大迫所属ブレーメンのコーフェルト監督が2018年ドイツ年間最優秀監督賞を受賞

2019.03.29 23:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツサッカー連盟(DFB)は28日、2018年の年間最優秀監督賞の受賞者として、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督(36)の選出された。

2017年10月に成績不振を受けて解任されたアレクサンダー・ヌーリ前監督の後任としてブレーメンの指揮官に就任したコーフェルト監督。就任後はブンデスリーガ50試合を率いて20勝16分14敗の成績をマーク。今シーズンも第26節終了時点で10勝9分け7敗の8位につけており、ヨーロッパリーグ争いを演じている。

受賞に際しコーフェルト監督は、DFBの公式サイトで以下のように喜びを語っている。

「今回の受賞を本当にうれしく思っている。これはとても栄誉なことだ。ただ、この賞は私だけでなくチームのために取り組んでくれた選手やコーチ陣によって成し遂げられたと思っているよ」
コメント