕たちは自分たちが大きなことを成し遂げられると思っているよ」

関連ニュース
thumb

レーティング:ラツィオ 3-2 ローマ《セリエA》

セリエA第6節、ラツィオvsローマのローマ・ダービーが26日に行われ、3-2でラツィオが打ち勝った。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ラツィオ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210927_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 25 レイナ 6.0 2失点も枠内シュートを的確にセーブ DF 77 マルシッチ 5.5 ヒサイ同様、守備に念頭を置いたプレー 3 ルイス・フェリペ 6.0 安定したプレーを続けた。ビルドアップも無難 33 アチェルビ 6.0 ルイス・フェリペと共に崩れることなく耐えきる 23 ヒサイ 5.5 ザニオーロ対応のため、守備に徹した MF 21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.5 持ち味を生かしての先制弾。試合を優位に進められた要因に 6 ルーカス・レイバ 5.5 後半序盤までプレー。バイタルエリアを締める (→カタルディ 5.5) ルーカス・レイバ同様、スペースを使わせず 10 L・アルベルト 6.0 3点目の起点となる絶妙なスルーパスをインモービレに通した (→アクプロ 5.0) PK献上 FW 9 ペドロ 6.0 さほど多くのチャンスに絡むことはなかったが、古巣からゴール 17 インモービレ 7.0 2アシスト。カウンターの起点となった (→ムリキ -) 7 フェリペ・アンデルソン 6.5 1ゴール1アシスト。インモービレと共にカウンターの起点となる 監督 サッリ 6.5 低調な試合が続いていたが、ダービーでスペクタクルな試合を披露 ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210927_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 パトリシオ 5.5 3失点も責任は問えない DF 2 カルスドルプ 5.5 攻守にややインパクトに欠けた (→ザレフスキ -) 23 G・マンチーニ 5.0 インモービレのスピードに対応できず 3 イバニェス 6.0 身体を張った対応を続け、ゴールも決める 5 ビーニャ 5.0 フェリペ・アンデルソンの対応に手を焼く (→スモーリング -) MF 22 ザニオーロ 6.0 果敢な仕掛けでゴールに迫る。PK獲得 (→カルレス・ペレス -) 4 クリスタンテ 5.0 カウンターへの対応がやや甘かったか 17 ヴェレトゥ 6.0 PKを決め、CKからアシストをマーク 77 ムヒタリアン 5.5 ペッレグリーニに代わってトップ下で先発。やや周りと連係が合っていなかった 92 エル・シャーラウィ 5.5 ザニオーロと共に仕掛けるプレーで打開を図った (→ショムロドフ 5.5) 枠内シュート1本放つ FW 9 エイブラハム 5.0 自身初のローマ・ダービーではインパクトを残せず 監督 モウリーニョ 5.5 敗れはしたが、ダービーでエキサイティングな試合を演じた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インモービレ(ラツィオ) 自身にゴールはなかったが、2アシストで勝利に貢献。スペースを突いてカウンターを発動させた。 ラツィオ 3-2 ローマ 【ラツィオ】 ミリンコビッチ=サビッチ(前10) ペドロ(前19) フェリペ・アンデルソン(後18) 【ローマ】 イバニェス(前41) ヴェレトゥ(後24)【PK】 2021.09.27 03:56 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ・ダービーは派手な打ち合いに、ペドロ古巣弾などでラツィオが制す《セリエA》

セリエA第6節、ラツィオvsローマのローマ・ダービーが26日に行われ、3-2でラツィオが打ち勝った。 ラツィオは前節、トリノ相手に辛くもドロー。2勝2分け1敗スタートとなり、公式戦ここ4試合勝ちがない中、現状のベストメンバーで臨み、3トップはインモービレ、ペドロ、フェリペ・アンデルソンが構えた。 一方、ローマは前節ウディネーゼ戦をウノゼロで勝利。その試合で退場したペッレグリーニが欠場となった中、最前線にエイブラハム、2列目に右からザニオーロ、ムヒタリアン、エル・シャーラウィと並べた。 立ち上がりからボールを握ったラツィオが10分、試合を動かす。右サイドからのフェリペ・アンデルソンのアーリークロスをミリンコビッチ=サビッチがヘッドで合わせた。 失点を受けて前がかるローマに対してラツィオは19分にリードを広げる。インモービレがDF3人を引き付けてラストパスを送ると、ペドロがボックス手前からコントロールシュートを決めた。 ペドロの古巣に対するゴールで加点したラツィオに対し、2点を追う展開となったローマは27分、CKからザニオーロのヘディングシュートが右ポストに直撃。 ハーフタイムにかけてもローマが前がかる中、41分に1点を返す。ヴェレトゥの左CKからイバニェスのヘディングシュートが決まった。 ラツィオが2-1とリードして迎えた後半開始4分、FKからインモービレのボレーシュートで3点目に迫る。 そのラツィオがカウンターを狙うと63分に3点目。スルーパスに抜け出したインモービレがボックス左に進入。ラストパスを送り、最後はフェリペ・アンデルソンが決めた。 再び2点差とされたローマは67分、ザニオーロがボックス内でアクプロに倒されてPKを獲得。このPKをヴェレトゥが決めて1点差とすると、73分にはザニオーロがボックス内から右足でGK強襲のシュート。 終盤にかけてもローマが攻勢をかけ、81分にはショムロドフがGKレイナ強襲のシュートを浴びせるも、ラツィオが逃げ切り。派手な打ち合いとなったダービーはラツィオが3-2で制す格好となった。 2021.09.27 03:23 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA注目プレビュー】新指揮官の下で復権目指すローマ勢による今季最初の首都デルビー!

セリエA第6節、ラツィオとローマによるデルビー・デッラ・カピターレが、日本時間26日25:00にスタディオ・オリンピコでキックオフされる。共に新指揮官の下、ミラノ勢に続く復権を目指すローマ勢による今季最初のデルビーだ。 昨シーズンのセリエAを6位でフィニッシュしたラツィオは、シモーネ・インザーギ監督のインテル行きを受け、5年間続いた前体制に終止符を打ち、前ナポリ、ユベントス指揮官の智将サッリを新指揮官に招へい。ダイナミズムを重視する前指揮官の[3-5-2]から、“サッリボール”と評される、[4-3-3(4-3-1-2)]の攻撃的なポゼッションスタイルへ大きく舵を切った。 エンポリ、スペツィアとの開幕2試合では9得点2失点という圧倒的な内容で力強いスタートを切ったが、第3節のミラン戦で完敗を喫すると、そこから公式戦4戦未勝利と急失速。直近のカリアリ、トリノ戦では2試合のベンチ入り禁止処分を科された指揮官不在の影響もあったか、振るわないパフォーマンスでドローに持ち込むことが精いっぱいだった。ホーム開催のデルビーに向けプラス材料は少ないが、上位戦線に踏み留める上で勝ち点3が求められるところだ。 対するローマは2017-18シーズンの3位を最後に、3シーズン連続でトップ4フィニッシュを逃しており、オーナーのフリードキンファミリーは今夏、世界屈指の名将モウリーニョを新指揮官に招へい。 近年は失敗続きも勝者のメンタリティを持つポルトガル人指揮官は、就任以降公式戦6連勝と現チームに欠けていた勝負強さを早くも植え付けている。前々節は監督交代のエラス・ヴェローナ相手に新体制初黒星を喫したが、直近のウディネーゼ戦ではパフォーマンス自体は低調だったが、今季初のウノゼロ勝利でバウンスバックに成功している。 メンバー固定の弊害か、直近2試合では中盤やサイドバックを中心に消耗が色濃く、ガス欠傾向が顕著となっているが、ウディネーゼ戦の勝利と、有観客でのデルビーという最高の環境が、90分間戦い抜くエネルギーを与えてくれるはずだ。 2015-16シーズンのローマのシーズンダブル以降、非常に拮抗した両者の対戦は、昨季も1勝1敗のイーブンだ。また、共にデルビー初采配のサッリ監督とモウリーニョ監督は、2018-19シーズンのプレミアリーグで前者がチェルシー、後者がマンチェスター・ユナイテッドを率いて1度だけ対戦しているが、2-2のドローに終わっている。 ◆ラツィオ◆ 【4-3-3】 ▽ラツィオ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210925_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:レイナ DF:ラッツァーリ、ルイス・フェリペ、アチェルビ、ヒサイ MF:ミリンコビッチ=サビッチ、ルーカス・レイバ、ルイス・アルベルト FW:フェリペ・アンデルソン、インモービレ、ペドロ 負傷者:MFザッカーニ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しては太ももを痛めているザッカーニが唯一の欠場となる。 スタメンに関しては前述の11人の起用が濃厚だが、唯一定まらない右サイドバックに関してはラッツァーリではなくマルシッチ起用の可能性も十分にある。 ◆ローマ◆ 【4-2-3-1】 ▽ローマ予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210925_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ルイ・パトリシオ DF:カルスドルプ、マンチーニ、イバニェス、カラフィオーリ MF:クリスタンテ、ヴェレトゥ MF:ザニオーロ、ムヒタリアン、エル・シャーラウィ FW:エイブラハム 負傷者:DFスピナッツォーラ、ビーニャ 出場停止者:MFペッレグリーニ(1/1) 前節のウディネーゼ戦で退場したカピターノのペッレグリーニが欠場となる。負傷者に関しては長期離脱中のスピナッツォーラに加え、ヒザに問題を抱えるビーニャに欠場の可能性がある。 スタメンに関しては左サイドバックとペッレグリーニの代役が注目ポイント。スピナッツォーラ、ビーニャの不在によって本職のカラフィオーリの起用が濃厚だが、経験と守備能力を考慮して本職センターバックのイバニェスを左に置き、スモーリングをマンチーニの相棒に据える可能性もありそうだ。 ペッレグリーニの代役に関してはムヒタリアン、ザニオーロのいずれかをトップ下に移し、エル・シャーラウィ、カルレス・ペレスを配置する形が想定される。ショムロドフをセカンドトップに置くオプションもあるが、3番手のマジョラルが信頼を得られていないため、エイブラハムのバックアップを担うウズベキスタン代表FWはベンチスタートが濃厚だ。 ★注目選手 ◆ラツィオ:FWペドロ・ロドリゲス <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210925_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ラツィオの注目プレーヤーは今夏に“禁断の移籍”を果たしたペドロ。バルセロナ、チェルシー、スペイン代表での経験を買われて、昨夏2年契約でローマに加入したペドロは、公式戦40試合6ゴール7アシストと上々の数字を残した。しかし、世代交代を図る新指揮官モウリーニョにプレシーズン前に構想外を言い渡された結果、わずか1年で退団の運びに。 新天地に関しては母国帰還の可能性も含め、幾つかの選択肢があったものの、チェルシー時代の恩師サッリの誘いを受け、宿敵ラツィオへの移籍を決断。ローマも高額年俸の負担を考慮し、フリーでの放出を容認し、36年ぶりとなる“禁断の移籍”が実現することになった。 その新天地では同じくサッリ監督の教え子でナポリから加入したDFヒサイと共に、指揮官とチームの橋渡し役として早くも存在感を放つ。ここまでの公式戦全試合に出場している中、初ゴールはお預けとなっているが、前線と中盤を繋ぐ潤滑油としてベテランらしい機転を利かせたプレーが光っている。 前回のデルビーでは途中出場からラツィオに引導を渡すゴールを奪っていたが、今回の試合ではローマ相手に恩返し弾を決めて、恐らく史上初となる異なるチームでのデルビー2試合連続ゴールを達成したい。 ◆ローマ:FWタミー・エイブラハム <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210925_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ローマの注目プレーヤーはジャッロロッシの新エースストライカー候補。クラブ歴代3位の得点数を挙げたFWジェコのインテル移籍に伴い、新エース候補としてチェルシーから4000万ユーロの移籍金で加入したエイブラハム。トゥヘル監督の下では複雑な戦術に適応できなかったものの、2018-19シーズンのプレミアリーグで15ゴールを挙げた得点力は本物。そして、過去に多くのストライカーを育て上げたモウリーニョ監督は“新たなドログバ”として大きな期待をかけている。 ここまでは公式戦7試合に出場し、2ゴール2アシストと数字の面では圧倒的なモノを残せていないが、高い身体能力と足元のテクニックを生かしたポストワークや背後への質の高い動き出しで攻撃の起点としての存在感は抜群だ。また、初の国外移籍による環境面への適応の問題も、同胞スモーリングやモウリーニョ監督、ムヒタリアンらプレミアリーグ経験者の存在もあり、スムーズにいっている印象だ。 先日のウディネーゼ戦ではキックオフ前に“ローマ、ローマ、ローマ”を口ずさむなど、早くもジャッロロッシへの忠誠心の強さを垣間見せたが、自身初のデルビーでゴールを奪い、ロマニスタのハートを鷲掴みにしたい。 2021.09.26 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマMFエンゾンジのカタール行き迫る、実現すればハメスと同僚に

ローマの元フランス代表MFスティーブン・エンゾンジ(32)は、カタールのアル・ラーヤンへの移籍が近づいているようだ。 アミアンやブラックバーン、ストーク、セビージャを経て、2018年夏にローマへと加入したエンゾンジ。初年度は公式戦39試合に出場したが、翌年にはガラタサライ、2020年1月からの1年半はレンヌへレンタルされていた。 昨季はレンヌで主力として公式戦39試合に出場し、ローマへと帰還したエンゾンジだったが、新指揮官であるジョゼ・モウリーニョ監督のもとで行われた今夏のプレシーズンでは招集外に。事実上の構想外を突き付けられ、移籍先を探している状況だった。 そんな中、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』によれば、エンゾンジは25日にも自身の代理人を務める父親とともにカタールへと出向き、アル・ラーヤンとの話し合いに臨む模様。9月末に迫るカタールの市場閉幕を前に、移籍が近づいているようだ。 なお、エンゾンジはクラブとの契約を1年残している状況。しかし、ローマ側は総額約600万ユーロ(約7億7000万円)とも伝えられる給与の削減を目指し、契約解除を受け入れる姿勢とのこと。 カタール1部のスターズリーグで8回の優勝を誇るアル・ラーヤンでは、かつてフェルナンド・イエロやフランクとロナルドのデ・ブール兄弟といったスター選手もプレー。22日には、エバートンからコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(30)を完全移籍で獲得したことを発表し、注目を集めていた。 2021.09.25 14:58 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第6節プレビュー】ローマ・ダービー、インテルvsアタランタ開催

ミッドウィークに行われた第5節、ユベントスが今季初勝利を挙げるなど強豪勢はラツィオを除いて順当に勝利を収めた。ナポリが唯一の開幕5連勝、インテル、ミラン、ローマがそれぞれ4勝目を挙げた中、迎える第5節はラツィオvsローマ、インテルvsアタランタの好カードが組まれている。 まずは日曜開催のローマ・ダービー。ラツィオは前節、トリノ相手に辛くもドロー。FWインモービレの後半追加タイム弾で1-1の引き分けに持ち込んだ。2勝2分け1敗スタートとなり、公式戦ここ4試合勝ちがない中、ダービーでの勝利でサッリ監督は悪い流れを断ち切れるか。 一方、ローマは前節ウディネーゼ戦をウノゼロ勝利として白星を取り戻している。ただ、試合終盤にMFペッレグリーニが退場し、ダービーは欠場となる。主将不在は痛いが、ウディネーゼ戦で加入後早くも2ゴール目を決めたFWエイブラハムのダービーでの活躍に期待が懸かる。 続いて土曜開催のインテルvsアタランタ。インテルは前節、フィオレンティーナ相手に後半の3発で3-1と逆転勝利。前々節のボローニャ戦に続く快勝劇で勢いを得てアタランタ戦に臨める状況だ。ベストメンバーでアタランタを迎え撃つ。 一方のアタランタは前節、サッスオーロに2-1で勝利。連勝としてインテル戦に臨む。サッスオーロ戦では両ウイングバックのMFゴセンズとMFザッパコスタのゴールで勝利としたアタランタ。持ち味のサイド攻撃が機能している中、インテル撃破となるか。 土曜にスペツィアとのアウェイ戦に臨むミランは前節、ヴェネツィア戦 を戦って2-0で勝利。途中出場のDFテオ・エルナンデスの1ゴール1アシストの活躍で勝ち切って見せた。FWイブラヒモビッチ、FWジルーを欠く中での勝利を続けているが、ユベントス相手に善戦したスペツィアを下してチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦に臨めるか。 そしてようやく今季のリーグ初勝利を挙げたユベントスはDF吉田のサンプドリアをホームに迎える。スペツィア戦では課題の守備の脆さを突かれ、2失点を喫したユベントス。何とかシーソーゲームを制しての勝利となったが、まだまだ心許ない戦いぶり。水曜にはCLチェルシー戦を控える中、連勝となるか。 対するサンプドリアは前節、ナポリに0-4と完敗。チーム力の差を見せ付けられ、守備が崩壊した。吉田としては好調FWモラタとのマッチアップが予想されるが、力強さとスピードを兼ね備えた相手を封じ込めることができるかに注目だ。 最後に唯一の開幕5連勝としたナポリはカリアリとのホーム戦に臨む。スパレッティ監督の下、最高のスタートを切っているナポリ。マッツァーリ監督を迎えたものの、前節エンポリに敗れたカリアリを下して6連勝となるか。 ◆セリエA第6節 ▽9/25(土) 《22:00》 スペツィアvsミラン 《25:00》 インテルvsアタランタ 《27:45》 ジェノアvsヴェローナ ▽9/26(日) 《19:30》 ユベントスvsサンプドリア 《22:00》 サッスオーロvsサレルニターナ ウディネーゼvsフィオレンティーナ エンポリvsボローニャ 《25:00》 ラツィオvsローマ 《27:45》 ナポリvsカリアリ ▽9/27(月) 《27:45》 ヴェネツィアvsトリノ 2021.09.25 07:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly