【日本代表プレビュー】未知の相手・モンゴル、日本を良く知る監督の策を警戒《カタールW杯アジア2次予選/日本vsモンゴル》

2019.10.10 14:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
10日、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)に向けたアジア2次予選の日本代表vsモンゴル代表の一戦が行われる。9月に行われたミャンマー代表との初戦で、敵地ながら0-2と白星スタートを切った日本。10月はモンゴル代表(10日)、タジキスタン代表(15日)との連戦となる。

ブラジル・ワールドカップに向けたアジア予選では、ホーム初戦で苦しんだ日本代表。どのような戦いを見せるだろうか。


◆しっかりと連勝を
(C)CWS Brains,LTD.

9月シリーズで予選1試合のみを戦った日本は、勝ち点3の2位。15日に対戦するタジキスタン代表は9月にキルギス代表(1-0)、モンゴル代表(0-1)と連勝を飾っており、日本としてはしっかりと連勝を飾りたいところだ。

2015年のアジア2次予選では、シンガポール代表相手にホーム初戦でゴールレスドロー。その後は無失点で全勝したものの、スタートでつまづいた経験は現在のメンバーにも行きている。

柴崎岳は「あの様な事がないように全力で試合に臨みたい」と語れば、キャプテンのDF吉田麻也も「気を抜かずにこの2戦で勝ち点6を取れる様に」と、モンゴル戦でしっかり勝利を収め、アウェイでのタジキスタン戦に向かっていくと意気込んだ。

◆日本を良く知る指揮官に警戒
(C)CWS Brains,LTD.

対するモンゴル代表は、2000年代に入ってからワールドカップ予選に参加。アジア2次予選に進むことは悲願であった。

初戦でミャンマー代表相手に勝利を収めると、2戦目でタジキスタン代表に0-1で敗戦。初の舞台ながらも、しっかりと戦えている状況。日本にとっても楽に勝てる相手ではない。

加えて、チームを率いるドイツ人指揮官のミハエル・ワイス監督が曲者だ。日本との関わりが深く、2000年7月から2004年6月までは京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)でゲルト・エンゲルス監督、ピム・ファーベーク監督の下でアシスタントコーチを務めていた。

また、妻が日本人であり、日本に精通している点も不気味なところ。日本に馴染みがあることで、日本代表をしっかりとチェックし続けてきていることを明かした。

日本戦に関しては、「攻撃的なリスクをとるのではなく、守備的な試合を明日はします」と前日会見で語っていたが、しっかりとしたブロックからカウンターを狙ってくるスタイルだけに、出鼻を挫かれると苦戦が待っているだろう。

◆予想フォーメーション[4-2-3-1]
(C)CWS Brains,LTD.

GK:権田修一
DF:酒井宏樹冨安健洋、吉田麻也、長友佑都
MF:橋本拳人、柴崎岳
MF:堂安律久保建英中島翔哉
FW:南野拓実
監督:森保一

日本の予想スタメンだが、ミャンマー戦と大きな変化はないだろう。GKは権田修一(ポルティモネンセ)が入ると予想。9月のパラグアイ戦、ミャンマー戦でゴールを守っており、そのまま継続すると予想する。

ディフェンスラインも変化なしと予想する。右から酒井宏樹(マルセイユ)、冨安健洋(ボローニャ)、吉田麻也(サウサンプトン)、長友佑都(ガラタサライ)が並ぶだろう。ミャンマー戦に出場していない選手も見たいところだが、森保監督がリスクを負うことは考えにくい。

ボランチのコンビも柴崎岳(デポルティボ)と橋本拳人(FC東京)になると予想。9月のパフォーマンスが高かった橋本が継続して出場すると予想する。

一方で、2列目には若干の変化があると予想する。右は堂安律(PSV)、左は中島翔哉(ポルト)で変更はなさそうだが、中央に久保建英(マジョルカ)が入ると予想。これは、大迫勇也(ブレーメン)が不在のため、南野拓実(ザルツブルク)を1つあげて使うと予想するからだ。

1トップの候補はいるものの、永井謙佑(FC東京)や浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード)はスピードタイプとなり、南野がトップに入らない場合は鎌田大地(フランクフルト)が入ると予想する。

「今のところはメディカルからの報告で特別コンディションが悪いという選手はいません」と森保監督が前日会見で語ったように、大きな変化がないと予想できる。何れにしても、しっかりと勝利に向かって戦える選手が顔を並べるだろう。


◆主導権を握り、選手を試せるか
(C)CWS Brains,LTD.

初戦のミャンマー戦を0-2で勝利しているものの、やはり4年前のロシア・ワールドカップに向けたアジア2次予選の初戦、シンガポール代表相手にホームで0-0のゴールレスドローに終わったことは頭をよぎる。

ワイス監督が宣言した通り、モンゴルはしっかりとブロックを作り、失点のリスクを取らない戦いで日本に挑んでくるだろう。しっかりとしたブロックを敷かれては、なかなかこじ開けることには苦労する。

守備面では、カウンターに警戒する必要があり、フィジカル的にもモンゴルは引けを取らないため、気を抜いてはやられる可能性もある。しっかりと攻撃面でイニシアチブを取り、ポゼッションを高めていくことが日本には求められるだろう。

エース不在が取りざたされているが、常に大迫が居るとは限らず、居ない中でもしっかりと攻撃を機能させる必要がある。アジアカップでは、大迫不在で攻撃が機能不全に陥ったこともあったが、いかに打破できるか。攻撃のバリエーションにも注目したい。

そして、ホームで盤石の試合を進めることで、少しでも選手にW杯予選を経験させたいところ。徐々に固定化されてきている状況だが、この先の2次予選、さらには最終予選に向けても、アジアの戦いを多くの選手に経験させておきたい。そのためにも、スコアでも早い段階で圧倒できるかが重要だ。

ホームの初戦。2連戦のスタートとなるモンゴル代表戦は、10日(木)19時35分にキックオフを迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

「ロシアW杯前に連絡があった」ビラス=ボアス監督が過去に日本代表監督就任に迫ったと明かす

マルセイユのポルトガル人指揮官であるアンドレ・ビラス=ボアス監督が、日本メディア向けに「オンライン メディアラウンドテーブル」を開催。多くの質問に応えた。 現在は日本代表DF酒井宏樹、DF長友佑都が在籍するマルセイユで2シーズン目の指揮を執っているビラス=ボアス監督。今シーズンはリーグ・アンの他、チャンピオンズリーグ(CL)も戦っており、27日にはマンチェスター・シティとの一戦を終えたばかりだった。 これまでは、ポルトやチェルシー、トッテナム、ゼニト、そして上海上港と世界各国を渡り歩いて指揮をしてきたビラス=ボアス監督。かねてから日本についても強い関心を示していることを公言してきた。 日本代表の監督について質問されると「まず。日本の監督について尊敬している。そして、マルセイユとの契約があり、これからもマルセイユで頑張っていきたい。JFAも日本代表の監督と契約しており、素晴らしい仕事をしていると思う」とコメント。現在日本代表を率いる森保一監督へ敬意を払った中、過去には就任オファーがあったことを明かした。 「かなり昔だが、ロシア・ワールドカップ前に日本の監督が解任されたが、その時に私に連絡があった。JFAから話があったが、そういった話があったこと自体が光栄なことだ」 なお、現時点ではそういった話はないものの「万が一そう言った話があったら光栄なことだ」とコメント。将来的なオファーは考える可能性があるようだ。 また、Jリーグクラブについては会話をしたことはあるが、具体的なオファーをもらったことはない」とコメント。「今まで2クラブと話したが、それが成熟してオファーにはなっていない。そのタイミングがどちらかで一致しなかった」と語り、オファーはなくとも関心が寄せられたことがあったと話した。 日本で指揮をするならという質問には「タイトルを取ること、勝つことが好きなので、そういった能力があるチームが良い」と語り、タイトルを目指せるチームを希望。「それ以外の点でも人、人材、インフラが整っているか」と環境面も語り、「自分のポジションが安定していることが大切」だと語った。 2020.10.29 17:02 Thu
twitterfacebook
thumb

11月に日本代表と対戦するパナマ代表メンバーが発表!ロシアW杯メンバーは8名《国際親善試合》

パナマサッカー協会(FPF)は26日、11月の日本代表戦に向けたパナマ代表メンバー24名を発表した。 パナマ代表を率いるトーマス・クリスチャンセン監督は、主に海外組を招集。ヨーロッパリーグ(EL)に出場しているLASKリンツのDFアンドレス・アンドラーデや2018年のロシア・ワールドカップメンバーでもあるFWエドガル・バルセナス(ジローナ)、FWガブリエル・トーレス(インディペンディエンテ・デル・バジェ)らを招集。国内組は2名となった。 日本とパナマは過去に1度だけ対戦。森保監督が率いた2018年10月12日に3-0で日本が勝利していた。 パナマ代表は11月13日にオーストリアのグラーツで日本代表と対戦。2試合目の相手はまだ発表されていない。今回発表されたパナマ代表メンバー24名は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆パナマ代表メンバー24名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ルイス・メヒア</span>(ナシオナル/ウルグアイ) <span style="font-weight:700;">マルコス・アレン</span>(アトレチコ・サンルケーニョ/スペイン) <span style="font-weight:700;">オルランド・モスケラ</span>(ブルサスポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ハロルド・カミングス</span>(ウニオン・エスパニョーラ/チリ) <span style="font-weight:700;">オスカル・リントン</span>(スリマ・ワンダラーズ/マルタ) <span style="font-weight:700;">ミゲル・ムリージョ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">フィデル・エスコバル</span>(アルコルコン/スペイン) <span style="font-weight:700;">セサル・ブラックマン</span>(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア) <span style="font-weight:700;">エリック・ダビス</span>(ドゥナイスカー・ストレダ/スロバキア) <span style="font-weight:700;">アンドレス・アンドラーデ</span>(LASKリンツ/オーストリア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">オマル・ブラウン</span>(インディペンディエンテ・チョレラ) <span style="font-weight:700;">アブディエル・アヤルサ</span>(シエンシアーノ/ペルー) <span style="font-weight:700;">アルベルト・キンテロ</span>(ウニベルシタリオ・デポルテス/ペルー) <span style="font-weight:700;">ビクトル・グリフィス</span>(サントス・デ・グアピレス/コスタリカ) <span style="font-weight:700;">フアン・ダビド・テハダ</span>(タンパベイ・ローディーズ/アメリカ) <span style="font-weight:700;">アニバル・ゴドイ</span>(ナッシュビルSC/アメリカ) <span style="font-weight:700;">アルマンド・クーペル</span>(ハポエル・テルアビブ/イスラエル) <span style="font-weight:700;">イルビング・グディニョ</span>(マルベーリャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">アダルベルト・カラスキージャ</span>(カルタヘナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ホセ・ルイス・ロドリゲス</span>(ルーゴ/スペイン) <span style="font-weight:700;">エドガル・バルセナス</span>(ジローナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ガブリエル・トーレス</span>(インディペンディエンテ・デル・バジェ/エクアドル) <span style="font-weight:700;">ホルマン・アギラール</span>(サン・カルロス/コスタリカ) <span style="font-weight:700;">ホセ・ファハルド</span>(インディペンディエンテ・チョレラ) 2020.10.27 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島FW染野唯月が10月に続きU-19日本代表候補キャンプを離脱、腰痛のため

日本サッカー協会(JFA)は26日、U-19日本代表候補トレーニングキャンプに参加していた鹿島アントラーズのFW染野唯月が離脱することを発表した。 JFAの発表によると、染野は腰痛のために離脱するとのこと。代わりの選手は招集しないとのことだ。 染野は10月のトレーニングキャンプにも召集されていたが、その際は右足関節の痛みがあるとして不参加に。2カ月続けての離脱となってしまった。 U-19日本代表候補は、ガンバ大阪のFW唐山翔自がチーム事情により離脱が発表されていた。 2020.10.26 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪FW唐山翔自がチーム事情でU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加

日本サッカー協会(JFA)は25日、ガンバ大阪が25日、所属するFW唐山翔自のU-19日本代表候補トレーニングキャンプ不参加を発表した。理由はチーム事情のため。代替招集はない。 キャンプは25〜28日まで千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドで実施。先日に現役を引退した内田篤人ロールモデルコーチも帯同する。 2020.10.25 19:20 Sun
twitterfacebook
thumb

U-19日本代表候補が発表!横浜FCの斉藤光毅や鳥栖の松岡大起、C大阪の西川潤らが招集《トレーニングキャンプ》

日本サッカー協会(JFA)は23日、トレーニングキャンプに臨むU-19日本代表候補メンバーを発表した。 今回のメンバーには、明治安田生命J1リーグでも出場機会を得ているFW斉藤光毅(横浜FC)やMF小田裕太郎(ヴィッセル神戸)、MF松岡大起(サガン鳥栖)などが招集。また、J2リーグでプレー経験を積んでいるMF山本理仁、MF藤田譲瑠チマ(ともに東京ヴェルディ)やMF谷内田哲平(京都サンガF.C.)らも招集されている。 トレーニングキャンプは25日から28日まで千葉県内で実施。先日就任した内田篤人ロールモデルコーチも帯同する。今回発表されたU-19日本代表候補メンバーは以下の通り。 ◆U-19日本代表候補メンバー ※10/26追記 GK 藤田和輝(アルビレックス新潟) 鈴木彩艶(浦和レッズユース) 野澤大志ブランドン(FC東京) DF 成瀬竣平(名古屋グランパス) 大畑歩夢(サガン鳥栖) 西尾隆矢(セレッソ大阪) 三原秀真(愛媛FC) 木村誠二(FC東京) 加藤聖(V・ファーレン長崎) バングーナガンデ佳史扶(FC東京) 馬場晴也(東京ヴェルディ) 畑大雅(湘南ベルマーレ) 鈴木海音(ジュビロ磐田U-18) 佐古真礼(東京ヴェルディユース) MF 本田風智(サガン鳥栖) 松岡大起(サガン鳥栖) 小田裕太郎(ヴィッセル神戸) 武田英寿(浦和レッズ) 松橋優安(東京ヴェルディ) 谷内田哲平(京都サンガF.C.) 山本理仁(東京ヴェルディ) 藤田譲瑠チマ(東京ヴェルディ) 成岡輝瑠(清水エスパルスユース) 田中聡(湘南ベルマーレU-18) 三戸舜介(JFAアカデミー福島U-18) FW 藤尾翔太(セレッソ大阪) 斉藤光毅(横浜FC) <span style="text-decoration: line-through;">染野唯月(鹿島アントラーズ)</span>※腰痛のため離脱 西川潤(セレッソ大阪) <span style="text-decoration: line-through;">唐山翔自(ガンバ大阪)</span>※チーム事情により不参加 2020.10.23 16:10 Fri
twitterfacebook