ケイン、CL決勝での復帰に向け順調! 今週末にはボールを使った練習開始へ2019.05.16 15:34 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインは6月1日に行われるリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝での戦列復帰に向けて順調に調整を行っているようだ。イギリス『デイリー・テレグラフ』が伝えている。ケインは先月9日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのマンチェスター・シティ戦で左足首じん帯損傷のケガを負った。このケガによって今季中の復帰が絶望的と見られていたが、エース不在のチームがシティ、アヤックス相手に劇的な勝ち上がりを見せたことで、6月1日に行われるCL決勝での復帰の可能性が浮上。

そのアヤックス戦後にはチームの劇的逆転突破に興奮したケインがピッチ内をランニングする姿も見られていた。

そのケインの状態に関して『デイリー・テレグラフ』は14日、今週から同選手が芝生の上でのトレーニングを開始し、今週末にはボールを使ったトレーニングも開始する見込みであると報道。復帰に向けたリハビリのプランが順調に進んでいると伝えている。

また、ケインと同様にCL決勝での復帰が期待されるDFヤン・ヴェルトンゲン、MFデレ・アリ、MFハリー・ウィンクスの状態に関しては、イギリス『インデペンデント』が最新のレポートを掲載。

アヤックスとの2ndレグ後に足首に装具を着用する姿が確認されたヴェルトンゲンに関しては、完全なマッチフィットネスを取り戻すためのリハビリを敢行中だという。

また、12日に行われるプレミアリーグ最終節エバートン戦のウォームアップ中に違和感を訴え、前半のみの出場となったデレ・アリに関しては、ここ数週間でのオーバーワークの影響と診断されており、残りの準備期間で十分に回復が可能だという。

さらに、4月29日にそ径部の手術を受けたウィンクスに関してもリハビリのプロセスが順調に進んでおり、クラブとしてはCL決勝での復帰を楽観的に捉えているとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズに朗報! ポチェッティーノがCL決勝でのベンチ入り禁止処分を回避

欧州サッカー連盟(UEFA)は17日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、トッテナムvsアヤックスの試合開始遅延に関する処分を発表した。 UEFAの発表によると、今回の処分は4月30日にトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われたCL準決勝1stレグ、トッテナムvsアヤックスの試合開始遅延に関するものだ。 遅延原因に関する詳細は明かされていないが、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督と、アヤックスのエリック・テン・ハグ監督の双方に責任があったという。テン・ハグ監督に関しては警告に留まった一方、ポチェッティーノ監督には今季2度目の遅延を理由に1試合のベンチ入り禁止処分が科されることになった。 しかし、UEFAは今回の処分に関して1年間の保護観察期間を設けると伝えており、その間に同監督が同じような処分を科されなければ、処分が執行されることはない。したがって、6月1日に行われるリバプールとのCL決勝戦でも無事ベンチ入りが可能となった。 その一方で、トッテナムには今回の一件で1万ユーロ(約120万円)の罰金処分が科される。さらに、CL準々決勝1stレグ、マンチェスター・シティ戦におけるサポーターのピッチ侵入事件に関して施設運営者責任として5000ユーロ(約60万円)の罰金処分が科されている。 ポチェッティーノ監督に関してはプレミアリーグの直近のリバプール戦をベンチ入り禁止処分によってスタンド観戦を余儀なくされたが、今回のCL決勝の大一番は無事ベンチで指揮を執れることになった。 2019.05.17 23:29 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズの救世主ムサ・シソコ、再生の1年を振り返る「決して諦めなかった」

今シーズンのトッテナムにおいて救世主という言葉が最も似合うフランス代表MFムサ・シソコが、自身にとっての“再生”の1年間を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 2016年夏にニューカッスルからトッテナムに加入したシソコは途中出場を中心に十分な出場機会を与えられてきた一方、戦術理解度の低さや判断力、プレー精度の低さを理由に多くの識者やサポーターから厳しい批判に晒され、移籍市場が開くごとに放出候補に挙げられてきた。 しかし、今シーズンはロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した主力の疲弊、2列目とセントラルMFに負傷離脱が相次いだ中、圧倒的な身体能力とスタミナ、ユーティリティー性を武器に、文字通り獅子奮迅の活躍を披露。今季ここまで公式戦43試合の出場でゴールこそなかったが、スパーズファンの間ではクラブ年間MVPに輝いた韓国代表FWソン・フンミンやデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンと共に、今季のベストプレーヤーに推される見事な輝きを放った。 また、以前にはブーイングの声も目立っていたが、ここ最近の試合後には、「Oh Moussa Sissoko」の大合唱がスタジアムの名物になりつつある。 今季のプレミアリーグ最終戦となったエバートン戦を2-2のドローで終えたトッテナムは、自力でのトップ4フィニッシュを成し遂げ、長かった2018-19シーズンも残すは6月1日に行われるリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝の1試合のみに。 そして、今季最も重要な一戦を残す中、シソコは自身の再生のシーズンを振り返っている。 「僕は決して諦めなかった。人生においてはいつでも自分のことを信じてすべてを捧げなければならない。それが僕のやってきたことなんだ。その結果、その努力の恩恵を今受け取ることができていると思っているし、とても満足しているよ」 「これは僕にとってとても大きな意味を持っている。本当に素晴らしいシーズンを過ごすことができたと思うし、とても嬉しい気持ちだよ」 「僕の最初の2年間が非常に難しいものだったことは誰もが知っていると思うけど、僕は懸命に仕事を続けた。だから、あらためて今自分がしてきたことに満足しているんだ」 「そして、僕はこれからもそういった態度で努力を続ける必要があると思っている。うまくいけば、3週間後にはチャンピオンズリーグに勝つことができるはずさ」 また、シソコは4年連続のCL出場権獲得に満足感を示している。 「それは特別なことだよ。僕たちが素晴らしい仕事をしているという証明だからね。僕たちは毎年チームとして改善を試みている。そして今、僕たちはクラブの歴史において最も重要なゲームを控えている。うまくいけば、僕たちは歴史を作ることができるはずさ」 過去2年間の困難を受け入れ、多くの批判に晒された中でも自身を信じて努力を重ねてきたシソコ。その美しき再生のシーズンの締めくくりは、自身の今季初ゴールでのクラブ史上初のCL制覇。そして、決勝の地、ワンダ・メトロポリターノにはスパーズファンによる、「Oh Moussa Sissoko」の大合唱が鳴り響くか。 2019.05.15 22:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイル、トッテナム復帰を拒否か

レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)が、古巣トッテナムへの復帰を拒否した模様だ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ケガがちな体質に加え、今季は公式戦42試合で14ゴールという成績ながら、ホームのサポーターからブーイングを受けることが多かったベイルは、その高額な年俸も相まって、マドリーにとって目の上のこぶとなっている。 ジネディーヌ・ジダン監督の構想外とも言われる中、今夏の退団が既定路線になりつつあるウェールズ代表アタッカーは、最近は古巣のトッテナムがレンタルでの獲得を検討していると報じられた。 しかし『ミラー』によると、ベイルはトッテナム行きを拒否。週給60万ポンド(約8400万円)という大型契約を崩すことを望んでおらず、移籍もビッグクラブ以外認めない構えのようだ。 しかし、そんな要望に応えられるクラブはほんの一握り。マドリーとの契約も3年も残しており、獲得には1億ポンド(140億円)程度かかることから、今夏に移籍する可能性は低いのかもしれない。 2019.05.15 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、1年半ぶりの新戦力はフルアムMFセセニョンに! 交渉がほぼ完了

トッテナムがフルアムに所属するU-21イングランド代表MFライアン・セセニョン(18)の獲得をほぼ確実なものとしたようだ。イギリス『タイムズ』や『South London Press』が伝えている。 2018年1月にパリ・サンジェルマン(PSG)からブラジル代表FWルーカス・モウラを獲得して以降、2つの移籍ウィンドーで新戦力の補強がなかったトッテナム。だが、今夏の移籍市場でようやく1年半ぶりの新戦力を獲得することになりそうだ。 『タイムズ』の伝えるところによれば、トッテナムは以前から獲得に関心を示してきたセセニョンの獲得に大きく近づいているようだ。 これまでPSGやドルトムント、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブがこぞって関心を示したセセニョンに関しては、フルアムが要求する5000万ポンド(約70億円)という移籍金がスパーズにとってネックとなっていた。 しかし、同選手の契約が2020年までとなっていることに加え、フルアムの2部降格に伴い、現時点で同選手の評価額が2500万ポンド(約36億円)前後まで下落しており、トッテナムが十分獲得できる金額になっているという。 また、フルアムに精通する『South London Press』のリチャード・クローリー記者は、“確かな情報源”からセセニョンのトッテナム移籍交渉がほぼ完了しているという情報を受け取ったことを伝えている。 卓越した身体能力と高精度の左足、フットボールセンスを併せ持つ左ウイングの大器は、ウェールズ代表MFガレス・ベイルの後継者と目されており、左サイドバックからポジションを1つ上げた昨季はチャンピオンシップ(イングランド2部)で46試合15ゴール6アシストと圧巻のパフォーマンスを披露。 今季は自身初のプレミアリーグですでに降格が決定したチームと同様に苦戦を強いられたものの、18歳という年齢を考えれば、35試合の出場で2ゴール6アシストの数字は上々だ。 2019.05.15 17:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ティーレマンスにユナイテッド&トッテナムが関心? レスターが完全移籍での獲得に動く可能性も

レスター・シティに所属するベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(21)が、マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムから関心を抱かれているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2017年に5月にアンデルレヒトからモナコに移籍したティーレマンスは、今冬の移籍市場でポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(30)と入れ替わる形でレスターにレンタル移籍。すると、すぐさま主力に定着し、プレミアリーグでは13試合3ゴール5アシストを記録した。 そんなティーレマンスに対して、ユナイテッドとトッテナムが獲得に興味を示しているが、これを嗅ぎつけたレスターも完全移籍での獲得に動く可能性があるようだ。同クラブを率いるブレンダン・ロジャーズ監督は先月、ティーレマンスの確保に向けて、「可能な限り全力を尽くすだろう」とコメント。ティーレマンス自身も同監督を好んでおり、最近では「うまくいくならば、今の状態を維持したい」と口にするなど、レスター残留を希望している。 一方で、モナコはレスターから借用中のアドリエン・シウバの完全移籍を希望しているとも。現時点ではまだ動きはないものの、今夏にティーレマンスを巡る争奪戦が起きる可能性は大いにありそうだ。 2019.05.15 08:40 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース