低迷・鳥栖が新体制を発表! 金明輝氏が監督就任、トーレスら5名に代わり福田晃斗がキャプテン就任2019.05.07 17:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は7日、新監督に金明輝(キム・ミョンヒ/37)コーチが昇格することを発表した。鳥栖は5日、今シーズンからチームを指揮していたルイス・カレーラス監督(46)を解任。チームは開幕から10試合でわずか1得点と大不振を極め、1勝1分け8敗の最下位に位置していた。

金明輝コーチは、第10節の大分トリニータ戦でカレーラス監督に代わって指揮。昨シーズンは、マッシモ・フィッカデンティ監督の後任として指揮を執っており、2シーズン連続でシーズン途中での監督就任となった。金明輝監督はクラブを通じてコメントしている。

「苦しい状況の中にも関わらず、いつも温かいご声援ありがとうございます。選手、スタッフ、クラブが一つになってチームを勝てる集団にしていけるように臨みます。
サポーターの声援が選手たちにとって一番の力になります。今まで以上に後押しをお願いできたら嬉しいです。サポーターの皆さま、一岩となって共に戦いましょう」

また、キャプテンの交代についても同日に発表。元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス、MF高橋義希、MF高橋秀人、DF藤田優人、FW豊田陽平の5名がキャプテンとなっていたが、MF福田晃斗にキャプテンが引き継がれ、高橋義、藤田が副キャプテンを務めることとなる。
コメント
関連ニュース
thumb

鹿島、レアンドロ&白崎弾でリーグ3連勝! 鳥栖は金崎が恩返し弾も3試合未勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第20節の鹿島アントラーズvsサガン鳥栖が20日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-1で鹿島が勝利した。 ここまで10勝4分け4敗で4位につける鹿島(勝ち点34)と、5勝2分け12敗で最下位に沈む鳥栖(勝ち点17)が激突した。今夏、DF安西幸輝、FW安部裕葵、FW鈴木優磨が海外移籍を決断した中でも、前節のベガルタ仙台戦を4-0で勝利し、5試合負けなしと強さを維持する鹿島。鳥栖戦に向けては、GKクォン・スンテ、レオ・シルバ、土居に代えて曽ヶ端、名古、伊藤を起用した。 一方、前節のサンフレッチェ広島戦を0-2で敗れ、直近5試合で1勝1分け3敗と苦戦が続いている鳥栖は、3試合ぶりの勝利に向けて、3選手を変更。小林、藤田、フェルナンド・トーレスに代えて三丸、パク・ジョンス、豊田を起用した。古巣対決の金崎も先発に名を連ねた。 鹿島は優勝争い、鳥栖は残留争いに向けて白星が欲しい一戦。序盤から鳥栖が積極的に敵陣へと攻め入ろうとする中、三竿が元同僚の金崎に激しいチェックでけん制すると、町田と金崎が小競り合いをするなど、白熱のマッチアップを予感させる。 そんな立ち上がりの中、鹿島は12分、ボックス手前やや右で縦パスを受けた3試合ぶり先発出場の伊藤が浮き球をボレーシュート。しかし、これが右ポストを叩き、左ポストに当たってゴールとはならない。 それでも鹿島は20分に先制点。ハーフウェイライン付近右サイドで粘ったセルジーニョからボールを引き継いだレアンドロがドリブルで一気にボックス内へ。すると高橋に倒されてPKを獲得。これを自らゴール右に蹴り込んで均衡を破った。 しかし、鳥栖もすぐさま反撃。ボックス左外でボールを持った金崎が永木をかわしてボックス左に侵攻し、右足でシュート。ゴール前に走り込んでいた松岡がオフサイド気味のポジションを取りながらも触らず、ボールはゴール右隅に吸い込まれた。これに対して、鹿島は松岡のオフサイドを要求するも、覆らずに鳥栖のゴールが認められた。 金崎の恩返し弾を許した鹿島は、再び攻勢を強める。すると35分、右サイドで横パスを受けた永木がボックス右にダイレクトパスを供給。これにレアンドロが追いつき中央にクロスを送り、ファーサイドに走り込んだ白崎が相手と競り合いながらも右足を伸ばしてボールに当てる。ミートこそしなかったが、ワンバウンドしたボールが絶妙なループシュートとなり、GK高丘を越えてゴールネットを揺らした。鹿島が2-1と勝ち越しに成功する。 試合を折り返すと、1点を追いかける鳥栖が反撃に出る。51分、自陣深い位置からの金崎の縦パスからイサック・クエンカがサイドチェンジ。これを受けた福田がアーリークロスを送り、最後は豊田がボックス中央でヘディングシュートを放つも、GKクォン・スンテの好守に阻まれる。 追いつきたい鳥栖は60分、福田を下げて安庸佑を投入するも、鹿島に押し込まれる苦しい時間帯が続き、思うように決定機を作ることができないまま終盤に。鳥栖は高橋義とフェルナンド・トーレスを送り込んで攻勢を強める。一方の鹿島は遠藤とブエノを投入し、試合を締めにかかる。 すると鳥栖は90分、伊藤に突破されそうになったところを高橋祐がファウル覚悟で止め、この日2枚目のイエローカードで退場。終盤にはセットプレーからチャンスを作るも、ゴールには至らなかった。 結局、試合は2-1で終了。勝利した鹿島がリーグ戦3連勝を飾った。一方の鳥栖は3試合なしとなった。 2019.07.20 20:40 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖のMF原川力に次男となる第三子が誕生!

サガン鳥栖は17日、MF原川力に次男となる第三子が16日に誕生したことを発表した。 原川は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「生まれてきた子供、妻に感謝しています。家族の為により一層の努力をしていきます。サポーターの皆さん、これからも頑張りますので応援よろしくお願いします!」 原川は、2017年に川崎フロンターレから期限付き移籍で加入し、翌年に完全移籍へ移行。今シーズンはここまで公式戦21試合3ゴール2アシストを記録している。 2019.07.17 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

J1最下位の鳥栖、今季加入のニノ・ガロヴィッチが退団…ベラルーシの古巣にレンタル

サガン鳥栖は16日、クロアチア人DFニノ・ガロヴィッチ(27)がディナモ・ミンスク(ベラルーシ)に期限付き移籍することを発表した。 ニノ・ガロヴィッチは今シーズン、ディナモ・ミンスクから鳥栖に加入。だが、定位置確保に至らず、明治安田生命J1リーグ3試合、YBCルヴァンカップ3試合、天皇杯1試合の出場にとどまった。移籍を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「サガン鳥栖でサッカーができて幸せでした。またここでプレーできるように、もっと強くなるために頑張ってきます。サポーターの皆さん、サガン鳥栖ファミリーの皆さん、いつも温かいご声援ありがとうございました。私はいつもサガン鳥栖の勝利を祈っています」 鳥栖は現在、17位の松本山雅FCや16位のジュビロ磐田と勝ち点で並ぶJ1リーグ5勝2分け12敗の最下位。20日に行われる次節、暫定4位に位置する鹿島アントラーズのホームに乗り込む。 2019.07.16 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

長崎、鳥栖から助っ人レンタル! ビクトル・イバルボが電撃加入

V・ファーレン長崎は16日、サガン鳥栖に所属する元コロンビア代表FWビクトル・イバルボ(29)の期限付き移籍加入を発表した。背番号は「32」に決定。期間は2019年12月31日までとなり、同期間中、鳥栖との全公式戦に出場できない。 コロンビア代表歴を持つビクトル・イバルボは、2017年3月にレンタルで鳥栖入り後、同年7月に完全移籍加入。だが、全治7カ月の重傷を負って以降、コンディションが整わず、今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ3試合、YBCルヴァンカップ2試合、天皇杯1試合1ゴールの成績を残すにとどまっている。本日16日から新チームに合流する同選手は移籍を受け、両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「V・ファーレン長崎のサポーターのみなさん、ビクトル イバルボです。V・ファーレン長崎に加入できて、とても嬉しく思います。J1昇格のためにベストを尽くしますので、ご声援よろしくお願いします」 ◆サガン鳥栖 「先日の天皇杯、チームメートとサッカーができてとても嬉しかったですし、私たちのスタジアムでまたゴールを決めることができて、本当に幸せでした。サポーターの皆さん、本当にありがとうございました!」 「今まで長かったリハビリの時も、私にとってあなたたちの応援はとても素晴らしいものでした。今から新しいチャレンジをしてきます。またトップのコンディションに戻るために、いつもサガン鳥栖への思いを忘れずに頑張ってきます」 1年でのJ1復帰を目指す長崎は現在、J2リーグ9勝4分け9敗の10位。20日に行われる次節、6位のヴァンフォーレ甲府をホームに迎え撃つ。 2019.07.16 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

後半2発の広島が鳥栖を撃破!鳥栖は最下位に転落《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節のサガン鳥栖vsサンフレッチェ広島が13日に行われ、2-0で広島が勝利した。 前々節に3連敗から脱した16位の鳥栖(勝ち点17)は、前節は川崎フロンターレに引き分けアウェイで勝ち点1を持ち帰った。少しずつ上昇気流が生まれ始めてきている中、今節のスタメンは川崎戦から1人変更。福田に代わり松岡が入った。 一方、8位の広島(勝ち点25)はリーグ戦ここ2戦は先制を許しながらも追いつく粘り強さを見せている。3試合ぶりの白星を狙う今節のスタメンは前節のセレッソ大阪戦から1人変更。吉野に代えて稲垣を起用した。 キックオフ直後仕掛けたのは広島。左サイドで華麗なタッチで相手を躱した森島からのパスで柏が縦に突破。クロスを上げるもクリアされる。そのあとパトリックの仕掛けやFKでゴールに迫るも、鳥栖もこの時間帯での失点は許さない。 互いに締まりのない攻撃を続ける中、22分に鳥栖CKの場面で高橋秀人がボックス中央でクロスをダイレクトシュート。しかしジャストミートせずボールは左に外れた。広島は29分にカウンターを発動。左サイドの森島からパトリックへ絶妙なスルーパスが送られると、DFのGKの間に入ったパトリックがファーストタッチで持ち出したところをGKに倒されるが、笛は鳴らしてもらえなかった。 鳥栖は32分にクエンカが、広島は38分にハイネルがそれぞれ強烈なシュートを放つも、どちらもGKの正面に飛ばしてしまいネットを揺らすことは出来ず。 ゴールレスで迎えた後半、ボールを保持する広島は50分にボックス手前右から川辺が上げたクロスをファーサイドの柏がヘディングシュート。相手の裏を突きフリーで放ったシュートだったが、相手GKのビッグセーブに遭う。その直後にはパトリックにチャンスが訪れたが、ボックス右で相手の守備に遭いシュートは打てなかった。 ピンチを凌いだ鳥栖は57分、右サイドからの折り返しを受けた金崎がボックス右から強烈なシュートを放つ。枠を捉えていたが、GK林にわずかに触られボールは右ポストを弾いた。70分にも鳥栖はFKから福田がバックヘッドで広島ゴールを脅かす。林も反応が遅れたシュートだったが、ポストをかすめて右に外れた。 互いに攻めあぐねる試合を動かしたのはアウェイチームだった。75分、敵陣左サイドでFKを得た広島は森島がゴール前に放り込むと、パトリックの頭での折り返しを荒木が押し込んで先制に成功する。 さらにその5分後には、右サイドを駆け上がったハイネルが中に切り込んで左脚を振り抜く。これがゴール前の密集地帯を抜けて、ゴール右隅に決まった。 これで勝利を大きく手繰り寄せた広島は上手くパスをつなぎながら時間を消費していく。4分のアディショナルタイムも危なげなく乗り切り、広島がアウェイで勝ち点3。鳥栖は3試合ぶり黒星で最下位に転落した。 2019.07.13 21:42 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース