バーンリー、リンデゴーアら3選手退団、レノンら3選手が契約延長! クラウチは未定2019.05.16 13:28 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バーンリーは15日、現時点での選手の契約に関する詳細を明かした。今回、今季限りでの退団が発表されたのは、元アイルランド代表DFスティーブン・ウォード(33)と、元デンマーク代表GKアンデルス・リンデゴーア(35)、元アイルランド代表FWジョナサン・ウォルタース(35)の3選手。

ウォードに関しては今季リーグ戦に3試合出場していたが、その他の2選手は出場機会はなかった。また、イプスウィッチにレンタル中だったウォルタースに関してはケガを理由に先日現役引退を発表していた。

一方、クラブが契約延長オプションを行使する形で来季の残留が決定したのは、元イングランド代表MFアーロン・レノン(32)、元ベルギー代表MFスティーブン・ドフール(31)、元スコットランド代表DFフィル・バーズリー(33)の3選手だ。

レノンは今季リーグ戦16試合で1ゴール、ドフールはケガの影響もあってリーグ戦6試合、バーズリーはリーグ戦19試合に出場していた。

また、今冬の移籍市場最終日にチャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティから今季終了までの契約で加入した元イングランド代表FWピーター・クラウチ(38)に関しては、今後契約延長に向けた交渉が行われる予定だ。

なお、今季は途中加入でリーグ戦6試合に出場しノーゴールに終わったいた。
コメント
関連ニュース
thumb

ジェイ・ロドリゲスがバーンリーに7シーズンぶりの復帰! 今季は2部で22ゴールをマーク

バーンリーは8日、WBAから元イングランド代表FWジェイ・ロドリゲス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2021年6月30日までの2年間で、1年間の延長オプションが付随している。なお、イギリス『BBC』は今回の移籍金を1000万ポンド(約13億6000万円)と推定している。 2007年にバーンリーでプロキャリアをスタートしたロドリゲスは、2012年にサウサンプトンに加入。加入2年目となった2013-14シーズンにリーグ戦33試合に出場し、15ゴールを挙げるブレイクを果たした同選手は、同年にイングランド代表デビューも飾った。しかし、シーズン終盤にヒザ前十字じん帯を断裂する重傷を負うと、ここからキャリアが暗転。 翌シーズンを棒に振ると、2015-16シーズンはリーグ戦12試合出場でノーゴール。2016-17シーズンもリーグ戦24試合出場で5ゴールと思うような結果を残すことができず、再起を図るため2017年の夏にWBAへ移籍した。 WBAでは加入初年度からレギュラーに定着すると、在籍2シーズンで公式戦89試合に出場し33ゴールをマーク。チャンピオンシップ(イングランド2部相当)降格となった今シーズンは、リーグ2位となる22ゴールを挙げる活躍を見せ、チームのプレーオフ進出に貢献した。 2019.07.09 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

バーンリーがストークから元オランダ代表DFを獲得

バーンリーは8日、ストーク・シティから元オランダ代表DFエリック・ピーテル―ス(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2年間で1年間の延長オプションが付随している。 ユトレヒトユース出身のピーテル―スは、2006年にトップチームへ昇格。トップチームでもコンスタントな出場機会を得ると、2008年の夏にPSVへ移籍。PSVでは在籍5年間で公式戦140試合に出場。 その後、2013年の夏にストーク・シティに移籍すると、在籍5年半で公式戦206試合に出場。今季は半年間でリーグ戦21試合に出場し2ゴールをマークし、今冬からはアミアンにレンタルで加入すると、リーグ戦15試合に出場し1ゴールを記録していた。 また、各年代のオランダ代表に選出されてきたピーテル―スは、2010年8月にフル代表デビュー。これまで18キャップを数えている。 2019.07.08 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バーンリーがリーズからイングランド人FWウィルクスを獲得! 昨季3部で14ゴールをマーク

バーンリーは6日、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のリーズ・ユナイテッドからイングランド人FWマリック・ウィルクス(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となる。 リーズの下部組織出身のウィルクスは、2016年にトップチームに昇格。しかし、トップチームでの出場記録はなく、国内クラブへのレンタルを繰り返し、2018-19シーズンはフットボールリーグ1(イングランド3部相当)のドンカスター・ローヴァーズでプレー。 ドンカスターでは、リーグ戦46試合に出場し14ゴール8アシストマークし、チームのプレーオフ出場に貢献した。 2019.07.07 00:19 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ、バーンリーFWマクニールに関心 トゥーロンでは日本戦にも出場

ユベントスが、バーンリーに所属するU-20イングランド代表FWドワイト・マクニール(19)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』の情報を引用してイギリス『デイリー・メール』が報じた。 マンチェスター・ユナイテッド下部組織出身のマクニールは2014年にバーンリーユースへ移籍。2017-18シーズンのプレミアリーグ最終節でプロデビューをすると、昨シーズンは縦への推進力や左足の強烈なシュートを武器にシーズン中盤から主力に定着し、リーグ戦21試合で3ゴール5アシストを記録した。 マンチェスター・シティやアーセナルも関心を示しているというマクニールに関してユベントスは、先月行われたトゥーロン国際大会でのプレーに感銘を受けたという。イタリア王者は今後もプレシーズンなど移籍市場が閉幕するまでの試合をチェックする予定だという。 なお、U-20イングランド代表FWは今年1月に2023年までの新契約を締結している。そのためバーンリーは3000万ポンド(約41億1000万円)以上のオファーが届いた場合のみ、交渉のテーブルに着く構えのようだ。 2019.07.01 21:49 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、イングランド期待のバーンリーFWをリストアップか

アーセナルが、バーンリーに所属するU-20イングランド代表FWドワイト・マクニール(19)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 マンチェスター・ユナイテッド下部組織出身のマクニールは2014年にバーンリーユースへ移籍。昨シーズンのプレミアリーグ最終節でプロデビューをすると、今シーズンは縦への推進力や左足の強烈なシュートを武器にシーズン中盤から主力に定着し、リーグ戦21試合で3ゴール5アシストを記録した。 クリスタル・パレスのFWウィルフリード・ザハやボーンマスのMFライアン・フレイザーなどウイングの獲得を目指しているアーセナルだが、今夏の補強費が限られているため、より安価で獲得可能なマクニールをリストアップしたという。 しかし、U-20イングランド代表FWに対しては、マンチェスター・シティやエバートン、ニューカッスルも獲得に興味を示しているという。そのため、マクニール獲得には激しい争奪戦が予想されるが、どのような結末を迎えるだろうか。 2019.06.26 16:00 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース