週明け10日にパウロ・フォンセカのローマ新監督就任発表へ!

2019.06.08 13:59 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
週明けの10日にもローマのパウロ・フォンセカ新監督(46)が誕生することになるようだ。イタリア『スカイ・スポルト』など複数メディアが、同監督のローマ行き合意を伝えている。

今シーズン、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督、クラウディオ・ラニエリ監督という2人のイタリア人指揮官の下で、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の6位フィニッシュという厳しいシーズンを過ごしたローマ。

すでにラニエリ監督の今季限りでの退団が発表された中、シャフタールのフォンセカ監督の招へいに迫っている。ローマは同監督の招へいに向けて年俸250万ユーロ(約3億円)+ボーナスの3年契約を準備し、すでに個人間での合意も伝えられている。
また、シャフタールと2020年まで契約を残す同監督の契約解除金は500万ユーロ(約6億円)程度に設定されており、その支払いに関して交渉中の両クラブだが、最終的に150~200万ユーロ(約1億8000~2億4000万円)の支払いと、今後両クラブ間でのフレンドリーマッチ開催という条件で合意した模様だ。

そして、ローマは10日にもフォンセカ新監督の就任を公式発表する模様だ。

なお、フォンセカ監督はローマ新監督の条件としてセルビア代表DFアレクサンドル・コラロフが退団濃厚な左サイドバックに、シャフタールの教え子であるブラジル人DFイスマイリの獲得をリクエストしており、1500万ユーロ(約18億円)程度の金額で同選手もローマ加入となりそうだ。

母国のパソス・フェレイラやポルト、ブラガなどで指揮を執ったフォンセカ監督は2016年6月からシャフタールを指揮。就任以降の3シーズンで国内リーグ3連覇を達成。また、昨季のチャンピオンズリーグ(CL)ではマンチェスター・シティとナポリと同居したグループリーグを2位通過しベスト16進出。そのラウンド16では奇しくもローマと対戦し、ホームでの初戦を制すも最終的にアウェイゴール数の差で敗退となっていた。

関連ニュース
thumb

ザニオーロのガラタサライ移籍、クラブ間次第か…個人面では合意済み

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)がトルコ行きを承諾済みのようだ。 ローマとの契約を2024年夏まで残すものの、今冬に移籍を求めたザニオーロ。欧州主要リーグの移籍マーケット内で話がまとまらず、このままだと少なくとも今季が終わるまでローマで氷漬けとなりうる状況だが、新たにトルコ行きの噂が立っている。 そのトルコから獲得に名乗りを上げているといわれるのがガラタサライだ。移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ザニオーロ本人はガラタサライ移籍にゴーサインを出して、個人条件にも合意しているという。 したがって、あとはクラブ間の交渉次第に。完全移籍額は2200万ユーロ(約31億3000万円)で、アドオンなどを交渉しているところのようだ。 2023.02.06 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

オシムヘン2発にクワラツヘリアPK弾のナポリがスペツィアに快勝《セリエA》

ナポリは5日、セリエA第21節でスペツィアとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 前節ローマとのデルビー・デル・ソーレを制して独走態勢を築いた首位ナポリ(勝ち点53)は、ベストメンバーで臨んだ。 17位スペツィア(勝ち点18)に対し、3トップにオシムヘン、クワラツヘリア、ロサーノを据えたナポリが立ち上がりのスペツィアの圧力を受け止めると11分、CKからディ・ロレンツォのヘディングシュートでゴールに迫った。 ここから圧力を強めたナポリだったが、自陣で守備を固めるスペツィア相手に好機を生み出すことはできない。 前半半ば以降も敵陣でのプレーを続けたものの、やはりゴールに迫るようなシーンは作れずゴールレスで前半を終えた。 それでも迎えた後半、開始10秒にナポリがPKを獲得する。ロングボールを処理にかかったレカが自陣ボックス内でハンドを犯し、このプレーで得たPKをクワラツヘリアが決めて先制した。 先制後も押し込むナポリは68分にリードを広げる。相手DFのクリアしたハイボールをオシムヘンが打点の高いヘディングで押し込んだ。 そして73分、決定的な3点目が生まれる。カルダーラの自陣ボックス付近でのミスパスをクワラツヘリアがカットし、ラストパスをオシムヘンが難なくゴールへ流し込んだ。 余裕の展開としたナポリはクワラツヘリアとオシムヘンをベンチに下げた中、終盤にかけても危なげなく時間を消化。3-0で快勝し、独走態勢に拍車をかけている。 2023.02.05 22:29 Sun
twitterfacebook
thumb

退団希望でローマに居場所失ったザニオーロ、今冬残留から一転トルコ行きも?

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)にトルコ行きの可能性が浮上しているようだ。 ザニオーロは今冬のローマ退団を望み、ミランとボーンマスへの移籍交渉の行方が注目された。しかし、個人間で合意していたミランはローマの要求額を満たせず撤退。対してボーンマスへは自身が移籍を望まず、ローマ残留という形で決着したと思われた。 ローマはザニオーロの姿勢に激怒し、後半戦で一切起用しない方針を固めたとも言われるなか、現在も移籍市場が開いているトルコへなら移籍が可能。移籍市場に精通するジャーナリスト、ジャンルカ・ディマルツィオ氏によると、ガラタサライとフェネルバフチェがローマに接触している段階だという。 ザニオーロ本人がトルコ行きに同意するかは不透明のようだが、ローマはいずれかのクラブが要求額を満たせば躊躇なく売却する考え。レンタル放出は排除しており、完全移籍に絞って話し合いが続いているとされる。 トルコ・スュペル・リグの移籍市場は2月8日まで。6日中に決定的な動きがあるかもしれないと考えられている。 2023.02.05 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

逃げ切り勝利のローマ、モウリーニョ「完璧にプランを実現できていた」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 4日に行われたセリエA第21節でエンポリをホームに迎えたローマ。開始2分に訪れた左CKの場面でアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの入れた正確なボールに、ブラジル代表DFロジェール・イバニェスが頭で合わせて、先制ゴールを奪う。直後の6分にも再び左CKから今度はイングランド代表FWタミー・エイブラハムがヘディングシュートを決めて追加点。序盤から大きなリードを得ると、ペースを相手に握らせることのないままタイムアップまで守り切り、2-0で勝利を収めた。 モウリーニョ監督は試合後、2点目を決めたエイブラハムを称賛。年明けから調子を上げ、今シーズン6ゴール目を記録したストライカーの献身性を高く評価した。 「今シーズンは、彼が私に疑念を抱かせた時期もあった。彼のポテンシャルに疑いはなく、結果を残せていなかったことについてだがね。今はたとえゴールを決めなかったとしても、彼の貢献度は非常に重要だ」 「彼は全ての場面でよくやってくれた。後半は彼がディフェンスをしてくれていたことで、相手に隙を絶えずに、チームがディフェンスラインを再編成する時間を作れた。そして前半は、パウロ(・ディバラ)ともロレンツォ(・ペッレグリーニ)とも非常にうまく連携できていた。素晴らしいプレーだった」 また、完封勝利に終わった一戦を振り返り、3ポイントの重要性を強調。一方で課題は試合中盤以降にペースダウンしてしまったことだと話した。 「今日は理論上、現時点で最も強いと思える布陣で臨んだ。そして、序盤の30分間は完璧にゲームプランを実現できていた。その後は強度が下がり、プレーの質が下がってしまった。それは私が望んだからではなく、我々の課題だ」 「自分たちの限界まで戦えていたのはうれしいことだ。できることをただ実行するのが重要であり、今日は難しいチームを相手に勝ち点3を獲得することができた。試合後には相手の監督であるパオロ・ザネッティに対して、非常に難しいチームと戦ったので、これは重要な勝利だと考えていると話した」 2023.02.05 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ディバラ2Aのローマが序盤セットプレー2発でエンポリ撃破! 公式戦連敗をストップ《セリエA》

セリエA第21節、ローマvsエンポリが4日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-0で勝利した。 6位のローマは前節、首位のナポリ相手に2023年初黒星を喫すると、直近のコッパ・イタリアでは格下クレモネーゼにホームで敗れて公式戦連敗。年明け以降の好調から一転して苦しい状況に追い込まれた。 その屈辱の連敗からのバウンスバックを図るモウリーニョのチームは、9位のエンポリをホームで迎え撃った。ウイングバックを除きナポリ戦とほぼ同じメンバーを起用し、前線はディバラ、ペッレグリーニ、エイブラハムのトリデンテとなった。 公式戦連敗ストップへ強い決意で試合に臨んだローマは、最高の入りを見せる。まずは2分、左CKの場面でキッカーのディバラが左足インスウィングの正確なボールを入れると、ニアで競り勝ったイバニェスが叩きつけるヘディングシュートをゴール左隅へ流し込む。 さらに、畳みかけるホームチームは直後の6分に再びディバラの正確な左CKを今度はエイブラハムがニアで競り勝ってゴール右隅へ流し込み、セットプレー2発での連続ゴールとした。 得意のセットプレーで一気に試合をラクな展開としたローマは、早い時間帯のゴールを目指して前がかるエンポリの攻撃を受け止めながらカウンターで、さらなるゴールを目指していく。24分には三度ディバラの左CKから決定機が訪れるが、エイブラハム渾身のヘディングシュートはGKヴィカーリオのビッグセーブに阻まれる。 前半半ば以降は思った以上にエンポリに押し込まれて幾度かピンチを招いたホームチームだったが、GKルイ・パトリシオの好守やDFマンチーニの身体を張ったブロックや相手のシュート精度にも救われて2点リードを維持した。 迎えた後半、再び制空権を握るセットプレーから開始直後にマンチーニがゴールへ迫ったローマだが、以降は相手の左サイドからの仕掛けに苦戦を強いられ、押し込まれる展開となった。 それでも、スモーリングを中心に要所を締める守備で徐々に相手の攻撃にアジャストしたホームチームは、のらりくらりとした試合運びで巧みに時計を進めていく。その後、ボーヴェやチェリク、試合終盤にはディエゴ・ジョレンテをデビューさせるなど、危なげなく2点のリードを守り切った。 そして、公式戦連敗をストップしたローマは暫定ながら3位に浮上している。 2023.02.05 04:03 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly