リヨン新指揮官に元バルサのシウヴィーニョ氏就任へ! SDは英雄ペルナンブカーノ2019.05.18 05:44 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンの新指揮官にかつてバルセロナやアーセナルで活躍した元ブラジル代表DFのシウヴィーニョ氏(45)が就任することが決定的となった。フランス『レキップ』や『ESPN』など複数メディアが伝えている。今シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位に位置するリヨンだが、2015年からチームを率いてきたブルーノ・ジェネジオ監督(52)が契約満了に伴い、今シーズン限りで退団することが決定している。

その後任人事に関してはジョゼ・モウリーニョ氏という、眉唾ものの話からパリ・サンジェルマン(PSG)のU-19チームの監督を退任することが濃厚なチアゴ・モッタ氏ら多くの名前が挙がっていたが、最終的にはトップカテゴリーで監督経験がないシウヴィーニョ氏という意外過ぎる人選となったようだ。

母国コリンチャンスでプロキャリアをスタートした職人タイプの左サイドバックのシウヴィーニョ氏は、アーセナルやセルタ、バルセロナ、マンチェスター・シティで活躍。また、ブラジル代表として通算7キャップを記録している。

現役引退後はクルゼイロや古巣コリンチャンスでアシスタントコーチを務めたほか、2014年にはロベルト・マンチーニ監督の誘いを受けてインテルのアシスタントコーチも経験。その後は、ブラジル代表で現指揮官チッチ監督の副官を担い、今年4月には2020年東京オリンピックに向けたU-23ブラジル代表監督も兼任していた。

なお、ブラジルサッカー連盟(CBF)は17日、シウヴィーニョ氏の退任を認めており、リヨン行きは確実な情勢だ。

また、リヨンではかつてのリーグ・アン7連覇の中心選手だった元ブラジル代表MFのジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏(44)のスポーツ・ディレクター就任が内定しており、ペルナンブカーノ氏の最初の仕事がシウヴィーニョ氏の新監督招へいだったようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

プレミア勢関心のムサ・デンベレ、リヨン残留を明言

多くのビッグクラブからの関心を集めているリヨンのU-21フランス代表FWムサ・デンベレ(22)が残留を明言している。イギリス『ミラー』が伝えた。 卓越した身体能力と決定力を武器に前所属のセルティックでは公式戦94試合51ゴールを記録したムサ・デンベレ。昨夏に2200万ユーロ(約28億円)の移籍金でリヨンに加入し、1年目の今季はリーグ戦33試合で15ゴール5アシストという上出来の成績を残した。 リヨン加入前からビッグクラブが獲得に動いていたと言われており、今夏も例外なくマンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、リバプールといったプレミアリーグのビッグクラブが挙って興味を見せている模様。だが、本人はリヨンとの契約を尊重し、来季もフランスでプレーすることを明言している。 「契約はあと4年残っている。来シーズンもリヨンに残るよ」 現在その市場価値はおよそ4500万ポンド(約61億5200万円)と見込まれているムサ・デンベレ。セルティックはリヨンとの交渉の際に、リヨンが売却した場合移籍金の10%を受け取るという条項を盛り込んでたようで、さらなる移籍金の底上げのためリヨンに留まっていてほしいようだ。 現在同選手はU-21欧州国際選手権にフランス代表として参加中。21日のクロアチア戦では決勝点を挙げて勝利に貢献した。 2019.06.23 18:50 Sun
twitterfacebook
thumb

モンペリエ、リヨン生え抜きのMFフェリを獲得! 今季はニームにレンタル

モンペリエは20日、リヨンからフランス人MFジョルダン・フェリ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、契約に関する詳細は明かされていない。 15歳からリヨンに在籍してきた生え抜きのフェリは、戦術眼とパスセンス、献身性に長けたセントラルMF。2012年にトップチームデビューを果たすと、2013-14シーズンから5シーズンに渡って中盤のユーティリティープレーヤーとして活躍。 昨年12月にニームにレンタル移籍するまでリヨン一筋のキャリアを歩み公式戦213試合に出場し、12ゴール18アシストの数字を残してきた。また、ニームでは公式戦25試合に出場し2ゴールと、主力として活躍していた。 2019.06.22 18:39 Sat
twitterfacebook
thumb

リヨン会長、フェキル&エンドンベレの今夏退団の可能性を明言…F・ルイスへの興味も明かす

リヨンの会長を務めるジャン・ミシェル・オラス氏が、フランス代表FWナビル・フェキル(25)とフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(22)の2人が今夏に退団する可能性があると明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』がフランス『レキップ』を引用して伝えている。 リヨンでキャプテンを務めるフェキルは今シーズン、複数のポジションをこなしながら公式戦39試合に出場し、12ゴール9アシストを記録。一方、中盤の要として君臨するエンドンベレは、公式戦49試合3ゴール8アシストを記録した。現在、前者には昨夏にも加入に迫ったリバプールに加えレアル・マドリーらが、後者にはトッテナム、マンチェスター・シティ、ユベントスらが獲得に関心を抱いている。 リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長は先日、フェキルに関して移籍の容認を明言。そして今回、エンドンベレも退団する可能性があると口にした。 「(フェキルについて)彼は移籍に前向きだ。我々は(他クラブからの)話を聞くつもりである。ただ、まだ新しいことは起きていない。オファーを待っているが、現時点では何もない」 「タンギ・エンドンベレもまだ何も決まっていない。たくさんのオファーは届いているが、我々が納得いく金額に達していない」 リヨンはすでにフランス代表DFフェルラン・メンディ(23)がレアル・マドリーへ移籍。その後釜としてアトレティコ・マドリーの退団が濃厚となっているブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)を狙っているようだが、合意には近づいていないようだ。 「彼(フィリペ・ルイス)は、我々が興味を持っている選手の1人だ。我々は最近、彼に会った。しかし、合意からはまだほど遠い状況だ」 「彼は決断するのに時間が欲しいようだ。コパ・アメリカが終わるまでは何もしないだろう」 2019.06.19 10:36 Wed
twitterfacebook
thumb

エンドンベレがスパーズ移籍に言及「素晴らしいチームでビッグクラブ」

今夏にステップアップすることが確実視されているリヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(22)がトッテナム移籍について言及した。イギリス『メトロ』が報じた。 2016年にアミアンでプロデビューを飾ったエンドンベレは中盤の要としてクラブ史上初となるリーグ・アン昇格に貢献。その翌年にリヨンへ完全移籍を果たすと、今シーズンは公式戦49試合に出場し3ゴール8アシストを記録した。 得点力にこそ課題はあるものの、豊富な運動量と高い身体能力を生かしたボール奪取能力に加え、トリッキーな足技も兼ね備えた万能型MFに対して、マンチェスター・シティやユベントスなどが関心。中でも、争奪戦を優位に立っていると報じられたトッテナム移籍について、エンドンベレがフランス『Telefoot』で言及した。 「トッテナムは素晴らしいチームでビッグクラブだ。リーグ戦では4位でフィニッシュしているし、チャンピオンズリーグ(CL)でもファイナルまで進んでいるからね」 「ビッグクラブでプレーすることに興味ない選手なんているのかい?」 2019.06.16 22:09 Sun
twitterfacebook
thumb

リヨンとマドリーで今夏2回目の取引? セバージョスに関心か

リヨンが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『Cadena Sur』の情報を引用してフランス『Foot01』が報じている。 ベティスの下部組織出身であるセバージョスは大会MVPに選出された2017年6月のU-21欧州選手権後にマドリーに入団。加入2年目の今シーズンは、公式戦34試合に出場し3ゴール2アシストを記録した。昨シーズンの公式戦22試合と比べるとステップアップした1年だった。 だが、ジネディーヌ・ジダン監督が復任してからは逆戻り。公式戦3試合のみの出場に留まっており、同監督から戦力外通告を受けたことも報じられ、今夏の有力な放出候補となっている。 そのセバージョスに関して、すでにリヨンはマドリーに獲得可能か問い合わせており、返答待ちだという。しかし、トッテナムも関心を示していることから競合する可能性があるようだ。 とはいえ、今夏にフランス代表DFフェルラン・メンディがエル・ブランコに加入したこともあり、リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長とマドリーのフロンティーノ・ペレス会長の関係は良好なことから、交渉がスムーズに進む可能性があるとのことだ。 2019.06.14 19:10 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース