【J1ピックアッププレビュー】注目の“師弟対決”、前節黒星のチームに“福”をもたらせるのは《札幌vs大分》

2019.04.06 09:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
6日、明治安田生命J1リーグ第6節の北海道コンサドーレ札幌vs大分トリニータが札幌ドームで行われる。

ここまで2勝3敗の勝ち点6で13位に位置する札幌と、昇格組ながら3勝2敗の勝ち点9で8位に位置する大分の対戦。J1の最北端と最南端のチーム同士の対決となる。

◆J1では11年ぶりの対決
昨シーズンはあと一歩でAFCチャンピオンズリーグの出場権を得られる5位に終わった札幌。そして、大混戦のJ2リーグを2位で終え、自動昇格で2013年以来のJ1に挑戦中だ。

互いの入れ違いもあり、J1での対戦は2008年にまで遡る。当時は札幌のホームでゴールレスドロー、大分のホームで3-2で大分が勝利している状況だ。今回の対決にも注目が集まる。

また、札幌を率いるミハイロ・ペトロヴィッチ監督、大分を率いる片野坂知宏監督は、サンフレッチェ広島時代の2010年、2011年は監督とコーチの間柄であり、いわば“師弟対決”となる。採用するシステムも[3-4-2-1]と同じであり、今節もミラーゲームとなることが予想される。

◆止まらない失点…打ち勝ちを狙うか~北海道コンサドーレ札幌~
©️J.LEAGUE PHOTOS
第2節、第3節と攻撃的なサッカーを前面に出し、連勝を飾った札幌。好調を維持していたFW鈴木武蔵が日本代表に初招集されるなど明るいニュースが続いていたが、第4節の鹿島アントラーズ戦は1-3で敗戦。続く第5節の名古屋グランパス戦は0-4と大敗。2試合で1得点7失点と、守備陣が崩壊している。

攻撃的なサッカーを掲げてスタートさせたシーズンだけに、失点数の多さもさることながら、得点が奪えていないことも気になる。どちらも立て直すことは難しいものの、守備面での改善が見られなければ、勝ち点を積み重ねることが難しくなるだろう。

魅力的な攻撃サッカーを繰り広げる大分が相手だけに、守備陣の奮闘は欠かせない。ホームの声援を力に変え、シーズン3勝目を挙げたいところだ。

◆躍動の攻撃陣が北の大地で暴れるか~大分トリニータ~
©️J.LEAGUE PHOTOS
対する大分は、ここまで4失点を喫しているものの、複数失点はない状況。加えて、勝ち試合は複数得点、負け試合は無得点と、勝敗の分かれ目がハッキリしている状態だ。

前節は昨シーズン2位の広島相手に、攻撃陣が沈黙し0-1で敗戦。しかし、決定機を作り出せていなかったわけではなく、どちらに白星が転ぶかわからない展開だった。この敗戦に気落ちすることなく、しっかりと今節で勝利を収めたいところだ。

ここまで2敗を喫しているものの、どの試合でもゴールのにおいがする攻撃陣は好調。エースであるFW藤本憲明は5ゴールを記録しており、相手にとって常に脅威となっている。FW三平和司も戦列復帰し、昨季J2を魅惑した2桁カルテット(藤本憲明、後藤優介、馬場賢治、三平)も復活。大分らしさを出して、今節は勝利したい。

【予想スタメン&フォーメーション】
◆北海道コンサドーレ札幌[3-4-2-1]
©️CWS Brains, LTD.
GK:ク・ソンユン
DF:進藤亮佑、宮澤裕樹、福森晃斗
MF:ルーカス・フェルナンデス、荒野拓馬、深井一希、菅大輝
MF:アンデルソン・ロペス、チャナティップ
FW:鈴木武蔵
監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ
2連敗中の札幌は、これまでと変わらないメンバーが先発すると予想。ここ2試合無得点と元気がない鈴木武蔵が1トップに入り、チャナティップ、アンデルソン・ロペスと3本の矢で大分の堅守を崩しにかかる。

◆大分トリニータ[3-4-2-1]
©️CWS Brains, LTD.
GK:高木駿
DF:岩田智輝、鈴木義宜、福森直也
MF:松本怜、ティティパン、前田凌佑、星雄次
MF:小林成豪、小塚和季
FW:藤本憲明
監督:片野坂知宏
ここまでのスターティングメンバーから若干の変更があると予想。左ウイングバックには昨季のレギュラーである星雄次が初先発と予想する。また、2シャドーの一角には小林成豪が入ると見る。1トップの藤本憲明をいかにサポートできるか、ベンチに控える攻撃のカードにも期待が懸かる。

【注目選手】
◆福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌)
©️J.LEAGUE PHOTOS
ホーム札幌の注目選手は、攻守両面での活躍が期待される福森晃斗をピックアップ。今シーズンも3バックの左を任されている福森は、タイトな守備に加え、その正確な左足のキックも武器の1つ。特にセットプレーのキック精度は高く、直接FKでの得点に期待はかかる。今シーズンはまだその左足のキックからゴールがないものの、得点に繋がるプレーに期待。また、2試合で7失点の守備立て直しにもしっかりと貢献したいところだ。

◆福森直也(大分トリニータ)
©️J.LEAGUE PHOTOS
連敗を避けたい大分の注目選手は、3バックの左を務める福森直也だ。奇しくも、ミラーゲームとなる札幌の同じポジションには、同じ年で同じ左利きの福森が君臨し、初の“福森ダービー”になる。今シーズンは課題の攻撃参加も徐々に改善され、第3節のジュビロ磐田戦ではアシストを記録。札幌の福森同様に、攻守両面での活躍でチームに勝利をもたらせられるか。

◆相手守備を崩すためのチョイスに注目
試合の見所は、“師弟対決”、“福森ダービー”と様々あるものの、互いにどのような変化を試合中に見せるかだ。札幌は3人の攻撃ユニットが中央からどのように攻めるか、そしてサイドアタックとの絡み方をどう構築するかだ。

一方の大分は両ウイングバックの働きが重要に。ポゼッションをしながら、サイドで差し込み、1トップの藤本をどう生かしていくかが重要だ。

また、守備面では不安定な札幌に対し、安定している大分と両者の状況は正反対。とはいえ、守備重視で戦うことはないため、どのような手で相手の陣形を崩すか、その指示を出す両指揮官の手腕にも注目が集まる。

広島時代に監督、コーチとして師弟関係にあった2人の采配は、どちらに白星をもたらせるのか。試合は6日の13時00分にキックオフを迎える。
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:清水vs神戸】日本代表の守護神vsエース、チームに勝利をもたらすのは?

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2021年9月24日(金) 19:00キックオフ 清水エスパルス(15位/29pt) vs ヴィッセル神戸(4位/51pt) [IAIスタジアム日本平] ◆今季初の連勝へ、10戦ぶりクリーンシート目指す【清水エスパルス】 前節は残留争いのライバルであるベガルタ仙台をホームに迎え、2-1で勝利した清水。9試合ぶりの白星を飾った。 貴重な勝ち点3を獲得し、降格圏からやや離れた位置に浮上した清水。その勢いを持って今季初の連勝を飾りたいところだ。 ホームでの連戦となりコンディション面は問題ないだろう。前回のフライデーナイトJリーグでは、ガンバ大阪に0-1で敗れているだけに、今回はしっかりと勝利を収めたいはずだ。 注目は日本代表GK権田修一。ともに日本代表でプレーするFW大迫勇也との対決は見もの。どちらが上回るのか、トレーニングや試合でクセも知っているだけに、権田の対応に注目が集まる。 7月4日の第21節を最後に9試合連続で失点中。チームの勝利のためにも、10試合ぶりのクリーンシートに期待だ。 また、今節はFW藤本憲明が契約上の問題で出場不可。FWチアゴ・サンタナは前節クビを負傷したとみられ、今節の起用は不透明。攻撃陣の活躍にも注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:権田修一 DF:原輝綺、井林章、立田悠悟、片山瑛一 MF:西澤健太、松岡大起、ホナウド、ベンジャミン・コロリ FW:鈴木唯人、カルリーニョス・ジュニオ 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 契約上出場不可:藤本憲明 ◆求めたい内容、何よりも結果を【ヴィッセル神戸】 前節はホームに北海道コンサドーレ札幌を迎え、1-0で勝利。3位争いでも良いポジションをキープしている。 3試合ぶりに勝利したことは評価されるが、試合内容は全く持って良いところなし。ポゼッションもできず、札幌に押し込まれ続ける戦いとなり、途中交代のアンドレス・イニエスタもフラストレーションが溜まる試合となり、交代時に怒りを見せていた。 ただ、来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を争っている今大事なのは勝ち点3。内容を突き詰めることはもちろんだが、何よりも結果が第一となる。 ハードワーク自体はチームもできているが、コンビネーションの問題もあり、離脱選手が抜けた穴も大きい。大迫勇也、武藤嘉紀、ボージャン・クルキッチと鳴り物入りで今夏加入した選手たちも結果はまだ出ていない。チームを助ける活躍ができるのか。日本代表守護神が守る牙城を崩し、結果と内容の両方を目指したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:飯倉大樹 DF:酒井高徳、菊池流帆、トーマス・フェルマーレン、初瀬亮 MF:セルジ・サンペール、大﨑玲央 MF:武藤嘉紀、アンドレス・イニエスタ、中坂勇哉 FW:大迫勇也 監督:三浦淳寛 2021.09.24 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第32節:鹿島vs川崎F】11戦未勝利の“鬼門”川崎F相手に鹿島はどう戦うか

【明治安田生命J1リーグ第32節】 2021年9月22日(水) 19:00キックオフ 鹿島アントラーズ(7位/50pt) vs 川崎フロンターレ(1位/69pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆上位に対してどう戦っていくか【鹿島アントラーズ】 前節はホームにガンバ大阪を迎えて3-1で勝利。YBCルヴァンカップでの連敗を含めた公式戦の連敗を3でストップした。 攻撃面での改善も見られ、サイドからの攻撃も広瀬陸斗をサイドバックで起用したことで幅が広がり、高精度のクロスを生かすこともできた。 首位を走る川崎Fを叩かないことには、3位争いで優位に立つことは難しいだろう。しかし、その川崎Fとの相性は近年最悪。11試合未勝利で4分け7敗、2016年以降は一度も勝ったことがなく、鬼門と言える相手だ。 サイドの攻防がカギを握ることになるが、相手は内も外も使える戦い方をしてくる。プレスをかければ裏は空くが、そこをどう穴埋めするか。主導権を握られないようにしておきたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:広瀬陸斗、関川郁万、町田浩樹、安西幸輝 MF:ディエゴ・ピトゥカ、三竿健斗 MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、和泉竜司 FW:上田綺世 監督:相馬直樹 ◆連覇へ向けてラストスパートへ【川崎フロンターレ】 前節はアウェイで徳島ヴォルティスと対戦し、1-3で勝利。YBCルヴァンカップ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)と2つのカップ戦で敗退したことからの失意から立ち直った。 現在はリーグ戦でアウェイで9連戦中。アビスパ福岡に今季初黒星を喫したが、その後の2試合はしっかりと連勝を収めており、首位をキープしている。 悪い流れを断ち切ったが、その一翼を担ったのは新助っ人のマルシーニョだった。切れ味鋭いドリブルなどで見せ場を作ると、PKを奪取。今までにないリズムをチームに生み出したことで活性化を図った。 新たな武器を手にした川崎F。2位の横浜F・マリノスが足踏みしたことで、優勝に向けて一歩前進した。その好機を掴むべく、先行して勝ち点を積み上げてプレッシャーをかけたいところ。相性の良さを生かしてアウェイ連戦のラストを勝利で締めくくりたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、山村和也、登里享平 MF:脇坂泰斗、ジョアン・シミッチ、旗手怜央 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、小林悠 監督:鬼木達 2021.09.22 16:37 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第32節:FC東京vs名古屋】上位4連戦スタートの東京、3位名古屋は堅守&シュヴィルツォクで3連勝へ

【明治安田生命J1リーグ第32節】 2021年9月22日(水) 19:00キックオフ FC東京(8位/45pt) vs 名古屋グランパス(3位/53pt) [味の素スタジアム] ◆上位4連戦の第一ラウンド【FC東京】 前節は横浜FCを相手に4-0と快勝。最下位を相手にしっかりと結果を残し、勝ち点3を積み上げた。 3位争いに加われるかどうかという瀬戸際にいるFC東京。前節から日本代表で活躍し、11年にわたってヨーロッパでプレーしてきた長友佑都が復活。合流から間もない中でもチームへ与える影響力の大きさを示した。 特に試合中の声や強度の部分はさすが日本代表として100試合以上出場しているだけのことはある。しっかりとプレーで示し、選手たちのメンタリティも鍛え上げることで、FC東京に足りなかったものを注入するはずだ。 長らく続いたアウェイ連戦からホーム4連戦となったが、ここからの4試合は重要な連戦となる。 今節は3位の名古屋、次節は3位の争い中の浦和レッズ、そして首位の川崎フロンターレとの“多摩川クラシコ”と続き、その後にも3位争い中の鹿島アントラーズと対戦する。川崎F戦以外はホームゲームであり、連勝すれば3位争いに割って入る可能性は高い。直接のライバルを倒して浮上できるか。真価が問われる連戦がスタートする。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:波多野豪 DF:小川諒也、森重真人、ジョアン・オマリ、長友佑都 MF:青木拓矢、安部柊斗 MF:東慶悟、レアンドロ、アダイウトン FW:ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太 ◆6戦無敗の勢い継続なるか【名古屋グランパス】 前節はホームに横浜F・マリノスを迎えた一戦。J1最多記録となる19試合目のクリーンシートこそ逃したが、2位の横浜FMを下し、貴重な勝ち点3を手にした。 3位に浮上したチームは継続して堅守を誇っているが、今最も相手に脅威を与えるのはその守備ではない。 前節ゴールを決め、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から好調を維持するポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォクが相手にとっては脅威となっている。 チームへのフィットが進む中、ユーロ2020にも出場するなど、現役のポーランド代表の実力を遺憾なく発揮。ゴールへ向かう姿勢、個の強さは頭一つ抜け出ている印象。堅守でもゴールが奪えなかった名古屋の救世主となっっている。 FC東京の守備陣はこのシュヴィルツォクをどう止めるか。攻撃面では堅守を破るというミッションがあるが、攻守にわたって難しいミッションを相手に与える名古屋は3位キープに向けて突き進む。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊 MF:稲垣祥、長澤和輝 FW:マテウス、前田直輝、森下龍矢 FW:シュヴィルツォク 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2021.09.22 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:名古屋vs横浜FM】無失点記録かかる名古屋、抜群の攻撃力誇る横浜FMとのホコタテ対決

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 19:00キックオフ 名古屋グランパス(4位/50pt) vs 横浜F・マリノス(2位/65pt) [豊田スタジアム] ◆19戦無失点なるか? 新エースにも注目【名古屋グランパス】 前節はホームに徳島ヴォルティスを迎えて3-0と快勝。3位のサガン鳥栖に勝ち点で並んでいる状況だ。 その名古屋は14日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の大邱FC戦をホームで戦い、4-2で勝利。2度先行される苦しい展開となったが、そのチームを救ったのが新ストライカーだった。 今夏加入したシュヴィルツォクは現役ポーランド代表FW。ユーロ2020にも出場した選手だが、チームへのフィットを徐々に果たすと、大邱FC戦では圧巻のゴールショー。個人の力で3ゴールを奪いきりハットトリックを達成し、チームのベスト8進出に貢献した。 今季の名古屋にとってのボトルネックだったのは得点力。堅守を売りとしながらも、得点が奪えずに負けることも多く、全く改善が見られなかったが、シュヴィルツォクの加入で改善を見せている。 Jリーグでは5試合で1得点とまだまだ力を見せていないが、ここからの躍動に期待。また、守備陣はここまで18試合をクリーンシート。今節も無失点で終えれば、対戦相手の横浜FMが持つJ1記録を塗り替えるだけに、勢いそのままに達成したいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊 MF:稲垣祥、長澤和輝 FW:マテウス、前田直輝、森下龍矢 FW:シュヴィルツォク 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆首位を追いかけるためには負けられない【横浜F・マリノス】 8月最後の試合で無敗を止められた横浜FMだが、前節はアウェイでのサンフレッチェ広島戦で1-3と勝利を収め、連敗を避けた。 現在2位。見た目上は首位の川崎フロンターレと勝ち点差1だが、消化試合が違うため「4」と考えた方が良い。最終節での直接対決があるが、このままでは逆転は不可能。自力での優勝はない状況だ。 しかし、ここにきて川崎Fは2つのタイトルを続けて逃すことが確定。チームとして取りこぼしがないとは言えず、横浜FMは勝ち続けてチャンスをうかがいたいところだ。 苦手の鹿島戦では鳴りを潜めた攻撃陣だが、前節は3得点と問題はない。名古屋の強力なFWを守備陣が押さえる必要はあるが、攻撃力なら一枚も二枚も上手。チームとして名古屋を攻略し、上位対決をしっかりと制したい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然 監督:ケヴィン・マスカット 2021.09.18 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:徳島vs川崎F】2冠を失った王者・川崎Fは立ち直るか、無得点5連敗の徳島はどう戦う

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 18:30キックオフ 徳島ヴォルティス(17位/23pt) vs 川崎フロンターレ(1位/66pt) [鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム] ◆どん底の苦境を抜け出せるか【徳島ヴォルティス】 前節はアウェイでの名古屋グランパス戦で3-0と惨敗。リーグ戦5連敗となった。 後半戦に入ってから徳島はわずかに1勝。1分け7敗と全くもって結果が出ず。さらに、この5連敗中は無得点に加え、3試合で3失点を喫するなど、攻守にわたって良いところがない状況だ。 順位も17位と降格圏に転落してから抜け出せずにいる状況。徐々に残留圏との勝ち点差が開いていることもあり、この辺りで結果を残したいところだ。 とはいえ相手は首位の川崎F。簡単な相手ではない。上位陣との連戦となるが、チームとして一丸となり戦えるか。相手は韓国から戻ったばかりで移動もあり、叩くチャンスとも言えるだおる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:長谷川徹 DF:藤田征也、カカ、石井秀典、ジエゴ MF:藤田譲瑠チマ、岩尾憲 MF:浜下瑛、渡井理己、杉森考起 FW:垣田裕暉 監督:ダニエル・ポヤトス 出場停止:岸本武流 ◆失意の敗戦から立ち直れるか【川崎フロンターレ】 9月に入っての川崎Fはどこかおかしい。リーグ戦は日程が変更されたことでここまで戦っていないが、YBCルヴァンカップ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)と2つのカップ戦で敗退となった。 リーグ戦では開幕から無敗を続けていた川崎Fだが、8月25日にアビスパ福岡に敗れて初黒星。8月28日に北海道コンサドーレ札幌に0-2で勝利したものの、浦和レッズとのルヴァンカップでは2試合連続ドローとなり、第2戦は勝ち抜け目前での失点で追いつかれ敗退となった。 その敗退を引きずったわけではないと思うが、14日に行われたアウェイでのACL蔚山現代戦は、攻撃が機能せずゴールレス。PK戦では長谷川竜也、ジョアン・シミッチと外すと、家長昭博はGKに止められ、敗退となった。 短期間で2つのタイトルを失った川崎F。リーグタイトルも横浜F・マリノスの追い上げの前に余裕はなく、ここまで逃すわけにはいかない。しっかりとリバウンドメンタリティを見せ、徳島相手に勝利できるかが注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、山村和也、登里享平 MF:橘田健人、ジョアン・シミッチ、脇坂泰斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、小林悠 監督:鬼木達 2021.09.18 16:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly