コパ・アメリカ派遣NGの大迫勇也、キリンチャレンジカップは出場OK?

2019.05.15 14:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也だが、6月に日本代表としてプレーする可能性があるようだ。ドイツ『deichstube』が報じた。大迫は今シーズンからブレーメンに加入。開幕からレギュラーとしてプレーしていたものの、徐々に出場機会が減ると、日本代表として参加したアジアカップで負傷。チームに復帰してからもコンディション不良などで欠場が続いていた。

このことを不服としたブレーメン側が、派遣義務が発生しないコパ・アメリカへの大迫の招集を拒否。代表活動をさせないことを2月に明らかにしていた。

フロリアン・コーフェルト監督は、大迫について「ユウヤが、4週間の休暇か3週間半の休暇になるかは決定的なことではない。ただ、彼がコパ・アメリカでプレーしないことは明らかだ」とコメントした。

オフの休暇に関する数日の差は、6月上旬の国際親善試合を表している。コパ・アメリカは招待国のため、ブレーメンに派遣の義務は発生しない。しかし、6月5日に行われるキリンチャレンジカップのトリニダード・トバゴ代表戦、同9日のエルサルバドル代表戦は、FIFAの国際Aマッチデーとなるため、派遣の義務が生じることとなる。

コーフェルト監督も、「彼は代表選手だ。また、ユウヤが日本での年間最優秀選手に選ばれたことを忘れてはならない」とコメントしており、親善試合でのプレーは問題視していないようだ。

コパ・アメリカに臨む日本代表には大迫を招集できない中で、キリンチャレンジカップのためだけに大迫を招集する可能性は低いと思われるが、森保一監督はどのような決断を下すだろうか。大迫としては加入1年目でブンデスリーガ20試合に出場し3ゴールに終わった今シーズンの悔しさを、来シーズンこそは晴らしたいだけに、どのような結末を迎えるか注目だ。
コメント
関連ニュース
thumb

大迫が8試合ぶりの先発もヴォルフスブルクとの打ち合いに敗れたブレーメンが開幕戦以来の黒星…《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは27日、ブンデスリーガ第9節でヴォルフスブルクと対戦し、3-5で敗戦した。大迫は85分までプレーした。 5試合連続ドロー中の9位ブレーメン(勝ち点11)が、3連勝を狙う6位ヴォルフスブルク(勝ち点14)のホームに乗り込んだ一戦。前節バイエルンとドローに終わったブレーメンは、その試合から先発を2人変更。サージェントとモフワルドに代えて大迫とエンボムを先発で起用した。 大迫を最前線に据えた[3-4-3]で試合に臨んだブレーメンは、立ち上がりからヴォルフスブルクにボールを持たれる展開となる中、13分にチャンスを迎える。敵陣左サイドでラクロワからボールを奪った大迫がボックス内へ侵入すると、中央への折り返しを走り込んだビッテンコートが流し込んだ。 先制したブレーメンだったが、その後もヴォルフスブルクにボールを保持されると22分に失点を許す。バイタルエリア中央でボールを受けたバクがペナルティアーク手前まで持ち上がり左足一閃。このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 さらに25分にも、ボックス左横で獲得したFKからトリックプレーを見せたブレカロがボックス内に侵入すると、守備陣のタイミングをずらしたクロスを中央のブルックスにヘディングで決められ、逆転を許した。 逆転されたブレーメンは、32分にエンボムを下げてモフワルドを投入。すると36分、アウグスティンションの右CKをニアのモフワルドがフリック。このボールがそのままゴール左隅に吸い込まれた。 7試合ぶりの複数得点で試合を振り出しに戻したブレーメンだったが、直後に失点を許す。37分、ラクロワのロングフィードをボックス右手前でメーメディが落とすと、ボックス右まで侵入したブレカロの折り返しをヴェグホルストに流し込まれた。 1点のビハンドで後半に入ったブレーメンは、開始早々にスコアを動かす。48分、左サイドを持ち上がったラシカが折り返しを供給すると、守備に戻ったブルックスのオウンゴールを誘い、同点に追いつく。 その後は一進一退の展開が続く中、ブレーメンは71分にラシツァとビッテンコートを下げてチョンとアグを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。76分、ヴォルフスブルクはシュラーガーのスルーパスで左サイドを突破したルシヨンのクロスをヴェグホルストがヘディングでゴールに叩き込んだ。 勝ち越しを許したブレーメンは、80分にモフワルドがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分となり数的不利に。85分には大迫とグロスを下げてウォルトメイドとゼルケをピッチに送り出した。 攻撃的なカードを投入し同点弾を狙ったブレーメンだったが、試合終了間際の95分にビアリェクにゴールネットを揺らされ、勝負あり。3-5で敗れたブレーメンは、開幕節以来の敗戦。一方、4連勝のヴォルフスブルクはブンデスリーガ300勝を飾った。 2020.11.28 06:36 Sat
twitterfacebook
thumb

ブレーメンSDが大迫勇也の冬の移籍を否定「必要になる時が来る」

ブレーメンのスポーツ・ディレクターを務めるフランク・バウマン氏が、日本代表FW大迫勇也の冬の移籍を完全否定している。ドイツ『WESER KURIER』が伝えている。 ブレーメンで3シーズン目を過ごす大迫だが、主力としてリーグ戦28試合に出場し8ゴールを記録した昨季とは裏腹に、今季は調子が上がらず先発出場はここまで2回のみ。141分の出場にとどまっており、ゴールもゼロと正念場を迎えている。 チームとしては2勝5分け1敗と決して誇れる成績ではないが、4ゴールでチーム最多得点者のFWニクラス・フュルクルクを筆頭に、FWミロト・ラシツァやFWジョシュ・サージェント、MFレオナルド・ビッテンコートと、攻撃陣はほぼ固定されてきており、大迫には中々付け入る隙がないというのが現状だ。 そのため、今冬の移籍市場での退団も噂されているが、バウマン氏は噂を否定。大迫は今後必要になる選手だと強調した。 「シーズン後半にユウヤが必要になる瞬間が来ることを確信している。冬の移籍は発生しない。そんな方向性に我々は野心を燃やしてなどいないよ」 なお、大迫とブレーメンの契約は2022年6月までとなっている。 2020.11.26 17:21 Thu
twitterfacebook
thumb

お得意様ブレーメンに引き分けのフリック監督「満足しないといけない」通算50試合目を白星で飾れず

バイエルンのハンジ・フリック監督が、引き分けに終わったブレーメン戦を振り返っている。クラブ公式サイトが伝えている。 21日に行われたブンデスリーガ第8節でブレーメンと対戦したバイエルン。代表ウィーク明け一発目ということもあり、勝利で勢いをつけたいところだったが、前半終了間際に先制点を許してしまう。62分にFWキングスレー・コマンのゴールで同点に追いつくものの、これ以上水際で守るブレーメンを崩しきれず、1-1で試合を終えた。 バイエルンにとってブレーメンは22連勝中のいわゆるお得意様だったが、その記録が途絶えることに。また、バイエルン指揮官就任後、通算50試合目という節目の試合だったものの、白星で飾ることができなかったフリック監督は素直に厳しい試合だったことを認めている。 「あまり試合に入る場面が見つけられなかった。この引き分けに満足しないといけない」 「相手には本当に良くやったと言わなければならない。彼らはゴール前でしっかり守り切り、良い攻守の切り替えができていた。今日はこれまでのようにチャンスを作り出せなかったよ」 「後半はできる限りのことをした。我々は敗北という文字と戦い、素晴らしい姿勢を見せた。皆が勝利を望み、そのメンタリティを備えている。それこそが私が感銘を受けるポイントだ」 なお、フリック監督の50試合の成績は45勝2分け3敗となっている。 2020.11.22 13:58 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン、お得意様ブレーメンに痛いドロー、大迫は出場せず《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第8節、バイエルンvsブレーメンが21日に行われ、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也はベンチ入りも出場機会はなかった。 バイエルンは前節、ドルトムントとのデア・クラシカーを逆転勝利し、単独首位に躍り出た。この試合でキミッヒを長期離脱で失った中、代表戦を戦ってきたゴレツカやニャブリ、サネらドイツ代表組がベンチスタートとなり、ミュージアラやドグラス・コスタが先発となった。 一方、前節ケルン戦では途中出場した中、自身が与えたFKから先制ゴールを献上してしまった大迫。攻撃面でもアピールに失敗した中、代表に合流せずコンディションは万全の中、引き続きベンチスタートとなった。 [4-3-3]で臨んだバイエルンは3トップに右からコマン、レヴァンドフスキ、ドグラス・コスタと並べ、ミュージアラは左インサイドに入った。 6分にCKからミュラーが決定的なヘディングシュートを浴びせたバイエルンが押し込む時間を増やす展開で立ち上がっていくも、ブレーメンが16分に決定機。左クロスに合わせたサージェントのダイレクトシュートはGKノイアーのファインセーブに阻まれ、ルーズボールを押し込みにかかったアウグスティンソンのシュートもGKノイアーの好守に阻止された。 バイエルンは19分、リュカが空中戦の際に腰をピッチに強く打ち付けてプレー続行不可能となり、ゴレツカが中盤に投入され、ハビ・マルティネスがセンターバックに下がった。 ハーフタイムにかけてはブレーメンが集中した守備でバイエルンの攻撃を凌ぐと、45分に先制する。サージェントがボックス右へ侵入してマイナスに折り返すと、M・エッゲシュタインが合わせてネットを揺らした。 迎えた後半、1点を追うバイエルンが前がかる中、52分にドグラス・コスタのミドルシュートがバーに直撃する。そして62分、試合を振り出しに戻した。ボックス手前右からのゴレツカのクロスをファーサイドのコマンがヘッドで押し込んだ。 同点後、3枚替えを敢行したバイエルンはニャブリやサネを投入。引き続き押し込む展開が続くも、水際で守るブレーメンを崩しきれない。 終盤にかけてはカウンターでサージェントがバイエルンを脅かしたブレーメンが勝ち越しゴールに迫った中、1-1でタイムアップ。ブレーメンはバイエルン相手の連敗を22で止めている。 2020.11.22 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第8節プレビュー】大迫がバイエルンと、鎌田&長谷部がライプツィヒと対戦

代表ウィーク前に行われた前節はバイエルンがドルトムントとのデア・クラシカーを3-2と競り勝って単独首位に躍り出た。そして日本人対決ではウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太が負傷してしまったものの、ビーレフェルトのMF堂安の前で嬉しいブンデス初ゴールを挙げている。迎える第8節、FW大迫のブレーメンがバイエルンと、MF鎌田&DF長谷部のフランクフルトがライプツィヒと対戦する。 前節ケルン戦では途中出場した中、自身が与えたFKから先制ゴールを献上してしまった大迫。攻撃面でもアピールに失敗した中、代表に合流せずコンディションは万全と思われる大迫は、堂安、MF奥川に続き、王者バイエルンとの一戦でゴールを挙げられるか。 対するバイエルンはデア・クラシカーでドルトムントに先制を許す展開とされながら3-2と逆転勝利して見せた。王者の貫禄を示す格好となったが、この試合で代えの効かないMFキミッヒを長期離脱で失ったのは痛恨だ。代表戦で多くの選手がチームを離れた中、首位キープとなるか。 一方、バイエルンに一歩及ばず敗れたドルトムントだが、ここ最近のデア・クラシカーの中では善戦した内容だった。一定の自信を掴むことに成功したドルトムントはヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨むが、クラシカー敗戦を引きずらずに勝利できるか。 そしてMF遠藤航との日本人対決でゴールに絡んだMF鎌田、DF長谷部はライプツィヒと対戦する。シュツットガルト戦では2点のビハインドを追いつく反発力を見せたフランクフルトは、5試合ぶりの勝利を2位ライプツィヒ相手に掴めるか。 そして、日本代表戦でも出色のパフォーマンスを発揮したシュツットガルトの遠藤はホッフェンハイムとのアウェイ戦を、ウニオン・ベルリン戦で見せ場を作れなかったビーレフェルトの堂安はレバークーゼンとのホーム戦を戦う。 ◆ブンデスリーガ第8節 ▽11/21(土) 《23:30》 バイエルンvsブレーメン シャルケvsヴォルフスブルク ホッフェンハイムvsシュツットガルト ボルシアMGvsアウグスブルク ビーレフェルトvsレバークーゼン 《26:30》 フランクフルトvsライプツィヒ 《28:30》 ヘルタ・ベルリンvsドルトムント ▽11/22(日) 《23:30》 フライブルクvsマインツ 《26:00》 ケルンvsウニオン・ベルリン 2020.11.21 18:00 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly