リヨン新指揮官に元バルサのシウヴィーニョ氏就任へ! SDは英雄ペルナンブカーノ2019.05.18 05:44 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンの新指揮官にかつてバルセロナやアーセナルで活躍した元ブラジル代表DFのシウヴィーニョ氏(45)が就任することが決定的となった。フランス『レキップ』や『ESPN』など複数メディアが伝えている。

今シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位に位置するリヨンだが、2015年からチームを率いてきたブルーノ・ジェネジオ監督(52)が契約満了に伴い、今シーズン限りで退団することが決定している。

その後任人事に関してはジョゼ・モウリーニョ氏という、眉唾ものの話からパリ・サンジェルマン(PSG)のU-19チームの監督を退任することが濃厚なチアゴ・モッタ氏ら多くの名前が挙がっていたが、最終的にはトップカテゴリーで監督経験がないシウヴィーニョ氏という意外過ぎる人選となったようだ。

母国コリンチャンスでプロキャリアをスタートした職人タイプの左サイドバックのシウヴィーニョ氏は、アーセナルやセルタ、バルセロナ、マンチェスター・シティで活躍。また、ブラジル代表として通算7キャップを記録している。

現役引退後はクルゼイロや古巣コリンチャンスでアシスタントコーチを務めたほか、2014年にはロベルト・マンチーニ監督の誘いを受けてインテルのアシスタントコーチも経験。その後は、ブラジル代表で現指揮官チッチ監督の副官を担い、今年4月には2020年東京オリンピックに向けたU-23ブラジル代表監督も兼任していた。

なお、ブラジルサッカー連盟(CBF)は17日、シウヴィーニョ氏の退任を認めており、リヨン行きは確実な情勢だ。

また、リヨンではかつてのリーグ・アン7連覇の中心選手だった元ブラジル代表MFのジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏(44)のスポーツ・ディレクター就任が内定しており、ペルナンブカーノ氏の最初の仕事がシウヴィーニョ氏の新監督招へいだったようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッドがリヨンのムサ・デンベレ獲得に動く! 48億超のオファー打診

マンチェスター・ユナイテッドがリヨンに所属するフランス人FWムサ・デンベレ(22)の獲得に動いているという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ムサ・デンベレは昨夏にセルティックから加わり、公式戦45試合20得点6アシストをマーク。今夏の移籍市場で欧州複数クラブの関心を集める注目株の1人だ。 そのなかで、セルティック時代から興味を示すユナイテッドがリヨンに対して、移籍金3500万ポンド(約48億6000万円)のオファーを打診した模様だ。 来シーズンの復権を目論むユナイテッドだが、セリエA行きを夢だと語るベルギー代表FWロメル・ルカクの去就が不透明な状況。ムサ・デンベレの獲得なるか。 2019.05.25 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ、ギュンドアン後釜にリヨンの逸材MFを注視? ユムティティも称賛

マンチェスター・シティが、リヨンのU-21フランス代表MFフセム・アワール(20)への関心を強めているようだ。フランス『RMC SPORT』が伝えている。 フセム・アワールは2017年にリヨンでトップチームデビューを果たした期待の若手だ。セントラルMFを主戦場とし、足元の高い技術力と長短の正確なパスを武器に、今シーズンはここまで公式戦45試合7ゴール10アシストを記録。昨年には欧州でプレーする最も活躍した21歳以下の選手を選出する『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞の最終候補20名にも選出されている。 シティはフセム・アワールに対して、かねてより興味を示していた。今シーズン、リヨンと同居したチャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグでの対戦を機に、ジョゼップ・グアルディオラ監督と、アシスタントコーチを務めるミケル・アルテタ氏の目に留まった。そして今回、シティは去就が不透明となっているドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンの後釜として、獲得に動く可能性があるようだ。 なお、以前、シティがフセム・アワールに興味を抱いていた際、バルセロナに所属する同胞DFサミュエル・ユムティティは、「彼は賢く、技術的にも優れている選手だ。良質なパス、ゲームを読む力も持っている。グアルディオラのような監督がこのようなタイプの選手を好むことはごく普通のことだろうね」とコメントしていた。 2019.05.15 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベ、F・メンディに関心でマドリーと競合か

ユベントスが、リヨンに所属するフランス代表DFフェルラン・メンディ(23)に関心を示しているようだ。フランス方面の情報を引用してイタリア『Tuttomercatoweb.com』が伝えている。 F・メンディは2017年6月にリーグ・ドゥ(フランス2部)のル・アーヴルからリヨンに加入した攻撃的左サイドバックだ。圧巻のスピードとドリブルテクニックを生かした突破力を武器に、加入2年目の今シーズンはここまでの公式戦42試合で3ゴール3アシストを記録している。 これまで左サイドバックの補強としてレアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロ(30)の獲得を目指してきたことが報じられていたユベントス。だが、同選手はジネディーヌ・ジダン監督が復任したことによって、残留が濃厚となっている。 今回伝えられるところによれば、ユベントスが狙うF・メンディに関してリヨンは移籍金として4500万ユーロ(約55億円)を要求しているようだ。さらに、マルセロのバックアッパーとしてマドリーもフランス代表DFの獲得に動いていることから、激しい争奪戦が予想されている。 2019.05.14 17:33 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨンがラファエウと2021年まで契約延長

リヨンは6日、今季限りまでとなっていた元ブラジル代表DFラファエウ・ダ・シウバ(28)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。 新たな契約を結んだラファエウは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「リヨンと2年間の新契約を結べたことをてとても嬉しい。僕がここに残りたいと思っていたことは皆が知っていた。僕はこのクラブとリヨンの街が好きで、家族もここでの生活を楽しんでいる」 2015年8月にマンチェスター・ユナイテッドからリヨンに加入したラファエウは、在籍4シーズンで公式戦118試合に出場し2ゴール11アシストをマーク。今季はここまで公式戦19試合に出場している。 2019.05.07 03:27 Tue
twitterfacebook
thumb

スールシャール、"ネクスト・ドログバ"に関心か 移籍金は62億円

マンチェスター・ユナイテッドが、リヨンに所属するU-21フランス代表FWムサ・デンベレ(22)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『レキップ』の情報をもとにイギリス『メトロ』が伝えている。 フルアムの下部組織出身のM・デンベレは、昨夏にセルティックから2200万ユーロ(現在のレートで約27億3000万円)でリヨンに加入。卓越した身体能力と決定力の高さを売りとしていることから"ネクスト・ドログバ"と評されており、今シーズンの公式戦48試合で21ゴール6アシストを記録している。 ユナイテッドでは現在、ベルギー代表FWロメル・ルカク(25)が今夏に退団する可能性が伝えられている。そこで、オーレ・グンナー・スールシャール監督は、M・デンベレに関心。既に調査を開始しているという。 なお、2022年までリヨンと契約を残しているM・デンベレの獲得には、少なくとも4300万ポンド(62億3000万円)の移籍金が必要になる模様。また、同選手にはアーセナルも獲得に興味を示しているようだが、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンとフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが在籍していることから獲得に動く可能性は低いとみられている。 2019.05.03 22:05 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース