【超WS選定週間ベストイレブン/J1第16節】仙台の3人が首位撃破&今季初3連勝に導く貢献2019.06.24 13:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
明治安田生命J1リーグ第16節の7試合が22日から23日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。◆寸評(所属/今シーズンの選出回数)
GKク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌/3回目)
32分に右手の先で防いだスーパーセーブ含めこの日も冴え渡る好守。凄みが出てきた。

DFエウシーニョ(清水エスパルス/初選出)
守備ではマテウスを抑え、攻撃では巧みなキープから2ゴールの起点に。J屈指の攻撃的サイドバックがオレンジ軍団に馴染んできた。

DFシマオ・マテ(ベガルタ仙台/初選出)
31歳の誕生日に大仕事。屈強なフィジカルで首位チームのエースFWディエゴ・オリヴェイラを完封。

DF三浦弦太(ガンバ大阪/2回目)
復調傾向のキャプテンが気持ちのこもった守備でGK東口順昭と共にクリーンシート。FW食野亮太郎の決勝ゴールの時を待った。

DF永戸勝也(ベガルタ仙台/3回目)
クロッサーが守備面で成長中。今節は力強いディフェンスで安定感をもたらした。

MF遠藤保仁(ガンバ大阪/初選出)
後半開始からの出場で停滞ムードをガラリ。良質なパスで攻撃を活性化させた。

MF喜田拓也(横浜F・マリノス/2回目)
攻守で存在感。持ち前のボール奪取はもちろん、パスワークの中心となり、攻撃にリズムももたらした。

MF藤田直之(セレッソ大阪/初選出)
巧みな配球で先制点の起点となれば、ロングスローで追加点も呼び込んだ。

MFルーカス・フェルナンデス(北海道コンサドーレ札幌/3回目)
高精度なCKから2アシスト。守備でも奮闘し、4戦無敗継続に導く。

MF関口訓充(ベガルタ仙台/初選出)
豊富な運動量は流石。永戸と共に左サイドを制圧し、首位撃破の技巧弾で今季初の3連勝をもたらす。

FWウェリントン(ヴィッセル神戸/2回目)
相手のミスを見逃さない1ゴール1アシスト。効果的な守備とポストプレーも光った。
コメント
関連ニュース
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第19節】首位チームを機能不全に陥れた4人! 多摩川クラシコ完勝の重要人物に

明治安田生命J1リーグ第19節の9試合が13日から14日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK東口順昭(ガンバ大阪/3回目) 適切なポジショニングで安心感を与えるシュートストップ。落ち着いたビルドアップで攻撃面でもひと役買った。 DF鈴木義宜(大分トリニータ/2回目) クレバーな対応で相手の決定機を幾度も阻止。鈴木武蔵との同姓対決にも勝利。 DFジェジエウ(川崎フロンターレ/初) 谷口彰悟と共にイケイケ2トップを封殺。ディエゴ・オリヴェイラのフィジカル、永井謙佑のスピード両方に見事な対応。 DF大井健太郎(ジュビロ磐田/初) 69分にはゴールラインギリギリで気迫のクリア。ベテランとしての経験値を生かした守備も光り、最下位脱出に貢献。 MF矢島慎也(ガンバ大阪/初) 待望のG大阪加入後初ゴール。効果的な縦パスで攻撃のスイッチ役として大いに存在感を示した。 MF田中碧(川崎フロンターレ/2回目) 奪っては捌きの連続でFC東京を機能不全に陥れる重要な存在に。日に日に逞しさが増している。 MF下田北斗(川崎フロンターレ/初) 大一番での抜擢に応える大活躍。2アシスト含む全3得点に絡んだ他、バランスを意識した位置取りと縦パスでリズムを作った。 MF阿部浩之(川崎フロンターレ/2回目) 味方を助け、相手を嫌がらせる潤滑油に。チームの素早い攻守の切り替えを蘇らせ、ゴールへのパスで自らトドメを刺した。 MF土居聖真(鹿島アントラーズ/初) 急所を突くポジショニングと巧みなキープで仙台を混乱させた。2得点に絡み、自身もしっかりと1ゴール。 FWオナイウ阿道(大分トリニータ/2回目) 身体能力を生かした滞空時間の長いヘディングシュートと強烈なミドルで圧巻の2ゴール。逆転勝利の立役者に。 FWセルジーニョ(鹿島アントラーズ/初) ボックス内での仕事を淡々と遂行し、海外移籍を決断した守護神相手に2ゴール1アシスト。全得点に絡み文句なしの選出。 2019.07.15 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第18節】FC東京のスピードスターとエスパルスの重戦車が絶好調!

明治安田生命J1リーグ第18節の9試合が6日から7日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK秋元陽太(湘南ベルマーレ/初) 鳥栖の高丘や松本の守田も捨てがたいが、今回は湘南の守護神を選出。自チームの倍以上となるシュートを許した展開のなか、スーパーセーブを連発してバックを盛り立てた。 DF橋岡大樹(浦和レッズ/初) 精度は課題だが、積極果敢な攻め上がりとカウンター阻止で多大な貢献度。 DF岩波拓也(浦和レッズ/初) 八面六臂の活躍。当たり負けしない守備と展開力で攻守に光った。 DF山根視来(湘南ベルマーレ/2回目) ジョーを中心とした名古屋の猛攻に決死の守備。見事な立ち振る舞いだった。 DF小池裕太(鹿島アントラーズ/初) クロスが意図しない形でゴラッソに繋がり、プロ初ゴール。移籍噂の安西に代わってレギュラー定着か。 MF喜田拓也(横浜F・マリノス/3回目) “戦友”天野のラストゲームでも泥臭くファイト。勝利の立役者に。 MF荒野拓馬(北海道コンサドーレ札幌/2回目) 豊富な運動量で中盤をケア。安定して攻守に絡む姿は頼もしい限り。 MFナ・サンホ(FC東京/初) 今節も2アシストで“久保ロス”を払拭する輝き。J1初優勝のキーマンに!? FW永井謙佑(FC東京/4回目) 絶好調。スピードだけじゃなく、ストライカーとしても怖さが出てきた。 FWディエゴ・オリヴェイラ(FC東京/2回目) 今節もハイパフォーマンス。補完性を示す永井とのコンビは破壊力抜群。 FWドウグラス(清水エスパルス/2回目) クラブのJ1新7戦連発弾。高くて、強くて、巧い。まさに重戦車そのもの。 2019.07.08 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第17節】スペイン三銃士がそれぞれ“ドブレテ”!

明治安田生命J1リーグ第17節の9試合が6月29日から同月30日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK高木駿(大分トリニータ/初) 79分に最大の決定機を阻止。的確なビルドアップなどで攻撃のスタート地としても大いに光った。 DF松田陸(セレッソ大阪/3回目) 左ポストに直撃する絶妙なセンタリングで奥埜のゴールを“アシスト”。攻守に卒なく、サイドを制圧した。 DFシマオ・マテ(ベガルタ仙台/2回目) 強靭なフィジカルでジェイを抑え、周囲との連係で最終ラインをケア。ゴールも決め、攻守に活躍。 DF車屋紳太郎(川崎フロンターレ/初) 均衡を破る先制ゴールをナイスクロスでお膳立て。守備も粘り強く、攻守に効いたプレーぶりだった。 MF高萩洋次郎(FC東京/2回目) 泥臭くボールを拾い続けるなかで、複数得点に絡む活躍。随所で技巧派MFとしての一面を披露した。 MF遠藤保仁(ガンバ大阪/2回目) 老獪かつ絶妙な浮き球パスで神アシスト。世代交代が進むなかで背番号「7」の背中がひと際輝いた。 MF柏好文(サンフレッチェ広島/3回目) 鹿島に敗れたACLでの悔しさをぶつける2発。鹿島から土壇場でゲットした1ptはチームにとっても大きい。 MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸/3回目) 再来日から間もない劣悪なコンディションのなかで2ゴール。1つひとつのプレーがワールドクラス。 FW永井謙佑(FC東京/3回目) チームに漂った嫌な流れを振り払う1得点1アシスト。2得点の相方ディエゴ・オリヴェイラと阿吽の呼吸。 FWダビド・ビジャ(ヴィッセル神戸/2回目) 2戦連発となる今季初の複数得点で得点ランクトップタイに。仕掛けからのフィニッシュに劣化の影なし。 FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖/初) 引退表明後の初試合でドブレテ。ボールを呼び込む動作とゴール前での駆け引きはさすがのひと言。 2019.07.01 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第15節】清水のエースとルーキーが劇的逆転勝利に導く!

明治安田生命J1リーグ第15節の9試合が14日から15日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌/2回目) 19本のシュートを打たれながらも1失点。PKストップ含む好守連発で王者とのドローに貢献。 DF永木亮太(鹿島アントラーズ/2回目) 20分にゴールカバーでチームを救済。本職ではない右SBでも守備職人ぶり披露した。 DF高橋祥平(ジュビロ磐田/初選出) 体を張ったディフェンスでゴールを許さず。攻撃面でも機を見た縦パスでチャンスも作り、後方から援護し続けた。 DF三浦弦太(ガンバ大阪/初選出) 復活の兆し。空中戦の強さとカバーリング能力を発揮し、ピンチをことごとく阻止。 DF永戸勝也(ベガルタ仙台/2回目) 左足から正確なクロスを連発し、決勝点もアシスト。守備も無難にこなした。 MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸/2回目) 4試合ぶりの復帰も変わらずスルーパス、クロスでチャンスを創出。相手の寄せを利用し、GK林彰洋を欺く技巧弾で新体制初陣に白星をもたらした。 MF稲垣祥(サンフレッチェ広島/初選出) 豊富な運動量と適切なポジショニングで攻守を支えた。貴重なダメ押し弾もボックス内への走り込みから。 MF西澤健太(清水エスパルス/初選出) 途中出場でヒーローに。チャンスに顔を出し続け、最後の最後に決勝弾となるプロ1号。 MF森島司(サンフレッチェ広島/2回目) 迅速な切り替えからPKを獲得し、キーパスを幾度も供給し続けアシストも記録。周囲との好連携で相手守備陣を攻略。 MF白崎凌兵(鹿島アントラーズ/2回目) 見事なインターセプトから勝負を決定づける豪快ミドル弾。常勝軍団にフィットしつつある。 FWドウグラス(清水エスパルス/初選出) 空中戦の強さと高い決定力で4試合連続ゴールと1アシスト。2つの同点弾関与でヒーロー誕生をお膳立て。 2019.06.17 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第14節】FC東京vs大分、久保建英の独壇場に!

明治安田生命J1リーグ第14節の9試合が5月31日から6月1日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌/初) 我慢比べの戦況下で安定感抜群のパフォーマンス。満を持して韓国代表に合流へ。 DF室屋成(FC東京/初) 1アシスト。両軍最多のスプリント回数が示すとおり、自サイドを制圧した。 DF平岡康裕(ベガルタ仙台/初) 徐々にカバーリングで存在感。シマオ・マテをリードしながら守備を立て直した。 DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス/2回目) 一対一の対応やブロックだけでなく、ビルドアップでも見せ場。随所でハイレベルだった。 DF丸橋祐介(セレッソ大阪/初) 決勝点をお膳立て。試合を通じて、クロスからチャンスを作り、攻撃の起点に。 MF東慶悟(FC東京/4回目) 古巣相手にも圧倒的な運動量で攻守に奮闘。戦う姿勢はもっと評価されるべき。 MF松下佳貴(ベガルタ仙台/2回目) 2得点目の起点になるなど攻撃の核に。後半に入り、より躍動した。 MF久保建英(FC東京/2回目) 初の複数得点で最高の形でA代表へ。今節の大分戦は自身の独壇場だった。 MF仲川輝人(横浜F・マリノス/3回目) 1得点1アシスト。加速力や突破力、得点感覚で相手守備網を翻弄し続けた。 FW長沢駿(ベガルタ仙台/初) 全得点に絡む2得点1アシストの大活躍。守備の献身性も光り、名古屋撃破の主役に。 FW食野亮太郎(ガンバ大阪/初) 指揮官のJ1初先発起用にゴールでリアクション。大ブレイクの予感も漂わせる。 2019.06.03 12:45 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース