今夏フリーのラビオ、ユナイテッドが依然興味か2019.05.24 11:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)に対して、マンチェスター・ユナイテッドの追随が続いているという。イギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。ユナイテッドは今冬の元ベルギー代表MFマルアン・フェライニに続いて、スペイン代表MFアンデル・エレーラも今夏退団。オーレ・グンナー・スールシャール監督は手薄なセントラルMFの補強をリクエストしている模様だ。

そこで挙がったのがラビオだ。ラビオはPSGとの延長交渉を固辞して今シーズン限りでの退団が既定路線。複数クラブの関心が噂されるが、ユナイテッドもルイス・ファン・ハール政権時代から追ってきた同選手だという。

来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したユナイテッドは、ラビオ争奪戦で不利な状況とされるが、セルビア代表MFネマニャ・マティッチの長期的な後継者として同選手に依然興味を抱いているとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

“ビッグ6”関心のマディソンが移籍を否定「移籍話は無視」

レスター・シティに所属するイングランド代表MFジェームズ・マディソン(22)が今夏の去就について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨夏にノリッジ・シティから2200万ポンド(約29億8000万円)でレスターへ加入したマディソン。卓越した右足のキック精度やパスセンス、エレガントな身のこなしで試合を作る司令塔で、今シーズンはプレミアリーグ36試合7得点7アシストの好成績を収めた。 昨年10月にイングランド代表初招集を受けるなど成長著しいマディソンのプライスタグは6000万ポンド(約81億4000万円)と高額。それでも、マンチェスターの両クラブやリバプール、トッテナム、アーセナルといった“ビッグ6”がこぞって獲得に興味を示している状況だ。 そうしたなか、渦中のマディソンは今夏の去就について問われると、次のようにコメント。移籍の可能性を否定した。 「ノーだね。今は僕の歩幅で歩いているからトランスファーの話は無視しているよ」 「コベントリーでプレーしていた17歳のとき、5試合しかスタメンで出られなかったけど、携帯を見たらトッテナムとリバプールの興味を目にしたよ」 「トランスファーの話で僕のことを取り上げてくれるのは誉め言葉として受け取る必要がある。だけど、僕の気が変わることはないよ」 2019.06.18 16:42 Tue
twitterfacebook
thumb

ワン=ビサカ獲得へリベンジ! ユナイテッド、移籍金上積みで2度目のオファーを提示

マンチェスター・ユナイテッドが、クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)に再度オファーを提示したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 C・パレス下部組織出身のワン=ビサカは、2018年にトップチームデビュー。推進力抜群のドリブルと、長い足を生かしたしなやかな体つきから繰り出す対人守備が魅力の右サイドバックであり、今シーズンのクラブ年間最優秀選手に輝いている。 同メディアによると、そのワン=ビサカ獲得に向け、ユナイテッドは先日、3500万ポンド(約47億5000万円)のオファーを提示。しかし、C・パレス側に拒否されていた。そして今回伝えられるところによると、ユナイテッドは1500万(約20億3000万円)ポンドを上積みした5000万ポンド(約67億8000万円)で2度目のオファーを提示したという。 ただ、その内容は3500万ポンド(約47億5000万円)と1500万ポンド(約20億3000万円)の分割払い。C・パレスは一括払いであれば、4500万ポンド(約61億円)から5000万ポンド(約67億8000万円)で移籍に応じる意向も、この契約内容には納得いかず。またも失敗に終わったようだ。 ワン=ビサカはユナイテッド移籍に前向き。しかし、トランスファーリクエストを提出することや移籍を訴えることは考えていないようだ。 2019.06.18 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、“新たな挑戦発言”のポグバ慰留へ! サンチェス級のサラリー準備

マンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバ(26)の慰留に動いているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏、レアル・マドリーやユベントスの関心報道が取り巻くなか、個人スポンサーである『アディダス』主催のイベント出席のため、16日に初来日したポグバ。世界中が注目する去就に関して、イベント後に「タイミング的に新たなところで新たなチャレンジをすべき」との意向を明かした。 このコメントは今夏の移籍待ったなしの様相として、世界各国のメディアが一斉に報道。だが、ユナイテッドは、2016年夏に投じた移籍金8900万ポンド(約120億7000万円)を上回るオファーが届かない限り、手放す意思はなく、来シーズンも戦力として計算しているという。 そのユナイテッドは、まだ2年契約+1年の延長オプションを残しているポグバを残留させるため、現週給29万ポンド(約3900万円)のサラリー見直しを考慮。クラブ最高給者のチリ代表FWアレクシス・サンチェスに匹敵する50万ポンド(約6700万円)に引き上げる準備をしている模様だ。 昨シーズン途中から指揮を執るオーレ・グンナー・スールシャール体制下でも良い姿と悪い姿の両面をのぞかせたことで、ユナイテッドファンの間で売却容認派と否定派に二分するポグバ。今夏の去就はどのような結末を迎えるのだろうか。 2019.06.18 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ついにマタと契約延長か 英紙は「90パーセント」と報道

マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スペイン代表MFフアン・マタ(31)の契約延長が近づいているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ユナイテッドとの契約が失効するまで2週間を切ったマタ。これまでバルセロナやアーセナルの他、ニューカッスルら中堅クラブからの関心が伝えられていたが、先日、オファーの提示が明言されたユナイテッドとの契約延長に接近しているようだ。 交渉は現在も進行している中で、同メディアは契約延長が締結する可能性は「90パーセント」であると報道。両者、停滞していた理由でもある給与面で妥協点を見出しつつあり、1年間の契約延長が濃厚となっているようだ。 マタは2014年1月にチェルシーから加入した。ここまで公式戦218試合45ゴール37アシストという数字を残し、今シーズンも公式戦32試合6ゴール4アシストを記録。これまでFAカップやヨーロッパリーグ(EL)制覇に貢献してきた。 2019.06.18 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

“新しい挑戦”発言のポグバ、英紙スカイは残留を予想

イギリス『スカイ・スポーツ』は、退団が噂されるマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバの残留を予想している。 今夏のオールドトラフォード出発が毎日のように取り沙汰されるポグバ。最近の情報では、その行先は古巣ユベントスがレアル・マドリーの2つに絞られている状況だった。 そんな中、16日に日本で行われたイベントに参加したポグバが去就について問われると「新しい挑戦をする時がきた」と、移籍を匂わせる発言をし、たちまちそのコメントは世界中に拡散された。 退団は既定路線と見られる一方で、有力紙『スカイ』は残留を予想。オーレ・グンナー・スールシャール監督が来季のチーム構想の中心に据えていると伝え、ポグバの残留を強調している。 このように去就について様々な憶測が飛び交っているポグバ。今夏の移籍市場を最も盛り上げている選手の一人だ。 2019.06.17 18:10 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース