“英雄”ルーカス・モウラ! エリクセン「彼の銅像を」

2019.05.09 07:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンがアヤックスとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグで圧倒的な輝きを放ったブラジル代表FWルーカス・モウラを大絶賛した。イギリス『BBC』が報じた。

先のホームで行われた1stレグを0-1で落としたトッテナムは、ケガのイングランド代表FWハリー・ケインを欠く状況で8日の2ndレグへ。そのリターンレグも2点ビハインドまで追い詰められた。だが、後半にルーカス・モウラがハットトリックの大暴れ。アウェイゴール差でアヤックスを上回ったトッテナムが起死回生の逆転突破を成し遂げた。

エリクセンは試合後、チームを初のCL決勝に導いたルーカス・モウラについて、「今日の試合に戦術なんてない。気持ちとルーカス・モウラだった」と語り、ブラジル人アタッカーの銅像建設を期待した。

「狂った試合だね。僕らは底にいた。そこから這い上がろうとしたのさ。ただただラッキーだったよ。戦わなくちゃいけなかった。ホッとしたよ。今日の試合に戦術なんてない。気持ちとルーカス・モウラだった。僕らの勝利は彼さ。彼は(称賛に)値する。ジェットコースターのようなシーズンだったけど、僕らを決勝に導いた功績として、イングランドに彼の銅像が建てられることを願うよ」

なお、6月1日に行われる決勝の対戦カードはトッテナムvsリバプールに決まり、アトレティコ・マドリーの本拠地ワンダ・メトロポリターノが会場に。CL決勝でのプレミアリーグ勢対決は2007-08シーズンのマンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー以来、11年ぶりだ。
コメント
関連ニュース
thumb

シティのCL追放回避を受けてモウリーニョ「FFPの終わり」

マンチェスター・シティのチャンピオンズリーグ(CL)追放回避を受けてトッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督がコメントした。 15日に行われるプレミアリーグ第36節ニューカッスル戦を前にした記者会見に臨んだモウリーニョ監督はシティの処分軽減に関して以下のような見解を示した。 「マンチェスター・シティが無罪であるなら罰金を科せられたのは恥ずべきことだ。無罪であるなら罰せられないからだ。私はシティが有罪であると言っているわけではない。無罪であるなら罰金を払う必要がないと言っている。たとえ、1ポンドでもだ。彼らにとって罰金は大したことではないが、有罪であるならCLへの参加を禁止すべきだ。彼らが有罪であるかどうかはわからない。私の批判はあくまで決定に対するものだ。もはやファイナンシャル・フェア・プレーは意味がないので、終わることになると思う。もう自由にやったら良いと思う」 2020.07.15 01:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アルデルヴァイレルト、逆転での欧州行きに悲観的も来季巻き返し誓う

トッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトは、来季のヨーロッパコンペティションへの参戦が絶望的なことを認めながらも、来季以降の巻き返しに意気込みを見せている。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 トッテナムは12日に行われたプレミアリーグ第35節、アーセナルとのノースロンドン・ダービーを2-1で制した。この勝利によって8位に浮上したものの、残り3試合でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位レスター・シティとは7ポイント差、ヨーロッパリーグ(EL)圏内の6位ウォルバーハンプトンとは3ポイント差と逆転でのヨーロッパ行きの切符獲得に向けてはかなり厳しい状況だ。 ノースロンドン・ダービーで殊勲の決勝点を挙げたベルギー代表DFも、来シーズンにスパーズがヨーロッパの舞台で戦う可能性が低いことを認めている。 「僕らはここ数年、毎年のようにヨーロッパへの出場権を手にしてきた。そのため、多くの人は僕らがそこにいるべき存在だと考えていると思う。もちろん、僕たち自身もチャンピオンズリーグに参加すべきだと感じているよ」 「それがクラブが辿ってきた正しい道だと思うし、ここまでその一員であることを誇りに思っているよ」 「ただ、恐らく今シーズンにその目標を達成するのは難しいかもしれない。だけど、僕らは一丸となって最後までその目標にこだわり続ける必要があるし、来シーズンはその目標を達成すべく、今シーズンから改善していく必要がある」 「ただ、こういった難しいシーズンがあるのもフットボールなんだ。僕らはいつでも成長を目指して懸命に努力を続けているけど、今シーズンに関しては自分たちのシーズンではなかった。正直、受け入れ難いことだけど、できるだけ良い形でシーズンを終わらせ、次のシーズンに繋げる。プロフェッショナルであり続けなければならない」 また、潤沢な資金を持つライバルクラブに加え、財政難が指摘されるトッテナムは、マネーゲーム化が進むプレミアリーグにおいてトップ4に返り咲くことは非常に困難だという指摘もある。 アルデルヴァイレルトは他クラブとの比較を嫌い、あくまで自分たちのやり方で目標を達成していきたいと語っている。 「このクラブは今後に向けて幾つもの対策を講じてきた。僕らには素晴らしいスタジアムや施設、スタッフを持っている」 「僕らのスカッドや指揮する監督も数年前とは大きく変わっているし、より良い変化が起きていると感じているよ。今は全員が懸命に努力を続けているし、来シーズンに向けたモチベーションは一層高まっているよ」 話変わって攻撃面の低調さが多くの批判を招いたボーンマス戦から一転、アーセナル戦では2ゴールを挙げるなど、攻撃面の改善がなされた点に関してアルデルヴァイレルトは、チームとして守備面の改善が現時点での最優先事項であると主張。ただ、アーセナル戦では運も含めチームとして改善が見られたことをポジティブに捉えている。 「僕らは守備面に関して最高ではないことを自覚している。その改善のためにハードワークを続けているし、ここ数試合では目に見える形で改善できていると思う」 「前回のボーンマス戦では攻撃面に関してよりクオリティを高める必要があることは全員が理解していた。ただ、アーセナル戦では少しの幸運もあったけど、より相手にとって危険なプレーができることを示したと思う。2ゴール以上を奪える可能性もあったし、そのことは重要だね」 2020.07.14 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムDFオーリエの弟がフランスで射殺、26歳で死去

トッテナムのコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエの弟であるクリストファー・オーリエが射殺されたようだ。 イギリス『メトロ』によると、オーリエの弟はトゥールーズで射殺されたとのことだ。 フランス警察当局によると、26歳のクリストファーはトゥールーズ市の郊外にある工業地帯のナイトクラブで、2度胃のあたりを打たれていたとのこと。午前5時ごろ、危篤状態でトゥールーズ大学病院に緊急搬送されたが、その後死亡が確認されたとのことだ。 フランス警察は現場から逃げた犯人を追っているとのことだ。 トッテナムは13日、クラブ公式ツイッターを通じてオーリエの弟が亡くなったことを報告した。 「クラブは、セルジュ・オーリエの弟が、早朝に亡くなったという報道を確認し、深く悲しんでおります」 「クラブの全員が心からお悔やみをセルジュとその家族に送ります。我々はみなさんを同じ想いです」 クリストファーはセルジュの1つ下の弟で、同じサッカー選手。2011年にはチャンピオンシップ(イングランド2部)のブレントフォードでトライアウトを受け、カタールやベルギーのチームでプレーを目指していたようだ。 2020.07.13 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョは天敵? ホームでのアーセナル戦は10戦無敗

アーセナルにとって、トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督は宿敵と言えるかもしれない。 12日、プレミアリーグ第35節でトッテナムvsアーセナルの“ノースロンドン・ダービー”が開催。来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を争う両チームの対戦は、2-1でトッテナムが制した。 <div id="cws_ad">◆ラカゼットが決めた先制弾!<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1b1bouiof6c617re88dizi0cj" async></script> </div> アーセナルは、アレクサンドル・ラカゼットの豪快なゴールで先制するも、ソン・フンミンのゴールで同点に。さらに、終盤にはトビー・アルデルヴァイレルトのゴールが決まり、トッテナムが逆転勝利を収めた。 この試合で勝利したトッテナムを率いるモウリーニョ監督は、アーセナルとのホームゲームで10戦負けなしとなったとのこと。過去10試合で6勝4分けとなった。 2004-05シーズンにチェルシーの監督となったモウリーニョ監督は、1年目からアーセナル戦負けなしとなった。 ちなみに、アウェイゲームを数えてもプレミアリーグで負けたのはマンチェスター・ユナイテッド時代の1度だけとなり、天敵と言えるだろう。 ◆モウリーニョ監督 アーセナル戦のホーム戦績 【チェルシー時代】 2005年4月20日 (0-0)△ 2005年8月21日 (1-0)○ 2006年12月10日 (1-1)△ 2014年3月22日 (6-0)○ 2014年10月5日 (2-0)○ 2015年9月19日 (2-0)○ 【マンチェスター・ユナイテッド時代】 2016年11月19日 (1-1)△ 2018年4月29日 (2-1)○ 2018年12月5日 (2-2)△ 【トッテナム時代】 2020年7月12日 (2-1)○ 2020.07.13 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

宿敵に逆転勝利のモウリーニョ監督、結果にご満悦「褒め称えたい」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、12日に行われたプレミアリーグ第35節のアーセナル戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を懸けた“ノースロンドン・ダービー”に臨んだトッテナムは、16分にFWアレクサンドル・ラカゼットに先制ゴールを許したが、19分にFWソン・フンミンが同点ゴール。終盤にはソン・フンミンの左CKからDFトビー・アルデルヴァイレルトが決勝点を奪い、2-1の逆転勝利を収めた。8位に浮上した。 直接対決を制して、8位に浮上したモウリーニョ監督は試合後、逆転勝利を収めた選手達を称え、結果に満足感を大いに示した。 「とても満足している。トッテナムのファンではもちろんなかったが、レアル・マドリー、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、インテルのファンでもなかった」 「私はセトゥーバルで生まれたが、私自身、偉大な監督だと思っている。偉大なプロになるためにクラブを愛し、ファンを愛さなければいけない」 「彼らが何を望んでいるのか、何が好きかを理解する必要がある。試合前、選手たちに言ったようにこういった試合に勝つためには、ファンの想いを背負う必要がある」 「トッテナムファンが戦うのと同じように彼らは戦う準備をしなければいけない。フットボールのファンでなければいけない」 「選手たちは最初から最後まで戦った。彼らを褒め称えたい」 2020.07.13 11:15 Mon
twitterfacebook