【J1ピックアッププレビュー】大阪秋の陣、至宝対決にも注目《C大阪vsG大阪》

2019.09.27 20:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
6位のセレッソ大阪(6位/勝ち点43)と、12位のガンバ大阪(12位/同31)。かたや上位争い、かたや残留争いの対極な状況に身を置く大阪勢が28日にヤンマースタジアム長居で行われる明治安田生命J1リーグ第27節で激突する。

◆ACL出場権獲得を目指して〜セレッソ大阪〜
今シーズン最長の4連勝。その4試合のうち3試合で1点差の接戦をモノにする勝負強さも光るロティーナ・セレッソは今、最高の状態といっても過言ではない。攻守の内容も良く、総得点数こそG大阪の「33」を下回る「29」だが、清武弘嗣の負傷離脱によるダメージもほとんど感じさせず、ここ4試合ですべて複数得点。最小の20失点を誇る守備面も、ここ4試合3失点と乱れがない。そうした実りの秋を迎えるなかで、今節は宿敵G大阪が相手。負けるようだと、手が届きそうな位置にあるACL出場権が遠ざかってしまうだけに、どんな形でも勝利が欲しいゲームとなる。

◆残留争いからの脱却を目指して〜ガンバ大阪〜
対するG大阪は、夏の大幅な戦力の入れ替わりも影響して、構築段階が続いている。ただ、先のルヴァンカップ準々決勝で回帰した4バックや、藤春廣輝の戦列復帰で一定の手応えを掴み、残留争いのライバルである鳥栖との前節を制して7試合ぶりの白星。辛うじての内容面に依然として課題を残しているが、守備面も7試合ぶりの無失点を記録するなど、最悪な状況から脱した感がある。とはいえ、プレーオフ圏16位の鳥栖とはわずか4ポイント差。危険水域から抜け出す状況を作りかけているだけに、大阪の誇りがかかる宿敵との今節も勝利だけが求められる。

【予想&フォーメーション】
◆セレッソ大阪[4-4-2]
©︎CWS Brains, LTD.
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介
MF:水沼宏太、レアンドロ・デサバト、藤田直之、柿谷曜一朗
FW:ブルーノ・メンデス、奥埜博亮
監督:ロティーナ
負傷離脱が続いた高木俊幸が先の天皇杯で実戦復帰。チームの状況からして、スタメンの大幅な入れ替えは想像しがたく、現状のベストともいえる顔ぶれが並びそうだ。

◆ガンバ大阪[4-4-2]
©︎CWS Brains, LTD.
GK:東口順昭
DF:高尾瑠、三浦弦太、キム・ヨングォン、藤春廣輝
MF:マルケル・スサエタ、井手口陽介、遠藤保仁、倉田秋
FW:パトリック、宇佐美貴史
監督:宮本恒靖
出場停止で欠場の小野瀬康介に代わる右サイドハーフとして、マルケル・スサエタを予想。切り札にもなれるアデミウソンが抜擢される可能性も考えられる。

【注目選手】
柿谷曜一朗(セレッソ大阪)
(c)J.LEAGUE PHOTOS
C大阪の注目選手は、桜が誇る至宝の柿谷曜一朗だ。ロティーナ新体制の今シーズンもなかなか定位置を確保できていない状況が続いたが、清武の負傷により、チャンスが到来。先の天皇杯4回戦で約5カ月ぶりに公式戦でゴールをマークするなど、鋭さを取り戻しつつある。サポーターはダービーで輝きを放つ背番号「8」の姿を待っている。

宇佐美貴史(ガンバ大阪)
(c)J.LEAGUE PHOTOS
G大阪の注目選手は、青黒が誇る至宝の宇佐美貴史だ。今夏に3年ぶりのG大阪復帰を果たして以降、状態が上がってこなかった宇佐美だが、前節の鳥栖戦で両チーム最多のシュート6本を記録。第20節の名古屋戦以来となる得点とはならなかったが、調子のバロメーターである果敢な攻めを随所で披露した。敵地初見参のダービー、燃えないわけがない。

◆38度目の大阪ダービー
4連勝で臨むC大阪だが、ダービーでの勝利は2012年3月が最後で、通算の対戦成績も9勝5分け23敗と大きく負け越し。G大阪が4連勝中で、目下8試合で負け知らずのカードとなる。そのなかで、最も特筆すべきは、リーグ戦通算38度の対戦歴を誇る同カードでいまだゴールレスドローがないということ。引き分けも5度しかないだけに、今回も熱戦必至だ。

新元号一発目の大阪ダービーとなった今シーズンの1stマッチは、1-0でG大阪に軍配。当時も低調な状況のなか、上向き調子のC大阪と対戦したG大阪が若手起用と3バック変更の大胆采配も功を奏して勝利した一戦だった。調子や順位が大きなアドバンテージになるとは限らない大阪ダービー――そのなかで、ヒーローに名乗りを上げる至宝は果たして。

それぞれの目標もかかった、大阪の街を熱くする今シーズン2度目の大阪ダービーは14時に開演する。
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第4節:C大阪vs名古屋】セレッソ開幕4連勝なるか ヤンマーにグランパスを迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第4節】 2020年7月12日(日) 19:00キックオフ セレッソ大阪 vs 名古屋グランパス [ヤンマースタジアム長居] ◆堅守健在で状態良好! 4連勝なるか 【セレッソ大阪】 C大阪はリーグ再開初戦だったJ1第2節のガンバ大阪とのダービーを制して、前節の清水エスパルス戦も2-0で勝利。J1唯一となる7年ぶりの開幕3連勝を飾り、首位に立つ好スタートを切った。昨季J1最少失点の堅守も健在であり、開幕3試合でPKからのわずか1失点。前節得点の片山瑛一ら途中交代の選手もしっかりと役割を果たす好循環もあり、ほぼ隙なしのチーム状況だ。 今節に勢いを持って挑めそうだが、気になるのはそれぞれ2試合連続でほぼフル稼働の藤田直之とレアンドロ・デサバトのコンディション面。2選手ともに攻守のバランスを司る中盤の軸として欠かせない存在だけに、連戦での出ずっぱりが気になるところだ。しかし、今節から有観客試合となり、ホームの後押しを受けての戦いに。ホームの声援を力にして、4連勝なるか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介 MF:レアンドロ・デサバト、藤田直之 MF:坂元達裕、清武弘嗣 FW:都倉賢、奥埜博亮 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆狙うは首位叩き! 序盤の失点癖を正せるか【名古屋グランパス】 名古屋は再開後初戦の清水戦を2-1の逆転勝利で飾ると、続く前節のG大阪戦を2-2のドロー。前節のG大阪戦は早々の失点から前半のうちに逆転まで持っていき、相手の攻勢が強まった後半も凌ぎ続けたが、後半アディショナルタイムに追いつかれてしまい、引き分けた。勝ち点2を落とした感が強く、開幕3連勝を逃した格好だが、出場停止の相馬勇紀の代わりに先発した金崎夢生が新型コロナウイルス感染による出遅れもあり、本調子とは言い難いものの、機能的なプレーを披露するなど、今後に向けた好材料もあった。 開幕から無敗を続けるなかで迎える今節は首位C大阪との一戦。再開後2試合連続で序盤に先制点を許す展開は堅守を誇るC大阪相手だと致命的なものになりかねないだけに、課題として浮き彫りの入り方を中3日でどこまで修正できたか問われそうだ。次節まで中5日空く状況を鑑みれば、同じ先発陣をチョイスしてくる可能性もあるが、前節欠場の相馬やベンチスタートだった前田直輝、山﨑凌吾といったフレッシュな面々をスタートから起用しても面白いかもしれない。C大阪を下して、一気に上位陣に食い込んでいけるか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、ガブリエル・シャビエル、阿部浩之 FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2020.07.11 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第4節:大分vs神戸】選手交代がカギ? 采配的中の大分か、タレントの神戸か

【明治安田生命J1リーグ第4節】 2020年7月11日(土) 19:00キックオフ 大分トリニータ vs ヴィッセル神戸 [昭和電工ドーム大分] ◆采配的中、3連戦で3連勝を【大分トリニータ】 開幕戦こそセレッソ大阪に敗れた大分だが、再開後の2試合では複数得点でサガン鳥栖、サンフレッチェ広島に連勝した。 前節は今シーズン無失点で連勝を記録していた広島を相手に逆転勝利。複数得点の広島を1失点に抑えたことも素晴らしいが、終盤の2ゴールで勝ち切ったチーム力は光るものがある。 再開初戦の鳥栖戦では途中出場のMF田中達也が2ゴールを記録。広島戦では、途中出場のFW髙澤優也、FW三平和司がゴールを記録した。 片野坂知宏監督の下、自分たちの戦い方を持つ大分だが、多くの選手が入れ替わった今シーズンもそのスタイルを継続。5枚のカードを効果的に使える監督の手腕にも注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:松本怜、小林裕紀、長谷川雄志、香川勇気 FW:田中達也、渡大生 FW:知念慶 監督:片野坂知宏 ◆九州での連戦を連勝で終われるか【ヴィッセル神戸】 前節はサガン鳥栖とアウェイで対戦した神戸。苦しい展開となったものの、アンドレス・イニエスタが一発で試合を決定づけるプレーを見せ、ドウグラスのゴールで0-1と勝利を収めた。 我慢強く戦い、一瞬の判断で相手の牙城を崩すだけの力を持つ神戸。手詰まりであることに焦ることがなくなったのは不気味とも言える。 大分戦は3バックに両ウイングバックと対峙するシーンが多くなるが、互いにボールを握るスタイルだけに、どちらが主導権を握るかが勝敗を分けることになりそうだ。 神戸で気になるところは、この連戦でスターティングメンバーをあまり変えていない所。前半から畳み掛けるのか、それとも後半に手札を残すのか。トルステン・フィンク監督の決断にも注目だ。 ★予想スタメン[3-4-3] GK:飯倉大樹 DF:ダンクレー、大崎玲央、渡部博文 MF:西大伍、山口蛍、酒井高徳 MF:アンドレス・イニエスタ FW:小川慶治朗、ドウグラス、古橋亨梧 監督:トルステン・フィンク 2020.07.11 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第4節:川崎Fvs柏】波に乗る川崎F、波に乗れていない柏

【明治安田生命J1リーグ第4節】 2020年7月11日(土) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ vs 柏レイソル [等々力陸上競技場] ◆“多摩川クラシコ”の勢いそのままに3連勝へ【川崎フロンターレ】 3連戦の3試合目。先陣を切る川崎Fは、前節のFC東京との“多摩川クラシコ”で0-4と大勝を収めた。 マンマーク気味のFC東京の守備を華麗にいなすパスワークは今シーズンも健在。相手にハメられることなく、一気に4ゴールを奪ってカタをつけた。 特に、昨シーズンはフィットに時間がかかったレアンドロ・ダミアンが完全にフィット。アシスト、ゴールと結果を残し、4ゴール全てに絡む活躍を見せたことは、チームとしても大きな収穫だっただろう。 パスワーク、サイド攻撃と改めて攻撃の川崎Fを見せた試合。今節はホームのファン・サポーターも制限がありながらスタンド観戦。声援という最高のアシストを受け、一気に3連勝と行きたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:家長昭博、田中碧、大島僚太 FW:旗手怜央、レアンドロ・ダミアン、長谷川竜也 監督:鬼木達 ◆ポゼッション志向の相手に連敗は避けたい【柏レイソル】 前節は昨シーズンはともに昇格を目指していた横浜FCと対戦。しかし、ポゼッションを志向する横浜FCに対し、守備がまったくハマらず苦しい展開となった。 その結果、攻撃面も上手くいかず、カウンターから失点。追いつくも、パフォーマンスは上がらず、1-3で敗れた。 柏は新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、この中断期間に対外試合を行って来なかった。実戦形式のトレーニングは行うものの、対外試合とは別物。そのため、インテンシティという点では厳しさが散見され、連戦で選手の試合体力も足りていない印象だ。 今節は横浜FCと同様にポゼッション志向の川崎F。さらに強力な攻撃陣を誇る相手だけに、主導権をにぎらせないようにできるかが勝敗のカギを握る。 ★予想スタメン[4-1-4-1] GK:キム・スンギュ DF:高橋峻希、高橋祐治、鎌田次郎、古賀太陽 MF:ヒシャルジソン MF:マテウス・サヴィオ、大谷秀和、江坂任、瀬川祐輔 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ 2020.07.11 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第3節:広島vs大分】首位広島、3連勝なるか? 大分は采配ハマり連勝目指す

【明治安田生命J1リーグ第3節】 2020年7月8日(水) 19:00キックオフ サンフレッチェ広島 vs 大分トリニータ [エディオンスタジアム広島] ◆未だ無失点、3連勝で首位キープなるか【サンフレッチェ広島】 開幕戦で鹿島アントラーズを3-0で下していた広島は、再開初戦のヴィッセル神戸戦でも3-0で勝利。順調な滑り出しをしたシーズンとなった。 6得点、無失点という最高のスタートとなった広島は、神戸戦では伏兵の活躍も見せ、チーム力が上がっていることを証明。一方で、MF柏好文が負傷し全治4〜6週間の離脱となったことは大きな痛手と言える。 しかし、ここで結果を残せないようでは上位でシーズンを終えることはできない。チームの底力を見せるのは十分な条件が揃ったと言える。過密日程となる中で、どの選手をピッチに送り込むのか。城福浩監督の采配にも注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:ハイネル、川辺駿、青山敏弘、浅野雄也 FW:ドウグラス・ヴィエイラ、森島司 FW:レアンドロ・ペレイラ 監督:城福浩 ◆“九州ダービー”で勝利、勢いに乗り連勝なるか【大分トリニータ】 大分は開幕戦で敗れていたものの、再開初戦ではサガン鳥栖相手に2-0で勝利。今シーズンの初白星を掴んだ。 簡単ではない試合展開だったが、途中出場のMF田中達也が2ゴールの活躍。GKが起点となったカウンターで2度ゴールを奪う形を見せていた。 ミラーゲームとなることが予想されるが、大分も総力戦でこの試合に臨むはず。広島以上に選手起用が読めないところはあるが、片野坂知宏監督の古巣である首位を叩き、勢いを掴んでおきたいところだろう。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:高木駿 DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:松本怜、小林裕紀、長谷川雄志、香川勇気 FW:田中達也、渡大生 FW:知念慶 監督:片野坂知宏 2020.07.08 08:50 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第3節:横浜FMvs湘南】出遅れた両者、“神奈川ダービー”で初白星を掴むのは

【明治安田生命J1リーグ第3節】 2020年7月8日(水) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス vs 湘南ベルマーレ [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆つまづいた王者、ダービーで初勝利へ【横浜F・マリノス】 昨シーズンのJ1王者である横浜FMだが、開幕から2試合で勝利なし。前節は浦和レッズを相手に持ち前の攻撃力を発揮したものの、GK西川周作の好パフォーマンスもありノーゴール。0-0のゴールレスドローに終わった。 試合では中断期間中に加入したDF小池龍太、DF實藤友紀、MF天野純がいきなり先発。完全にフィットはしていないものの、アンジェ・ポステコグルー監督が求めるサッカーへの適応は問題なさそうだ。 しかし、試合を重ねるごとに精度を上げていった昨シーズンのことを考えれば、4カ月も中断していたことは大きなマイナスだろう。実際に、浦和戦でも細かなズレが散見。横浜FMが取り組むサッカーには致命傷となる。 まずは今季初勝利へ。リモートマッチの“神奈川ダービー”となるが、ニッパツを熱くさせる勝利を掴みたい。 ★予想スタメン[4-2-1-3] GK:梶川裕嗣 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、扇原貴宏 MF:天野純 FW:仲川輝人、エリキ、遠藤渓太 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆守備で耐え、ゴールをこじ開けることができるか【湘南ベルマーレ】 昨シーズンは参入プレーオフの末になんとか残留した湘南。しかし、新たに迎えたJ1のシーズンも連敗スタートと苦しい状況となっている。 開幕戦は浦和レッズとの打ち合いとなったが、一転して再開初戦はベガルタ仙台との対戦で0-1と敗戦。守備面では一定のパフォーマンスを発揮したが、やはり得点力という点ではまだまだ課題を解決できてはいないようだ。 前節は1失点に抑えたが、今節の相手は屈指の攻撃力を誇る横浜FM。まずはゼロで抑えつつ、前掛かりになった横浜FM守備陣のスペースを突き、カウンターでゴールを奪いたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:富居大樹 DF:岡本拓也、坂圭祐、大岩一貴 MF:石原広教、福田晃斗、鈴木冬一 MF:齊藤未月、松田天馬 FW:タリク、石原直樹 監督:浮嶋敏 2020.07.08 08:20 Wed
twitterfacebook