フライブルクがブレーメンからM・エッゲシュタインを獲得! サンタマリア後釜に

2021.08.19 01:34 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フライブルクは18日、ブンデスリーガ2部のブレーメンからドイツ代表MFマキシミリアン・エッゲシュタイン(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「8」に決定。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。

ベルギーのロイヤル・アントワープへ旅立った実弟のヨハネスに続きブレーメンを離れ、フライブルクを新天地に選択したエッゲシュタインはクラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「ブレーメンで10年間過ごした後、サヨウナラを言うのはもちろん難しいことだけど、ここに来て新しい冒険を始めることを嬉しく思っているよ」

「フライブルクはスポーツ面において自分にぴったりなクラブだと思っているし、責任者と話をした後に良い感触を得ることができたんだ」

「現在、クラブでは新しいスタジアム建設も視野に入れて多くの開発が進められている。僕自身、その流れについていきたいと思っているよ」

2011年からブレーメンでプレーするエッゲシュタインは、2014年11月にトップチームデビュー。ブレーメンではこれまで公式戦181試合に出場し、14ゴール21アシストを記録。キャリア初期は攻撃的なポジションでのプレーが多かったが、現在はセントラルMFや守備的MFでもプレーしており、攻守両面で多くの仕事をこなせる万能型だ。

なお、フライブルクは中盤の主力を務めていたフランス人MFバティスト・サンタマリア(26)がスタッド・レンヌへ移籍しており、エッゲシュタインがその後釜を担うことになる。


関連ニュース
thumb

浅野先発ボーフム、フライブルクに逆転勝利でホーム戦4連勝《ブンデスリーガ》

ボーフムは27日、ブンデスリーガ第13節でフライブルクをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。 前節レバークーゼンに惜敗した13位ボーフム(勝ち点13)は、浅野がリーグ戦5試合連続スタメンとなった。 3位フライブルク(勝ち点22)に対し、[4-3-3]の右ウイングで浅野がスタートした一戦。フライブルクが前がかる展開の中、浅野は守備に追われる状況が続いた。 互いに好機を生み出せず、膠着状態が続いた中45分、CKのサインプレーからN・シュロッターベックのボレーシュートが右ポストに直撃し、ボーフムはひやりとさせられたが、前半をゴールレスで終えた。 しかし迎えた後半、開始6分に先制される。FKからラインハルトにヘディングシュートを決められた。 それでも2分後、ボーフムがすかさず追いつく。高い位置でボールを奪った流れからホルトマンのスルーパスをボックス右で受けたポルターがシュートを流し込んだ。 その後は前半同様にフライブルクの攻勢を受けたボーフムだったが、64分のN・シュロッターベックのヘディングシュートはGKリエマンがセーブ。 さらに74分、ギュンターに決定的なシュートを許すもここもGKリエマンが凌いだボーフムが終盤にかけても集中した守備で凌ぎ、2-1で逃げ切り。ホーム戦4連勝としている。 2021.11.28 02:03 Sun
twitterfacebook
thumb

フライブルク、今季デビューの逸材アタッカーと新契約!

フライブルクは24日、U-21ドイツ代表MFケヴィン・シャーデ(19)との新契約締結を発表した。契約期間に関しては非公表となっている。 ナイジェリア人の父親とドイツ人の母親の下、ドイツで生まれ育ったシャーデは2018年にフライブルクのユースチームに加入。右ウイングを主戦場とする184cmのアタッカーは、今年8月に行われたブンデスリーガ第2節のドルトムント戦でトップチームデビューした。 以降は前線の複数ポジションでプレー機会を与えられてここまで公式戦10試合に出場している。また、U-21ドイツ代表ではここまで4試合に出場して3ゴール2アシストと印象的な活躍を見せている。 クラブとの新契約にサインした逸材アタッカーはクラブ公式サイトを通じて喜びのコメントを残している。 「僕はまだ若い。経験を積み、より競争に立ち向かっていきたいと思うよ。フライブルクはそれを行う上で適したクラブだと感じている。ここはすごく快適だし、信頼されているように感じているんだ」 2021.11.24 22:57 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田&長谷部フル出場のフランクフルト、3位フライブルクにシャットアウト勝利《ブンデスリーガ》

フランクフルトは21日、ブンデスリーガ第12節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地とMF長谷部誠はフル出場している。 前節、最下位グロイター・フュルト戦では鎌田の先制点アシストの活躍もあって勝利した14位フランクフルト(勝ち点12)は、鎌田が引き続き先発。長谷部がリーグ戦3試合ぶりにスタメンとなった。 前節バイエルンに惜敗した3位フライブルク(勝ち点22)に対し、[3-4-2-1]で臨んだフランクフルトは鎌田が2シャドーの一角、長谷部が3バックの中央に入った。 立ち上がりの主導権争いを経て、11分にフランクフルトに先制のチャンス。鎌田のスルーパスでボックス右に抜け出したリンドストロームがシュートに持ち込んだが、GKフレッケンの好守に阻まれた。19分にはピンチを迎えたが、ホーラーの枠内シュートはGKトラップが好守で防ぐ。 その後も互角の攻防が続いた中、34分にフランクフルトが先制する。鎌田が中央で潰れたプレーを起点に、ルーズボールをボックス中央で拾ったリンドストロームがシュートを決めきった。 先制後の36分、チョン・ウヨンの決定機をGKトラップが阻止したフランクフルトは43分に突き放す。右サイド低い位置からのコスティッチのFKがそのままゴールに吸い込まれた。 迎えた後半はフライブルクが前がかる展開が続くも、フランクフルトが集中した守備ではね返していく。 そのまま終盤まで同様の構図が続き、フランクフルトがシャットアウト。今季3勝目を挙げている。 2021.11.22 01:26 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルンが上位対決を制して首位キープ、フライブルクは初黒星《ブンデスリーガ》

バイエルンは6日、ブンデスリーガ第11節でフライブルクとのホーム戦に臨み、2-1で逃げ切った。 前節ウニオン・ベルリンに5発圧勝とし、2位ドルトムントに1ポイント差を付けての首位に立つバイエルン(勝ち点25)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグでもベンフィカ相手に5発圧勝とした。4連勝で早くもグループステージ突破を決めた中、そのベンフィカ戦のスタメンから3選手を変更。ミュラー、ジューレ、リュカが先発に戻った。 3位と好位置に付けるフライブルク(勝ち点22)に対し、最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からコマン、ミュラー、サネと並べたバイエルンがボールを持つ展開となる。 そのバイエルンが開始5分までにジューレ、アルフォンソ・デイビスが枠内シュートを浴びせていくも、12分にピンチ。ルーズボールに反応したペナルティアーク中央のホーラーに際どいシュートを打たれた。 その後も攻勢に出るバイエルンは28分にキミッヒのオーバヘッドシュートが枠を捉えるも、GKにセーブされる。 それでも30分、ミュラーのパスを受けたボックス内のゴレツカが確実にシュートを決めてバイエルンが先制した。ハーフタイムにかけてもバイエルンが主導権を握り、1点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半、立ち上がりにミドルシュートからピンチを迎えたバイエルンだったが、前半同様に押し込んでいくと、54分にサネが強烈なミドルシュートでGKを強襲。 2分後にはゴレツカのシュートが右ポストに直撃すると、75分にエースが決める。ボックス左でアルフォンソ・デイビスが仕掛けてクロスを送り、サネのシュートのルーズボールをゴール前のレヴァンドフスキが押し込んだ。 85分のピンチはGKノイアーが見事なセーブで凌いだバイエルンは、追加タイムにハベラーにゴールを許すも2-1で逃げ切り。上位対決を制し、首位をキープしている。一方、敗れたフライブルクは今季初黒星となった。 2021.11.07 01:37 Sun
twitterfacebook
thumb

30年過ごした現本拠地ラストマッチのフライブルク指揮官、ファンの声援を受け思わず目に涙

ホームスタジアム最後の試合で、フライブルクのクリスチャン・シュトライヒ監督(56)が感極まった。 フライブルクのホームスタジアムはドライザム・シュタディオン、ネーミングライツを含めるとバーデノーヴァ・シュタディオンと呼ばれている。 当初は今シーズン頭から新スタジアムへの移転が予定されていたが延期となっており、来月にようやく移転する運びとなった。新スタジアム、SCシュタディオンの名称は『ヨーロッパ・パーク・シュタディオン』に決定し、10月16日のRBライプツィヒ戦にて公式戦のこけら落としが予定されている。 ラストマッチとなった26日のアウグスブルク戦では試合後にセレモニーが行われ、選手らも出席した。その際、サポーターはシュトライヒ監督の名前を大合唱。現役時代から数えると述べ30年間このスタジアムで仕事をしてきた指揮官は、思わず目に涙を浮かべた。 シュトライヒ監督は1995年の現役引退後すぐに指導者の道に進み、フライブルクのアカデミーで監督業をスタート。3度のジュニア・DFBカップ優勝や、U-19のブンデスリーガ優勝など育成で手腕を発揮し、トップチームの指導も兼任するようになった。 トップチームの指揮官として11年目というのは、昨季の上位チームや残留を争ったチームが軒並み改革を行ったことを踏まえれば、異例の長期政権と言えるだろう。 2部降格もヨーロッパリーグ(EL)出場も経験したシュトライヒ監督。文字通り"ホーム"との別れとサプライズに思わず感極まってしまったようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】30年のホームに別れ、ファンの声援に涙するフライブルク指揮官</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUTDmLNLzdG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUTDmLNLzdG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUTDmLNLzdG/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.27 22:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly